格安 sim 乗り換え 準備。 MNP(乗り換え)する前にやっておくべき2つの必須項目とは?|モバシティ

これで決まり!格安SIMの乗り換え準備と選び方

格安 sim 乗り換え 準備

格安SIMへの乗り換え前にやっておくべきこと LINEのバックアップと移行手続き準備 LINEのデータを引き継ぐには、引き継ぐ前のスマホでの事前準備が必要になります。 アカウント情報が登録されているか確認しましょう。 電話番号の登録は、MNPなどで番号が変わらない場合は特に変更は必要ありませんが、新しい番号になった場合は、新しい電話番号の登録が必要になります。 メールアドレスの登録はキャリアメールではなく、どの端末でも利用できるGmail等のメールアドレスが望ましいです。 パスワードの登録もしっかりしておきましょう。 もし、忘れてしまっても登録アドレスが分かれば再設定も可能です。 LINEのデータで唯一移行出来ないデータは「トーク履歴」です。 トークのバックアップをする際は、LINEを最新バージョンにアップデートしておきましょう。 次に新しいスマホでの設定です。 新しいスマホで電話番号を入力するとSMSに認証番号が届くので、その番号を入力します。 その後表示される情報が自分のもので合っているか確認して、合っていれば「はい、私のアカウントです」を選び次に進みます。 次に設定しておいたパスワードを入力してログインします。 次に友達追加設定をし、最後にトーク履歴の引き継ぎです。 旧端末で最後にバックアップをした時点の内容が復元できます。 iPhoneの場合は、この時に復元しないとトーク履歴は戻らなくなるので注意が必要です。 LINEの引き継ぎについては以下の記事で詳しく解説しているので参考にして下さい。 SIMロック解除を行う(必要な場合) SIMロックというのは、指定されたSIMカードしか認識せず、指定されたSIMカード以外のものは受け付けないようにロックが掛かった状態の事を言います。 例えば、ソフトバンクで発売されたiPhoneはソフトバンクのSIMカードしか受け付けないといった事です。 よく耳にする「SIMフリー」というのは、こういったロックの掛かっていない端末の事で、どのキャリアのSIMカードでも使えるということになります。 大手キャリアで購入したiPhoneはSIMロックが掛かっている場合があります。 SIMロックを解除するには、各キャリアのユーザー専用WEBページからの手続きや、店頭へ行く手続き、電話での手続きもできます。 各キャリアとも、SIMロック解除の手続きには3,000円 税抜 の手数料がかかります。 WEBページでの手続きのみ無料で行う事ができます。 また2015年5月以降にはSIMロック解除が義務付けられているので、2015年5月以降に発売された端末は他キャリアのSIMカードが差し替え可能になっています。 格安SIMで使われている回線はドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線の3種類あり、3つのうちいくつ扱っているかは格安SIMによって異なります。 