ノートパソコン トリプルディスプレイ。 トリプルディスプレイはノートパソコンじゃ映らない?やり方あるよ!

トリプルディスプレイはノートパソコンじゃ映らない?やり方あるよ!

ノートパソコン トリプルディスプレイ

世の中では、 「パソコンって1画面が普通でしょ?」 これがあたりまえの感覚だと思いますが、それでも声を大にして言いたい。 デュアルディスプレイにすると世界が変わる!!! いやホントに。 とくに 1画面から2画面にしたら、あまりの使い勝手の違いに、 早くやっておけばよかった・・・。 てなります。 2画面はむずかしい設定や増設が必要なく、 パソコンとモニターを接続するだけでできるから。 3画面(トリプルディスプレイ)以上のマルチディスプレイにするにはグラボ使ったりしてハードルが上がりますが、2画面のデュアルディスプレイならそんなにむずかしくありません。 このブログではディアルモニターにするためのパソコン側の 端子の種類、ケーブルの種類、おすすめのケーブルの選び方や、安く買う方法などを書いていきます。 後半のほうにデスクトップ・ノートパソコンそれぞれについて書いてます。 もくじ• デュアルディスプレイならグラボの増設は必要ない ほとんどのパソコンは、 デュアルディスプレイならむずかしい設定や増設をしなくても最初から接続できます。 グラフィックボード(グラボ)というPCパーツを増設しないとデュアルディスプレイにできない、と思われがちですけど、パソコン本体に最初から付いてる端子だけで2画面にできます。 そう、つまり 液晶モニターとケーブルだけで、簡単にデュアルディスプレイにできます。 (小さいパソコンだと接続端子の種類が少ない場合もあります)• HDMI• DisplayPort• DVI• D-sub(VGA) だいたいこの4種類の端子があり、パソコン側と液晶モニタ側の端子に合うケーブルを使えば接続できます。 端子の種類が違っても、変換ケーブルがあれば接続できます。 端子の特徴やケーブルについてはこのあと説明していきます。 ディスプレイケーブルの種類 さて、デュアルディスプレイにするだけなら、デスクトップ、ノートパソコンどちらも特別なパーツは必要ありません。 液晶モニターと正しいケーブルを選べば、デュアルディスプレイにできます。 パソコン側と液晶モニター側の端子に合ったケーブルを選ぶだけでOK。 「今までケーブルの種類なんて知らなかった」という人でも、なんとか分かるように、名前と端子の断面図を見ながら解説していきます。 主なケーブルは4種類。 HDMI(エイチ・ディー・エム・アイ)• DisplayPort(ディスプレイポート)• DVI(ディー・ブイ・アイ)• D-Sub(ディー・サブ)またはVGA(ブイ・ジー・エー) このうち、 HDMIかDisplayPortが使えるならおすすめ。 DVIやD-Subは昔の規格なので、古い製品を接続したいなら使うこともあるかも。 HDMIケーブル デュアルモニターにするなら 最も手軽でおすすめなのが HDMIケーブルです。 パソコン・ゲーム機・家電と、 幅広いジャンルで使われている端子なので統一しやすく、それでいて映像出力の性能も十分に高いです。 また、昔のDVIケーブルと比べて 小さく、さし込みやすいのも良いところ。 おまけに値段も安い。 画質もデジタル接続で十分綺麗。 2013年からの規格HDMI 2. 0以上なら4K [3840x2160px]で60p [秒間60コマ]クラスの高画質にも対応しているので端子が使えるなら HDMIケーブルが一番おすすめです。 DisplayPortケーブル DisplayPortケーブルも、高画質のデジタル接続ができるケーブルです。 5Kモニターや4Kモニターを2台つなげるとか、無茶をしない限りHDMIとDisplayPortどちらを選んでも画質に大差はありません。 ただし、DisplayPortは 使用している環境や使い方によっては面倒なことになり、その原因を特定するのも手間がかかるようです。 主に 「スリープでウィンドウ配置リセット」「ほかの端子との互換性」が有名です。 ということで、 モニターの電源を落とさず、デュアルディスプレイにせず、DisplayPort端子で統一できる人なら問題なさそうですが、他の端子が混在するとややこしくて、調べるのも面倒でした。 あとで変換ケーブルについても書きますが、DisplayPortについてはややこしくて、自分もサポートしきれません。 ただしDisplayPort出力端子があるモニターが必要になり、環境を整えるのに少しコストがかかるので、ほとんどの人はそこまでやらないでしょう。 (トリプルディスプレイについては後述します) DVIケーブル 1999年からスタートしたパソコンのデジタルケーブル初期の規格。 もうかなり古いので、いま発売される製品には搭載されないことも多いです。 