読め ない 漢字 アプリ。 読めない漢字ももう大丈夫!iPhoneで手書き入力をする&調べる方法

小説で読めない漢字を手書きで検索する便利なスマホアプリ

読め ない 漢字 アプリ

漢字の読み方がわからない時に手書きで検索できるアプリ 常用漢字筆順辞典 FREE この漢字、読み方がわからないけど、スマホでネットで調べるにも 読み方がわからないから漢字が出せない… という時、困りますよね。 これがネット上とかメールで読み方がわからない漢字であれば、コピペしてGoogleで検索という方法が使えます。 でも、本とか雑誌の紙媒体で漢字の読み方がわからない場合だとこの方法は使えません。 そんな時に助かるのがこの常用漢字筆順辞典 FREE という無料の漢字辞典アプリです。 読めない漢字を手書きで書いて読み方を調べる事ができるのです。 しかも 漢字の書き順まで教えてくれます。 こんな時にスマホの画面上に指で書いて、漢字を調べる事ができます。 指で鼎という漢字を手書きしていきます。 そんなに綺麗には書けませんでしたが、ちゃんと認識してくれています。 漢字の音読み訓読み、画数が表示されます。 漢字の書き順も教えてくれます。 鼎という漢字はなぞり書きができませんが、例えば1年生で習う漢字の車なら、なぞり書きが出来て、筆順をアニメーションで教えてくれます。 詳細をクリックすると漢字の区分や習得学年、漢字を使った例などが表示されます。 右端から左にスライドすると漢字のコピーなどができる機能が表示されます。 これはiPhoneでの動作ですのでAndroidだと少し変わるかもしれません。 便利な漢字辞典アプリですので、何かと重宝すると思います。 漢字検索、読むのに便利なアプリ ほかにも漢字を検索したり読むのに便利なアプリがあります。 漢字Check 漢字を大きな字で表示できるアプリです。 手書きで漢字を書きたい時にあれ、どう書くんだっけと、 スマホで漢字変換をしたはいいけど、 画数が多い漢字だと文字が小さくてよくわからない…なんて事、ありませんか。 メモ帳などに貼り付けてフォントサイズを大きくして…などとやるのも手間だったりしますよね。 そんな時に使える、漢字を拡大できる漢字チェックアプリです。 最近連絡もメールやLINEなどが多くてパソコンやスマホで文字入力するので、いざ手書きをする時に漢字が書けなくなった人が多くなっているみたいですね。 ゲーム感覚で漢字の読み書きが学べるアプリです。 読み方が同じ漢字や形が似ている等の、まぎらわしい漢字の中から正解だと思う漢字を選択するクイズ形式 表示されている問題と同じ読みの漢字をすべて選択する同音異字探し 制限時間内に表示される意味を参考にして四字熟語を完成させる 分解された部位のパネルを組み合わせて漢字を完成させる分解漢字ゲーム などのミニゲームも収録されています。 収録されている問題数は14466問あって、短い時間でも出来るので、スキマ時間にやっていたら漢字力がつきそうです! 先にご紹介した、「常用漢字筆順辞典」と連携が可能で、「漢字力診断」で出題される問題の漢字を調べることができます。 スマホでもOKな漢字を調べるのに便利なサイト 最後に、アプリではないですが、漢字を調べるのに便利なサイトをご紹介します。 AndroidやiPhoneなどのスマートフォン対応なので見やすいです。 四字熟語辞典オンライン 読めない四字熟語を検索できるサイトです。 例えば、 右顧左眄(うこさべん) という四字熟語の読み方を調べたい時に、 「右」で調べると 「右」を含む四字熟語と読み方、意味などが調べられるので便利です。 四字熟語辞典オンラインと同じ運営で、漢字辞典オンラインというサイトもあります。 読み・画数・部首などから漢字を検索することができますし、四字熟語辞典オンラインとも繋がっているので、調べた漢字から更に含まれる四字熟語やことわざなども調べることが出来ます。 まとめ アンドロイドのスマートフォンで使える便利な無料の漢字アプリをご紹介しました。 漢字の読み方がわからない時に手書きで漢字検索が出来て、読み方を調べることが出来る 漢字読み方検索アプリ 常用漢字筆順辞典 FREE ほかにも漢字検索や読み方がわからない時に便利なアプリを集めました。 漢字を忘れた時に拡大して表示してくれるアプリ 漢字Check スマホで読んでいて読み方がわからない漢字にふりがなをつけてくれるアプリ ふりがなアプリ 漢字をカメラで読み取ることができるアプリ うつしてコピー 無料で脳トレ!漢字クイズアプリ 読めないと恥ずかしい大人の常識漢字(無料!漢字読み方アプリ) 漢字力診断 FREE スマホでもOKな漢字を調べるのに便利なサイト 四字熟語辞典オンライン 漢字の読み方がわからない時や、検索する時にもAndroidやiPhoneなどのスマホで便利なアプリがあります。

