ペ 二 スポンプ 水ぶくれ。 ペニスポンプの効果で選んだおすすめ!フグらない使い方・時間も徹底解説!自作は要注意

ペニス吸引ポンプ増大法

ペ 二 スポンプ 水ぶくれ

グリップを離してもそこで維持されますから、適宜な時間を維持し、 終える時は、人差し指のとこの「解放レバー」を引いて解放します。 では吸引してみました。 ペニスにローションをたっぷり塗り、 シリンダーにペニスを突っ込んで吸引していきます。 0シリンダーで0. 04MPaで吸引中。 適度なパワーで心地いいです。 このくらいがちょうどいい適切なパワーな感じがします。 吸引値は20センチ手前。 (目盛が見えにくいので油性ペンで書いてます) では、最大出力にチャレンジしてみます。 078MPaまで引けました。 まさに未知のパワー!もの凄い吸引力を感じます。 亀頭がピリピリします。 根本も圧迫されてちょっと痛い・・・ 吸引値も20センチを越えましたが、すぐにやめました。 まだまだ余裕で耐えられましたけどね、でも怪我もしたくないですから。 今回は撮影のための「どこまで引けるか」のパフォーマンスでやっただけですから、 普通の人は真似しないでください。 怪我してもらっても困りますので。 普段のトレーニングは、0. 03〜0. 05MPa前後で十分だと思います。 (その辺はマニュアルに詳しく書いてあります) ちなみに、私は根本スペーサーは付属のものを使わず、を二重にして使っています。 モザイクで伝わるかどうかわかりませんが、根本にまんぽこりんを二重にしてはめています。 スペーサーは、主に根本の圧迫痛み軽減のためのもので、黒いスペーサーが付属してきますが(参照) 普通に付属のを使う人もいれば、何も使わず裸のまま(シリンダーだけ)でやったり、私のようにまんぽこりんを使う人など様々いるようですが、私的にはこのまんぽこ二重のやり方が一番痛みを軽減できる(というか皆無に近い)方法でしたので、長年このやり方でやっています。 では20分吸引後のペニス画像。 やはり吸引後はずっしりデカくなっています。 最大パワーは、あり得ないぐらいのパワーです。 言い換えると、パワーの使える範囲がとても広いということですが、 十数回グリップを握っただけで400MPaまで到達しますので、結構あっという間に上がります。 簡単に上がっていきますから、調子こいてやり過ぎないように(笑)、そこだけ気を付けましょう。 使用感は、グリップも握りやすいし、軽いし、とてもいいです。 昔使ったとは違って、最大パワーを振り絞っても壊れそうな気はまったくしませんでしたし、まだまだ上へいけそうな余裕すらあります。 さすが日本製品だなと思います。 とても使いやすくていい印象なんですが、 もし何か気になる点を挙げろというのなら、解放レバーでしょうか。 これを引くと圧が抜けて解放されるのですが、 ちょっと引いただけでも簡単に抜けすぎて、つまりシューッと一気に抜けちゃいます。 例えば、0. 04から0. 03に落としたいのが、ちょっとレバーを引いただけで0. 02まで落ちちゃいますから、微調整が難しい。 まあ、またグリップを握って上げていけばいいだけの話なんですが、 もうちょっと微調整ができたらな…というのが個人的感想です。 (でも構造上難しいのでしょう) 唯一気になったのがここだけで、他の部分では文句はありません。 パワー、使い易さ、丈夫さ壊れなさ、シリンダーの種類も豊富だし、 こんな本気の手動式ペニス増大ポンプはどこにも存在しないと思います。 きっと、この製品を使って今後ペニスが増大して喜ぶ人は多数出てくると思いますが、 パワーゲージを使って「こんなに大きくなったよ!」という体験談がありましたら、 より報告してくれたら嬉しいです。

次の

ペニス増大ポンプ【パワーポンプ】の評判は![悩み解消、健康食品、サプリ評価]

ペ 二 スポンプ 水ぶくれ

