日本 整形 外科 学会 2020。 プログラム|第93回日本整形外科学会学術総会

日本整形外科学会認定スポーツ医の資格取得ための第47回スポーツ医学研修会のご案内|2020年(令和2年) 目指せスポーツドクター目指せスポーツドクター

日本 整形 外科 学会 2020

>> COVID-19関連特設サイト 理事長挨拶 2020年4月15日 日本整形外科学会会員各位 公益社団法人 日本整形外科学会 理事長 松本守雄 COVID-19の感染拡大にかかる日整会の対応について COVID-19の感染拡大が続く中、診療・教育あるいは研究に大変なご苦労をされている先生方も多いことと思います。 4月7日には政府から緊急事態宣言が発令され、COVID-19感染への対応も緊迫度を増してきました。 日整会も丸毛啓史会長のご英断による第93回学術総会のWEB開催決定、社員総会の縮小開催、理事会を含めたあらゆる会議のWEB化、事務局のテレワーク化など、COVID-19対策を進めてまいりました。 整形外科は直接COVID-19の治療にあたる診療科でありませんが、一方で、整形外科診療に及ぼすこの未知のウイルスの影響は計り知れないものがあります。 そこで、可能な限りの情報を会員の皆様にお伝えするべく、4月3日に整形外科手術のトリアージに関する情報をメール通信で配信し、さらに4月8日からCOVID-19に関するサイトを日整会ホームページ上に立ち上げ、updateな情報を会員の皆様にお届けすることといたしました。 今後、日整会の運営に関する情報も含め、あらゆる整形外科領域のCOVID-19関連情報を本サイトに集約して会員の皆様にお届けしたいと思います。 日整会としましても是非会員の皆様とともにこの難局を乗り切り、日本の整形外科診療とそれを受けられる患者の皆様、さらには整形外科教育・研究を守り抜きたいと思います。 よろしくご理解とご協力のほどお願い申し上げます。 整形外科に関する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連する情報は数多く、また日々刻々と変化しており、情報収集と整理に大きな労力を必要とします。 日整会では会員の先生方の新型コロナウイルス対策に速やかにお役立ていただけるよう、整形外科に関する新型コロナウイルス関連情報を提供する場を作りましたので是非ご参照ください。 なお情報は逐次更新していく予定です。 日本整形外科学会 理事長 松本守雄 安全医療推進委員会 担当理事 委員長 伊藤淳二 池内昌彦 広報・渉外委員会 担当理事 委員長 江畑 功 岸田俊二 アップされた論文や情報につきましてはできる限り原文に忠実に掲載しておりますが、内容については各地域の流行状況のフェーズ、各施設の役割などを勘案してご参考にして適切な対応を取ってください。 2020. 11 New!コロナに勝つ! ロコモに勝つ! 一般市民の皆様へ 新型コロナウイルス感染症を予防するために外出を控えている皆さんへ 屋内での運動を促進するための特別ページをロコモONLINEサイト内に開設しました。 自宅や風通しの良い場所で出来る運動で、コロナを予防し、ロコモも防ぎましょう! (別サイトに移動します。 ) New! 2020. 3 日本整形外科勤務医会が行った COVID-19 緊急アンケートには、さまざまの規模・役割の220病院から回答をいただきました。 手術件数は81. フリーコメントもたくさんいただきました。 2020. 28 2020. 18 2020. 7 日本整形外科勤務医会関東地区で行ったアンケート結果を示します。 緊急事態宣言が出された直後のものです。 日本整形外科勤務医会では経時的にアンケートを行っていく予定です。 COVID-19に感染した整形外科の感染経路、防護法についての報告。 2020. 28 整形外科診療の抑制を余儀なくされている状況の中で、どのように専門医教育を継続していけるのかを専門医・専攻医管理委員会で検討しました。 2020. 27 新型コロナ以外の患者6%陽性 地域の状況反映か 慶応大学病院 2020. 20 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の問題に実際に対応されている全国 5 名の先生方と整形外科領域における新型コロナの現状と対策についての座談会を開催 2020. 17 現時点で各施設で行われている対策をまとめて、安全医療推進委員会で策定しました。 それぞれの医療機関の実情に合わせてご活用ください。 2020. 10 <新型コロナウイルス感染症拡大に伴う整形外科手術のトリアージについて> <JBJS掲載のCOVID-19に関する特集号> (医学会連合・外科系12学会共同提言) 新型コロナウイルス陽性および疑い患者に対する外科手術に関する提言 厚生労働省 医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応について 本ページに関するお問い合わせ等はまでお寄せください。

