銀河 鉄道 999 アルティメット ジャーニー。 松本零士が島崎譲に託した「銀河鉄道999」続編1巻発売、電車内で記者発表会(イベントレポート)

コミックス「銀河鉄道999 ANOTHERSTORY アルティメットジャーニー」第4巻を読む。

銀河 鉄道 999 アルティメット ジャーニー

漫画家・氏(80)が20日、西武鉄道池袋線の特別運行電車内で行われた『銀河鉄道999 ANOTHER STORY アルティメットジャーニー』記者発表会に出席。 「終わりはまだ描きたくない。 描きません! 描くと人生が終わりになる気がする」「(アナザーストーリーじゃない)私が描いているものは今、ブラックホールの中」と『銀河鉄道999』の完結に向けて創作が進んでいないことを明かした。 『銀河鉄道999』は1977年から81年に『少年キング』(少年画報)で連載されたものを「アンドロメダ編」(ファンの間での呼称)、96〜99年に『ビッグゴールド』(小学館)で連載されたものを「エターナル編」としている。 その正統続編作品となる『銀河鉄道999 ANOTHER STORY アルティメットジャーニー』は、松本氏の生誕80年を記念して始動したもので、今年3月より『月刊チャンピオンRED5』(秋田書店)で連載がスタート。 『銀河鉄道999』のその後を松本氏が原作・総設定・デザイン、島崎譲氏が漫画を手がけた物語で、一緒に旅を続けていたメーテルと別れ、鉄郎が3度目の『銀河鉄道999』で旅に出る姿が描かれている。 池袋線が通る練馬区大泉在住で名誉区民でもある松本氏は、「15歳の高校1年生から(漫画家として)連載を始め、18歳の時に上京したので、池袋から大泉の風景が懐かしい。 80歳になりましたがあっという間で、まだ走っていまして終着駅が見えない」と笑わせ「生まれ故郷とは違うけど大切な故郷。 列車というのは夢を育ててくれる乗り物です」と『銀河鉄道999』の作品作りに影響を与えたと告白。 新連載は漫画を島崎氏が手がけていることについて「若い人の未来というのは羨ましい。 毎回、毎回、原稿を見させていただいているのですが、段々うまくなっている。 (後輩は)先輩を必ず追い越しますので、新しい路線を突き進んですばらしいレールの上を走り続けてほしい。 若いのでうらやましい」とエールを贈った。 来年1月25日で81歳になる松本氏。 「誕生日を迎えるのが嫌なのです。 自分で81歳というのはピンと来ない。 まだ自分の終着駅は見えていない」と漫画家として活動していくことに意欲を見せ「終着駅を描くと人生が終わりになると思っているので、(『銀河鉄道999』の)終わりはまだ描きたくない」と明かした。 『銀河鉄道999』のファンで現在、アナザーストーリーを描いている島崎氏は「『銀河鉄道999』の本当の物語は、松本先生が今でも描き続けている。 これからも現役で連載を続けてください!」とエール返し。 松本氏は「私が描いている『銀河鉄道999』は今、ブラックホールの中にある。 『さぁー! その先に何があるのか』という感じで、まだ謎に満ちたレール。 自分の生涯、運命と同じですよね、終着駅の見えないレールの上」と説明した。 「列車は人生そのもの。 乗る列車によって運命が変わり、北九州から列車に乗って上京しなければ今の自分はいない。 鉄道は懐かしくもあり、自分を支えてくれるもの。 何度もいいますが終着駅は着いていません。 (『銀河鉄道999』の最終回を)描くと死にそうな気がするので、まだ描きません!」と力強く宣言した。 今回の発表会は、きょう20日にコミックス第1巻が発売されたことを記念して企画。 西武鉄道池袋線にて運行中の『銀河鉄道999 デザイン電車』をジャックし、松本氏が新規に描き下ろしたメーテル&鉄郎イラストが使用された中吊り広告が28日まで掲示される。

次の

チャンピオンRED 2018年 05 月号「銀河鉄道999 ANOTHER STORY アルティメットジャーニー」

銀河 鉄道 999 アルティメット ジャーニー

銀河鉄道の一大組曲 ここに完結!! ここから鉄郎とメーテルが求めた真の旅が始まるのだ。 さらば、貴方とともに駆け抜けたこの時代。 さらば、銀河鉄道999。 さらば、二度と還ることのない 青春の日々。 かなりの読み応えと共に最高の結末を迎えられたことにとても感動しました。 これまでのシリーズも確かに素晴らしいものでしたが鉄郎とメーテルの別離があり、ほろ苦さがどうしても心に残りました。 それ故に伝説の名作となったとも思います。 でも、いちファンとしてどうしてもあの二人の幸せな結末が見たかった。 本作でその願いが叶えられてこの上なく嬉しかったです。 「エターナルファンタジー」として未完のままですが鉄郎がTV版の姿になって「さよなら」の話の続きとしてどうかなとも思い、また本作のラストの展望車デッキのシーンも踏まえた上で劇場版の鉄郎で再構成して欲しいです。 文章はあまり手馴れてない感じで時々ちょっと違うなと感じる部分があったがキャラの登場と状況説明が多くの部分を占めるのでさほど気にならかった。 でもクライマックスの部分まであっさりし過ぎていて盛り上がりに掛ける、ここは松本零士の漫画で読みたかったなぁ。 それ以外の部分では… 鉄郎の覇気や将来性は認めたとしてもキャプテンハーロックと並び称される程の実力はまだないと思うなぁ…。 メーテルと鉄郎の恋愛ってどうにも想像出来ない、TV版の幼稚園児(並)の鉄郎は論外としても漫画版の鉄郎でもイメージし難い。 エメラルダスとトチローの関係からイメージを発展させれば何とか…、そうかこの2人って恋愛的にも似たもの姉妹だったんだな。