そのため、ドコモのスマホを使っている人がau回線しかない格安SIMに乗り換える時はSIMロック解除をしなければなりません。 逆にドコモ回線がある格安SIMを選べば、SIMロック解除をせずともそのまま使えます。 MNP予約番号• 本人確認書類(免許証・保険証など)• クレジットカード(一部格安SIMは口座振替可能)• メールアドレス MNP予約番号 MNP予約番号の取得方法はキャリアによって異なります。 ドコモの場合のMNP予約番号取得方法 ドコモの場合は「My docomo」からでも発行が可能です。 My docomoにアクセス後「その他のお手続きはこちらから」をタップします。 次に「携帯電話ポーダビリティ予約 MNP 」をタップします。 その後ページ最下部の「ドコモオンライン手続きトップへ」をタップして「解約お手続き」をタップします。 ナンバーポータビリティのページでお手続き内容を確認の「携帯電話番号ポータビリティを予約する」にチェックを入れます。 受付確認メールの送信先で希望の箇所にチェックを入れます。 「次へ」をタップし、内容を確認してから「手続きを完了する」をタップすればMNP予約番号の発行が完了します。 メールアドレス メールアドレスは、GmailやYahooMailなどのフリーメールアドレスを取得しておきましょう。 キャリアメールはMNPと同時に使えなくなってしまう事があるのでおすすめできません。 LINEモバイルを例に乗り換え手順を解説 格安SIMへの乗り換えは基本的にどこも同じ流れです。 ここではLINEモバイルを例に乗り換えの方法を解説します。 必要に応じてSIMロック解除の手続きを行う。 MNP予約番号の発行。 有効期限は15日ですが、LINEモバイルにMNP転入する場合は有効期限が10日以上残っている状態での申し込みになる為、4日以内でMNP転入手続きを終える必要があります。 LINEモバイルでMNP転入手続きをする。 手続きは「」から行えます。 契約プランを選ぶ時に「他社からの乗り換え MNP転入 」を選択して進めて行きます。 なお、転出先の契約名義と転入手続きの名義が同一でなければなりません。 MNP転入手続きではMNP予約番号や有効期限を入力するだけなので、とても簡単です。 開通手続きをする。 SIMカードが届いたら、LINEモバイルに回線を切り替える手続き 開通手続き が必要になります。 手続きはLINEモバイルのマイページか、カスタマーセンターへ電話をすることで申し込めます。 マイページから手続きを行う場合は、IDとパスワードでログイン後、契約情報確認ページにある「MNP開通申し込み」ボタンを押します。 30分~2時間ほどで回線がLINEモバイルに切り替わります。 APN設定をする。 APN設定とはiPhoneに挿入したSIMカードでLINEモバイルの回線を使えるようにする作業です。 line. これで手続きは完了です。