次の

開催概要|第35日本整形外科学会基礎学術集会

日本 整形 外科 学会 2020

>> COVID-19関連特設サイト 理事長挨拶 2020年4月15日 日本整形外科学会会員各位 公益社団法人 日本整形外科学会 理事長 松本守雄 COVID-19の感染拡大にかかる日整会の対応について COVID-19の感染拡大が続く中、診療・教育あるいは研究に大変なご苦労をされている先生方も多いことと思います。 4月7日には政府から緊急事態宣言が発令され、COVID-19感染への対応も緊迫度を増してきました。 日整会も丸毛啓史会長のご英断による第93回学術総会のWEB開催決定、社員総会の縮小開催、理事会を含めたあらゆる会議のWEB化、事務局のテレワーク化など、COVID-19対策を進めてまいりました。 整形外科は直接COVID-19の治療にあたる診療科でありませんが、一方で、整形外科診療に及ぼすこの未知のウイルスの影響は計り知れないものがあります。 そこで、可能な限りの情報を会員の皆様にお伝えするべく、4月3日に整形外科手術のトリアージに関する情報をメール通信で配信し、さらに4月8日からCOVID-19に関するサイトを日整会ホームページ上に立ち上げ、updateな情報を会員の皆様にお届けすることといたしました。 今後、日整会の運営に関する情報も含め、あらゆる整形外科領域のCOVID-19関連情報を本サイトに集約して会員の皆様にお届けしたいと思います。 日整会としましても是非会員の皆様とともにこの難局を乗り切り、日本の整形外科診療とそれを受けられる患者の皆様、さらには整形外科教育・研究を守り抜きたいと思います。 よろしくご理解とご協力のほどお願い申し上げます。 整形外科に関する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連する情報は数多く、また日々刻々と変化しており、情報収集と整理に大きな労力を必要とします。 日整会では会員の先生方の新型コロナウイルス対策に速やかにお役立ていただけるよう、整形外科に関する新型コロナウイルス関連情報を提供する場を作りましたので是非ご参照ください。 なお情報は逐次更新していく予定です。 日本整形外科学会 理事長 松本守雄 安全医療推進委員会 担当理事 委員長 伊藤淳二 池内昌彦 広報・渉外委員会 担当理事 委員長 江畑 功 岸田俊二 アップされた論文や情報につきましてはできる限り原文に忠実に掲載しておりますが、内容については各地域の流行状況のフェーズ、各施設の役割などを勘案してご参考にして適切な対応を取ってください。 2020. 11 New!コロナに勝つ! ロコモに勝つ! 一般市民の皆様へ 新型コロナウイルス感染症を予防するために外出を控えている皆さんへ 屋内での運動を促進するための特別ページをロコモONLINEサイト内に開設しました。 自宅や風通しの良い場所で出来る運動で、コロナを予防し、ロコモも防ぎましょう! (別サイトに移動します。 ) New! 2020. 3 日本整形外科勤務医会が行った COVID-19 緊急アンケートには、さまざまの規模・役割の220病院から回答をいただきました。 手術件数は81. フリーコメントもたくさんいただきました。 2020. 28 2020. 18 2020. 7 日本整形外科勤務医会関東地区で行ったアンケート結果を示します。 緊急事態宣言が出された直後のものです。 日本整形外科勤務医会では経時的にアンケートを行っていく予定です。 COVID-19に感染した整形外科の感染経路、防護法についての報告。 2020. 28 整形外科診療の抑制を余儀なくされている状況の中で、どのように専門医教育を継続していけるのかを専門医・専攻医管理委員会で検討しました。 2020. 27 新型コロナ以外の患者6%陽性 地域の状況反映か 慶応大学病院 2020. 20 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の問題に実際に対応されている全国 5 名の先生方と整形外科領域における新型コロナの現状と対策についての座談会を開催 2020. 17 現時点で各施設で行われている対策をまとめて、安全医療推進委員会で策定しました。 それぞれの医療機関の実情に合わせてご活用ください。 2020. 10 <新型コロナウイルス感染症拡大に伴う整形外科手術のトリアージについて> <JBJS掲載のCOVID-19に関する特集号> (医学会連合・外科系12学会共同提言) 新型コロナウイルス陽性および疑い患者に対する外科手術に関する提言 厚生労働省 医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応について 本ページに関するお問い合わせ等はまでお寄せください。

次の

プログラム|第93回日本整形外科学会学術総会

日本 整形 外科 学会 2020

新たな「オンライン学術総会」の内容を【第3報】として、ホームぺージ 上で公開しましたので、是非ともご確認くださいますようお願いいたします。 「オンライン学術総会」の開催期間は、6月11日(木)〜8月31日(月)を予定しており、ホームページ から「オンライン学術総会」へリンクを行う予定です(「オンライン学術総会」独自のホームページは立ち上げません。 リンクができあがりましたら、改めましてご連絡いたします。 参加資格は日本整形外科学会会員と海外招待講演演者といたしました。 ご参加の際は、会員IDとパスワードを用いてログインしていただきます。 参加費(18,000円)はオンライン決済のみになります(参加登録開始日は、改めましてご連絡いたします。 また、教育研修会(単位) を最大28単位まで取得できるように準備しております。 約3か月間、ご都合に合わせたオンデマンドで単位の取得ができますので、是非ご参加ください。 単位申込費用は例年同様に、1単位当たり1000円の事務手数料を申し受けます。 その他、バーチャル展示会、医工連携特別企画(ニーズ発表会・ものづくり企業展示)、開会式の視聴他、様々な企画を検討しております。 今後も引き続き、ホームページ より情報を発信して参りますので、定期的なご確認をお願いいたします。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。 2020年4月15日 第93回日本整形外科学会学術総会 会長 丸毛 啓史 本件に関する問い合わせ先 第93回日本整形外科学会学術総会 運営事務局 株式会社コングレ内 〒103-8276東京都中央区日本橋3-10-5 オンワードパークビルディング E-mail: ホームページ: 新型コロナウイルス感染症の感染防止徹底のため、 運営事務局はテレワークを実施しております。 当面の間、原則E-mailでお問合せいただきますようお願いいたします。 お電話の対応が必要な場合は、その旨をE-mailでお知らせください。 こちらより折り返しご連絡いたします。

次の