敬具 かしこ。 「敬具」の意味とは?使い方やメールでの注意点についても解説

拝啓と敬具の使い方・例文|位置/改行/手紙/メール

敬具 かしこ

確かに、「拝啓・敬具」はメールなどで簡易的にコミュニケーションがとれる現代のビジネスシーンでは、以前より使われるケースは少なくなってきていると感じます。 そのため、若い方やあまり外部とコミュニケーションをとらない職種の方であれば、入社後数年にわたって「一度も使ったことが無い」ということもあるでしょうね。 しかし、全く使われないというわけでもありません。 対外的なビジネス文書では、いまもこういった頭語・結語を入れるのが当然のマナーです。 特に役職が上がるにつれて、文書でのやり取りが増えます。 いくら仕事で成果を出してしかるべき立場になったとしても、このような当たり前のマナーがなっていないと、いざというときに使えないと大きな恥をかきます。 (余談ですが、以前若くして部長に昇進した方が、名刺交換ができないという場面に出くわしたこともあります。 ) 覚えるべきは「拝啓-敬具」「謹啓-敬白」の使い分けくらいですから、今後のためにも今のうちにしっかりと身に着けておいてほしいですね。 拝啓の意味は「おじぎ」 拝啓・敬具のより丁寧な表現として「謹啓」や「敬白」があります。 「敬白」という単語を使う場合、拝啓より丁寧な「謹啓」と結ぶことが一般的です。 ただ何となく敬具を使っていた人も、この違いを理解して使い分けられると良いでしょう。 「前略」や「早々」はビジネスでは使用しない 手紙で使う挨拶の言葉に、「前略」や「草々」のような表現もあります。 これは、「拝啓」「敬具」と同じ意味ではありません。 「前略」は「取り急ぎ用件から入ります」の意味、「草々」は「粗略な様子」の意味があります。 時候の挨拶や感謝の言葉を書くことが面倒であるため、普段使いの手紙やはがきの書き方として一般化したのが、「前略-草々」です。 そのため、仕事上のお付き合いのあるお相手に手紙を送る際には、拝啓と敬具を使うようにしましょう。 日常的な手紙であれば、「前略」「草々」は失礼にはなりません。 拝啓と敬具を手紙につける意味.