次の

格安SIMへの乗り換え手続きに必要なものや手順ってどんなもの?|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

格安 sim 乗り換え 準備

お使いのケータイ会社でMNP予約番号を入手する• 乗り換えるケータイ会社でMNP予約番号を使う(15日以内)• 乗り換え手続きが完了で、前のケータイ会社は自動解約する MNP予約番号は、お使いのケータイ会社で取得することになります。 手続きは 店頭か ネットから申し込んで簡単に手入できます。 MNP予約番号は10ケタの数字。 MNP予約番号を使って乗り換えを行うと前のケータイ会社と自動的に解約することになります。 そのため解約金や事務手数料が発生する場合があるので、事前準備として確認をやっておきましょう。 また、MNP予約番号は取得しただけだと、何の意味もありません。 使ってから意味があるため、契約の解除や事務手数料が発生するわけでもありません。 また、MNP予約番号を入手た日から、 有効期限は15日ですが、ケータイ会社によっては 有効期限が10日以上ないと手続きの関係で受け付けてくれない場合があります。 有効期限は15日となってますが、5日間しかないと覚えておきましょう。 ネットからの場合、SIM契約を申し込んでから大体2、3日後にSIMカードが送られてきます。 SIMカードを受け取ったら、早速スマホに入れてAPNを設定しましょう。 APN設定するまでインターネットは安定しません。 また、APN設定するにはダウンロードしたデータをインストールする必要があるため、Wi-Fiが使えるところで行うか、予めダウンロードして準備すると良いでしょう。 店頭で契約した場合は、スタッフからAPNの設定方法について教えて貰えますが、端末操作は自分でやることになります。 スタッフに言われる通りに設定すればいいのですが、自分で設定するつもりでしっかり聞きましょう。 機種変更をする場合は、自分で同じ操作をするためです。 (格安SIM会社のホームページにAPNの設定手順を確認) ネットで契約した場合は、格安SIM会社のHPにAPNの設定手順が紹介されてるページがありますので、その通りに行えば大丈夫です。 設定後はスマホが5分ほど電波の確認が行われ、インターネットに接続できれば設定が完了です。 それと同時に、MNP予約番号を取得したケータイ会社と自動的に解約したことになります。 ケータイ会社によって、自動的に解約されないオプションもあるため、確認をしておきましょう。 ここまでが、電話番号をそのまま乗り換えるMNPのサービスを利用した説明となります。 併せて「 乗り換えの前準備と確認」も参考にしてみてください。 次に、新規申し込みして変えて乗り換える場合について説明します。 先に格安SIMを契約して、SIMカードを受け取るようにしています。 これは、上記でも説明しているように、APNの設定で必要なデータをインストールする必要があるためです。 インターネットを使える環境で、APN設定できるような流れとしています。 もし、ご自宅や近所でWi-Fiが使える環境をお持ちの場合は、格安SIM会社の申し込みを後からでも問題ありません。 リンクをクリックして確認しましょう。 次に、格安SIMに乗り換えをする前の準備と確認することについて説明します。 乗り換えの前準備と確認 格安SIMに乗り換えようとした場合に、つぎの2つについて事前に準備や確認をしておきましょう。 もしも、乗り換え考えてる月が更新月だとラッキーですね。 2019年10月より前に契約した人のほとんどは、2年縛りが適応されています。 もしも更新月以外だと解約金が必要になるので一度、確認しておきましょう。 はじめからSIMフリーのスマホ端末を準備できるなら、ここは読み飛ばして大丈夫です。 もし、ケータイ会社のスマホ端末をそのまま使って、格安SIMを使おうとするならSIMロックを解除することをおすすめします。 格安SIMを使うために絶対にSIMロックを解除する必要はありませんが、SIMロックを解除してないと同じケータイ会社の回線でないと使えないという縛りになります。 お得に格安SIMを選びたいならなおらさです。 SIMロック解除については、次の2つの条件を満たしているかになります。 条件:2 2016年以降に販売されたスマホ端末(2016年以前のはSIMロック解除ができない機種が多い) 2つの条件を満たしてた場合は、ケータイ会社でSIMロック解除の手続きができます。 スマホ端末をSIMロック解除したとしても、引き続きケータイ会社で利用は可能です。 また、SIMロック手続きは、店頭とネットの2つから行えますが、店頭でやってもらおうとすると3,000円ほどの手数料を取られます。 ネットからの申し込みだと無料になるので、ネットからがお得です。 