大阪 さくら メンタル クリニック。 四条烏丸 女医による予約制の心療内科

大阪府のPTSDの治療/対応が可能な病院・クリニック 36件 【病院なび】

大阪 さくら メンタル クリニック

MEDICAL 診療のご案内• 内科 腹痛・食欲不振・体調不良・動悸・胸痛・頭痛などの自覚症状がある場合には、まず内科を受診ください。 はっきりと風邪やインフルエンザなど症状がわかる場合はもちろん、何となく具合が悪いという場合でも、お気軽にご相談ください。 小児科 小児科専門医が発熱や咳・鼻汁・腹痛・下痢・嘔吐・発疹などの症状があるお子さんの診療を行います。 また、乳幼児のお子さんが健康に育つためには、日頃からの健康管理が大切です。 当院では、定期的にお子さんの発育・発達の検診も行っています。 外科・整形外科 一般的な外科疾患に対応しています。 実際に治療を受けないにしても「セカンドオピニオン」目的でお気軽に相談ください。 また、整形外科では骨・関節・筋肉・腱・靭帯・脊椎・脊髄・末梢神経など、主に運動器の疾患を扱っています。 リハビリテーション科 脳卒中や骨折など、病気や怪我で生じた機能障害に対して、その回復を図るためのリハビリテーションを行っています。 障害からの回復や残された能力を最大限に高めることで、身体的・精神的・社会的にできる限り自立した生活が送れるように援助します。 皮膚科 子供から大人までの皮膚疾患に対応いたします。 皮膚は常に身体を守っている臓器です。 常に新しい知識・治療法を取り入れ、患者さんによりよい医療を提供できるように取り組んでいます。 もの忘れ外来・精神科・神経内科 気分障害(うつ病・双極性障害)・不安障害(パニック障害・全般性不安障害・適応障害等)・統合失調症など、精神疾患全般の診療を行っております。 また、もの忘れや認知症を心配されている方を対象とした、診断と治療も行っています。 内科 腹痛・食欲不振・体調不良・動悸・胸痛・頭痛などの自覚症状がある場合には、まず内科を受診ください。 はっきりと風邪やインフルエンザなど症状がわかる場合はもちろん、何となく具合が悪いという場合でもお気軽にご相談ください。 小児科 小児科専門医が発熱や咳・鼻汁・腹痛・下痢・嘔吐・発疹などの症状があるお子さんの診療を行います。 また、乳幼児のお子さんが、健康に育つためには、日頃からの健康管理が大切です。 当院では、定期的にお子さんの発育・発達の検診も行っています。 外科・整形外科 一般的な外科疾患に対応しています。 実際に治療を受けないにしても「セカンドオピニオン」目的でお気軽に相談ください。 また、整形外科では骨・関節・筋肉・腱・靭帯・脊椎・脊髄・末梢神経など、主に運動器の疾患を扱っています。 リハビリテーション科 脳卒中や骨折など、病気や怪我で生じた機能障害に対して、その回復を図るためのリハビリテーションを行っています。 障害からの回復や残された能力を最大限に高めることで、身体的・精神的・社会的にできる限り自立した生活が送れるように援助します。 皮膚科 子供から大人までの皮膚疾患に対応いたします。 皮膚は常に身体を守っている臓器です。 当科では常に新しい知識・治療法を取り入れ、患者さんによりよい医療を提供できるように取り組んでいます。 もの忘れ外来・精神科 ・神経内科 気分障害(うつ病・双極性障害)・不安障害(パニック障害・全般性不安障害・適応障害等)・統合失調症など、精神疾患全般の診療を行っております。 また、もの忘れや認知症を心配されている方を対象とした、診断と治療も行っています。

