東急 バス 東 98。 東急バスの最長路線「東98」系統・自由が丘線に燃料電池バス「SORA」(みんなの経済新聞ネットワーク)

等々力〜東京駅(東98系統)、バスで通勤されている方

東急 バス 東 98

tags: , , , , , , 都営バスの営業エリアである東京駅に、山手線の西側をおもなテリトリーとするはずの東急バス「東98」系統が乗り入れています。 同社のなかでは最長、23区内でも有数の長距離路線は、なぜ誕生したのでしょうか。 東京駅から都県境近くの等々力まで直通! 都営バスの営業エリアである東京駅丸の内口に東急バスの乗り場があり、ここから世田谷の南部、神奈川との都県境でもある多摩川に近い等々力(とどろき)までを結ぶ「東98」系統が発着しています。 高速バスや深夜急行バスではない、私鉄系バス会社の一般路線(いわゆる路線バス)が東京駅まで乗り入れるのは、「東98」が唯一の存在です。 「東京駅南口」を称する丸の内口の3番乗り場を発車したバスは、日比谷や内幸町を経て一路南へ。 虎ノ門ヒルズや東京タワー、慶応義塾大学を通り過ぎ、東京メトロ南北線と都営三田線のターミナルである白金高輪駅に出ます。 その後は目黒通りを南西へひた走り、山手線の目黒駅や東急東横線の都立大学駅を経て、終点である、東急大井町線の等々力駅に近い等々力操車場へ到着します。 東京の都心部から郊外へ、約1時間のバス旅は、車窓も変化に富んでいます。 「東98」は東京駅丸の内口バスターミナルの3番乗り場に発着する(2019年10月、中島洋平撮影)。 「東98」の走行距離は約15kmと、東急バスの一般路線では最長、東京23区内でも有数の長距離路線です。 東京駅と等々力のあいだを鉄道で移動すれば乗り換えが必要で、JRあるいは東京メトロと東急というように、2事業者ぶんの運賃がかかりますが、このバスは片道220円で直通します。 また、東急バスの営業エリアはおもに山手線の西側に広がっており、「東98」はそこから大きく外れています。 そのため、バス車内の路線図には収まりきらず、都心部の区間は地図の欄外に付け足されるように表示されているほどです。 そもそも東京の路線バスは、各事業者の営業エリアがおおよそ決まっていますが、なぜ東急バスが東京駅まで乗り入れているのでしょうか。

次の

東急バス東98系統・東京駅南口行きでお出かけ

東急 バス 東 98

tags: , , , , , , 都営バスの営業エリアである東京駅に、山手線の西側をおもなテリトリーとするはずの東急バス「東98」系統が乗り入れています。 同社のなかでは最長、23区内でも有数の長距離路線は、なぜ誕生したのでしょうか。 東京駅から都県境近くの等々力まで直通! 都営バスの営業エリアである東京駅丸の内口に東急バスの乗り場があり、ここから世田谷の南部、神奈川との都県境でもある多摩川に近い等々力(とどろき)までを結ぶ「東98」系統が発着しています。 高速バスや深夜急行バスではない、私鉄系バス会社の一般路線(いわゆる路線バス)が東京駅まで乗り入れるのは、「東98」が唯一の存在です。 「東京駅南口」を称する丸の内口の3番乗り場を発車したバスは、日比谷や内幸町を経て一路南へ。 虎ノ門ヒルズや東京タワー、慶応義塾大学を通り過ぎ、東京メトロ南北線と都営三田線のターミナルである白金高輪駅に出ます。 その後は目黒通りを南西へひた走り、山手線の目黒駅や東急東横線の都立大学駅を経て、終点である、東急大井町線の等々力駅に近い等々力操車場へ到着します。 東京の都心部から郊外へ、約1時間のバス旅は、車窓も変化に富んでいます。 「東98」は東京駅丸の内口バスターミナルの3番乗り場に発着する(2019年10月、中島洋平撮影)。 「東98」の走行距離は約15kmと、東急バスの一般路線では最長、東京23区内でも有数の長距離路線です。 東京駅と等々力のあいだを鉄道で移動すれば乗り換えが必要で、JRあるいは東京メトロと東急というように、2事業者ぶんの運賃がかかりますが、このバスは片道220円で直通します。 また、東急バスの営業エリアはおもに山手線の西側に広がっており、「東98」はそこから大きく外れています。 そのため、バス車内の路線図には収まりきらず、都心部の区間は地図の欄外に付け足されるように表示されているほどです。 そもそも東京の路線バスは、各事業者の営業エリアがおおよそ決まっていますが、なぜ東急バスが東京駅まで乗り入れているのでしょうか。