[ もくじ ]• ペニス増大ポンプの効果はあるのか? 男性にとってペニスのサイズは大きな関心事だと思います。 ペニスが他人より小さければコンプレックスを抱く要因にもなり、男性としての自信を失ってしまう原因にもなりかねません。 ペニスのサイズのおおよそは成長期に決まるとされていますが、成長期を過ぎた後もペニスは大きくなる可能性があり、方法によってはペニスを増大させることも十分に可能であると考えられています。 ペニスの増大には手術やトレーニングなど様々な方法が存在しますが、ペニス増大ポンプもペニスを大きくする手段の一つとして有名なものになります。 果たしてペニス増大ポンプでペニスは増大することが可能なのか、下記で書いてみたいと思います。 ペニス増大ポンプの特徴とは ペニスを増大させるうえで "ペニス増大ポンプ"は有効な手段の一つであるとされ、ネットなどを検索してもペニス増大ポンプを用いてペニスを増大させようと試みている人は多いとされています。 ペニス増大ポンプは現在多くの場所で販売され、比較的簡単に手に入れることができると言われています。 しかし、ペニス増大ポンプの特徴や使い方などを知らずに購入してしまってはポンプの有効性が分からず、誤った使用を行ってしまう可能性もあり得ないことではありません。 ペニス増大ポンプを購入する前に、ペニス増大ポンプの特徴を知ることはペニスを増大させるうえで賢明な手立てであるといえます。 下記にペニス増大ポンプの特徴を記していくので、参考にしていただきたいと思います。 歴史は意外と古く1911年に発明される ペニス増大ポンプの歴史は古く、 1911年にオーストリアの医師によって開発された真空ペニスポンプがペニス増大ポンプの始祖であるとされています。 それからおよそ50年の歳月を経て徐々に改良され、 1959年に現在のペニス増大ポンプの原型が完成したと伝えられています。 ペニス増大手術やペニス増大サプリなどが登場するなか、ペニス増大ポンプはその後も改良や開発を続け、現在でもなお進化し続けている経緯があります。 製品の構造や仕組みは変化がない ペニス増大ポンプは1911年に原型が開発されて以降、ほとんど形状や仕組みを変えずに改良が進められました。 世界で一番最初に開発されたペニス増大ポンプは "真空式"と呼ばれるものであり、透明な筒状のシリンダーをペニスに装着してポンプで空気を抜くことでペニスに負荷を与え、ペニスを増大させるといった仕組みになりますが、この様式は1911年に原理が発明されており、大まかな仕組みや形状は変化していないと言われています。 ペニス増大ポンプの構造は100年前にはすでに完成していたということが言えると思います。 ペニス増大ポンプはどんな種類があるのか? ペニス増大ポンプを購入する前に ポンプの種類を知ることで自身のペニスに適したと思われるポンプを選択することが可能になるため、事前に見知ることは重要な要素になります。 真空式の手動で稼働 真空式のペニス増大ポンプのなかで最もメジャーな形状と呼ばれるのが 手動式のポンプになります。 1911年に開発されたペニス増大ポンプもこの形状であり、歴史を重ねたタイプであるということが言えると思います。 その名の通り、手動式はペニスに透明な筒状のシリンダーを被せ、 手動式のポンプで内部の空気を抜くことでシリンダー内を真空状態にし、ペニスに負荷を与えるといった仕組みになります。 手動式であるため手間とある程度の力が必要となりますが、他の形状の商品より値段が手ごろである場合が多く、比較的安価で手に入れることができるタイプとされています。 真空式の電動で稼働 自身の手で真空状態を作り出す手動式とは異なり、 電気の力を用いて真空状態を作り出すのが電動式のペニス増大ポンプになります。 電動式のメリットしてはパワーにあり、手動式のペニス増大ポンプよりもペニスに強い負荷を与えることが可能であるとされています。 また 力を一定に保つことができるのも特徴の一つであり、力の自動コントロール機能がついている商品も存在すると言われています。 ただし、その分価格が高額なものも多く、手動式に比べて一万円から二万円ほど値段が高い場合が多くなっています。 自力でのペニス増大が面倒だという人には推奨できる商品になります。 水中での水圧式 水圧を利用してペニスの増大を図るタイプを水圧式といいます。 水圧式のメリットとしては浴室などで誰にも見られることなくペニスの増大に専念できるという点にあり、お湯につかることで体の血行も良化するため、ペニスの増大効果が増加するとされるのも良い点になります。 