コロナ 予言 本 1982。 イルミナティカードの予言はコロナウイルスや東京五輪の複合災害も?

【話題】「1982年出版の本に書かれてる内容が衝撃!2020年ごろ肺炎のような病気が…」→ ネット『インチキです』『マスク2枚の件は書かれてませんか?』

コロナ 予言 本 1982

完全なる生物兵器を中国の科学者が開発した• 2020年に肺炎のような呼吸器系の病気が蔓延する• 致死率は100%の確率 そしてそのウィルスは謝って、子供に特別な能力を与えてしまうという結果になることを記載してます。 ここはフィクションぽいですね。 また新型肺炎コロナウィルスが生物兵器かというのは、一部その説で話題になっていますが、現段階では分かっておりません。 【Covid-19は予言されていた?】記載した一つのTweetが2月27日に多くの拡散がされ、1. 7Kの人に読まれた。 そして、Wuhan-400が書かれた本の写真が掲載されています。 A Dean Koontz novel written in 1981 predicted the outbreak of the coronavirus! — Nick Hinton NickHintonn そしてなんと著者は2020年あたりに、Wuhan-400によってもたらされる肺炎のような病気が が世界で蔓延すると書いているといいます・・・ I believe some people have the super power to accurately predict the likelihood of future events. The Eyes of Darkness was published in 1981. The author talks about a Pneumonia-like illness that will hit the world in 2020. He even named it Wuhan-400. 海外のTwitter民の反応• なんて偶然の一致だ!• これはまじか、信じられない• 致死率100%と少年に力を与えたというのは小説らしいな• フィクションだろ• 1981年の小説に武漢のコロナウィルスを予言してただと?• 小説家にコンタクトを取れ• 歴史的な出来事には予言がつきまとう• いま世界の懸念の中心と言えるコロナウィルス。 早く収束してほしいと願います。 本日は40年前の小説が予言していたという海外のニュースを紹介しました。 これはフィクションなのか、未来人の予言書なのか。。 小説家は時に未来を予想すると言われていますが、 皆さんはこの小説をどう思いますでしょうか? いつも読んでいただきありがとうございます。

次の

イルミナティカードの予言はコロナウイルスや東京五輪の複合災害も?

コロナ 予言 本 1982

ミスター都市伝説・関暁夫が、29日放送の『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説SP2020春』 テレビ東京系 に出演。 新型コロナウイルスについて言及し、話題を呼んでいる。 まず関は、よく周囲から「コロナがいつ収束するのか」という質問を聞かれることがあるとし、「はっきり言うと〇〇〇まで終わらないから! 」と叫ぶも、ピー音で隠されていた。 これについてはSNS上の意見として、「関さんの発言がカットされたときに パパがコロナは人類滅亡まで収束しないんだよね〜って言ってたのが恐ろしかった、、パパ関さんファンだから、、」と、深読みするユーザーもいた。 また、関は「今いちばん大切なのはコロナ報道が過熱するその裏で、世界情勢がどう動いているかを知るべき」と語り、コロナショックの裏側で各国の軍事行動が活発化していると主張して、「第三次世界大戦」の可能性も匂わせる展開も。 さらに、関は「この事態を数年前から予言していた人物がいる」とし、マイクロソフトの創設者・ビル・ゲイツ氏の名を挙げた。 同氏は2015年、「我々の世代が備えるべきなのは核戦争ではなくウイルスによる感染」と講演で語り、すでに各国に警鐘を鳴らしていたというのだ。 そして今回、同氏が設立したコロナ治療薬を開発するための団体が、イギリス政府と一緒にその薬を作っていると暴露。 3月末にコロナに感染したことが判明した同国のチャールズ皇太子が4月の頭には回復していた例を挙げ、その理由として、「すでに 治療薬を 手に入れてたのかもしれない」と推測。 この後も関の話は、AIやマイクロチップ、人類のVR バーチャルリアリティ 空間移住計画など次々と展開していった。 SNS上ではそんな関の「コロナ都市伝説」に対し、「今、ドヤ顔でコロナウイルスの事語っているけど、今となっては後出しジャンケンでさ、去年、このパンデミックの話してたらすごいよ」「関暁夫コロナ陰謀論みたいなんゆってるけどまあ誰も信じないし大丈夫やろう。 未だにこんなのに流される人いたらびっくりぽんだわ」とツッコミも。 だが一方で、「コロナウイルスに関しても都市伝説になる関暁夫が俺は好き」と期待する者や、「関暁夫が言ってることが全部こじつけだとしても、『コロナ報道が過熱する裏で世界情勢が動いてることを知らなきゃいけない』っていうのはまさしくそう」と納得する者もいた。 まさに、信じるか信じないかはあなた次第ということになるのだろうか。 外部サイト.

