コロッケ の せきや。 『やっぱ激旨、けど以前と違う?せきやのコロッケ。』by KOUJI328 : コロッケのせきや

コロッケ

コロッケ の せきや

長岡市日赤町「せきよう肉店」。 創業は1953(昭和28)年。 新潟県長岡市日赤地区にある「せきよう肉店」は、市内でも屈指の長い歴史をもつ精肉店。 同店のコロッケは「せきようのコロッケ」として、市民から長年にわたり愛されてきた人気メニューである。 長岡駅前で聞いてみると、なんと10人中9人の方から「知っている」との答えが返ってきた。 ある女性は、「話していたら、あのコロッケが食べたくなってきました。 今日行っちゃおうかな」と語り、お店へと向かっていった。 これほどに長岡の人々を惹きつけてやまない「せきようのコロッケ」とは、果たしてどんなお味なのだろうか。 なんと創業70年! 当時から守り続ける変わらぬ味 「いらっしゃい!」 元気な声で出迎えてくれたのは、店主の関博海さんだ。 不動の一番人気・コロッケは、カレーやかぼちゃが入ったものなど種類も豊富 「先代にあたる私の父親がこの地で店を始めてもう70年になります。 製法や原料、調味料は、開店時とまったく変わらないです。 70年前とまったく一緒。 『いつか飽きられるだろう』ってずっと言っているんですけど(笑)ありがたいことに、お客さんからは変わらずご支持いただいています」 来店客は、地元の子育て世代の主婦を中心に、ほとんどが女性。 中には、遠方から訪れる客もいるという。 つい最近には、東京から長岡へと向かう上越新幹線の車内から注文の電話が入ったこともあったのだとか。 「高校まで長岡で過ごした方で、今は東京の会社にお勤めの方なのですが『長岡に帰ることになって、真っ先にせきようさんが思い浮かんだ。 どうしても食べたくなったので、これから行きます』って。 そういう風に言ってくれるのは、単純に嬉しいですよね」 おいしさの秘訣はやっぱり油! オーダーに応じて、店内で揚げる 遠方からも足を運ぶファンがいる理由は何なのだろうか。 「ウチは、開店以来ずっとラードを使っています。 意外に思われるかもしれないけれど、私より年配の方たちから特にご好評をいただいています」 ラード(豚脂)は、日本でも古くから普及している食用油脂だ。 融点が低くて人の体温に近いため舌触りがよく、揚げ物に最適とされる。 一般家庭でコロッケを作る際は植物性油で揚げられることが多いが、ラードを手に入れやすい精肉店のコロッケはラードで揚げられることが多く、それが味を左右するともいわれる。 コロッケ愛好家の中には、ラードの種類にこだわる人もいるほどだ。 「ジャガイモはずっと長岡産のものを使うなど、食材は一切変わりませんが、使う油に関しては、試行錯誤をしてきたんです。 たとえば、近頃は健康志向で、脂っこいものが敬遠されるようになってきましたよね。 『ラード』なんて聞くと、とくに若い方の中には嫌がる人もいると思います。 それに合わせて、ウチも使う油を変えてみたりしました。 しかし、どうもしっくりこなくてね」と関さん。 お客さんに直接聞いてみたこともありましたが、ほとんどの方から「ラードで揚げた方が美味しい」との答えが返ってきたそうです。 「私もそう思います(笑)。 コクがあって美味しいですからね。 とにかく、お客さんが求めるものを出し続けたいという気持ちが常にありますね」 ちょうどコロッケを買いに来ていた60代の女性のお客さんに話を伺うと「まさしく、昔ながらのコロッケって言うのかな。 食べた瞬間に、なんとも言えない懐かしさを感じるんです。 小さい頃から食べてきたあの味だ!って。 