コブラ f9。 コブラ・プーマ・ゴルフ「KING F9」ドライバー

コブラゴルフ KING F9 スピードバック ドライバー

コブラ f9

ロフト フレックス ライ角 長さ シャフト重量 バランス トルク キックポイント 可変ロフト 7. 5-10. 5 R 57. 5 45. 25 52. 5 D1 5. 9 先中調子 可変ロフト 9-12 R 58. 5 45. 25 52. 5 D1 5. 9 先中調子 可変ロフト 7. 5-10. 5 SR 57. 5 45. 25 54. 5 D1 5. 8 先中調子 可変ロフト 9-12 SR 58. 5 45. 25 54. 5 D1 5. 8 先中調子 可変ロフト 7. 5-10. 5 S 57. 5 45. 25 56. 5 D1 5. 7 中調子 可変ロフト 9-12 S 58. 5 45. 25 56. 5 D1 5. 一発の飛距離のロマンを追い求める人には不満かも。 黄色と赤の組み合わせが格好いい。 最大飛距離は伸びた印象はあまりない。 しかし、左右のバラつきが減ったことと、芯で打てなかった際の飛距離のロスが少ないことから平均飛距離が伸びた。 また、予想以上に飛び過ぎることも少ないので、オーバーのミスを心配する事も少なくなった。 上手く表現出来ないが好きな打感。 ドローやフェードが掛けにくい。 ロフト角調整機能 通称:カチャカチャ を使うと、フェース角も変わるのだが、サイドスピンが掛かりにくいのでその通りの角度に直進して行って戻ってこない。 ボールのつかまりを気にする人には良い機能かもしれない。 特別上がりやすいという事は無い。 多少はカチャカチャで調整する事も可能。 ウェイトの位置でもだいぶ変わるので、試すのは面白い。 素振りをしてみて、オヤッと思ったのは、素振りの時の「ビュン」という風切り音が小さいこと。 多分空気抵抗が少ないヘッド構造になっているのだと解釈しています。 まだ1度しかコースでは使っていませんが、気持ちのいい打感・打音で満足です。 飛距離はエピックの方が出ている感じがします(エピックの方が0. 5インチシャフトが長い)が、打った時の爽快さはこのコブラの方が断然上です。 あとは慣れの問題かな。 シャフトが短いので、ヘッドスピードは若干落ちると思いますが、ミート率を上げるよう頑張ります。 マークダウンして安くなったので,評価が高いコブラF9を購入してみました.AMP以来のコブラですが,直進性は良く,打感も柔らかくなったと思います.ただ上がり難くなりましたね.次回ラウンドで丁度良いロフトを探してみます.シャフトは走りが抑えめの中調子でしなりも大きめですが,タイミングを合わせると直進性の高い弾道で弾き良く飛ばせます.満足度が5で無いのは,グリップが一回の練習でダメになりました.ARCCOSセンサーを付け替えれるグリップを探さないとなりません.まあARCCOSの使い方自体が良く分かりませんが。。。 アプリ内課金もある?必要無いかな..

次の

コブラゴルフ KING F9 スピードバック ドライバー

コブラ f9

コブラから『KING F9 SPEEDBACK』ドライバーについて商品説明があった。 ジャパンのゴルフ本部長、クレイ・ギャリー氏に筆者はの躍進について主に質問をぶつけた。 このドライバーの投入5試合目で約2年ぶりの勝利でしたが、ざっくり特徴としては何なのでしょう? 「丸みを帯びたクラウン、隆起したスカート、さらに丸みを帯びたリーディングエッジのコンビネーションが、空気の流れを向上させ、抜群のスピード性能と安定性を発揮します。 我々はこれらの空力特性を【SPEEDBACK AERO DESIGN】と呼んでいます。 裏話ですが、我々は去年の11月に契約プロ3人に使ってもらおうと準備していました。 ところが、それよりも前の10月の段階でデシャンボーとリッキーが使ってしまいました。 デシャンボーは『KING F9 SPEEDBACK』ドライバーを使い始めた週にいきなり優勝、リッキーも4位です。 その前にのアパレルのカタログ撮影があったのですが、そこに撮影用の純正クラブとして『KING F9 SPEEDBACK』ドライバーを準備していたのです。 リッキーはそれを見つけて振り始めるなり言いました。 でも『TP5x』の影響も口にしています。 アイアンの飛距離も10ヤードまではいかずとも、全体に数ヤード伸びていると言ってますので。 あっ!本当だ、上がってました。 2018年の平均が115. 5インチのままですよ。 ということは、やはり空力が改善されている部分が大きいのか…。 ちょっと試しにボールスピードも見てみたのですが、去年の173. 7(77. あと、スピン量も見てみると去年の2852. 4rpmから2391. 3rpmに500回転近くも下がってますね。 なんですか、この数字? 「これもSPEEDBACK構造の一部なんですが、【LOW CG SPEEDBACK WEIGHTING】と呼ぶ低重心かつ深重心を実現した構造になっています。 今回の『KING F9 SPEEDBACK』はこれまでと比較にならないほどカーボンクラウンの面積が大幅に増え、ラップ構造になっています。 重心を下げられる上、それでいてすごく深重心。 ファウラーが飛距離UPしながら、曲がらない理由が何となく見えてきました…。 今日はありがとうございました。 「今回リッキーが勝ちましたが、実は先程も言ったように、去年が投入した週に勝って、先日も欧州で勝利しました。 そして、も『KING F9 SPEEDBACK』を投入して2週間で優勝しています。 コブラ契約プロ3人全員が早く使いたいと言って、投入して100%勝っている。 それも、すごいスピードで。 既に記事もかなり書いていますが、強調しておきます。 (笑)ありがとうございました。

次の

独特の“打感”に酔いしれた!! コブラ「KING F9」ドライバー試打

コブラ f9

【弾道】 低スピンの高弾道。 よく上がります。 左右のスピン量は少ない。 【つかまり】 フェースローテーションは控えめ。 ターンでつかまえる感じではないが、ちゃんとフェースに乗ってくれる。 【打感】 インパクトでよく弾き、やや乾いた感触。 【操作性】 大きく曲がらないので、ドローもフェードも小幅な範囲で安心して曲げられる。 【やさしさ】 サラッと払うだけで ハーフトップ気味でも上がってくれる。 オフセンターでも飛距離のロスが少ないし、方向性もいい。 と同じようなソールの2本のレールがよく滑ってくれる。 これは番手ごとに高さが変えられていて、地面に鋭角に入りやすい7-8Wは一番高く設計されています。 やさしくて安定感があるヘッドだが、グリップが軽くてヘッドも軽いのでゆっくりスイングするスインガーの方が安定するかも。 ミスに強くて、安定したショットが打てます。 シャフトは 標準仕様のシャフトは3種類 ・Speeder Evolution for Cobra オリジナルカーボン ・Tour AD VR-6 ・Speeder 661 EVOLUTION V オリジナルカーボンの「Speeder Evolution for Cobra」は中から先がしなり、よく拾ってくれる。 おすすめしたいゴルファーは ・高弾道が打ちたい。 ・ある程度フォームが固まっている。 ・安定感を求める。 ・可変ロフトが欲しい。 まとめ・総合点 COBRA KING F9 SPEEDBACK フェアウェイウッド は、よく拾って抜けが良くて安定感がある。 ・よく拾う ・高い弾道 ・ミスに強い ・安定した飛距離 ・抜けがいい 払い打ちでトップしても大丈夫です。

次の