次の

1981年作の小説「闇の眼」…新型コロナ出現を予言?

コロナ 予言 本 1982

200万部のベストセラーと物理学の博士号をもつイタリアの小説家による、緊急事態宣言下の日本の人々への示唆に満ちた傑作エッセイ。 日本語版には、後日談となるあとがきを特別掲載。 目次 地に足を着けたままで おたくの午後 感染症の数学 アールノート このまともじゃない非線形の世界で 流行を止める 最善を望む 流行を本当に止める 慎重さの数学 手足口病 隔離生活のジレンマ 運命論への反論 もう一度、運命論への反論 誰もひとつの島ではない 飛ぶ カオス 市場にて スーパーマーケットにて 引っ越し あまりにたやすい予言 パラドックス 寄生細菌 専門家 外国のグローバル企業 万里の長城 パン神 日々を数える あとがき:コロナウイルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと パオロ・ジョルダーノ 小説家。 1982年、トリノ生まれ。 トリノ大学大学院博士課程修了。 専攻は素粒子物理学。 2008年、デビュー長篇となる『素数たちの孤独』は、人口六千万人のイタリアでは異例の200万部超のセールスを記録。 同国最高峰のストレーガ賞、カンピエッロ文学賞新人賞など、数々の文学賞を受賞した。 飯田亮介 1974年生、日本大学国際関係学部国際文化学科中国文化コース卒、中国雲南省雲南民族学院中文コース履修、イタリア・ペルージャ外国人大学イタリア語コース履修。 訳書にフェッランテ『リラとわたし』『新しい名字』など「ナポリの物語」シリーズ、ジョルダーノ『素数たちの孤独』『兵士たちの肉体』など 以上早川書房刊。 目を背けたくなる数だと思います。 「コロナの時代の僕ら "Nel contagio"」(パオロ・ジョルダーノ 早川書房)を読みました。 作者が書き始めた時期、感染症による世界の死者は3,000人に迫っていると書かれています。 「過去にもあり、これからも起きるだろう」と薄々思いながらも、現時点での死者の数字は想像していた数を遥かに超えてしまっていますね。 作者は、「感染症の数学」の中、SIR(感受性人口)が75億人近くもいて、アールノートの重要性に触れ、私たちが生きる地球という「自然」が非線形であることを述べ、そのことが至極当たり前であることを知らしめてくれます。 また、にわか仕立ての「知識」、拡散する情報、歪められたメタ・データの中から真理を見出そうとする愚かさ、助け合いの精神が持てないことは、想像力の欠如を示していると嘆きます。 本の要約は無意味でしたね。 改めます。 私たちには、この行政と専門家と私たちの間に相互に横たわる不信感を少しでも拭う努力が必要なのかもしれません。 そして、特筆すべきはこの透明感のあるエッセイの最後に書かれた「日々を数える」という一篇と「僕が忘れたくないこと」と名付けられたあとがきには、これからも「コロナ以前の時代」に決して戻ることができない私たちへの一つの提案と覚書が静かに示されているように思えます。 込められた旧約聖書の祈り、忘れたくないことを忘れてしまったら、ふたたび「闇夜のような忘却」に不意を突かれてしまうことすら忘れてしまう。 もし、このの最中、自分の行動を変える自信がない私のような怠惰な人間にとって、(いつか忘れてしまうことの予防のためにも)作者が「僕は忘れたくない」と言って与えてくれた提言をひとつの潤いとして受け止められたらと思います。 毎日新聞で紹介されたこの本が届いた。 イタリアの新聞で2月25日に紹介されて大きな反響を呼んだという筆者の記事、『混乱の中で僕らを助けてくれる感染症の数学』 その後著された、2月29日から3月4日までのわずかな日にちに書かれた27編の短いエッセイ。 それを、訳者の飯田亮介氏が翻訳し、3月25日の日本発売となったという話題作だ。 