また、 空気を抜いてペニスの増大を図る通常のペニス増大ポンプに比べ、水を使用しているために空気が漏れる心配がなく、強い吸引力と均一の圧力を兼ね備えているところも水圧式の特徴となっています。 安価なものであれば一万円ほどで購入が可能であり、高額なものであれば三万円前後で販売されていると言われています。 ペニス増大ポンプで増大する仕組み ペニス増大ポンプでペニスが増大する仕組みとしてはペニスをシリンダーのなかに入れて空気を抜き、真空状態を作り出すことでペニスの海綿体に流れている血液を留め、ペニスの増大を促すといった原理であるとされています。 ペニスの増大には血液の循環が欠かせず、血液がより多く流れることで増大は促されるとされているため、ペニス増大ポンプを利用して 海綿体の血液の流れを留めるのはペニスの増大に効果的な方法であると考えられています。 しかし、ペニス増大ポンプで血液が留められる状態が継続することでペニスにむくみが生じてしまう恐れがあるため、ペニス増大ポンプを使用する際は長時間の使用は禁物であるとされています。 ペニス増大ポンプの日本製と海外製の違い 海外ではペニス増大ポンプは一般的な製品であるとされ、 日本とは比較にならないほど多くの製品が販売されていると言われています。 しかし、 海外製のペニス増大ポンプは比較的安価な商品が多いとされていますが、その分、質の悪い商品も多く使用してすぐに壊れてしまうものも少なくないとされています。 耐久性においては 日本製のペニス増大ポンプは非常に優れているとされ、安価すぎる商品などを選択しない限り、多くの海外製のものより長持ちする確率が高いと言われています。 また、日本人向けに開発された商品が多いため、日本人の肉体に合わせて作られていることも特徴の一つになります。 自分に合うペニス増大ポンプの選び方 ペニス増大ポンプはペニスを増大させるうえで有効な手段の一つになり得ると考えられており、適した方法で使用を継続することで ペニスがサイズアップする可能性があると言われています。 そのためには自身に適したペニス増大ポンプを選択し、購入して使用することが肝要になります。 現在、巷では多くの ペニス増大ポンプが販売され、使用法から生産国まで多種多様なものが見受けられます。 そのなかには価格の高いものから比較的安価なもの、手動のものから電動のものと様々な ペニス増大ポンプが売られているため、大切なのは自身に合うと思われる商品を選び、購入することになります。 自分のサイズを確認の上でシリンダーの大きさを判断 ペニス増大ポンプを購入するうえで、肝心なのは自身のペニスのサイズを確認することになります。 ペニス増大ポンプは非常に多くの種類が販売されていますが、シリンダーのサイズにも多様な種類があり、ペニスが大きめの人から比較的小さめの人まで、色々な利用者が使用できるよう考慮されています。 仮にペニスが小さめの人が幅の広いペニス増大ポンプを購入してしまった場合、シリンダーとのサイズが合わないために真空状態を構築できず、ポンプの効果が薄れてしまう可能性があります。 そのため、事前に自身のペニスのサイズを測り、それに適したペニス増大ポンプを購入することが肝要になります。 値段が安いのは壊れやすく危険 また、 値段の安価すぎるペニス増大ポンプにも注意が必要であるとされています。 ペニス増大ポンプのなかには価格の高いものも多く、容易には手の出せない商品も存在しています。 そのため、 資金面に不安のある人はついつい安価な商品に手を出しがちですが、値段の安さと耐久性や実用性は同一である場合が多く、あまりに値段が安いものは壊れやすい場合が多々あると言われています。 ペニス増大ポンプでペニスを増大させたい際は事前にペニス増大ポンプの情報を集め、あまりに安価すぎる商品は購入しないことが賢明であるとされています。 ペニス増大ポンプにはある程度の支出が必要であることを考慮する必要があります。 これまでの販売実績や口コミを参考に ペニス増大ポンプを販売している会社やサイトではこれまでの累計の販売数などを表記している場合があります。 累計の販売数の多さは商品の効果にも繋がる可能性があるため、 販売数が多いペニス増大ポンプは購入する対象として押さえておく必要があるといえます。 