時透兄弟 夢小説。 時透無一郎 (ときとうむいちろう)とは【ピクシブ百科事典】

時透有一郎 (ときとうゆういちろう)とは【ピクシブ百科事典】

時透兄弟 夢小説

WEBアンソロジー 【参加サイト一覧】• 「「I feel... 」」 有沙さん• 「empty song」 硝子さん• 「きくるの森」 椎名憂希さん• 「戯言」 逢沢吉良さん• 「蝶の檻」 沙耶さん• 「Tears Virsin」 ゆこまむさん• 「天空の その上で…」 高村恵美さん• 「天使のザレゴト」 和泉かづささん• 「Heartful Days」 瀬奈みらくさん• 「rawra」 レイカさん• 「ラブノット」 まどかさん• 「ROOM BECAUSE OF BECOMING SALACIOUSLY」 高羽紅さん•

次の

時透有一郎 (ときとうゆういちろう)とは【ピクシブ百科事典】

時透兄弟 夢小説

「だけどな無一郎 どれだけ善良に生きていたって神様も仏様も結局 守ってはくださらないから 俺がお前を守らなければと思ったんだ」 概要 の双子の兄。 享年11歳。 双子だけあって無一郎と見分けがつかない正に瓜二つな容貌をしており、腰に届くほどの髪を伸ばした小柄で中性的な少年。 髪色は黒から毛先にかけて青のグラデーションになっている。 のような妙な髪型だが、なのか、そういう癖なのかは不明。 人物 弟の無一郎に比べ冷酷とも言える程厳しい性格で、正論ながら何かとキツイ物言いが目立つ少年。 しかしそれは全て家族や弟を思いやり、人の為に身を削りがちな彼らを守りたいと思うからこその言動であり、本人もひどい物言いが多い自分を気にしていた。 だった無一郎の「概ね正しくも残酷」と評される言動は彼に似ていたらしく、兄弟の死を無意識に忘れたがった無一郎が有一郎と自分を同一視したがった為とも取れる。 最期 本編の時間では既に死亡している為、全ては無一郎の回想となる。 十歳の頃、体調が悪いのを黙って働き通した母が風をこじらせて肺炎で死亡し、父もまた嵐の中を薬草を探しに出て崖から転落死した。 有一郎は母に何度も休むよう言い、嵐に構わず出ていこうとする父を止めたが、そんな息子の心配を余所に両親は死んでしまった。 どれだけ善良に生きても神も仏も助けてくれない。 なら自分が弟を守るしかないと、無一郎への態度はキツくなり、鬼殺隊に二人を勧誘しに来たあまねのことも「なにか企んでるに決まっている」と追い返した。 しかしある日、夏の夜にとを開けて寝ていた兄弟を鬼が襲い、有一郎は左腕を切り落とされ致命傷を負ってしまう。 無一郎は怒りのままに鬼を殺し続け朝日で灰にした後、瀕死の体で兄の元へ戻り、必死で手を伸ばす。 既に命もろとも意識も失おうという有一郎は今際の際に 「無一郎の無は無限の無」「お前は自分ではない誰かのために無限の力を出せる選ばれた人間なんだ」と言い残し、弟の目の前で果てた。 無一郎は兄を冷酷な人で自分を嫌っていると思い込んでいたが、有一郎は優しくしてやれないことを申し訳なく思いながらも、それでも家族を守りたかったのだ。 余談 単行本14巻のおまけにて、幼い有一郎がべそをかく無一郎と手を繋いでいる様子を、洗濯中の母が笑みを浮かべて見守っている様子が描かれている。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

TMNTの検索結果 フォレストページ

時透兄弟 夢小説

素人小説家歴は20年以上 物心ついたときからオタク。 初恋の人は大空翼くん。 ダイレンジャーやカクレンジャーを見ては泣く。 そんな感受性が強すぎる子供でした。 読むだけじゃ飽き足らず、自分で想像した世界を形にしたい。 残念ながら、絵の才能は親兄弟に「へたくそ!」と罵られるくらい才能がなかったので、小説を書くようになりました。 それが小学校4年生のときです。 以来20年以上、オリジナルだったりそのときハマっている作品の二次創作だったりしましたが、小説という形での創作を続けてきました。 小説家になりたい! 小学校の卒業文集には、 「作家になりたい」とすでに書いていました。 けれど、成長するにつれて夢は夢でしかないと諦めるようになりました。 大学では文芸サークルに所属し、先輩や同期の友人がチャンスを掴み、プロとして書籍を出版するような環境にありました。 しかし私はといえば、小説をあまり書かなくなり、舞台を見にあちこちへ遠征する日々を送っていました(それはそれで、大変充実していましたが)。 就職後は割とブラックな業界にいたので、毎日を生きるのに必死でした。 結婚後は仕事を辞め、現在は書店でアルバイトをしています。 担当は持たずに、ひたすらレジを打っています。 「あやふやな情報から本を見つけるなんて、すごい」 「葉咲さんにレジをやってもらいたい」 とお客様に褒めていただいたり、ご指名が入ったり、 「よくそんなことまで覚えてるね」 「レジは葉咲がいるから安泰だ」 と店の仲間から言ってもらえるのは、とても嬉しい限りです。 でも、それだけでいいのかな? なんだか物足りないな。 そう感じたとき、私の前に 「作家になる」という子供の頃の夢が、再び立ち上ってきたのです。 このサイトを通じて 小説家になりたい! と夢を新たにした私は、投稿生活に入りました。 メインは集英社コバルトです。 青春時代をともに過ごした、憧れのレーベルです。 BLも好きなので、BLレーベルの新人賞にも投稿しています。 が、やっぱり才能があまりないのか……箸にも棒にも引っかかりません。 誰にも読んでもらえないのは悲しい。 このサイトを通じて、多くの人に私の小説を読んでもらえたら…… そう思って、ブログを立ち上げました。 どれかひとつでも、あなたの心の琴線に触れることができたら、幸いです。 >>どれを読むべきか? 迷ったらコレ!.

次の