大井 競馬 ai 予想。 無料で利用できる競馬予想aiアプリとおすすめ競馬予想サイトを紹介

無料で利用できる競馬予想aiアプリとおすすめ競馬予想サイトを紹介

大井 競馬 ai 予想

しかし、中央競馬に近いハイレベル競争とダイナミックさが魅力の一つでもあります。 そんな 大井競馬を予想するためのコツをこれから説明していきましょう。 大井競馬予想のコツ~コース攻略編~ 掲載元: 大井競馬場は、右回りの内コースと外コースが設置されています。 特筆すべきは、 外コースは直線が長くて追い込みや差しが有利であることです。 大井競馬場の内コースの特徴は短さ? 大井競馬場の内コースは1500m、1600mのレースが開催されます。 直線の距離は286mです。 他の競馬場と比較してみると、 内回りは南関東4場の中で浦和競馬場(220m)に次いで2番目の短さです。 大井競馬場の外コースの特徴は長さ? 大井競馬場の外コースは1000m、1200m、1400m、1700m、1800m、2000m、2400m、2600mのレースが開催されます。 直線の距離は 386mとなっています。 大井競馬場の 外コースは地方競馬場の中で、最も長い直線です。 なお、300mを超えた直線があるのは他に門別競馬場の外回りコース(330m)、盛岡競馬場(300m)となっています。 大井競馬予想のコツ~調教師編~ 2017年大井競馬場リーディングは 藤田輝信師でした。 2018年4/24現在においても66頭の馬を預かっており、現時点で32勝を挙げています。 (昨年の大井競馬場リーディングは75勝) 出走させる馬も多く、今後もレースで見かけることが多いでしょう。 また、南関東競馬4場のリーディングは浦和の 小久保智師が不動のものとしています。 「いい調教師にいい馬が預けられる」といった考え方は理にかなっているといえます。 重賞では2017年の大井競馬での重賞は 阪本一栄師、 渡邊和雄師は2勝しております。 リーディング上位ではないですがここぞというときに力を発揮しています。 その他、 森下淳平師、 荒山勝徳師も勢いがあり、積極的に狙っていけそうです。 大井競馬予想のコツ~騎手編~ 大井競馬でおすすめの騎手は 矢野貴之、真島大輔、森泰斗です。 勝率は10%以上、3着内率が30%以上あります。 また、要注目なのが 繁田健一、御神本訓史です。 騎乗数は少ないながらも、3着内率が30%を超えています。 大井競馬予想のコツ~馬場~ 人気馬の脚質とその日の馬場状態は必ずチェックしておきましょう。 そして「脚質」を考えた際、前走で外回りを走り、次に内回りへ変わる馬等、コース替わりに注意が必要です。 「内回りだから差し切れなかった」「直線が長くなったことで差された」等、様々な事態が起こります。 その馬や脚質がそのコースに適応できるかを考えると良いです。 良馬場の場合 乾ききった良馬場だと、差しや追い込みしやすい 外回りでも 先行決着ばかりになったりすることも多く見られます。 不良馬場の場合 水の浮いた不良馬場になると 内、外回り問わず思いもよらない馬が勝ったりします。 ポイント やはり不良馬場は荒れやすい 大井競馬予想のコツ~転入馬~ 他の競馬場からの転入馬を狙っていくのも大井競馬予想のコツです。 ただし、大井の砂が合う馬を見極める必要があります。 一つアドバイスをあげるとすれば、 門別からの転入馬が好成績を出すことが多々あります。 門別からの転入馬を人気問わず狙うのもいいでしょう。 JRAからの転入馬も多いですが、 芝路線で走っていた転入馬は最初は苦戦している傾向が強いです。 いい血統でいい騎手が乗るとなれば人気になることもあります。 転入初戦で人気があれば波乱を予想するのもアリなのではないでしょうか? 大井競馬予想のコツ~買い目~ 大井競馬予想で買い目のコツは、 「馬単」がおすすめです。 万馬券も十分狙え、回収率と的中率のバランスを考えると馬単が非常に有効であると考えられます。 3連単になると、当てるのが非常に難しいです。 馬単以外であれば、ワイドや3連複も当てやすくそこそこの配当が期待できます。 大井競馬予想のコツは、総合的に判断すべし! 大井競馬予想のコツは、 あらゆる判断材料を総合的に判断することです。 あと最後に負担重量も加味してみるといいかも。