また、 ネット上には様々な商品に関する口コミが記載されており、商品を購入するうえで参考になる意見も多くあるとされています。 当然、ペニス増大ポンプにも多くの口コミが存在し、それらの意見を知ることで効果の高い商品、効果の低い商品がある程度判別できるようになっているので、ペニス増大ポンプを購入する前には口コミを調べるのも適した手段となります。 偽物や類似品の可能性に注意 ペニス増大ポンプのなかには効果が高いとされるものがあり、評判に合わせて累計の販売数も多くなっている場合があるとされています。 気を付けなければならないのは、そうした人気の高い商品には偽物が存在することが多いということであり、本物を模した粗悪品が巷に出回っている可能性があるということになります。 偽物や類似品は本物に比べ効果が薄い場合があり、最悪の場合はペニスに傷が付いたりペニスに害が及ぶ危険性があるとも言われています。 購入する前には販売者や販売しているサイトをしっかりと調べ、正当な販売者であることを確認したうえで購入することが大切になります。 ペニス増大ポンプを効率よく効果を発揮させる使い方 ペニス増大ポンプは適した使い方をすることではじめて効果が現れるものになっており、 誤った使用法ではペニスが増大する可能性は低くなるとされています。 たとえ、効果が高いとされる評判の良いペニス増大ポンプであっても、使用法を誤っていては効果は低くなる場合があるため、使用する際には適した方法を調べることが肝要になります。 正しい使用方法を取ることでペニスが増大する可能性は高まり、ペニス増大ポンプの効果が十分に発揮されやすくなると言われています。 下記にそうした方法について記載するので、ペニス増大ポンプを使用したいと考えている人は参考にしていただきたいと思います。 真空状態がポイント 真空式のペニス増大ポンプである場合、原理としては ペニスにシリンダーを被せてポンプで空気を抜き、真空状態にすることでペニスの海綿体に送られた血液を留め、ペニスの増大を促すといったものになります。 その場合、シリンダーの内部に真空状態が作られていなければ当然ながら効果は半減し、ペニスの増大は成されにくくなります。 ペニス増大ポンプを使用する際はシリンダー内が真空状態になっていることを確認し、 仮に真空状態になっていなければ使用法を変えるか、自身のペニスに適したペニス増大ポンプを購入しなおすことが肝要になります。 ポンプ使用前や使用後のストレッチは必要 ペニス増大ポンプを使用して ペニスの血液を留めるという行為はペニスに少なからず負担を与える可能性があります。 ペニスの血液を長時間留め続けることでペニスがむくんでしまう危険性が考えられ、その症状は多くの場合、数時間から数日で治まるとされていますが、症状が重い場合は長期間ペニスのむくみが続き、医師による治療が必要な場合があります。 正しい使用法を行えばペニスに害が及ぶ可能性は低いとされていますが、元々ペニスに負担を与える行為であることには変わりはなく、ペニスの状態を考慮して行うことが肝要になります。 そうした症状を回避するためにもペニス増大ポンプを使用する前と後にはきちんとペニスをストレッチなどで温め、むくみにくい状態にすることが大切になります。 種類別の使用方法 真空式や水圧式など、ペニス増大ポンプには様々な種類があり、効果や用途、使用法に違いがあります。 ペニスの増大という目的では一致している、それらのペニス増大ポンプの使用法を知らずに購入してしまっては効果のある商品であったとしても効果が薄れる可能性があり、せっかくの支出が無駄になってしまう可能性があります。 ペニス増大ポンプの使用法を知ることはペニス増大の効果を高めるだけでなく、ペニスに害を及ぼさない安全な使用にも繋がります。 下記に様々なペニス増大ポンプの使用法を記していくので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。 真空式タイプのポンプ 真空式のペニス増大ポンプの場合、まず 最初に行うのはシリンダーの指の届く範囲にローションを塗ることです。 これはペニスとシリンダーの摩擦を防ぐために行うもので、シリンダーに塗り終わったらペニス全体にもローションを塗るのが良いとされています。 