次の

「かしこ」の使い方・例文・敬具との違い・漢字|男女別/手紙

敬具 かしこ

拝啓と敬具の意味 拝啓の意味は「へりくだって申し上げる」 拝啓は、フォーマルな手紙の最初に入れる挨拶です。 拝啓は、「拝=おじぎして」、「啓=申し上げる」という漢字を重ねたものです。 そのため、 冒頭におく挨拶である「拝啓」の意味は、「へりくだって申し上げます」となります。 時代劇では、家来が主君に何かを伝える際、最初にかならず座礼をして「お許しを得て申し上げます」といってから、用件を伝えています。 手紙では、この座礼にあたる言葉が「拝啓」です。 敬具の意味は「つつしんで申し上げる」 敬具は、フォーマルな手紙の最後に入れる挨拶です。 敬具は、「敬=うやまって」、「具=申し上げる」という漢字を重ねたものです。 なので、 結びの語である「敬具」の意味は、「つつしんで申し上げました」となります。 例えば、神事の際、神主が祈りの末尾に「かしこみかしこみ申す」などと付け加えます。 この言葉にあたるのが「敬具」です。 季節に関する話題を述べる時候の挨拶、時候に合わせて相手の安否や活躍を確認し、相手への感謝・尊敬の念を述べる文章が続きます。 「さて」などの起語を置き、本題に入ります。 前文と似たように、時候をからめながら、用件をまとめ、相手の今後の健康や繁栄を祈り、自らの手紙の拙さを詫びる文章を書きます。 返信が必要な場合は、返信期限と返信のお願いについて書きます。 「拝啓」で始めたならば、「敬具」で終わらせるのが決まりです。 失礼なので、目上の方に追伸を書くのはやめましょう。 また以下でもビジネス上でのメールや手紙を書く際の注意点について解説しています、正しいメールを使い、デキるビジネスマンを目指しましょう。 拝啓の後には前文が続く 上記で確認した通り、頭語である拝啓の後には、前文が続きます。 前文は、時候の挨拶、相手を気遣う文章、相手への感謝・尊敬の念を示す文章で構成されます。 時候の挨拶は、時期ごとの慣用句もありますが、自信があるなら自作してもかまいません。 一般的な慣用句を表1にまとめました。 表1 時候の挨拶 慣用句一覧 時候の挨拶には、相手の健康や安否を気遣い、それに続けて自分の現況を知らせる言葉を添えます。 また、お世話になった方への感謝の言葉、ご無沙汰している事へのお詫びなどを付け加えます。 もう一度、図1を振り返って確認してみてください。 また、時候の挨拶のかわりに時下という言葉もつかうことができます。 合わせてご覧ください。 場面ごとによるお例文やあいさつ文例集 以下では皆さまが遭遇するようなビジネスシーンを想定し、着任挨拶の文例と挨拶状 お礼 の文例を準備しました。 平素は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます。 弊社の青山が、新商品開発のご相談にあがった際は、大変お世話になりました。 青山が部署異動となりまして、この度の企画をわたくしが引き継がせていただくことになりましたので、ご連絡を差し上げました。 至らぬ点もあるかと存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 高橋様をはじめとして御社の皆さまのご助言のお陰を持ちまして、具体的に企画が進んでまいりました。 このたびは、試作品が一通り完成いたしましたので、改めてご挨拶かたがた高橋様にお目にかかりたく存じます。 もし、お時間が可能でしたら再来週あたりにお伺いできたらと考えております。 ご多忙の中、急なご報告とご相談で恐れ入りますが何とぞよろしくお願い申し上げます。 さらに拝啓と敬具は自分と距離があり、尊敬もしくは尊重したいと思う相手に送ります。 例えば、普段ほとんど接点がない他部署に所属する上司には、拝啓と敬具をつけて手紙を送ります。 普段直接やり取りをしていない、取引先の上役には拝啓と敬具をつけてください。 ただし、取引先との手紙に関しては、かならず先例を確認するようにしましょう。 通常のビジネスに関するメールではなく、 定期的な挨拶自体が目的でメールを送ることがあります。 新年の挨拶や、年度替わりの挨拶などです。 その場合、メールでも正式な手紙の書式で送ることがあります。 頭語・結語や時候の挨拶を入れる方が改まった感じがあってよいでしょう。 どのような形式にするかは、慣例に従いましょう。 拝啓と敬具を用いない場合 繰り返しますが、手紙の様式は関係と目的で決まります。 すなわち、拝啓と敬具を使ってはいけない関係や目的があります。 例えば、親しい相手 上司・先輩を含む や近所の人に対して出す手紙では、前文・頭語を省略します。 拝啓や敬具は、フォーマルな手紙で使う表現なので、相手との距離感を強調することになってしまい、逆効果です。 また、自分に前文なしの手紙を送ってきた相手に、前文・頭語をつけて返信するのは、好ましくありません。 相手が親しいと思って省略したものに、わざわざつけて返して距離感を出すのは失礼です。 手紙の目的によって、拝啓・敬具を避けることがあります。 例えば、 わび状は、相手に自分の謝意を伝えるのが最優先なので、前文と頭語を含みません。 病気・災害への見舞い状、死亡通知も、相手に負担をかけないことが一番大切で、前文と頭語を含みません。 他にも、ハガキで出す挨拶状も頭語・前文を用いません。 年賀状や寒中見舞い、暑中見舞いや残暑見舞いなどです。 実は、手紙をだす状況に応じて、拝啓と敬具を用いないほうがよい場合があります。 詳しくは、第7項の「拝啓と敬具の類義語」を確認してください。 ビジネスメールに拝啓と敬具は必要? メールでは、原則として拝啓や敬具のような頭語・結語および、時候の挨拶などを含む前文・末文は省略されます。 書いてはいけないというルールがあるわけではありませんが、ない方が良いとされています。 ビジネスメールは、用件を簡素に伝え、相手に負担を書けないことがよしとされるメディアです。 頭語・時候の挨拶などに、相手の貴重な時間を割くのは避けるべきです。 ただし、礼を失するのは歓迎されません。 拝啓などを使用しない代わりに、挨拶文として一番はじめに「お世話になっております」や「お疲れ様です」などを入れる人が多いです。 結語の代わりには、「よろしくお願いいたします。 」などの挨拶を入れます。 また以下ではビジネスメールについてのマナーや注意点を解説しています、正しい書き方を学び、大事なビジネスの場面に役立てましょう。

次の

手紙の文末の「かしこ」にはどんな意味がある?

