ネバーランド から 帰っ た ウェンディ が 気づい た こと。 100年以上前のファンタジーの古典。ネバーランドへ飛んで行こう。【小学校中学年以上】

ネバーランドから帰って来て・・・・: 六角玄武の∞(むげんだい)異空間

ネバーランド から 帰っ た ウェンディ が 気づい た こと

use the following search parameters to narrow your results: subreddit: subreddit find submissions in "subreddit" author: username find submissions by "username" site: example. com find submissions from "example. com" url: text search for "text" in url selftext: text search for "text" in self post contents self:yes or self:no include or exclude self posts nsfw:yes or nsfw:no include or exclude results marked as NSFW e. subreddit:aww site:imgur. com dog This subreddit is dedicated to the Vocaloids Kagamine Rin and Len. banner by: omutatsu header img by: nazyorin Related subreddits: And be sure to check out Rules• please credit. If you submit art as a image, put the link where you found it in the comments or if it is your own, please say that it's your original art :D• no duplicates. Especially if anyone can find it on the front page or the first page of the new tab. First come first served, usually. Must somehow be related to Kagamine Rin and Len. Please mark covers in the title or the comments if it is one•

次の

#混ぜ混ぜ #テウタ ネバーランドから帰ったウェンディが気づいたこと、と、バスタフェロウズをミックス

ネバーランド から 帰っ た ウェンディ が 気づい た こと

「ねぇ、テウタ。 ピーターパンとネバーランドって知ってる?俺、ピーターパンと、ネバーランド行くの子供の頃の夢だったんだよね!」 私がテレビを見ているとクロちゃんが話しかけてきた。 「クロ、お前まだそんなこと信じてんのか?そんなのおとぎ話に決まってんだろ?」 すかさずリンボがこたえた。 「そんな事ないよ。 」 私がそう答えるとみんなが変な目をして私を見た。 「そんな事ないって行ったことでもあんのか?」 シュウがバカバカしいという顔で私を見る。 「うん。 あるよ。 」 「テウタ行ったことあんの?すっげー!」 「おいおい、つくならもっとマシな嘘をつけよ。 」 「私お兄ちゃん達と行ってきたんだよ!えっと、確か14くらいの時かな?」 モズの目がピクっと動く。 「ねぇ、テウタ。 テウタってお兄ちゃん1人じゃないの?」 え?私のお兄ちゃんは、ゾラ兄ちゃんでしょ? あと、ジョン兄ちゃ、ん? 「、、、あれ?、うそ、だって確かに、え?どういう事?」 「どうしました?」 ヘルベチカが怪訝そうに私を見る。 「おかしい、私には、お兄ちゃんは、ゾラ兄ちゃんだけなのに!ジョンって誰?!分からない!誰?!それだけじゃ無い、もっと大きな何か、何?!何がおかしいの?!」 私は、頭を抱える。 おかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしい 何がおかしい? お兄ちゃん、ネバーランド、ピーター、ティンク、妖精の粉、何かが着々と繋がっていく。 「テウタ?どうしました?」 「おいテウタ!大丈夫か!」 リンボが、私の近くに来る。 でも、私の頭の中のピースは動き続ける。 着々と組み立てられていく。 「テウタ、こっちみて。 」 モズが私の顔を支え目を覗き込んでくる。 「ネバーランドは、大人にならない国。 だったらフックと海賊は?」 「は?急にどうしたテウタ。 」 「でも、確かにおかしいよね。 だって大人にならない国なのに、フック船長達だけ大人なんだよ?どうしてだろう。 」 みんなもクロちゃんの発言で矛盾に気づいたみたいだ。 「みんなフック船長を悪者にしてるけど、フック船長が子供を手にかける所を私は見た事がない。 フック船長が狙っているのはいつでもピーター。 」 みんな私の発言を注意深く聞いている。 私は頭を体にうずめて記憶の糸を辿っていく。 「ティンクが言ってた。 妖精の粉の力は飛ぶ事だけじゃないって。 でも、私が聞いても、ゾラ兄ちゃんが聞いてもおしえてくれなかった。 けど、お兄ちゃんは聞いたの。 ティンクの生い立ちを。 最初は影しかいなかった。 じゃあ、ロストボーイズは、どこから来たの?フックと海賊どこか、きたの?」 みんなも着々と矛盾の糸を辿って行ってる。 「隠れ家にひとつあった、鍵のかかったあの部屋中に何があるの?、、ピーターが言ってた「これで終わりにしたい」?何を終わらせたかったの?フックに何を吹き込んだの?」 「子どもの間引き、処刑されてる?大人にならない、それは、ピーターだけ。 大人になった子供を捌く?欠員補充に子供をさらう?」 「ピーターの凶行を阻止するフック。 逃がした子供はフックがかくまう。 大人になって、海賊となって、殺戮異常者を殺す?正義の味方は、キャプテンフック???」 すると確かにと、みんなが頷き始めた。 「筋は通ってる。 」 「それなら、ありえなくは、無いかもしれませんね。 」 私は当てはまっていくピースを考え続ける。 「、、、じゃあなんで、私は無事返された?間引きは無かった?」 「問題は、それか?」 「最後の日金色の空飛ぶ海賊船で、別れの言葉。 「おかしいわテウタ!お兄ちゃん達って何?私には、ゾラ兄ちゃんしか居ないのに!ティンクは、言ってた!「彼には最初から友達がいた。 ずっとそばにいたじゃない。 」!彼の影!貴方ねジョン兄ちゃん!!!!!」 すると、私の影が動き出した。 みんなが驚き席を立つ。 私の影もとい、ピーターの影は私に手を振り落とした。 私の身体から血が吹きでる。 みんなは驚き体を硬直させている。 「気づきやがったな。 」 ザシュッ 「妖精の粉の力。 」 ザシュッ 「ありもしない存在を。 」 ザシュッ 「あると錯覚させる。 」 ザシュッ 「最初にさらったのは。 」 ザシュッ 「ガキだったフックさ。 」 ザシュッ 「やつはやめたいと言った。 」 ザシュッ 「やめれるかこんな楽しいこーと!!」 ザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッ 「、、、おニーさん達は、ネバーランドに行ってないから殺さないであげる。 僕の情だよ。