その際、空気漏れの主な原因とされる陰毛に多くローションを塗るのが肝心であると言われています。 ローションを塗ったらペニスをシリンダーに挿入し、密閉されたら吸引を開始します。 真空状態になれば良いですが、空気が漏れているのを感じた際はシリンダーを再度挿入し直すか、陰毛などが空気漏れの原因となっていないかを確認し、吸引を再開してください。 水圧式タイプのポンプ 水圧式のポンプの場合、 使用は基本的に浴室で行います。 これは水圧式ポンプには水かお湯が必要であるためで、浴槽に浸かりながらの使用が推奨されていますが、 シャワーのみの人でも使用は可能になっています。 水圧式のポンプを使用する前にはペニスの血行を良くするため、シャワーか浴槽で体を温めるのが良いとされています。 体が温まったと感じたらシリンダーをお湯で満たし、ペニスに装着していくのが主な使用法となります。 その際、多くの水圧式のペニス増大ポンプの一回あたりの使用時間は十五分ほどが推奨されているので、規定された時間を守ることが肝要になります。 ペニス増大ポンプの危険性について ペニスの増大に効果的だとされるペニス増大ポンプですが、注意点も存在し、 注意すべき点を念頭に置かずに使用を継続することでペニスに害が生じる可能性があります。 ペニス増大ポンプはペニスに負荷を掛けてペニスを大きくする原理であるため、 正しい使用法を行わなければならず、 誤った使用法はペニスを増大させにくくするだけでなく、ペニスに思わぬ被害を与えることにもなりかねないものになります。 ペニス増大ポンプを使用する際は使用上の注意をよく読み、ペニス増大ポンプが与えうる症状を考慮することが必要になってきます。 下記に、それらの症状や注意点を明記していくので参考にしていただきたいと思います。 やり続けると黒くなるペニス ペニス増大ポンプでペニスの吸引を続けた際、 まれにペニスが黒くなってしまうことがあるとされています。 これはキスマークと同じ原理であるとされ、ポンプによってペニス付近の水圧や気圧を下げ、ペニスを吸引するという仕組みから 色素に変化が起きためであるとされています。 ペニスが黒くなったからといってペニスの増大効果に異常をきたすわけではありませんが、ペニスが黒くなることには女性の視線などを含めて弊害も多いとされ、気にする男性も多いと言われています。 対処法としてはペニスの吸引を長時間続けず、強い力をペニスに加えすぎないことが必要であるとされています。 浮腫の一種で水ぶくれ 業界用語で「フグ」 が出来る可能性 ペニス増大ポンプを使用してペニスの吸引を続けた際、 強制的にペニスに血液が流されることによって海綿体や海綿体以外の部分に過剰な水分や血液が溜まってしまい、浮腫が起こる状態のことをフグといいます。 多くの場合、 フグは一時的なものであり、数日経てば治るとされていますが、浮腫が大きい際は治療が必要となる可能性もあります。 また、亀頭や陰茎以外にフグが生じた場合、必要な血液がフグに集中してしまい、肝心の亀頭や陰茎に血液が集まりにくくなることが考えられます。 吸引を行う際は亀頭や陰茎がしっかりとシリンダーに挿入されていることを確認し、余分な部分に血液が集まらないようにするのが良いとされています。 ペニス増大ポンプの商品一覧 ペニス増大ポンプには国内製をはじめ、 海外製など様々なメーカーのものが存在しています。 メーカーによって使用法や効果は異なり、粗悪品もあるとされていますが、 基本的に累計販売数の多いものや口コミの多いものはペニスの増大に期待が持てるものだとされています。 ペニス増大ポンプは安価な商品ではなく、高い商品であれば 三万円から四万円を超える商品も少なくはありません。 そのため、購入する際は商品の評判を調べ、効果が高いと思われるものを選択するのが賢明であるといえます。 下記に商品のいくつかを記載するので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。 パワーゲージ パワーゲージは日本製のペニス増大ポンプです。 サイズは六種類のなかから選択することができ、幅広いサイズのペニスに対応しています。 パワーゲージは電源を使用しないため音が静かであるのが特徴で、家族や同居者に使用音で知られる心配は少ないとされています。 