敬具 かしこ

【目次】メールではなくお手紙で!「拝啓」の意味と使い方、時節の候の一覧も はじめに メールやLINEを使うことが多い現代において、手紙を書く機会はあまり多くないでしょう。 ただ、手紙を書く機会が全くないとは言い切れませんよね。 本記事では、手紙の冒頭に使う「拝啓」を取り上げます。 それだけでなく、「敬具」や「かしこ」など、手紙を書く上での関連語も含めて説明していきます。 「拝啓」は訓読みすると「おがみもうす」と読むことができます。 「敬具」を訓読みすると「うやうやしくととのえる」となります。 拝啓と敬具は1セットで使い、手紙を書く相手に礼儀、敬意を持って挨拶しているという意味で用いられています。 どういった意味かと言いますと、元となった言葉が「畏し かしこし 」です。 そのため、「恐れ多い、恐縮です」という意味が含まれています。 また、「かくし」と書くこともあります。 「可祝 かしぐ 」と書いて「これで失礼します」という意味です。 男性の場合は「恐惶謹言」という漢字を使います。 漢字と平仮名の差ですが、昔は漢字は男性のもの、平仮名は女性のものとされていました。 それが今になるまで受け継がれているということですね。 「前略」ではじまり「草々」で結びます。 上の前略と草々も手紙で使う挨拶の言葉です。 ただ、ビジネスの場では使いません。 それは意味に違いがあるからです。 日常的な手紙では失礼にならないので、覚えておくと良いでしょう。 したがって、メールはもちろんファックスを送る際には使いません。 時節の候については以下の表を参考にしてみてください。 1月 新春の候、寒気ことのほか厳しく、初春の候 2月 余寒の候、向春の候、余寒厳しき折柄、立春とは名のみの寒さ 3月 冬の名残のまだ去りやらぬ時候、早春のころ、春寒次第に緩み 4月 陽春の候、うららかな好季節を迎え、花冷えの時節でございます 5月 新緑の候、若葉の緑が目にしみる季節、風薫る五月 6月 梅雨の候、初夏の候、時候不順の折、暑さ日増しに厳しく 7月 猛暑の候、酷暑の候、暑気厳しき折、暑熱耐えがたきこの頃 8月 残暑の候、朝夕涼味を覚える頃 9月 初秋の候、残暑去りがたく、秋色次第に濃く 10月 秋冷の候、秋色日毎に深まり、天高く馬肥ゆる秋 11月 晩秋の候、秋気いよいよ深く、紅葉の候、落ち葉散りし時節 12月 師走の候、寒気いよいよ厳しく、歳末ご多端の折 時候の挨拶には相手の健康や安否を気遣い、それに続けて自分の現状を知らせる言葉を添えます。 また、上の表で8月に残暑の候と書かれているなど、挨拶と季節が合わないものがあります。 それは旧暦からの慣用句によるものなので、気になる場合は自分で時候の挨拶を作ってみるのも楽しいかもしれません。 そのため、全てに拝啓と敬具を使えばいいというわけではありません。 例えば、親しい相手なら上司や先輩でも使わなくても大丈夫です。 拝啓と敬具、他にもこれまでに述べてきた挨拶はフォーマルな手紙で使うものです。 また、相手が拝啓と敬具を使っていない手紙を送ってきた場合、返信の際はこちらも拝啓や敬具を付ける必要はありません。 相手が親しいと思っているということですので、距離を取った表現をするのは失礼ということです。 相手に自分の誠意を伝えることが最優先なので、長い挨拶で用件が遅れるのは避けた方や良いでしょう。 また、病気や災害への見舞い状、死亡通知も同様です。 こちらは、相手に負担をかけないためですので、覚えておくと良いでしょう。 他にもハガキで出す挨拶状 年賀状、寒中見舞い、暑中見舞いなど にも使いません。 ハガキでは上記で説明した「前略」と「草々」を使います。 さいごに 今回は「拝啓」について説明してきました。 拝啓だけではなく「敬具」や「かしこ」などにも触れましたので、実際に手紙を書く際に参考としてください。 手紙よりもメール、メールよりもLINEのようなコミュニケーションツールの時代ですが、これを読んで手紙を書くきっかけとなったら幸いです。

次の