鹿児島 実業 男子 新 体操。 【男子新体操】インターハイで大観衆を沸かせた鹿児島実業の真価(椎名桂子)

「西郷どん」×「男子新体操」~第2弾~ 公開開始1か月で65万再生! 西郷どんだけじゃない鹿児島の魅力を伝えるPR動画 『維新 dancin’鹿児島市~season2~』|鹿児島市のプレスリリース

鹿児島 実業 男子 新 体操

ご覧頂きありがとうございます。 当サイトはフェアリージャパンや新体操の動画をまとめて紹介しております。 東京オリンピックに向けて頑張っているフェアリージャパンを応援しよう^^ また、新体操の魅力についても動画で詳しくお伝えしていきますね^^ 色々な種目があり、それぞれの魅力がありますよね! そして新体操の魅力はやはり競技の美しさですよね。 ーーー以下概要欄より引用ーーーー 間違いなく鹿児島実業高校史上、技の難度が過去最高難度です。 きっと、これだけの能力があれば、まともな構成をこなせば入賞だって夢じゃなかったでしょう。 でも、それは鹿児島実業であって鹿児島実業で無いのでしょうね。 彼等の3年間の青春はたった3分のこの演技で燃え尽きます。 現在、男子新体操はドラマにCMにバラエティなどメディアに取り上げられる事も増え 世界最高峰のシルク・ドゥ・ソレイユへの参加や 日本を代表する三宅一生氏とのコラボレーションなど マイナースポーツの立ち位置から一転し 話題の競技へと移り変わろうとしていますが 一方でこの競技は大きな問題を抱えています。 2008年以降「国際性がない」という事を理由に日本で独自の進化を遂げた男子新体操は国体 国民体育大会 競技から休止扱いになってしまいました。 明確な再開条件が無い休止扱いは事実上の「除名」です。 単純に「全国大会が一つ無くなった」という一言では片付けられないほど この「国体からの除名」という問題はマイナースポーツである男子新体操にとって競技の存続に関わる死活問題です。 国体問題だけではなく男子新体操は 決して汗と涙の根性論だけでは解決出来ない問題をいくつも抱えています。 悲観をしても仕方ないですが 決して楽観はできません。 世間の注目とは裏腹に、「来年から男子新体操は大会がありません」という可能性だって十二分にあるのが男子新体操の現状です。 それでも それでも選手は今日もフロアにあがります。 冬は体から湯気が立つほどの筋トレ 夏は汗が絞れるくらいの反復練習 3度の飯を5度に増やしても栄養が足りないほどの練習量をこなしても 演技はたった3分間 例えるならそれは 春に花咲く桜のように 夏の夜空の花火のように 長い準備期間をへても たった一瞬、大輪の花を咲かせて儚く散っていく。 でもその一瞬に、それまで彼らの費やした全てが凝縮されているからこそ 彼らの演技には見ている人の心を動かす「感動」があるのだと私は思います。 人生で「心から感動する事」は個人差はあれど幾度かあると思いますが 人を「心から感動させられる事」がいったいどれくらいあるでしょうか? 並大抵の努力でそれは叶いません。 それでも その一瞬のために 選手達は青い春を真っ赤に燃やす。 「最近の若者は…」と吐き捨てる大人もいますが 何を見ているのか? いつの時代だって若者の本質は変わりません。 こういう素晴らしい若者だってたくさんいるんです。 どうか、まっすぐ夢を追う彼らから夢を奪わないでほしい 大人の事情によって競技の存続が危ぶまれる一方、今日もたった3分間、その一瞬のために日々練習を続ける彼ら1500人の男子新体操選手がいます。

次の

鹿児島実業の新体操部 今年も全国に笑顔を届ける!