変わらない味で出してくれるのは、ありがたいことです」 よりどりみどりの惣菜メニューは 顧客のニーズに応えてきた証 常連客の要望を取り入れるうちに、メニューが次々に増加 せきよう肉店があるのは、「日赤町」。 その町名の由来と言われているのが、昭和初期に当地にあった長岡赤十字病院(通称:日赤病院)の存在だ。 職員数1,000人以上を抱える巨大病院で、1997年に移転するまで、この日赤町にあった。 コンビニエンスストアなどなかった時代に、彼らの胃袋を満たすべく、惣菜を大量かつ豊富に用意したという背景もあったのだ。 「日赤病院のお客さんを中心に、どんどん要望をいただいたんです。 『あれ作ってくれ!』って。 それにできるだけ応え続けていたら、これだけ増えちゃったんです」 豊富な惣菜メニューの展開は、長い歴史を積み重ねてきた証でもある。 対面販売だからこその細やかさが 「まちの個人店」の大事な財産 取材中もひっきりなしにお客さんが訪れる。 客足が途切れることがほとんどない。 お客さんがオーダーした順番、肉の部位・分量、コロッケを揚げる、揚げないの判断。 それらを絶妙なチームワークで鮮やかに捌いていく様子は、見ていて爽快さすら覚えた。 隣接する十日町市の「つまりポーク」など、ブランド肉もラインナップ また、印象的だったのが、会話の中で調理方法やオススメの味付けをさりげなく教えていたこと。 せきよう肉店は「おいしいコロッケのお店」であるとともに、高い評価を誇る精肉店である。 取り扱っているのは、地元長岡をはじめ、新潟県内産を中心に、信頼できる取引先から仕入れる、厳選された肉ばかりだ。 妥協のない高品質な食肉もまた、高い支持を集めている。 それだけに肉の食べ方をも熟知しており、お客さんから質問が出れば、会話の中から探り出し、自然な形で提案する。 言わば「食肉のコンシェルジュ」のようなアドバイスも行なっている。 牛肉や豚肉のほかに、マトン、ラムや、鴨肉などのジビエ系食肉も用意している。 気になってはいるが、食べ方がわからない人も多そうなこうした肉のみならず、一般的な肉の食べ方の相談にも乗ってくれるのだ。 鴨肉のつくね せっかくなので、筆者も相談をしてみることにした。 友人からジビエ肉をいただくことがあったので「おいしい食べ方を教えてもらいたい」と告げると、隠れた人気商品という鴨肉をすすめてもらった。 「この食べ方は本当においしいですよ」とニッコリ笑顔で話す関さんのすすめに従い、ロースト肉とつくねを購入。 絶妙な焼き加減で仕上げられたローストは、旨みが凝縮された絶品。 通常の鶏肉よりは硬くなりやすいので、火を入れる塩梅が非常に重要なのだという。 惣菜で購入して大正解だった。 「鴨肉のつくね」は、クセが強いのではないか?と先入観があったが、まったく心配なし。 鶏肉のつくねよりも上品な味わいに感じられた。 関さんは、オーダーや肉のこと、調理法だけでなく、お客さんとの会話に世間話を数多く差し込んでいた。 些細なことからでもお客さんの生活スタイルや家族のことを想像することで、よりよい商品提供ができるのだ。 「お客様となるべくコミュニケーションをとること。 それこそ我々がずっとやってきた、一番の良いところですから。 私の親の代の頃なんて、もっとすごかったですよ。 『奥でお茶飲んでいきな』なんていって、お客さんに上がってもらっていましたから。 今はさすがに無理ですけど(笑)、お互いのプライベートには差し障りのない程度に、できる限りのコミュニケーションをとっていきたい。 それが我々にできることだと思っています」 お店が売るのは、単に商品のみにあらず。 スーパーやコンビニに押されることなく頑張っていける「まちの個人店」は、より細やかなコミュニケーションによって成立するのだということを、せきよう肉店に改めて教えられた。