次に、乗り換えにかかる各費用の目安を書き出しました。 格安SIMに乗り換えに掛かる各費用は? 格安SIMに乗り換えをするのにかかる各費用の目安となります。 こんなにもかかるなら格安SIMに乗り換えるのに、初期費用は高くなると思われるかもしれませんが、意外とそうではありません。 更新日なら解約金は0円でかかりませんし、スマホのSIMロック解除はネット申し込みで無料となります。 あとは、キャンペーンを利用することで、事務手数料がキャッシュバックされたり、利用開始月の料金は0円など多くの特典が取り揃えてあるので、上手に使えば初期費用のコストはほとんどかかりません。 乗り換えの前に事前準備としてキャンペーンを確認しておきましょう。 キャンペーン豊富な格安SIMおすすめ5社 契約中に機種変更できるおすすめ格安SIMをまとめました。 BIGLOBEモバイル 出典: 他には類を見ない若者に人気のオプションが揃っているのが、です。 通信量を気にせず動画や音楽サービスを使える「 エンタメフリーオプション」や、通信量を分け合える「シェアSIM」があります。 格安SIM初心者に嬉しいサポート面も充実していることから、利用者が急増しているようです。 端末セット特典|最大7,000円相当還元 2020年4月1日 〜 終了日未定 本キャンペーンは、対象の端末と音声通話SIMの申し込みで最大7,000円相当のポイントが還元されるもの。 「音声通話SIM特典」との併用が可能となっています。 キャンペーンの割引対象になる料金プランは、音声通話SIMの3ギガ以上のプラン。 楽天モバイル 出典: 楽天市場で有名なは、2020年から携帯事業に本格的に参入してきました。 参入してきたばかりで、楽天モバイル独自の通信エリアは一部の地域となっていますが、携帯やスマホ業界に風穴を開けてくれる企業と期待を寄せています。 1年間無料のUN-LIMITキャンペーン 現在、楽天モバイルで行われている強力なキャンペーンである1年間の利用料金が無料になるキャンペーンです。 対象は、300万名までとなっていますが、これだけではなく、初期費用に事務手数料、端末購入時に楽天ポイントで最大21,300ポイントが還元してくれます。 ただし、ポイント還元を受けるには「 Rakuten Link」のアプリをインストールする必要があり、現在は Androidだけが対象となりますので注意が必要です。 ですが、 1年間無料で使えるのは、とても魅力的ですので、気になった方はキャンペーンに申し込みしてみはいかがでしょうか。 モバイル 出典:• 6ヶ月間の基本料金:700円割引• 光ネット回線と同時申し込みで6ヶ月間:500円割引• 家族割引サービス:500円割引• 1年間のデータ通信容量の増量:オプション額500円 では、常に上記の4つのキャンペーンがありますが、光ネット回線の申し込みと家族割引は同時に受けれません。 そのため月々の利用料金は最大1,700円の割引で、1年間利用すると総額14,460円もの割引になり。 家族割引サービスは8ヶ月目以降からでずっと割引になります。 UQモバイル 出典: CMで有名なは、auのサブブランドという位置づけ。 そのため格安SIMでありながら、auとほぼ同等の通信速度でインターネットを使うことができます。 iPhoneの取扱いもあり、一括で18,000円~とかなりお得な値段で購入可能であり、乗り換えと同時にスマホを、買い替えたい方やiPhoneを安く購入したい方におすすめです。 UQモバイルのキャンペーン情報 今、UQモバイルの契約を考えている方にビッグニュースです! 当サイトからUQモバイルを申し込むと、なんと「最大10,000円の現金キャッシュバック」と今だけ期間限定のお得なキャンペーンがあります。 申し込みは、UQモバイルをクリックして、申し込み画面にしたがい必要事項を入力してください。 申込み時の登録メールアドレス宛に、キャッシュバック案内のメールが届くので、内容にしたがって受け取り口座を登録しましょう。 契約月の2ヶ月後に連絡がきます。 UQモバイルに乗り換えを検討している方は、ぜひこのキャッシュバックキャンペーンを活用ください! LINEモバイル 出典: LINE・LINE MUSIC・Twitter・Instagram・Facebookなどのデータ通信を「 カウントフリー」で使えるサービスが豊富です。 通話よりもSNS利用が多いという方に、おすすめできる格安SIMです。 大体のサービスだと3日間で一定通信量を超えた場合、通信速度制限になってしまいますが、 ではこの制限はありません。 LINE等のSNSはデータ通信量は、ゼロとカウントフリーで使えるサービスが豊富。 通信速度制限もクリアできるとなると、スマホの使用頻度が高い方も嬉しいですよね。