ポンプの部分には金属レベルの強度の素材を使用し、シリンダーも強化プラスチックで作られているため、強度は強いと言われています。 パワーポンプ パワーポンプは電動式のペニス増大ポンプです。 シリンダーやポンプ本体をはじめ、ローションなども付属されているので到着後にすぐに使用を開始することができます。 パワーポンプはペニス増大に適した強くも弱くもない吸引力を実現しており、正しい使用法を行えばペニスを傷つけずにペニスを増大させることができるとされています。 電動式ながら音も小さいとされています。 ミスターハイ ミスターハイは日本人向けに開発されたペニス増大ポンプになります。 日本人に適合するように開発されているため、海外製の多くの商品のようにペニスに合わない可能性が低いとされています。 ミスターハイが効果的だとされる理由は吸引力にあり、ペニスを余すことなく吸引するため、フグが出来にくいとされています。 使いやすいように操作性にもこだわっているため、他の商品に比べて使用が容易であるとされています。 バスメイト バスメイトは真空式とは異なり、お湯や水の力でペニスを増大させる水圧式のペニス増大ポンプです。 シリーズ累計で100万個以上が販売されているとされ、非常に人気の高い商品となっています。 バスメイトはイギリスの自社工場で生産され、厳しいテストを受けて販売されている経緯があるため、商品には高い自信を持っているとされています。 また一年間のメーカー品質保証が付いているため、安心して使用することができるようになっています。 ハイドロマックス ハイドロマックスは入浴中やシャワー中に使用が可能な水圧式のペニス増大ポンプです。 従来の真空式のペニス増大ポンプは吸引力が均一ではなく、ペニスがいびつに増大したりペニスにフグが生じてしまう危険性がありましたが、水圧式のハイドロマックスはお湯を使用しているために吸引力を均一にすることができ、ペニス全体を均等に増大させることが可能であるとされています。 増大ポンプマグナム 増大ポンプマグナムは手動式のペニス増大ポンプになります。 手動式のため電動式より価格が安く、比較的手に入れやすいペニス増大ポンプであるといえます。 増大ポンプマグナムは金属製のため、非常に耐久力に優れているとされています。 また、パワーもペニス増大ポンプのなかで最大級であると言われているため、適切に使用すればペニスが増大する可能性があるとされています。 サイクロンポンプ サイクロンポンプは電動式のペニス増大ポンプです。 電動式のためパワーが強く、ペニスの増大に期待が持てるとされています。 サイクロンポンプのシリンダーには目盛りが付いているため、膨張率が一目で判断できるようになっています。 また高気圧のシリンダーを採用しているため、ペニスの吸引の効率がアップしていると言われています。 マックスゲージ マックスゲージは手動式のペニス増大ポンプになります。 シリンダーとグリップ式でゴムのポンプでは敵わないとされる吸引力を実現しており、ペニスの増大に期待が持てると言われています。 マックスゲージは片手で操作が可能であるため、使用がしやすい商品になっています。 またゲージも工場規格の本格的なものを使用しているので、計画的なペニスの増大に役立つとされています。 ビッグマンポンプ ビッグマンポンプは手動式のペニス増大ポンプです。 空気穴を指で塞ぐだけのクイックリリース機能を備えているため、ペニスに違和感が生じたり痛みがあった場合は指を離すだけで簡単に圧力をなくすことが可能です。 シリンダーは開発に開発を重ねられた状態で発売されているので、高い吸引力が特徴であるとされています。 使用しやすい形状であることも利点の一つになっています。 メディカルスーパーマッスルポンプ メディカルスーパーマッスルポンプは手動式のペニス増大ポンプです。 グリップ式を採用しているため手動式にありがちな煩わしさがなく、比較的容易に空気をシリンダー内部に送り込むことが可能になっています。 メディカルスーパーマッスルポンプのもう一つの特徴としては空気の開放弁が付けられているということであり、開放ボタンを押すだけで空気が解放されるので簡単に使用することができます。 