次の

銀河鉄道999 ANOTHER STORY アルティメットジャーニー 単行本 発売

銀河 鉄道 999 アルティメット ジャーニー

豊島園駅に停車した電車内での記者発表会には松本と島崎が登壇。 松本は「私は電車に乗るのが大好きなんですよ。 15歳のときに連載を始めて、18歳のときに24時間かけて、電車で北九州から上京したから今の自分がいるんです」と挨拶。 電車内での会見については「列車でやるのは何度かありましたが、とても楽しい。 幸せな感覚です。 ラッピング電車もやらせてもらったし、(自身が住んでいる西武線沿線は)生まれ故郷とは違うけど、私のふるさと。 大切な大切な路線」と、電車愛を語った。 「銀河鉄道999 ANOTHER STORY アルティメットジャーニー」は、松本の代表作である「銀河鉄道999」の続編。 鉄郎の3度目となる銀河鉄道999での旅が描かれている。 「ガンフロンティア」のリブート作品「ガンフロンティア~ハーロック&トチロー青春の旅~」でも松本とタッグを組んだ島崎がマンガを手がけた。 共作のきっかけについて島崎は「私は前から(松本の)すごくファンだったので、ブログのほうに勝手にファンアートを描かせていただいていたら、そのイラストのいくつかを仲介の方に認めていただいて、(松本)先生を紹介していただいて。 『これなら描かせてみてもいいかな』という感じでお話をいただき、まず『ガンフロンティア』をやらせていただきました」と語る。 なお島崎はこのような会見に出席するのが初めてとのことで、憧れの松本が隣にいるということもあり「今でも夢のようで……現実なのかな」と緊張の面持ちだった。 島崎による「アルティメットジャーニー」について松本は「毎回毎回、だんだん絵もストーリーの作り方もお上手になっていかれるのがわかるんです。 新しい路線、レールウェイを走り続けていただきたい。 私は80歳だから誕生日は嫌なんです。 若い人の未来というのはうらやましいですよ。 若さというのは人生の宝物だから、どうか元気にがんばってください」とエールを送る。 これを受けた島崎は「ありがとうございます! 泣きそうです」とコメントした。 タイトルに「ANOTHER STORY」と冠されていることについて島崎は「『999』の本当の物語は、先生が今でも描き続けていらっしゃる。 先生がいつまでも現役でいらっしゃるので、本線は先生がずっと描き続けてくださるとみんなが期待してよろしいと思います」と、原作ありきでの「ANOTHER STORY」であることを強調したが、松本は「私が描いているものは今、ブラックホールの中。 終着駅(にあたる作品)はまだ見えない。 描いてしまうと人生が終わりになるのでまだ描きたくないです(笑)」と語った。 「999」という松本の代表作の続編を描くことについて島崎は「もちろんプレッシャーはすごく大きいです。 『999』は世界中にファンがいらっしゃって、それぞれの心の中に長い間ずっと、それぞれのキャラクターが育っていると思うんですね。 その人たちの持っているイメージを壊さないっていうのがものすごく大切なことだと思っているので、そこは毎回、肝に命じています。 とにかくイメージを壊さない、いいイメージを上乗せできたらいいなということを心がけてやっております」とアピール。 「先生の熱い思いをどこまで描けるかという部分をがんばっております。 それが読者の方に伝わるといいなという、それだけでいっぱいです。 楽しんでいただければ」と意気込んだ。 最後に記者から「小池百合子都知事がハロウィンにメーテルのコスプレを披露していましたが、それを見た感想は?」と質問が飛ぶと、松本が「作品というのは見ていただくために描くわけですから。 見てくださってああいうコスプレもやっていただけるのはうれしいですね」と見解を示し、会見は終了した。 「銀河鉄道999 ANOTHER STORY アルティメットジャーニー」1巻のほか、松本原作による嶋星光壱 「キャプテンハーロック~次元航海~」9巻も本日同時発売。 また発売中の月刊チャンピオンRED2019年1月号(秋田書店)には、「銀河鉄道999」ほか松本の代表作のイラストを使用した「松本零士カラークリアしおり」が付属している。

次の