届いたその日に数時間で読み終えた。 とても読みやすい文章 翻訳 であった。 しかし、心が震えていることを感じつつ読んだ。 めったにないことだ。 たくさんのことを感じた。 イタリアのこの期間のコロナ禍は、今4月末の日本が直面している状態より少し先を行っているが、国の違いこそあれ、政府、専門家、マスコミ、人々の反応はよく似ている。 体験したことのない災いを大きく見積もったり小さく見積もったり。 しかし、感染症の専門家の説明より、筆者の数学の方から説明の方がずっと分かりやすいのはなぜだろう。 簡潔だが、人間や人類の本質に言及している。 マスコミやSNSで世界と瞬時に繋がっている今、先の見えない大きな災いの入り口に立ち、このような思考ができる若い人がいることに感激。 また、この短時間に日本語で読めるようにしてくれた訳者、出版社に感謝。 パンデミックのパニックという言葉は、ギリシャ神話のパン神のことをいい、この神がときどき凄い叫び声を上げる癖があり、その凄まじさに自分まで驚き逃げ出してしまう、そこからの由来だということも初めて知ったが興味深く感じた。 日本版に付け加えられた著者のあとがき 2020. 20付のイタリアの新聞に掲載された 『コロナウイルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと』は、エッセイが書かれた時期から約2週間経ったときのものだ。 いわゆるフェーズが変わって、イタリアで死者の数が4000人を越える事態を迎えて書かれたものである。 どれか引用しようと、もう1度読み返すと全てを書きたい気持ちになる。 最初の部分だけ引用すると、 …僕らは公衆衛生上の緊急事態のまっただ中にいる。 …今度の緊急事態は戦争と同じくらい劇的だが、戦争とは本質的に異なっており、あくまで別物として対処すべき危機だ。 危機に対しては、言葉選びがとても大事になる。 …感染症の流行時は、もっと慎重で、厳しいくらいの言葉選びが必要不可欠だ。 なぜなら言葉は人々の行動を条件付け、不正確な言葉は行動を歪めてしまう危険があるかだ。 … いつかこの人類の危機の全体像が掴めるようになったとき、論理的で簡潔で文学的な感性に溢れた、この作者の書くものを是非読みたい。 イタリアで毎日数百人のコロナ感染の死者数が報じられていたときでしたから、その先何が起きるのかわからない状態の中で、届いた本にどのようなことが書かれているか、私自身バクバクする気持ちで届いた本の活字を追っていました。 読むほどに、筆者が冷静に事態をとらえ、感染症の広がりを数学的に説明し、パニックに陥ることを警戒する静かな描写に、イタリアよりはまだ安全な場にいる私の気持ちが鎮められました。 本を読むことが好きで、気になる書評を目にすると、本をアマゾンレヴューをチェックしてから購入することが多いので、今後も自分が気に入った本のレヴューの言葉、タイトルにも誠実な態度で書きたいと思います。 人は忘却の生き物。 喉元を過ぎれば熱さも忘れてしまうのだから、歴史は何度でも繰り返される。 新型コロナウィルスによって生活を一変させられてしまった私たちは、もう元の世界には戻れないことに気が付き始めている。 リモートワークが当たり前になった3年後、果たして、通勤電車に鮨詰めだった頃を思い出すことができるだろうか。 物理学を専攻した作家、パオロ・ジョルダーノ氏はこの危機を「忘れたくない」と繰り返す。 だから2月29日からの数日間の記録である本書には、氏のリアルな思考と感情が刻まれている。 日本と同じように、イタリアでも政府に対する憤りは大きい。 この先、平時を取り戻すことができたとしても、今の無策を忘れてはいけない。 そして、「何に元どおりになってほしくないのか」を考えよう、という。 もう満員電車に乗りたくないだけではなくて、いくつかの国では政権が入れ替わるに違いない。 