レッドライン レッドラインは手動式のペニス増大ポンプです。 ゲージ計が内蔵されているため、どのぐらいの力を加えているのかが分かりやすくなっているのが特徴です。 開放弁も付いているので空気も抜きやすく、仮にペニスに痛みを感じたとしても空気の開放が簡単にできるようになっています。 レッドラインの利点は価格の安さであり、5,000円ほどで購入が可能になっています。 そのため、資金面に不安のある人でも購入がしやすくなっています。 ハンサムアップ ハンサムアップは手動式のペニス増大ポンプです。 本体の構造はシンプルなものになっていますが、各部分が丈夫で壊れにくくなっているため長く使用することが可能だとされています。 ハンサムアップはペニスの増大のみならず、勃起力の向上にも役立つとされています。 勃起に大きく関係しているとされるPC筋を鍛えることができるためで、ペニスの増大と同時に男性機能の改善も行うことができる器具だと言われています。 ペニス増大ポンプだけじゃ物足りない方は増大サプリもセットで ペニス増大ポンプは使用することでペニス増大に期待が持てるとされ、ペニスに悩みを持つ男性に広く使用されている器具になります。 しかし、ペニス増大ポンプのみの使用ではペニスを十分に増大させるのは難しいとされ、使用者の性質にもよりますが、ペニス増大ポンプだけを使い続けてのペニスの増大はほぼ不可能であると考えられています。 ペニスを増大させるには他の方法を同時に行うことが推奨され、特にペニス増大サプリを併用するのが良いとされています。 ペニス増大サプリにはペニスの成長に不可欠な成分が含有されていることが多いため、ペニス増大サプリを使用したうえでペニス増大ポンプを利用するのが賢明な方法となります。

次の

ペニス増大器具

ペ 二 スポンプ 水ぶくれ

ペニス増大ポンプはどれほど効果があるのか調べてみた結果 公開日:2015. 20 更新日: 2018. 12 ペニスサイズを今より増大させたい場合、ペニス増大ポンプを使うという選択肢があります。 ポンプの種類にも様々あり、 手動式や水圧式、最近では電動式や真空型ポンプなんてものまで登場していますね。 まずは、ペニス増大ポンプと比較するために、当サイトでおすすめしているペニス増大サプリをご紹介します。 次にペニス増大ポンプについてですが、基本的な原理はどれも一緒で、シリンダーでペニスを吸引したり圧力などの負荷をかけることにより、 細胞を分裂させて物理的に増大させたり、 海綿体に流れる血流量を増やして勃起サイズを伸ばすというものです。 真空増大ポンプについて ペニス増大ポンプの中でも、空気の力を利用したもっともポピュラーな増大ポンプですね。 その名の通り、ペニスに取り付けたシリンダー内の空気を抜くことで真空状態を作り出し、ペニスにマイナスの負荷をかけてサイズアップを促すものです。 有名どころの商品で言うと、電動式のものだと「ミスターハイ」や、手動式のもので言えば「パワーゲージ」や「真空ポンプPRO」などがあります。 ざっくりとした価格帯をご紹介しますが、本体だけだと1万ちょっとで、シリンダーなどがついてくるセット料金であれば2万前後まであります。 水圧式増大ポンプについて 水圧式で最も有名なポンプと言えば 「バスメイト」シリーズでしょうか。 「UM Products」というメーカーから販売されており、イギリス国内の工場で生産されています。 ペニスのサイズや太さごとに計6商品が販売されていて、初心者向けから上級者向けまで多種多様です。 商品名は、「ゴライアス」や「ハイドロマックスX30」、「ハイドロマックスXtreme」などが該当しますね。 で、水圧式ポンプの最大のメリットといえば、お風呂場で誰にも見られることなくサイズアップに専念出来ることだと思います。 また、湯船を張らないシャワー派の方でも問題なく利用することができ、お湯で全身が温まるので 血行促進による増大効果も狙えるのが強みですね。 その他の特徴としては、従来の「空気」を使うペニス増大ポンプと比べ、「水」を使っているので空気漏れなどの心配がなく、強力な吸引性と均一な加圧力も実現しています。 ローションやジェルといった付属品を購入する必要がないのもいいですね。 