次の

医院紹介

大阪 さくら メンタル クリニック

予約のない方は院内ではお待ちいただけません。 ご自分で症状を説明することが難しい方、留守番のできないお子様など、ご事情がある場合は、これまで通りご来院ください。 遠方にお住まいのご家族の同伴も、お控えください。 8m程度の距離を保つことが推奨されています。 診察時、至近距離での対応を控えさせていただきます。 ほっと安らげる時間はありますか? 次から次へと先のことに追われて、苦しくなることはありませんか? 自分がつぶれそうなほど、重荷を背負っていませんか? 「どこに相談すればいいか分からず、悩んでいました」 「できれば女性の先生に相談したかったんです」 そう言って来院される患者さまが、多くいらっしゃいます。 人は誰でも、苦しい時やつらい時、前に進むのが難しくなる時があります。 誰かに支えてもらいたい時があります。 「このままではつらい」と感じたら、それが受診のサインです。 受診をためらわれる方もいらっしゃいますが、早い受診が早い回復につながります。 「病気でないことを確認したい」というご相談でも構いません。 あなたが苦しい時、いつでもお気軽にお越しください。 お待ちしています。 学校でいじめを受けていても、お父さんやお母さん、先生にそうだんすることができなくて、一人でなやんでいる方がいるかもしれません。 学校に行くのがつらくなったり、からだのぐあいがわるくなったり、夜ねむれなくなったりすることもあります。 今のつらいきもちが、この先もずっとつづくような気がして、いっそのこときえてしまいたいと思うことも、あるかもしれません。 そんな時は、まわりのしんじられる大人に、SOSを出してください。 このクリニックは、こころがつらい時にくるところです。 ここには、学校でいじめられて、だれにもそうだんできないまま一人でがまんして、ぎりぎりまでおいつめられた人もやってきます。 出口が見えないような気がしても、楽になる方法はかならずあります。 学校に行くことがすべてではありません。 きえたくなるほどつらいばしょだったら、行かないほうがいいこともあります。 びょういんのお医者さんには、「しごとの中で知ったひみつは、かならずまもること」がほうりつで決められています。 このクリニックでお話したことが、あなたの知らないところで、外にもれることはありません。 お父さんやお母さんといっしょでは話しにくいことがあれば、私とあなただけになった時に、こっそり打ち明けてもらってもかまいません。 今すぐいのちにかかわるようなことでないかぎり、あなたが話してほしくないと言ったことは、お父さんやお母さんに対しても、ひみつはまもります。 あなたがつらくてたまらない時、私はいつでもあなたの力にります。 どうかゆうきを持って、SOSを出してください。 あなたにとって一番よい方法をいっしょにかんがえていきます。 人生のステージの中で、高校から大学へ進学するタイミングは、ひときわ大きな変化を伴います。 進学を機に故郷を出た方は、初めての一人暮らしに戸惑っていらっしゃるかもしれません。 高校までとは違う大学の授業カリキュラムに馴染めなかったり、アルバイト先での人間関係に悩んだり、就職などこれからの進路選択に迷ったり、さまざまな葛藤を抱えがちです。 学費の問題、恋愛の問題に、人知れず悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。 20歳前後は自分に自信が持てず、気持ちが不安定になることもあります。 大学進学をきっかけに、履修登録がきちんとできない、金銭管理ができないなど、これまであまり目立たなかった症状に気づかれて、発達障害やADHDと診断されることもあります。 些細なことが原因で大学生活につまずき、休学と復学を繰り返してしまうこともあります。 当院ではこのようなご相談にも応じます。 大切な人に心配をかけたくないという思いから、ご家族や友人にも相談できずにいる方の中には「話を聞いてもらっただけで、心が軽くなりました」とおっしゃる方もいます。 幼少期から抱えていた生きづらさが実は発達障害やADHDだったと分かって「ようやく納得できました」と、自分を責める気持ちから解放される方もいらっしゃいます。 自分の特性を知ることで、苦手なことへの対処方法が分かることもあります。 「ほんの些細なことなんだけど」「病気でないことを確認したい」といったご相談でも構いません。 あなたの心が、重たい荷物に押し潰されそうな時は、いつでもお越しください。 お待ちしています。 学校現場は、いじめ・不登校・発達障害など、様々な問題が表面化しやすい場所です。 しかし、いまだに専門機関への敷居は高く、診断や支援を受けないまま、対応が難しくなるケースも少なくありません。 思春期は、精神疾患が発症しやすい時期でもあります。 両親や教師に悩みを打ち明けにくくなる年頃でもあり、一見普通に見えるお子さまの中にも、支援を必要としている方がいらっしゃいます。 当院では、お子さまとご家族の同意を得た上で、学校関係者との面談も行っています。 対応にお困りの場合は、ご相談ください。 お子さまの診断や治療を行う上で、学校での様子は大きな参考になります。 お子さまとご家族の同意を得た上で、下記のような事柄について、学校での様子をお尋ねすることがありますので、ご協力いただければ幸いです。 授業中の様子• 休み時間の様子• 友達との関係• 先生との関係• その他、気になること.

次の

大阪府大阪市 心療内科、精神科、ペインクリニック内科、麻酔科 大阪さくらメンタルクリニック 初診受付サービス 病院予約システム 診療予約システム 初診予約 診療予約

大阪 さくら メンタル クリニック

京阪枚方市駅から歩いてすぐのビルにある小さなメンタルクリニックです 現代社会の中では大人も子供もお年寄りも,みな何らかの生き辛さを感じ,様々なストレスやプレッシャー,トラウマに悩み苦しんでいます。 そして悩み苦しむ心は「抑うつ」「不安」「いらいら」といった精神の症状以外に,自律神経や免疫機能を介して身体にも症状を表します。 頑固な不眠,頭痛,倦怠感,肩こり,微熱,めまい,ふらつき,動悸,過呼吸,吐き気,食欲異常,便通異常などなど...どこの病院,どこの科に行ってもはっきりした原因の見つからない身体の症状の背景にはしばしば悩み苦しむ心が存在します。 当クリニックは予約制によって一人一人の患者さんに十分な時間をかけ,「精神療法」を重視した治療によって,現代社会の中で悩み苦しむ心と身体の「 自然な回復」をサポートします。 更新情報• 2020年4月29日:新型コロナウイルス感染予防策をあれこれ実施しております。 2020年4月29日:GWの関係で5月は第2,第4土曜日に診療します。 2020年4月7日:緊急事態宣言が発令される見込みですが,当院は通常通りに診療しております。 2020年4月6日:4月21日(火)の午後診は公務出張のため休診となります。 2020年1月11日:1月21日(火),2月18日(火)と3月17日(火)の午後診は公務出張のため休診となります。 2020年1月11日:なるべく2週毎の診療になるように,1月と2月は第2,第4土曜日に診療します。 2012年7月15日:を設置しました。 定期的にご覧下さい。 2011年1月10日:「」を記載しました。 一度お目をお通し下さい。 2010年9月1日:「やすだメンタルクリニック公式サイト」オープンしました。

次の