すでに メーカー各社は DVI を廃止する方針になっているので、見かける機会がだんだん減っていく予定。 でも 映像はデジタルで十分きれいなので、手持ちの機器にDVI端子があるなら使えます。 こまかい違いとしてDVIケーブルには「 シングルリンク」と「 デュアルリンク」があって、接続できる液晶モニターの解像度に違いがあります。 シングルリンクDVIケーブル シングルリンクDVIケーブルは 1920 x 1200pxの解像度まで対応しています。 液晶モニターの解像度は1920x1080px、いわゆる フルハイビジョンのものが多く、サイズは23インチから24インチ前後が主流です。 なので、普通の人はシングルリンクのDVIケーブルで十分。 裏技として、実はハードオフのジャンクコーナーに300~500円でごろごろ転がってます。 古い液晶モニターで使えて、それでいて画質はデジタルで十分きれいなので、 とにかく安くデュアルディスプレイにしたいならオススメです。 自分は19インチのモニタをハードオフジャンクで3240円で買って、DVI接続でもう何年も使っています。 試しにハードオフみたいな中古のパーツショップに行ってみたら面白いですよ。 デュアルリンクDVIケーブル デュアルリンクDVIケーブルは 2560 x 1600pxの解像度まで対応しています。 ただし2560x1600pxの高解像度モニターは、HDMIやDisplayPort端子も搭載していることが多いので、 わざわざ値段が高いデュアルリンクDVIにするメリットはほとんどありません。 高解像度モニターを使うならHDMIかDisplayPortにしましょう。 DVI端子について ちなみにDVI端子には「シングルリンク専用」と「シングルリンクとデュアルリンク両対応」の2種類があります。 D-sub(VGA)ケーブル 今となっては出番の少ない D-subケーブルです。 液晶モニターが古くてD-subしか端子がないとか、プロジェクタの出力がD-subのみ、という場合でもなければ使う場面がありません。 とくに理由がなければD-subはおすすめしません。 変換ケーブル さて、ここまでで主要なケーブルを4種類紹介しましたが、もし パソコン側と液晶モニター側の端子が別でも大丈夫。 変換ケーブルや変換アダプタというものがあります。 パソコン側はHDMI端子だけ• 液晶モニター側はD-sub(VGA)端子とDVI端子 具体的には「 ノートパソコンから古い液晶モニターに接続したいとき」に困るというケースです。 たとえばハードオフのジャンクコーナーで液晶モニターを探せば、17インチが2000円台、19インチが3000円台で手に入ることがあります。 アダプタをかまさないので簡単だし値段も安い。 DisplayPortの変換はややこしい DisplayPortと他端子の変換は、方向に気をつけないといけなかったり、デュアルモードとシングルモードの違い、パッシブかアクティブの違いとか、本当にややこしかったので、リンクを掲載しませんでした。 (できたとしても変換アダプタがたぶん高コスト)• たぶん DisplayPortが搭載されているモニターなら他の端子もついてるだろうから、無理にDisplayPortを使おうとしないほうがいいと思います。 デュアルディスプレイにするだけなら簡単 以上、ケーブルの種類を説明しましたが、要するに、 2画面にする手順• パソコン側の端子を見て• 液晶モニター側の端子を見て• 使えるケーブルを買って• 接続するだけ たったこれだけで2画面にできます。 Amazonの人気順に並んでいます。 メインモニターにもサブモニターにも使えるし、面積あたりのコスパから考えると、もっともお買い得なサイズです。 液晶モニタの選び方は視野角に注意 デュアルディスプレイでは画面を斜めから見ることになるので、視野角が狭い液晶モニタには気をつけてください。 ざっくり言ってしまうと、 TNパネル は視野角が狭いので、サブディスプレイとしてはおすすめしません。 それ以外はたいてい大丈夫。 自分はTNパネル・IPSパネルどちらも使ったことがありますが、 TNパネルは斜めから見ると色味が全然変わってしまい、とても疲れます。 上記以外にもVAパネルや、IPSパネル系のADS、AH-IPS、PLSパネルなどがありますが、 液晶モニタの商品ページには視野角が記載されているので、購入前に必ず確認してください。 ほかにも絞り込みしたい条件があったら、上記リンク先のページで、PCなら左サイドバーから、スマホなら[絞り込み]ボタンから、好きな条件を選択してみてください。 「非光沢(ノングレア)」「応答速度」「リフレッシュレート」など、液晶モニタ選びで気になるポイントをいくつか絞り込みできます。 デスクトップで3画面(トリプルディスプレイ) ほとんどのパソコンでは(最初からグラボが搭載されていなければ)2画面までしかできないことが多いので、3画面以上にしたい場合は基本的に グラフィックボード(グラボ)というパソコンパーツを増設することになります。 