次の

【東蟹屋町】コスパ最高のおいしすぎるコロッケ!【せきや】

コロッケ の せきや

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• 広島市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• 広島市の人気レストラン• 人気の料理• 人気のレストラン カテゴリー•

次の

【移転】コロッケのせきや

コロッケ の せきや

海老クリームコロッケ 茹でたを潰したもの()をベースとする庶民的なポテトコロッケと、を用いるのクリームコロッケに大別される。 これらの種に、みじん切りの炒め、などを混ぜ込み、型や小判型、型などに成形した後、、、の順でをつけ、でて作られる。 中身のソフトな食感と香ばしい衣との対照感を味わう料理であるため、揚げたてのかりっとした仕上がりが尊ばれる。 、と共に 大正の三大洋食の一つとされており 、末期からの初めにかけての洋食大衆化の中で都市部のに広く普及した。 今日では家庭で調理されるほか、精肉店などでとしても販売されており、非常にポピュラーな料理となっている。 ・・などの、や・卵とじのとして用いられることもあり、広く親しまれている。 のほか、やなどをかけて食べるのが一般的である。 洋食の例に漏れず日本独自の進化を遂げたコロッケ Korokke は、日本国外でも日本の料理の一つとして紹介されるようになった。 特に西洋のと異なる日本スタイルのパン粉(Japanese style breadcrumbs、もしくはそのまま'PANKO'と呼ばれる)を使う日本式揚げ物の衣は、西洋のフライとは違った食感を持つということで区別される傾向がある。 歴史 [ ] ジャガイモのコロッケはヨーロッパ各国にみられる古典的な付け合せ料理であり、起源を特定するのは困難である。 正確な記録や定説は存在しないが、時代の文明開化の中でやの一つとして日本にもたらされたものと考えられる。 フランスの croquette は、ホワイトソースのアパレイユ(ミンチにした魚肉やとり肉などとベシャメルソースを混ぜたもの)にパン粉をつけて調理したもので、現在の日本のクリームコロッケと同じである。 しかしながらフランス料理の場合、油で揚げるのではなくもっぱらで調理される。 (明治28年)の女性誌『』には、このクロケット(「仏蘭西コロツケ」と表現)をジャガイモを使ったコロッケと対比して、それぞれはもはや「別の料理」と書かれている。 (明治38年)頃より、の洋食店、がメニューに初めてクリームコロッケを載せている。 4代目主人によれば、当時はあくまでまかない料理であり、客に出した店はそれまでなかったという。 (大正6年)当時、洋食のは13、は15銭だったのに比べ、コロッケは25銭と高価な料理であった。 安価な惣菜としてのコロッケは1917年(大正6年)の東京「」のメニューに端を発し、ここのコック阿部清六が後の1927年(昭和2年)に立ち上げた精肉店「チョウシ屋」での商品化により、肉屋の惣菜としてのコロッケの地位は揺るぎないものとなった。 肉屋において多量に生じる、切断面の黒ずみで見栄えの悪くなった肉や細切れ肉、揚げ油に使えるなどの利用が、より安価なコロッケを提供できるようになった理由としてあげられる。 元々が汎用性の高い料理法であったこともあり、こうして日本の食卓に定着したコロッケは各家庭や店ごとに様々な食材やアイデアを受け入れ、日本独自の料理としてのバリエーションが広がっていった。 調理が手軽で安価なことから、昭和後期頃からは日本各地でのためのとしても販売され 、手軽な「おやつ」としても販売されるようになった。 調理 [ ] 「肉屋のコロッケはうまい」との世評があるのは、揚げるために使用されている新鮮なに由来する、との通説がある。 なお、惣菜のコロッケにはを加えることが多く、これによりコロッケは保水力が保たれ、甘くしっとりと仕上がる。 また、料理店のコロッケは見栄えのよい俵型にまとめられ、惣菜のコロッケは狭い調理場内でタテに並べるために、平たい小判型にまとめられることが多い。 