次の

東急バス・東急トランセ

東急 バス 東 98

現在、都心に乗り入れる唯一の東急バスである「東98 自由が丘線」です。 東98 自由が丘線 【路線の歴史】 この路線が、都営バスと相互乗入を開始したのは、昭和23年11月1日のことでした。 それ以来、ずっと都心に乗り入れるバスとして活躍し続けています。 昭和34年3月20日には、自由が丘(現在の八雲3丁目付近)から等々力まで路線延長され、現在の姿になっています。 昭和43年6月21日には、運賃値上げに対するサービス向上の一環として運輸省の指導により誕生した通勤高速バスの第2弾とし首都高速経由の路線が開設されました。 当時は、路線を新設すればドル箱状態だった東急バス全盛期の象徴ともいえる時代でした。 その後は、モータリゼーションとともにその需要も減少傾向になりました。 昭和62年5月15日で、高速道経由は廃止となりました。 さらに、時代は変わり平成になると共同運行を行っていた都営バスに変化が訪れました。 度重なる所管変更を繰り返し、平成25年3月31日をもって都営バスは合理化により撤退しました。 東急バスは、都営バスから路線を引き継ぎ運行しています。 これまでは、ナロー車中心の運用も現在は大型車中心の運用となっています。 東日本大震災の際には、深夜も運行するなど、都心に乗り入れる重要な路線として活躍していたこともあり、その後少しずつではありますが乗客数も増加し現在に至っています。 上段の画像:等々力操車所にて撮影。 在りし日の等々力操車所の風景です。 操車所には多数の自由が丘線が待機しています。 車両も懐かしいCJMと目黒営業所で唯一の存在であった LVのM581。 中段の画像:大鳥神社〜元競馬場間での撮影。 平成14年7月6日。 力図よく坂を上って行く東98に充当中のM1330。 下段の画像:東京駅南口での撮影。 平成25年4月18日。 東急バス単独運行になり、東京駅南口ののりばも1番のりばへ変更。 次の発車を待つM315。 路線図 作成中) 路線の特徴 (作成中) 路線の変遷 (作成中) 車両の変遷 (作成中) 1 自由が丘線 基本データ 【東98 歴史年表】 年月日 路線 備考 担当(都営) 昭和23年11月1日 東京駅南口=自由が丘 都営バスと相互乗入開始 目黒(渋谷) 昭和34年3月20日 東京駅南口=等々力 等々力〜自由が丘を延長 目黒(目黒) 昭和37年11月1日 東京駅南口=等々力 一部経路変更 目黒(目黒) 昭和43年6月21日 東京駅南口=等々力 東京駅南口(高速道)等々力 首都高速経由の通勤高速バスを新設 目黒(目黒) 昭和43年12月28日 東京駅南口=等々力 東京駅南口(高速道)等々力 目黒駅〜白金台間の一方通行規制により東京駅行の道路変更 目黒(目黒) 昭和47年11月12日 東98 東京駅南口=等々力 東98【高速】 東京駅南口=等々力 系統番号付与 目黒(目黒) 昭和59年1月31日 東98 東京駅南口=等々力 東98【高速】 東京駅南口=等々力 高速道経由夕方東京駅南口発を廃止 目黒(目黒) 昭和60年5月1日 東98 東京駅南口=等々力 東98【高速】 東京駅南口=等々力 下りのみ「港区役所高輪支所」バス停新設 目黒(目黒) 昭和60年12月1日 東98 東京駅南口=等々力 東98【高速】 東京駅南口=等々力 下りのみ「上大崎」バス停新設 目黒(目黒) 昭和62年5月16日 東98 東京駅南口=等々力 高速道路経由が昭和62年5月15日をもって廃止 目黒(目黒) 平成12年12月12日 東98 東京駅南口=等々力 都営バス目黒営業所が品川営業所目黒支所に変更 目黒(目黒) 平成15年4月1日 東98 東京駅南口=等々力 都営バス目黒営業所が品川営業所目黒分駐所に変更 目黒(目黒) 平成17年3月28日 東98 東京駅南口=等々力 都営バス品川営業所目黒分駐所廃止に伴い品川営業所に路線移管 目黒(品川) 平成20年4月1日 東98 東京駅南口=等々力 都営バス品川営業所から港南営業所に路線移管 目黒(港南) 平成25年4月1日 東98 東京駅南口=等々力 東急バス単独運行となる (平成25年3月31日をもって都営バス撤退) 目黒 【始発・終発・運転間隔】 東京駅 等々力 朝 日中 夕 S42. 16 6:30 21:04 6:05 21:34 S62. 9 8〜16 16〜20 16〜22 H3. 20 10〜18 24 18〜26 H13. 16 12〜24 26〜36 30〜36 H14. 16 7:00 21:00 6:41 20:40 12〜24 26〜36 30〜36 H15. 19 7:00 21:00 6:41 20:40 12〜24 26〜36 30〜36 H16. 1 7:00 21:00 6:40 20:40 12〜24 17〜36 36〜39 H18. 16 7:00 21:00 6:30 20:40 10〜24 17〜36 36〜39 H19. 16 7:00 21:00 6:30 20:40 10〜24 17〜36 36〜39 H20. 1 7:00 21:00 6:30 20:40 12〜24 26〜36 30〜36 H23. 6 18 30〜32 33〜37 H25. 1 7:00 21:10 6:22 20:40 【運行回数の推移】 一般道 系統 S42. 8 S43. 21 S55 S62. 1 H3. 20 H12. 12 H13. 28 H13. 16 H14. 16 H15. 19 H16. 1 H16. 16 東京駅南口〜等々力 69. 0 65. 0 52. 0 38. 0 31. 0 31. 0 30 30 30. 0 30 30 目黒駅〜等々力 8. 0 9. 16 H19. 16 H20. 1 H21. 1 H22. 1 H23. 1 H24. 1 H25. 1 東京駅南口〜等々力 31. 0 31. 0 31. 0 31. 0 31. 0 31. 0 31. 0 1. 0 1. 0 1. 0 1. 21 S55 S59. 31 S62. 0 土曜日3. 0 4.

次の