次の

格安SIMにMNPをするときの注意点と開通までの流れ

格安 sim 乗り換え 準備

お使いのケータイ会社でMNP予約番号を入手する• 乗り換えるケータイ会社でMNP予約番号を使う(15日以内)• 乗り換え手続きが完了で、前のケータイ会社は自動解約する MNP予約番号は、お使いのケータイ会社で取得することになります。 手続きは 店頭か ネットから申し込んで簡単に手入できます。 MNP予約番号は10ケタの数字。 MNP予約番号を使って乗り換えを行うと前のケータイ会社と自動的に解約することになります。 そのため解約金や事務手数料が発生する場合があるので、事前準備として確認をやっておきましょう。 また、MNP予約番号は取得しただけだと、何の意味もありません。 使ってから意味があるため、契約の解除や事務手数料が発生するわけでもありません。 また、MNP予約番号を入手た日から、 有効期限は15日ですが、ケータイ会社によっては 有効期限が10日以上ないと手続きの関係で受け付けてくれない場合があります。 有効期限は15日となってますが、5日間しかないと覚えておきましょう。 ネットからの場合、SIM契約を申し込んでから大体2、3日後にSIMカードが送られてきます。 SIMカードを受け取ったら、早速スマホに入れてAPNを設定しましょう。 APN設定するまでインターネットは安定しません。 また、APN設定するにはダウンロードしたデータをインストールする必要があるため、Wi-Fiが使えるところで行うか、予めダウンロードして準備すると良いでしょう。 店頭で契約した場合は、スタッフからAPNの設定方法について教えて貰えますが、端末操作は自分でやることになります。 スタッフに言われる通りに設定すればいいのですが、自分で設定するつもりでしっかり聞きましょう。 機種変更をする場合は、自分で同じ操作をするためです。 (格安SIM会社のホームページにAPNの設定手順を確認) ネットで契約した場合は、格安SIM会社のHPにAPNの設定手順が紹介されてるページがありますので、その通りに行えば大丈夫です。 設定後はスマホが5分ほど電波の確認が行われ、インターネットに接続できれば設定が完了です。 それと同時に、MNP予約番号を取得したケータイ会社と自動的に解約したことになります。 ケータイ会社によって、自動的に解約されないオプションもあるため、確認をしておきましょう。 ここまでが、電話番号をそのまま乗り換えるMNPのサービスを利用した説明となります。 併せて「 乗り換えの前準備と確認」も参考にしてみてください。 次に、新規申し込みして変えて乗り換える場合について説明します。 先に格安SIMを契約して、SIMカードを受け取るようにしています。 これは、上記でも説明しているように、APNの設定で必要なデータをインストールする必要があるためです。 インターネットを使える環境で、APN設定できるような流れとしています。 もし、ご自宅や近所でWi-Fiが使える環境をお持ちの場合は、格安SIM会社の申し込みを後からでも問題ありません。 リンクをクリックして確認しましょう。 次に、格安SIMに乗り換えをする前の準備と確認することについて説明します。 乗り換えの前準備と確認 格安SIMに乗り換えようとした場合に、つぎの2つについて事前に準備や確認をしておきましょう。 もしも、乗り換え考えてる月が更新月だとラッキーですね。 2019年10月より前に契約した人のほとんどは、2年縛りが適応されています。 もしも更新月以外だと解約金が必要になるので一度、確認しておきましょう。 はじめからSIMフリーのスマホ端末を準備できるなら、ここは読み飛ばして大丈夫です。 もし、ケータイ会社のスマホ端末をそのまま使って、格安SIMを使おうとするならSIMロックを解除することをおすすめします。 格安SIMを使うために絶対にSIMロックを解除する必要はありませんが、SIMロックを解除してないと同じケータイ会社の回線でないと使えないという縛りになります。 お得に格安SIMを選びたいならなおらさです。 SIMロック解除については、次の2つの条件を満たしているかになります。 条件:2 2016年以降に販売されたスマホ端末(2016年以前のはSIMロック解除ができない機種が多い) 2つの条件を満たしてた場合は、ケータイ会社でSIMロック解除の手続きができます。 スマホ端末をSIMロック解除したとしても、引き続きケータイ会社で利用は可能です。 また、SIMロック手続きは、店頭とネットの2つから行えますが、店頭でやってもらおうとすると3,000円ほどの手数料を取られます。 ネットからの申し込みだと無料になるので、ネットからがお得です。 次に、乗り換えにかかる各費用の目安を書き出しました。 