具の水分量が多いと揚げ調理の際に破裂しやすいとされているが、 は油の温度が高いほど破裂しやすく、表面付近の水分量が大きな影響を与えていると報告している。 食中毒 [ ] 余熱による内部温度上昇は見込めるものの俵形状にした場合、具材内部の温度は上昇しにくい。 また油温が高いと、適度な揚げ色になった時点でも中心温度の上昇は不十分とされる。 なお、加熱不十分な具材を混ぜたことによる食中毒事例が報告されている。 また、市販品冷凍コロッケに表記されている調理条件「1回5分」の加熱調理では、内部の細菌類は不活化されていなかったとする報告がある。 バリエーション [ ] 主となる具材や、混ぜる材料によってさまざまな種類がある。 余ったおかずの再利用としてコロッケの技法が活用されたものも多い。 ベースとなる具による区別• 芋類を主たる具としたコロッケ• ポテトコロッケ(じゃがいも)• サツマイモコロッケ(蒸かした)• コロッケ(、の名産にもなっている。 で主に作られるコロッケやコロッケもある。 ポテトサラダコロッケ - を具にしたもの• カボチャコロッケ - の煮付けを主たる具としたもの• おからコロッケ - のを具にしたもの。 似たものとして、ご当地グルメののがある(パン粉は使わず、素揚げしたもの)。 豆腐コロッケ - をベースとしたもの• コロッケ - 挽肉とたまねぎを炒めたものを主たる具としたもの• クリームコロッケ - を使ったもので、カニ・エビ・などの具を用いる• ライスコロッケ - 米飯やを用いたもの のが有名 ベースに加える具による区別• ミートコロッケ - 挽肉とたまねぎを炒めたものを混ぜたもの• エッグコロッケ - 刻んだを混ぜたもの• チーズコロッケ - チーズを混ぜ込んだもの• ツナコロッケ - (缶詰の)を混ぜ込んだもの• 野菜コロッケ - グリーンピース、ニンジン、コーン などの野菜入り• カレーコロッケ - で味付けをする、あるいは残ったの再利用• 肉じゃがコロッケ - の再利用として生まれた との甘辛い下味が付いている• 枝豆コロッケ - をポテトコロッケに混ぜる、あるいは枝豆を潰して主たる具としたもの• 納豆コロッケ - をポテトコロッケに混ぜる、あるいは納豆を粒のまま主たる具としたもの• ひじきコロッケ - を混ぜ込んだもの• グラタンコロッケ(グラコロ) - 入りを具としたもの• 春雨コロッケ - を混ぜ込んだもの。 かつてはのにも使われていた。 明太子コロッケ - の卵を混ぜ込んだもの。 九州など西日本を中心に点在。 形状による区別• スコップコロッケ - 具材を丸めて成形したり、揚げたりせず、グラタン皿など耐熱性の皿に全て入れて焼いたもの 冷凍食品 [ ] コロッケは日本で売られているの中では最も多く生産されている。 油揚げのみで簡単に調理可能な、下ごしらえ済みのコロッケをしたもの。 解凍せずに油揚げ調理すると、表面と深部の温度差により具が噴出する場合があるので要注意。 近年では揚げ物の健康面を考慮する消費者が多くなったことから、揚げずにで油をかけやで焼き上げたり電子レンジで温めて調理が完了する冷凍コロッケも開発されている。 コロッケに関する文化 [ ]• 『』秋の巻 - 小説家、が(36年)に発表した当時の大。 コロッケのが掲載されている。 のでは、このレシピに基づいた「コロツケー」を園内で販売している。 「コロッケの唄」 - 1917年(6年)に大流行した、 作詞の笑劇『ドッチャダンネ』内の楽曲。 当時の世相を風刺したコミックソングであり、この時代のコロッケの普及が窺われる。 「コロッケの唄」 - 1962年(昭和37年)に作詞作曲: 、歌: で発売されたが、歌詞の一部に差別的表現を含むとクレームがついて発売禁止となった。 その後2003年(平成15年)に歌詞の一部を書き換え、宮本光雄編曲により再発売された。 - アニメ『』のオープニングソング。 歌詞の1番の内容がコロッケの調理方法である。 世界一大きいコロッケ - は、町内にあった道立試験場で初めてが試作されたことを記念し、毎年開催される「あっさぶふるさと夏祭り」にてジャンボコロッケが揚げられる。 