次の

読めない漢字ももう大丈夫!iPhoneで手書き入力をする&調べる方法

読め ない 漢字 アプリ

読めない文字にカメラを向けて読み取ろう! アプリを起動すると、 初回は「うつしてコピー」の使い方のガイドが表示されます。 読めない文字にカメラを向けると文字を認識してくれます。 読み取りモードには、[シンプルモード]と[カスタムモード]があり、メニューから指定できます。 [シンプルモード]は短い文字列を読み取ることを想定した簡易モード、[カスタムモード]は長い文章など複数行の文字列を読み取るためのモードです。 それでは、まずは[シンプルモード]で読み取ってみましょう。 メニューボタンをタップして、[シンプルモード]を選択すると、カメラ画面が表示されます。 画面右上の言語ボタンをタップして、 読み取る文字に合わせて言語を設定しましょう。 次に、撮影画面の青い枠の中に読み取りたい文字を写してください。 文字に対して真っ直ぐにカメラを構えて、枠内にくっきりと文字が写るようにしましょう。 しばらくカメラをかざしていると、読み取り領域の青い四角の中の読み取り中の文字に、青い枠線が表示されます。 文字を読み取ると、黄色の読み取り領域に認識中の文字が表示されます。 読み取った文字を確認して、カメラアイコンの[読取]ボタンをタップしてください。 長い文章を読み取ることもできます! [カスタムモード]も試してみましょう。 メニューボタンをタップして、[カスタムモード]を選択すると、横画面に切り替わり、カメラが表示されます。 [シンプルモード]よりも読み取り領域の青い四角が大きく表示され、複数行の長文を読み取りやすくなっています。 [シンプルモード]と同様に、読み取る言語を設定後、撮影画面の青い枠の中に文字を写してください。 読み取りたい文字が上手く認識されない場合は、ズームやコントラストを調節してピントが合うように撮影距離を調整すると良いでしょう。 しばらくカメラをかざすと、読み取っている文字が青い枠線に囲まれたピンクの強調表示で選択されます。 不要な文字列があれば選択されている文字をタップして選択を解除してください。 読み取る文字の範囲が決まったら[読取]ボタンを押しましょう。 [シンプルモード][カスタムモード]どちらも、[読取]ボタンを押すと、文字編集画面に読み取った文字が表示されます。 読み取った文字をコピー&共有! 読み取った文字が編集画面に表示されたら、自由に編集することができます。 文字に間違いがあったら手入力で修正したり、余計な部分を削除するなどして、必要な部分だけ残してください。 画面右上の[コピー]ボタンをタップすると、編集画面に表示されている文字をクリップボードにコピーすることができます。 [共有]ボタンを押すと、インストールされているアプリの中で、共有できるアプリ一覧が表示されます。 メモ帳アプリに共有してメモを保存したり、LINEやメールに共有してコピーした文字を入力したり、Google検索で文字を検索したりと、いろいろなことができるのでとても便利です。 スマートフォンを持つ手の固定が甘いと、カメラがブレて読み取る文字の範囲がズレたり、漢字をうまく読み取れず、文字ミスがあったりするので要注意です。 編集画面で読み取った文字を必ず確認して、字の間違いなどがあったら、手入力で修正しましょう。 今回試した文字でも、『薬』が旧字体の『藥』で認識されてしまって再度読み取り直したり、大文字のカタカナ『エ』が何度読み取っても『ェ』のままだったりと、正確に読み取れない箇所もありました。 読み取る文字の大きさや印刷の濃さによって読み取りの正確度が変わるようですが、慣れてくると長い文章でもサッと読み取ることができるので、難読文字の読み取りだけでなく、メモするのが面倒な文章を読み取っておくなど、工夫次第で便利に使えるアプリです。

次の

【漢字アプリ無料】アンドロイド・iPhoneで使える漢字検索に便利なアプリ6選

読め ない 漢字 アプリ

アプリをダウンロードする まず、Google Playストアで 「手書き辞書」アプリをダウンロードして起動します。 一文字の漢字を調べる まず、 調べたい漢字を手書きで入力します。 入力を間違えた場合は、左下の矢印のボタンで入力中の漢字を消去して入力をやり直すことができます。 漢字を入力したら下の方に候補が出てくるので、その中から調べている漢字を選択します。 漢字を選択すると、選択した漢字が上の検索窓に入力されるので、 その右側にある「検索」ボタンをタップします。 「検索」ボタンをタップすると、ブラウザのアプリを選択するメニューが出てくるので、 使い慣れたアプリを選択します。 アプリを選択するとブラウザの画面が表示され、調べている漢字の読みや意味を確認することができます。 今回は、辞書サイトとしてWeblioが選択されているので、Weblioのページが表示されています。 二文字以上の漢字を調べる 二文字以上の漢字を調べる場合も、使い方はほぼ同じです。 まず、一文字目を入力して、調べている漢字を選択します。 続いて、二文字目の漢字を入力して漢字を選択します。 調べている漢字の入力が終わったら、右上の「検索」ボタンをタップします。 次に、ブラウザを選択するメニューがでてくるので、使い慣れたブラウザを選択すると、Weblioの画面が表示され、調べている漢字の読みや意味を確認することができます。 今回は、辞書サイトとしてWeblioが選択されているので、Weblioのページが表示されています。 その他の便利な機能 履歴を確認する 前に調べた漢字の読みや意味を確認したい場合は、履歴で確認することができます。 アプリの画面で、 右上にある「履歴」ボタンをタップすると、今まで調べた漢字の履歴が出てきます。 文字の太さを変更する 複雑な文字を書く際に少し文字を細くしたい場合などは、文字の太さを変更することもできます。 次に、ペイント設定の 「線幅」をタップします。 「線幅」をタップすると、次のようなポップアップが出てくるので、 バーを左右にドラッグして設定したい線幅に合わせてOKをタップします。 これで設定は完了です。 辞書サイトを変更する 今回は、検索結果にWeblioのページが表示されるように設定されていましたが、他のサイトに変更することもできます。 まず、 「設定」画面の「辞書サイト 選択」をタップします。 「辞書サイト 選択」をタップすると辞書サイトを選択する画面がでてくるので、 自分が普段使い慣れているサイトを選択して完了です。

次の