ダブル ナット 締め 方。 ダブルナットの決め方

ダブルナット(1種・3種)について

ダブル ナット 締め 方

いつもお世話になります。 ダブルナットについて教えてください。 JISの便覧によるダブルナットの締め付けは、締結品に触れる側に3種のナット、その次に1種ナットを締め込むとあります。 1種のナットが締結荷重を受け、3種ナットは荷重を受けないとあります。 わたしは今日まで、1種ナットが締結品側、3種ナットがその次。 1種ナットで締結品を締め付け、1種ナットの緩み止めを3種ナットが受け持つものと考えておりました。 実際の締め付け作業では、1種ナットを締め付け後、1種ナットをスパナで固定したまま3種ナットを締め込むようにしていました。 どうもすべて間違っていたようです。 ダブルナットの緩み止め原理の解説と締め付け作業方法の説明をお願いします。 文章で表すのは非常に難しくて、うまく伝わるかどうかわかりませんが よく考えてみると実は意外と簡単に納得できます。 結論から書きますと、? 締結荷重は上側のナットが受ける。 (よって上側が1種がベター)? 理屈ですが、 まず、ダブルナット法はナット同士を締め付けてネジの遊びを無くして 弛み止めとする方法です。 ですから、ボルトとナットのネジ山のかみ合い方向を考える必要があります。 2個目のナット(上)を締め付けるとF1までは接触面は同じですが、 F1を超える軸力を発生させた時点でナット(下)とボルトのかみ合い面 は離れてしまうことになります。 (ナット下のネジ山の中でボルトのネジ山が泳ぐ状態) この時点から締結力は上側のナットとボルトのかみ合い部に作用している ことになりますので、締結荷重は上側のナットが受けるというのが 正しいです。 次に弛み止めですが、上の状態でナット(上)とナット(下)を 逆回転すると、ナット(下)のネジ山の中で遊んでいたボルトネジ山が ボルトが伸びることにより徐々に上側に移動し、反対側の面で 接触するようになります。 こうなると、ナット(上)+ボルト+ナット(下)の間には遊びがなくなり、 ナット(上)とナット(下)の間でボルトが伸びた軸力が弛み止めの 役割を果たすようになります。 締め付け方としては上ナットを固定して、下ナットを逆回転させる方が正しい締め付け力 を得られるようです。 私のつたない文章力では理解しづらい部分が多々あると思います。 日本規格協会の「ねじ締結体 設計のポイント」 に絵付きで のってますのでご参考にされると良いと思います。

次の

ねじのゆるみ止め

ダブル ナット 締め 方

ナットのゆるみどめの方法としてナットを二重にする方法がありますが,止め方が間違っているか違います。 正しくは下記のようにします。 まずボルトと一つ目のナットでしっかり固定します。 次に二つ目のナットを締めていきます。 最後まで締まったら,下のナットにもスパナをかける。 下のスパナは左回り,上のスパナは右回りに回す。 この最後のナットどおしを締め合う作業を必ずしてください。 ボルトとナットでゆるまないようにするのでなく,ナットどおしでゆるまなくするのですよ。 おまけ このダブルナットの作業にはスパナが2つ必要です。 ふつうのスパナでは下側のナットがつかみにくい場合があります。 「 薄口のスパナ」をひとつ用意すると便利ですよ。 特にM3に使用する5.5mmのナットは薄いので困ります。 模型づくりでは「薄口のスパナ」と「ナット回し」が便利です。

次の

不合理なダブルナット止めは危険がいっぱい(ねじ

ダブル ナット 締め 方

振動に対する戻り止めとしてダブルナットを用います。 アンカーボルトは必ずダブルナットとします。 今回は、ダブルナットの意味、絞め方の手順、スプリングワッシャーとの違いについて説明します。 高力ボルトやアンカーボルトの締め方は、下記の記事が参考になります。 ナットの規格は、下記の記事が参考になります。 ダブルナットとは? ダブルナットは、2つ付けたナットのことです。 振動や繰り返し応力に対する戻り止めとして、ダブルナットを使います。 下図をみてください。 これがダブルナットです。 アンカーボルトは、必ずダブルナットとします。 アンカーボルトは、柱脚に用います。 柱脚は、構造部材の中でも特に重要な箇所ですね。 ダブルナットで、下側のナットを「下ナット」、上側のナットを「上ナット」といいます。 ナットで締め付けることで、高力ボルトに所定の張力が導入されます。 振動や繰り返し応力で緩むと、張力が抜けます。 これでは、接合部の耐力が満足に得られません。 ダブルナットの締め方の手順 ダブルナットは、絞め方の手順があります。 下記に締め方を整理しました。 ・下ナットの1次締め ・マーキング ・下ナットの本締め ・上ナットの締め付け 下ナットは、通常の高力ボルトの締め付けに必要なナットのことです。 1次締め〜本締めまでの工程は、高力ボルトの締め方と同様です。 下ナットの本締め後、上ナットを締め付けます。 なお、上ナットを締めるとき、下ナットをスパナ等で押えて行います。 ダブルナットのスプリングワッシャーとの違い ダブルナットとスプリングワッシャーの違いを下記に整理しました。 両方とも、ナットの戻り止めとして機能します。 上側のナットが戻り止めとして機能します。 バネ形状をした座金を母材とナットの間にかませます。 バネが閉じるまでナットを締め付けます。 まとめ 今回はダブルナットについて説明しました。 意味が理解頂けたと思います。 ダブルナットは、2つ付けたナットのことです。 振動や繰り返し応力に対する戻り止めとして用います。 アンカーボルトでは、必ずダブルナットとすることを覚えてください。 ダブルナットの締め方の手順も理解しましょうね。 下記の記事も併せて参考にしてください。

次の