格安SIMに乗り換えに掛かる各費用は? 格安SIMに乗り換えをするのにかかる各費用の目安となります。 こんなにもかかるなら格安SIMに乗り換えるのに、初期費用は高くなると思われるかもしれませんが、意外とそうではありません。 更新日なら解約金は0円でかかりませんし、スマホのSIMロック解除はネット申し込みで無料となります。 あとは、キャンペーンを利用することで、事務手数料がキャッシュバックされたり、利用開始月の料金は0円など多くの特典が取り揃えてあるので、上手に使えば初期費用のコストはほとんどかかりません。 乗り換えの前に事前準備としてキャンペーンを確認しておきましょう。 キャンペーン豊富な格安SIMおすすめ5社 契約中に機種変更できるおすすめ格安SIMをまとめました。 BIGLOBEモバイル 出典: 他には類を見ない若者に人気のオプションが揃っているのが、です。 通信量を気にせず動画や音楽サービスを使える「 エンタメフリーオプション」や、通信量を分け合える「シェアSIM」があります。 格安SIM初心者に嬉しいサポート面も充実していることから、利用者が急増しているようです。 端末セット特典|最大7,000円相当還元 2020年4月1日 〜 終了日未定 本キャンペーンは、対象の端末と音声通話SIMの申し込みで最大7,000円相当のポイントが還元されるもの。 「音声通話SIM特典」との併用が可能となっています。 キャンペーンの割引対象になる料金プランは、音声通話SIMの3ギガ以上のプラン。 楽天モバイル 出典: 楽天市場で有名なは、2020年から携帯事業に本格的に参入してきました。 参入してきたばかりで、楽天モバイル独自の通信エリアは一部の地域となっていますが、携帯やスマホ業界に風穴を開けてくれる企業と期待を寄せています。 1年間無料のUN-LIMITキャンペーン 現在、楽天モバイルで行われている強力なキャンペーンである1年間の利用料金が無料になるキャンペーンです。 対象は、300万名までとなっていますが、これだけではなく、初期費用に事務手数料、端末購入時に楽天ポイントで最大21,300ポイントが還元してくれます。 ただし、ポイント還元を受けるには「 Rakuten Link」のアプリをインストールする必要があり、現在は Androidだけが対象となりますので注意が必要です。 ですが、 1年間無料で使えるのは、とても魅力的ですので、気になった方はキャンペーンに申し込みしてみはいかがでしょうか。 モバイル 出典:• 6ヶ月間の基本料金:700円割引• 光ネット回線と同時申し込みで6ヶ月間:500円割引• 家族割引サービス:500円割引• 1年間のデータ通信容量の増量:オプション額500円 では、常に上記の4つのキャンペーンがありますが、光ネット回線の申し込みと家族割引は同時に受けれません。 そのため月々の利用料金は最大1,700円の割引で、1年間利用すると総額14,460円もの割引になり。 家族割引サービスは8ヶ月目以降からでずっと割引になります。 UQモバイル 出典: CMで有名なは、auのサブブランドという位置づけ。 そのため格安SIMでありながら、auとほぼ同等の通信速度でインターネットを使うことができます。 iPhoneの取扱いもあり、一括で18,000円~とかなりお得な値段で購入可能であり、乗り換えと同時にスマホを、買い替えたい方やiPhoneを安く購入したい方におすすめです。 UQモバイルのキャンペーン情報 今、UQモバイルの契約を考えている方にビッグニュースです! 当サイトからUQモバイルを申し込むと、なんと「最大10,000円の現金キャッシュバック」と今だけ期間限定のお得なキャンペーンがあります。 申し込みは、UQモバイルをクリックして、申し込み画面にしたがい必要事項を入力してください。 申込み時の登録メールアドレス宛に、キャッシュバック案内のメールが届くので、内容にしたがって受け取り口座を登録しましょう。 契約月の2ヶ月後に連絡がきます。 UQモバイルに乗り換えを検討している方は、ぜひこのキャッシュバックキャンペーンを活用ください! LINEモバイル 出典: LINE・LINE MUSIC・Twitter・Instagram・Facebookなどのデータ通信を「 カウントフリー」で使えるサービスが豊富です。 通話よりもSNS利用が多いという方に、おすすめできる格安SIMです。 大体のサービスだと3日間で一定通信量を超えた場合、通信速度制限になってしまいますが、 ではこの制限はありません。 LINE等のSNSはデータ通信量は、ゼロとカウントフリーで使えるサービスが豊富。 通信速度制限もクリアできるとなると、スマホの使用頻度が高い方も嬉しいですよね。

次の