3画面にするためのグラボで確認する点は以下のとおり。 液晶モニター側の端子がHDMIじゃなくても変換ケーブルを使いやすい• 1スロット使用の省スペース• 補助電源必要なし• HDMI 3ポート以上は低価格帯で見かけなくなり、ほとんど2ポート以下。 DisplayPortのほうが複数搭載されていることが多いようです。 とにかく「低予算で」「デジタル出力を3画面以上にしたい」という要望は叶えにくくなったかもしれません。 グラボの特徴はこれからも速いペースで変わっていくでしょう。 ーーー 3画面出力のうちひとつはアナログの画質でもいいとか、オンボードと併用して3画面にするからグラボは2画面出力でもいいとか、自分でわかる人はほかにもやりようがあると思うのでググってみてください。 その他、上記のグラボを取り付けるとしても、PCI Expressスロットが必要とか、パソコン側があまりにも古いと対応できないとか、注意事項があるかもしれないので、不安な場合はググるなり、わかる人に質問するなりしてください。 (3画面をしたいと思うような人はある程度自分で調べられるとは思いますが) 徐々にDisplayPort端子が主流になってきたり、製品自体にも時代の流れがあるので、3画面以上にしたい人は自分で調べたほうが良い買い物ができると思います。 ノートパソコンでトリプルディスプレイ ノートパソコンの場合はゲーミングパソコンでもない限り、グラボは付いてなくて増設もできないので、USB接続でマルチモニターにするための「 USBグラフィックアダプタ」というものを使います。 これは、USB接続から映像を変換して液晶モニターに出力できるというもの。 Amazonのレビューにいろいろな事例が書かれているので見てみてください。 参考: ただし、気をつける点がいくつかあります。 液晶モニタにDisplayPort出力端子が必要• DisplayPort出力端子で絞り込みできないので探すのがかなり大変• 値段も高くなると思われる• 解像度によってはリフレッシュレートが下がる可能性がある 対応する液晶モニタを探しにくくて値段が高くなるのがネックですね。 モニターアーム 机の上をスッキリさせたい、こだわる人にはモニターアームがおすすめ。 エルゴトロン製モニターアーム 価格は高いけど安心感と安定感はやはりエルゴトロン。 記事とても参考になりました。 現在、D-sub端子・シングルリンクDVI端子2系統の古いモニター2台を使っています。 最近のグラボはDisplayPortとHDMIが主流なので、DVI無しか1つが多いです。 もし詳しい情報がありましたら教えて下さい。 DisplayPortは組み合わせによってはダメなことがある、と思います。 以前に調べたことがあるんですが、変換アダプタにパッシブタイプ、アクティブタイプという種類があったり、グラボのクロックジェネレータが何個搭載されているのかによって変わる、と記憶しています。 そういうややこしい問題があるので、記事にもわざとDisplayPort DVI変換ケーブルのリンクを貼っていません。 で、そこらへんを考えるのが面倒くさいので、使えるならHDMIを使うようにしています。 4K解像度までならHDMIで問題ありませんし。 細かい話は本当にややこしくて記事に書ききれないので、こちらを参考にどうぞ。 この記事でも書いてあるアプローチと一緒ですね。 また、実際にやったわけではないので、「ノートパソコン D-Sub 3画面」「ノートパソコン 3画面」などでググってみてください。 実際に運用している人の例を見ることができると思います。 ざっと見る限り、ノートパソコンだと映像端子は1画面しか出力できない(USBなら制限なし)例が多いみたいですね。 これはノートパソコンの性能によっても変わってくるのかもしれません。 HPのPavilionを公式サイトで見てみたんですが、 「D-Subx1、DVIx1」の構成が見当たりませんでした。 型番は590と595の違い、パフォーマンスモデルとスタンダードモデルの違い、Gamingモデルかどうかの違いがあるようです。 今回のようなやり取りでは端子の見間違いや認識違いによるトラブルを回避するため、可能であればアルファベットや数字まで特定できる型番をお願いします。 パソコン本体を見ただけでは分からず、購入履歴などを辿らないといけないかもしれませんが、今後同様な例で相談することがあるなら意識していただけると困ることが少なくなると思います。 「DVI VGA 変換 ケーブル」 「DVI VGA 変換 アダプタ」 補足説明については「変換ケーブル」のもくじをご覧ください。 ケーブルとアダプタがほとんど同じ値段なので、すでにD-Subケーブルを2本持っていない限りは、変換ケーブルを購入したほうが安くつきます。