鹿児島 実業 男子 新 体操

5月17日から2日間、令和元年度鹿児島県高等学校総合体育大会が鹿児島県総合体育センター体育館で行われ、男子団体優勝、女子団体準優勝、男子個人総合で吉留大夢君(2年総合学科・川内南中出身)が3位、女子個人総合で内田あゆみさん(3年総合学科・高宮中出身)が去年に優勝し果たし、2連覇を成し遂げました。 女子団体及び男子団体、女子個人総合優勝の内田さんは、6月14日から長崎県にて行われる全九州高等学校体育大会と8月5日から鹿児島県にて行われる全国高等学校総合体育大会に出場します。 〈男子団体メンバー〉 藤本 祥太君(3年総合学科・平成中出身) 斉藤 方星君(3年総合学科・山川中出身) 田邉 真生君(3年総合学科・緑丘中出身) 羽山薗 迅君(3年総合学科・吉野中出身) 吉留 大夢君(2年総合学科・川内南中出身) 小田 悠仁君(2年総合学科・薩摩中出身) 木ノ下 功陽澤君(2年総合学科・加治木中出身) 東 鳳雅君(1年総合学科・甲東中出身) 〈女子団体メンバー〉 満留 綾香さん(3年総合学科・伊集院北中出身) 内田 あゆみさん(3年総合学科・高宮中出身) 飯野 日菜さん(3年総合学科・川内中央中出身) 馬原 友里奈さん(2年総合学科・筑山中出身) 大津 朝さん(2年総合学科・筑山中出身) 大久保 凜音さん(2年総合学科・伊集院北中出身) 入佐 綺ララさん(1年総合学科・伊集院北中出身) 田畑 優空さん(1年総合学科・武岡中出身) 〈監督からのコメント〉 樋口 靖久 監督(男子監督) 男子団体は、今年度は地元鹿児島での全国高校総体開催であり、そこに向けて弾みとなる大会としたかったが、まだまだ実力不足は否めず、今後更にレベルアップし、会場に足を運んでくださる観客の方々に楽しんでもらえる演技ができるように練習していきたい。 個人競技の吉留生徒は、大幅に自己ベストを更新し、成長の跡が見られ良かったと思う。 水元 菜央 監督(女子監督) 女子団体は昨年に引き続き準優勝に終わり、悔しい思いでした。 個人競技は、3年生の内田生徒が昨年の県総体に続き個人総合優勝を果たし、良かったと思います。 今後は、九州大会や地元開催の全国高校総体に向けて、個人、団体ともに好成績を収められるように頑張っていきたいと思います。 〈主将代表コメント〉 (男子)藤本 祥太君(3年総合学科・平成中出身) 今年度は地元で全国高校総体が開催されるので、それを目標に練習に取り組んできた。 今回の試合で見つかった課題や反省点をしっかり修正し、本番の全国高校総体では鹿実らしい演技が出来るように頑張りたい。 (女子)満留 綾香さん(3年総合学科・伊集院北中出身) 今大会の団体競技では、ミスが出てしまい、自分たちの力を発揮出来ずに悔しい結果となりましたが、沢山の応援を受けながら、準優勝という形で全国高校総体への出場権を獲得することが出来ました。 今大会を通して、改めて地元開催の有難たさと責任の重さを感じることが出来たので、全国高校総体では感謝の気持ちを忘れず、精一杯戦ってきます。

次の

【動画あり】禁断の “鹿実” と言われる鹿児島実業高校の新体操部が今年もコミカルな究極演技を披露したと話題

鹿児島 実業 男子 新 体操

中止となった高校総体の代わりとなるメモリアルマッチが県内各地で行われている。 男子新体操では鹿児島実業高校が彼ららしい演技を披露した。 今月21日、県の総合体育館で開かれた新体操のメモリアルマッチ。 点数や順位を付けず、3年間の練習の成果を披露する場として行われた。 女子団体では、鹿児島女子高校、鹿児島実業高校、鹿児島純心女子高校が参加し、優雅な演技を披露した。 男子団体では、毎年、コミカルな演技が全国で話題となる鹿児島実業高校が登場した。 披露したのは、3年生が入部して初めて覚えた思い出の演技だ。 今年は、新型コロナウイルスの影響で練習時間がとれず、新作を作ることができなかったが、この演技に3年間の思いをのせた。 吉留大夢キャプテンは「新型コロナで、皆さんの気持ちがダウンしている時期なので、自分たちの演技を見て、少しでも幸せな気持ちになってほしかった。 思いっきり動けてノーミスでできたので、満足している」と話した。 今後、イベント出演なども予定している鹿実男子新体操部。 最後まで、彼ららしい演技を見せてくれた。

次の