2010年7月12日、のイベントで直径2m55cmのコロッケが揚げられて記録が更新されると、すぐさま同月24日に直径3m08cmのコロッケを揚げて世界記録を奪還した。 脚注 [ ] []• 旭屋出版『とんかつ・コロッケ・揚げ物料理』107頁• (72ページより)• 進藤健一"どんな揚げ物にはまってますか? 思わずパクつく「背徳のグルメ」"2014年8月30日付朝刊、2ページ• 2016年4月14日. 大人のための食育 食育博士の辛口レクチャー. 2017年3月20日時点のよりアーカイブ。 2017年3月20日閲覧。 長友麻希子. 京都市産業観光局観光MICE推進室. 2017年3月20日時点のよりアーカイブ。 2017年3月20日閲覧。 2013年経済学部ゼミナール大会報告論文 日本の食文化の歴史. 2016年8月1日時点のよりアーカイブ。 2017年3月20日閲覧。 木村智彦 2011年5月24日. 2016年8月11日時点のよりアーカイブ。 2017年3月20日閲覧。 日本コロッケ協会. 2016年6月9日時点のよりアーカイブ。 2017年3月20日閲覧。 MATCHA JAPAN TRAVEL MAGAZINE. 株式会社MATCHA 2015年10月18日. 2017年3月20日時点のよりアーカイブ。 2017年3月20日閲覧。 まさお. 2017年3月20日時点のよりアーカイブ。 2017年3月20日閲覧。 Escoffier, Georges Auguste『エスコフィエフランス料理』角田明訳、、305頁。 プレジデント社「dancyu」1991年10月号「コロッケ大行進」P22• これは(コロッケの作れるような)育ちの良いお嬢さんを嫁にもらったが、料理のレパートリーが少なくて閉口した、という笑い話であり、決して貧乏でコロッケばかり食べさせられたという意味ではない。 菊地武顕『あのメニューが生まれた店』平凡社〈コロナ・ブックス 186〉、2013年、124-127頁。 澁川祐子『ニッポン定番メニュー事始め』56頁 彩流社• 「農商工連携によるさといもコロッケの開発と地域の活性化 : 普及によるトータルコーディネート活動」『農業普及研究』第17巻第2号、2012年12月14日、 68-74頁、。 馬場吉成 2013年6月9日. Daily Portal Z. NIFTY. 2015年11月閲覧。 大石恭子「油温の管理が調理済み冷凍食品の中心温度に与える影響」『日本調理科学会誌』第43巻第3号、2010年6月5日、 184-191頁、。 厚労省• 日本医師会• 高尾, 朔、外村, 佳子「冷凍食品の油揚げ処理による菌の消長」『生活衛生』第1号、1973年、 15-18頁、 :。 Report. 2020年5月20日閲覧。. キユーピー3分クッキング• 村井弦斎 著 『』 -• 村井弦斎 著 『』 -• 博物館明治村公式ウェブサイト. 2016年10月24日閲覧。 函館新聞 2010年7月25日. 2018年8月4日閲覧。 参考文献 [ ]• マダーム・ブラン『軽便西洋料理法指南 : 実地応用 一名・西洋料理早学び』洋食庖人、久野木信善、東京、1888年11月、13-15頁。 : 、。 長尾, 慶子、加藤, 由美子、畑江, 敬子、淳子, 島田「コロッケの破裂の機構」『日本家政学会誌』第39巻第7号、1988年、 677-682頁、 :。 長尾, 慶子、畑江, 敬子、島田, 淳子「コロッケの破裂におよぼす加熱前冷却の影響 コロッケの破裂の機構 (第3報)」『日本家政学会誌』第42巻第6号、1991年、 523-527頁、 :。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - など周辺で食べられるコロッケに似た料理、ジャガイモではなくを具として用いる。 - 米を材料とするイタリアのコロッケ、となどで名物となっている。 - のコロッケ。 茹でて潰したジャガイモやでほぐした鶏肉を包んで揚げる。 - にコロッケをのせたもの。 の『よし田』のコロッケそばにはをベースにしたを揚げたものが用いられる。 - 上陸に伴いコロッケを買いだめしたことによる、上の掲示板の書き込みから派生したスラング。

次の