次の

ノートPCで2画面3画面のマルチモニターにする方法 実例と使用周辺機器

ノートパソコン トリプルディスプレイ

作業効率を上げるためには、モニターの大きさよりも、モニターの数が重要! モニターを1枚にするか2枚にするかは、アフィリエイトビジネスを行う上で、パソコンのスペック以上に重要な問題です。 結論から言えば、 モニターは小さくても、中古でもいいので、最低でも2画面は用意したいですね。 ヤフオクなら数千円で17インチ位の中古モニターが買えるはずです。 もし、予算的に厳しければ、パソコンのスペックを落としてでも、モニターを2枚揃えましょう。 私がネットビジネスを始めた時は、15インチのノートパソコンを使っていたのですが、 17インチの小さいモニターと繋げて、2画面で作業をしていました。 小さい画面でもディスプレイが2つあるだけで作業効率は上げることができます。 私は現在、3画面で使用していますが、最終的には3~4画面あると最も効率が良くなると思います。 今回は、マルチモニターのやり方と、おすすめのディスプレイについて順に紹介していきます。 ちなみに現在の私の作業環境はこんな感じです。 マルチモニターのやり方 マルチモニターの接続方法は2画面か、3画面かでやり方が異なってきます。 2画面までは、ディスプレイとケーブルがあれば、かんたんに構築できます。 デュアルディスプレイの接続方法 パソコン初心者の方は、モニター2枚をどうやって繋げるかわからない方もいらっしゃると思いますが、 通常のデスクトップパソコンであれば、2枚までは、普通にパソコンの裏側に接続するだけで使用できます。 1枚目のディスプレイと同じ要領で接続ケーブルでモニターを接続しましょう。 トリプルディスプレイの接続方法 ディスプレイを3画面にする場合は、2画面と同じやり方ではできません。 グラフィックボードは、パソコンを開けて、グラフィックボードをくっつけるだけなので、ネットで手順を調べれば簡単にできます。 (…玄人さんからしたら、かなり無責任な発言かもしれませんが、私はその程度の認識です。。 ) 3画面以上に対応のグラフィックボード GeForceのGT600番シリーズの「GT640」から、GT700番シリーズの「GT710」から3画面対応になっています。 私はスリムタワーのパソコンを使っていたときは、『ASUS GT640-2GD3』というスリムタワー用のグラフィックボードを使っていました。 ちなみに、現在は、マウスコンピュータで最初から4画面対応のグラフィックボードがついてるパソコンを使ってます。 価格を抑えるならディスプレイ増設アダプターも可 『ディスプレイ増設アダプター』ならUSB接続で3画面に増やせます。 ただし、ちょっと問題もあって、たま~にUSBで接続した画面が安定しなかったり、画面がカクカクしたりします。 個人的には、いまいちオススメはできませんが、妥協案といったところですね。 おすすめのディスプレイについて 先に申し上げたとおり、ディスプレイは大きさよりも枚数が重要です。 ですから、中古の17インチ型、19インチ型でも十分です。 それでも、ちゃんとモニターまで揃えたい場合は、 21インチから24インチくらいの画面サイズがおすすめです。 私が利用しているモニターは、横置きの2枚が24インチ型の『BenQ GL2460HM』です。 5インチ型の『BenQ GW2255HM』です。 この辺は好き嫌いが分かれるところかもしれませんが、個人的には一枚は縦置きで使うことをおすすめします。 次のおすすめ記事• に戻る なぜ、アフィリエイトだけで月100万円以上を稼げるのか? そのすべてのメソッドを初心者でも再現できるように実践レベルに落とし込みました。 このメール講座では、アフィリエイト初心者だった頃の私が ゼロから最初の 1万円を稼いだ方法、 3ヶ月後に 10万円稼いだ方法、 そして現在まで 継続して 100万円以上を稼ぎ続けている方法を 初心者でも再現できるように一つひとつ丁寧にお伝えしています。 さらに 期間限定で、私がアフィリエイト初心者の頃に、 40,615円稼いだ全手法と 実際に稼いだ サイトURLをE-Bookにして 無料配布しています。 このE-Bookは、 非常に再現性が高い手法なので今のうちに入手しておいてください。 E-Bookはメルマガ登録後、すぐにお届けしています。 メルマガ登録【無料】.