次の

楽天競馬:地方競馬全場のオッズ・予想・投票・レース映像を提供

大井 競馬 ai 予想

AlphaImpactとは 競馬予想界において、ディープインパクトが日本競馬界に与えたような衝撃 Impact を、日本で最初 Alpha に、人工知能 AI によって起こしたいという野望から2016年6月に発足したプロジェクトです。 人工知能の最先端技術を実装するスキルと、競馬のドメイン知識に優れた3人のエンジニアから構成されています。 2017年3月よりnetkeibaの『ウマい馬券』にて、「的中型人工知能」と「回収型人工知能」の"2人"の予想家を開発し、予想家デビュー。 また、2018年12月にはNHK制作『ノーナレ』にて、競馬AI代表として大井競馬の場立ち吉冨隆安氏と馬券対決を繰り広げ、番組内で取り上げられたレースでの払戻において勝利を収め、大きな反響を呼びました。 このような実績を残してきたAlphaImpactが大井競馬に本格的に参戦します。 AlphaTwinkle(大井特化型人工知能)とは AlphaTwinkleは、AlphaImpactが開発した従来のAI予測エンジンを、当企画のために「大井競馬」に特化するようにチューニングをしたAIによる予想です。 AIの入力となるファクターは、出走馬1頭に対して、枠順、脚質、過去のタイムなどの実績、騎手の成績、コース適性、血統情報など約2000種類に及びます。 過去の大井競馬で実施された数千レースの結果から、それらのファクターと回収率の高さのパターンをAIが自動で見つけ出し、未来のレース結果を予測します。 人間が予想するときの情報量とは比較にならないくらい膨大なデータを元に予測しているため、 人間の目には一見して買い要素が無いように見える穴馬も見つけ出すことも可能となります。 AI指数はレース内の平均値が50になっており、指数が高い馬は回収率が高く、指数が低い馬は回収率が低いとAIが評価していることを示します。 ただし、AI予想は回収率重視のため、中穴〜大穴を本命にする割合が高めになっています(上記表参照)。 そのため、本命党の方は人気馬を軸に印馬を相手にしたり、本命が穴馬のレースだけを狙っていくなどの使い方もあります。 予想の際、下記表示も参考に、ご自身の予想スタイルにあったAI予想の活用方法でお楽しみください。 AlphaImpact は下記人工知能の予想も提供しています。

次の

無料で利用できる競馬予想aiアプリとおすすめ競馬予想サイトを紹介

大井 競馬 ai 予想

AlphaImpactとは 競馬予想界において、ディープインパクトが日本競馬界に与えたような衝撃 Impact を、日本で最初 Alpha に、人工知能 AI によって起こしたいという野望から2016年6月に発足したプロジェクトです。 人工知能の最先端技術を実装するスキルと、競馬のドメイン知識に優れた3人のエンジニアから構成されています。 2017年3月よりnetkeibaの『ウマい馬券』にて、「的中型人工知能」と「回収型人工知能」の"2人"の予想家を開発し、予想家デビュー。 また、2018年12月にはNHK制作『ノーナレ』にて、競馬AI代表として大井競馬の場立ち吉冨隆安氏と馬券対決を繰り広げ、番組内で取り上げられたレースでの払戻において勝利を収め、大きな反響を呼びました。 このような実績を残してきたAlphaImpactが大井競馬に本格的に参戦します。 AlphaTwinkle(大井特化型人工知能)とは AlphaTwinkleは、AlphaImpactが開発した従来のAI予測エンジンを、当企画のために「大井競馬」に特化するようにチューニングをしたAIによる予想です。 AIの入力となるファクターは、出走馬1頭に対して、枠順、脚質、過去のタイムなどの実績、騎手の成績、コース適性、血統情報など約2000種類に及びます。 過去の大井競馬で実施された数千レースの結果から、それらのファクターと回収率の高さのパターンをAIが自動で見つけ出し、未来のレース結果を予測します。 人間が予想するときの情報量とは比較にならないくらい膨大なデータを元に予測しているため、 人間の目には一見して買い要素が無いように見える穴馬も見つけ出すことも可能となります。 AI指数はレース内の平均値が50になっており、指数が高い馬は回収率が高く、指数が低い馬は回収率が低いとAIが評価していることを示します。 ただし、AI予想は回収率重視のため、中穴〜大穴を本命にする割合が高めになっています(上記表参照)。 そのため、本命党の方は人気馬を軸に印馬を相手にしたり、本命が穴馬のレースだけを狙っていくなどの使い方もあります。 予想の際、下記表示も参考に、ご自身の予想スタイルにあったAI予想の活用方法でお楽しみください。 AlphaImpact は下記人工知能の予想も提供しています。

次の