次の

週刊新曲VOCALOID & UTAUランキング#62

ネバーランド から 帰っ た ウェンディ が 気づい た こと

「ねぇ、テウタ。 ピーターパンとネバーランドって知ってる?俺、ピーターパンと、ネバーランド行くの子供の頃の夢だったんだよね!」 私がテレビを見ているとクロちゃんが話しかけてきた。 「クロ、お前まだそんなこと信じてんのか?そんなのおとぎ話に決まってんだろ?」 すかさずリンボがこたえた。 「そんな事ないよ。 」 私がそう答えるとみんなが変な目をして私を見た。 「そんな事ないって行ったことでもあんのか?」 シュウがバカバカしいという顔で私を見る。 「うん。 あるよ。 」 「テウタ行ったことあんの?すっげー!」 「おいおい、つくならもっとマシな嘘をつけよ。 」 「私お兄ちゃん達と行ってきたんだよ!えっと、確か14くらいの時かな?」 モズの目がピクっと動く。 「ねぇ、テウタ。 テウタってお兄ちゃん1人じゃないの?」 え?私のお兄ちゃんは、ゾラ兄ちゃんでしょ? あと、ジョン兄ちゃ、ん? 「、、、あれ?、うそ、だって確かに、え?どういう事?」 「どうしました?」 ヘルベチカが怪訝そうに私を見る。 「おかしい、私には、お兄ちゃんは、ゾラ兄ちゃんだけなのに!ジョンって誰?!分からない!誰?!それだけじゃ無い、もっと大きな何か、何?!何がおかしいの?!」 私は、頭を抱える。 おかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしい 何がおかしい? お兄ちゃん、ネバーランド、ピーター、ティンク、妖精の粉、何かが着々と繋がっていく。 「テウタ?どうしました?」 「おいテウタ!大丈夫か!」 リンボが、私の近くに来る。 でも、私の頭の中のピースは動き続ける。 着々と組み立てられていく。 「テウタ、こっちみて。 」 モズが私の顔を支え目を覗き込んでくる。 「ネバーランドは、大人にならない国。 だったらフックと海賊は?」 「は?急にどうしたテウタ。 」 「でも、確かにおかしいよね。 だって大人にならない国なのに、フック船長達だけ大人なんだよ?どうしてだろう。 」 みんなもクロちゃんの発言で矛盾に気づいたみたいだ。 「みんなフック船長を悪者にしてるけど、フック船長が子供を手にかける所を私は見た事がない。 フック船長が狙っているのはいつでもピーター。 」 みんな私の発言を注意深く聞いている。 私は頭を体にうずめて記憶の糸を辿っていく。 「ティンクが言ってた。 妖精の粉の力は飛ぶ事だけじゃないって。 でも、私が聞いても、ゾラ兄ちゃんが聞いてもおしえてくれなかった。 けど、お兄ちゃんは聞いたの。 ティンクの生い立ちを。 最初は影しかいなかった。 じゃあ、ロストボーイズは、どこから来たの?フックと海賊どこか、きたの?」 みんなも着々と矛盾の糸を辿って行ってる。 「隠れ家にひとつあった、鍵のかかったあの部屋中に何があるの?、、ピーターが言ってた「これで終わりにしたい」?何を終わらせたかったの?フックに何を吹き込んだの?」 「子どもの間引き、処刑されてる?大人にならない、それは、ピーターだけ。 大人になった子供を捌く?欠員補充に子供をさらう?」 「ピーターの凶行を阻止するフック。 逃がした子供はフックがかくまう。 大人になって、海賊となって、殺戮異常者を殺す?正義の味方は、キャプテンフック???」 すると確かにと、みんなが頷き始めた。 「筋は通ってる。 」 「それなら、ありえなくは、無いかもしれませんね。 」 私は当てはまっていくピースを考え続ける。 「、、、じゃあなんで、私は無事返された?間引きは無かった?」 「問題は、それか?」 「最後の日金色の空飛ぶ海賊船で、別れの言葉。 「おかしいわテウタ!お兄ちゃん達って何?私には、ゾラ兄ちゃんしか居ないのに!ティンクは、言ってた!「彼には最初から友達がいた。 ずっとそばにいたじゃない。 」!彼の影!貴方ねジョン兄ちゃん!!!!!」 すると、私の影が動き出した。 みんなが驚き席を立つ。 私の影もとい、ピーターの影は私に手を振り落とした。 私の身体から血が吹きでる。 みんなは驚き体を硬直させている。 「気づきやがったな。 」 ザシュッ 「妖精の粉の力。 」 ザシュッ 「ありもしない存在を。 」 ザシュッ 「あると錯覚させる。 」 ザシュッ 「最初にさらったのは。 」 ザシュッ 「ガキだったフックさ。 」 ザシュッ 「やつはやめたいと言った。 」 ザシュッ 「やめれるかこんな楽しいこーと!!」 ザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッザシュッ 「、、、おニーさん達は、ネバーランドに行ってないから殺さないであげる。 僕の情だよ。

次の