次の

【第24回】ノートPCでマルチディスプレイ環境を作りたい! | サンワダイレクト

ノートパソコン トリプルディスプレイ

ノートパソコンでもディスプレイを3画面にする事は可能 通常ノートパソコンでも外部ディスプレイ用のHDMI端子やVGA端子などが付いていれば液晶ディスプレイなどと繋げる事で簡単に2画面までは増設する事は可能です。 しかしもう1画面を増やすのは無理と思っている方も多いと思います。 デスクトップパソコンではグラフィックボードを増設することにより画面の数を増やすことが可能ですがノートパソコンでは中身を開けてグラフィックボードを増設することは出来ません。 しかし最近のノートパソコンをお持ちの方は諦める前に一度この方法を試してみて下さい。 実は驚くほど簡単にディスプレイを3画面 トリプルディスプレイ に出来るかもしれません。 具体的な方法• HDMIもしくはVGA端子と別売りモニターを接続。 これで2画面(デュアルディスプレイ)• 更にUSB3. 0やUSB Type-C対応のモバイルディスプレイを繋げる。 実はこれだけです。 ものすごく簡単なのですがあまり情報がでておらず私は偶然メーカーのサイトにて発見しました。 ただしこれには自分のパソコンのスペックが各モバイルディスプレイに対応しているかの確認をして下さい。 ここ数年内に発売されたノートパソコンならほぼ対応しています。 また、USBでつなぐためにケーブル一本で電源と情報を送ることが可能な製品が多く、外出先でも簡単に画面を増やすことも可能です。 2画面で十分な方は配線がUSBケーブル1本で済むモバイルディスプレイを自宅で使用する事もおすすめします。 デュアル、トリプルディスプレイのメリット 画面の数が多くなる事により沢山の情報をタブを切り替えることなく同時に表現出来ます。 そのため無駄な作業が減り時間の短縮、作業の効率化が出来ます。 特に資料を閲覧しながらのホームページ制作、複数のチャートや注文画面などを見ながらの株式投資などには絶大な効果があります。 ただし画面を増やしたばかりの頃は慣れるまで首にかなりの負担が掛かります。 しかし一度この便利さを経験してしまうともう元には戻れないくらい便利です。 また、HDMI入力端子付きのモバイルディスプレイならパソコン以外に任天堂スイッチのような携帯ゲーム機を外出先で遊ぶ際に便利です。 バッテリー搭載の物など色々な種類があるので自分の生活スタイルに合った物を選んでください。 実際に私が使っている機器を紹介.

次の