私たちは100年前のスペイン風邪から何を学んだのだろうか。 今を見失わないために、定期的に読み返したい一冊である。 3月2日までミラノにいた。 2日前にクリーニング店や一部の中華系のバールが政府令により閉鎖。 同週末、ロンバルディア州が閉鎖になるとうわさが流れ多くのミラネーゼがミラノ中央駅から南に脱出した。 幸い3月3日に日本に感染することなく帰国。 その後自発的に二週間自宅待機を行った。 コロナには運よく感染しなかったが この本に対する免疫は低かったようだ。 あちらにまだいたなら朝のバールに置かれている掲載されたという日刊紙コリエレテラセラで読んで終わっていたのだろう。 要は慌てて買うほどの内容の本ではなかったのだ。 本は悪いわけでは無い、皆さんの右向け右の評価を鵜呑みにした自責である。 そこに絶賛するほどの深い内容は無い。 この手のものはタイムリーであることと読み易さが話題に乗るコツだ。 「今でしょ!」つまりそれこそが国境を越えても結構な勢いで売れるベストセラー本の感染力である。 アマゾンのタグの「ベストセラー1位」というのもなかなかの濃密感染源だ。 作者も言うように感染者の飛沫感染に巻き込まれないようにするには まず感染経路をしっかりとみずから確認すべきだ。 ここでの幾人かのレビューの誇張された評価の書き方によって結構なクラスターが生じている。 残念ながら私はそれにあたって感染したわけだ。 考えてみてくれ、事態が収束してるわけでも無く、わからないことが多いこの状況にあって中身の濃いものを書けるわけもない。 また昨今のニュースに出てくる指数関数的という言葉の意味をちゃんと知っている人ならここに書かれていることは驚くに当たらない内容である。 最後にイタリアの名誉のために一言 恐らく時間を置けばこれより遥かに深い内容で今回の事象に触れられるであろう有能な作家はたくさんいる。 高評価なので期待して読んだが、期待外れでした。 毎日発表される感染者数、死亡者数から、傾向を分析しようとするタイプの人には、特に目新しいことはないでしょう。 感染者数と一緒に検査数を示してほしいとか、週ごとの感染者数の増減は保健所や検査機関が介在しているからだ、医師が検査が必要なのに間に保健所が介入することこそ問題なのだ、とかぼやいている方には読んでも得るところはない。 感染者数に応じた適切な検査が行われればvirusの突然変異がないかぎり陽性率は不変であり、感染の実態は陽性率を一定にしてこそ増減が比較できる。 どんな数理モデルで感染をシミュレーションしているのか興味がある。 以上のような方には、お金と読む時間(たかだか数十分)の浪費となるでしょう。 おすすめできるとすれば、「コピペ」と「いいね」を繰り返している方、時間を持て余している青少年、文学志向の方、かもしれません。 書店で、購入するべきかどうかをご自分で判断されることをお勧めいたします。 コロナウィルスの不安が切実に続く間に読むことをお勧めします。 文章自体は短くやさしく、すぐに読めます。 世界は繋がっていて、ウィルスの広がりかたをクリアに理解できるだけでなく、繋がりに気付けていなかったことにも気付かせてくれます。 特に印象的だったのは、森林火災に代表される環境破壊で居場所が減るウィルスは、宿主を探して変異や拡大を続けるが、絶滅する種がいる一方で未だ増加している人間は格好の棲家になるという主張。 もうひとつは、あとがきとして収録されている「コロナウィルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと」という素晴らしい文章です。 ウィルスの不安や驚きに満ちた緊急事態のいまだからヒリヒリと感じられることを、落ち着いたら私たちは、たちまち忘れてぼんやりしてしまうと著者は予測し警告します。 力強い言葉で語りかけてきます。 私も忘れたくないことリストを作ろうと思います。

次の