バスメイトの目安としてる使用期間は「3ヶ月」で、週3回以上の頻度で15分間の装着を推奨しています。 結果として 期待できる増大効果は2~5cmとのことです。 値段の最も安いバスメイトだと12,800円前後で販売されていて、上級者向けのポンプだと34,000円前後するのもあります。 日本製ポンプと海外製ポンプの違い これはペニス増大ポンプに限った話ではありませんが、やはり日本の工場で作られてるものは、壊れにくいという特徴があります。 逆に、海外製(特に中国)のものは「シリンダー内の空気が漏れる」「部品の接合部分が取れる」など様々な不良品問題があるようですね。 また、価格について海外製の方が送料など考えると高いと思われがちですが、実は国産ポンプの方が高かったりします。 それだけ長持ちはすると考えれば安いのかも知れませんが・・・。 また、ネット上で販売されてるもののほかに、アダルトグッズ店などで安めのペニス増大ポンプが販売されていることがありますが、作りがお粗末なため、購入はお勧めしません。 結局、ペニス増大ポンプでどれだけサイズアップ出来るのか? 結論から述べると、 ペニス増大ポンプではペニスサイズを増大させることはほぼ不可能です。 ペニス増大ポンプを販売してる業者の言い分では、筋トレと同じようなもので毎日15分~20分ほどペニスをトレーニング(吸引)して、 3ヶ月で+1cmとか、 1年かけて+3cm程度のサイズアップが可能だと主張してますが・・・その前にちょっと冷静になって考えてみましょう。 根本的な話で 「筋トレと同じような原理」と言ってる事がそもそもおかしいですよね。 筋トレによって肥大化する筋肉は「筋繊維」があってこそなのですが、ペニスにはもちろん筋繊維など存在せず、3本の海綿体と皮下組織の筋膜などで構成されています。 そのため、いくらポンプで高負荷をかけても ただただペニスが痛むだけなのです。 また、海綿体の細胞分裂もあり得ない話ですので、うっかり信じてしまわないよう注意しましょう。 そもそもペニスの成長は思春期がピークとされていて、テストステロン(男性ホルモン)や精巣などとも密接な関係にあります。 要するに、ペニスのサイズアップというのは 物理的な細胞の増減がうんぬんの話ではないということです。 仮に、毎日負荷をかけ続け、無理やりペニスの細胞を分裂させたとしても、その細胞は死んでしまうだけで「成長」することはありません。 内出血を起こしたりペニス全体が徐々に黒ずんでしまうだけなのです。 ペニス増大ポンプを使った場合のデメリット ペニス増大ポンプは 利用するメリットがないどころか、デメリットばかりなのでご紹介しておきます。 これはネット上でもよく言われてますが、カリ部分や包皮に 「水ぶくれ」ができることがあります。 これは浮腫の一種で、増大ポンプ業界では「フグ」と呼ばれてるそうですが、 業界用語になるほど頻発する症状ということが分かりますね。 このフグが発生する原因は、主にペニスを長時間吸引したり、シリンダーのサイズが合ってないなどの理由が挙げられます。 業者の多くは「放っておけば数日で治るから気にしなくて大丈夫」や「それが鍛えられてる証拠!」などと 訳の分からないことを言ってますが、衛生面だけでなく皮だけが無情に伸びてしまうデメリットを考えると、最悪の状態であることに間違いありません。 ペニス増大ポンプは、管理人としては 牽引器具の「アンドロペニス」なんかより、よっぽど酷い代物だと思ってます。 ペニス増大サプリとチントレの併用の方が、体への負担が少なく、安全性も高いため、オススメと言えるでしょう。 ペニス増大に悩んでいるなら ペニスサイズ増大メニュー• 運営者情報 管理人:ペニスマン ペニスサイズの増大に命をかける男性器増大インストラクターのサイト。 博士と呼んでもいいんですよ? 実際に気になった事は放置できない性格なので、あれこれ情報を集めては、日夜ペニス増大に励んでいます。 そんな私が過去の経験からたどり着いた究極のサイズ増大法や、嘘か本当か分からないペニス増大法の真実などを、このサイトを通してご紹介できたらと思っています。 当然、海外の研究や専門サイトも愛読しているので、最新情報を即座に反映できます。 男性特有の悩みなどの相談も受け付けているので、気軽に下さい。 関連リンク集•

次の