トイレ 紙詰まり 溶かす。 道具なしでもOK!トイレ詰まりの直し方はお湯とバケツで解消

トイレの詰まりを洗浄剤(パイプクリーナーなど)で解消するコツは?

トイレ 紙詰まり 溶かす

まずは深呼吸して落ち着きましょう。 もしコンセントに水が触れてしまうと感電事故も起こってしまうかもしれません。 落ち着いたら、まずはコンセントを抜きましょう。 そして、紙の種類に応じて作戦を練りましょう。 紙の種類によって適切な作戦が変わります。 トイレットペーパーが詰まってしまった場合はお湯を、厚手のトイレクリーナーなどの場合はお酢と重曹を、その二つでも効果がない場合はラバーカップを使う必要があります。 詳しいやり方をみていきましょう。 もし、水があふれそうだったら…まずはどうすればいい? 作戦を実行する前に、まずは準備を整えましょう。 とりあえずバケツなどに水を移し替えましょう。 そのままあふれてしまえば掃除箇所が増えるだけです。 うつした後、また思わずレバーを触らないように気をつけてください。 またあふれるだけです。 まずはギリギリまで水をバケツにうつしてしまいましょう。 これでとりあえず処置前の段階です。 基本はお湯で解決できる!ただし温度に要注意 トイレットペーパーによるトイレの紙詰まりにはお湯を用意しましょう。 トイレットペーパーは水溶性の紙でできているのでいつか溶けるものではあるのですが、量が多いと時間がかかってしまいます。 その溶ける速度を速めてしまおうという作戦ということです。 大体一般家庭の水道の温水機能で出る熱めのお湯くらいの温度程度です。 ふたを開けて流れたか確認できれば大丈夫です。 水に溶ける紙であれば「重曹」と「酢」の使い方 厚手のトイレクリーナーなどで詰まってしまった場合はお湯による対処が難しいことが多いです。 もうちょっとだけ強力な素材を使います。 用意するものは、「重層」と「お酢」です。 これらを使うことで安全にトイレクリーナーを溶かすことができます。 ではどのようにトイレの紙詰まりを解消するかというと、このように使用します。 (刺激臭がすごいのでマスクの着用、換気を忘れてはいけません。 このときできるだけ高い位置から注ぎ重層とお酢を混ぜていくようなイメージでそそぎましょう。 もし、溶けない紙詰まりだったら?解決するには お湯やお酢、重曹でも解けなかった場合は詰まりの原因を直接取り出して根本的な解決を目指しましょう。 大活躍してくれるのはラバーカップです。 ラバーカップとは先端の黒いゴムで圧力を加えて詰まりを解消する道具なのですがラバーカップの正しい使いかた知らない人が結構多いです。 このラバーカップを使ったトイレの紙詰まりの解消方法ですが思ったよりも水が飛び散ります。 そのため、使い古しのタオルなどいらない布を周りに敷いてから行う方が賢明です。 6回繰り返すと詰まっていたものが取れるはずです。 まとめ トイレの紙詰まりはトイレが詰まったときの業者への相談の中でダントツに多いそうです。 トイレに紙が詰まるとびっくりして焦ってしまい、何回もレバーを引いてしまいがちになりますが、水量が増し、更なる焦りと被害を生むので冷静に対処することが被害を最低限に抑えることができるのです。 この作戦たちをすべていっても詰まりが解消できないときは、配管の奥で詰まってしまった可能性が高いのでその時は業者を呼ぶほかにありません。 紙詰まりの悲劇を回避するのにはトイレットペーパーをたくさん使うのならば分割して流すようにしましょう。 水漏れ修理・トイレ詰まり工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

トイレのつまりは重曹とクエン酸で溶かす方法もある!

トイレ 紙詰まり 溶かす

「トイレがなんだか少し詰まってる様だけど、そのまま放置したら直るの?」 「トイレの詰まりはどんな物なら放置しても直るの?」 「トイレが詰まって放置してはいけない物が詰まったら、どうしたらいいの?」 トイレに何らかの異物が混入してしまい、詰まりが発生したのか水の流れが悪くなっていたりすると、誰でもそのうち直るだろうと、現実から目を背けたくなる事はあるかと思います。 たしかにトイレで詰まりが発生した場合には、実際の所そのまま放置しておけば症状は改善する場合もあります。 でもそのまま放置したせいで便器を取り外しての大がかりな修理が必要となって、その費用も数万円になると言う事も! こちらの記事では、トイレで詰まりが発生した場合に詰まりをそのままにしたら直るのかどうかについて、その状況に応じての対策を、そして業者に依頼した場合の費用についてもご紹介していきましょう。 トイレの詰まりが発生して、そのまま放置しても直るのか、それとも何かしら対処した方が良いのかとお悩みの方は是非参考にしてみて下さい。 それではどうぞ。 トイレに何かが詰まったときに、放置したら直る場合はどんな時なの? トイレで詰まりが発生したときに、放置したら直る場合はどんな時かを考えるときには、まずそもそも詰まりの原因となっている物がなんなのか確認する必要があります。 つまりの原因となるケースとしては、「大量のティッシュペーパーを流した」「生理用品を流した」「ペットシートを流した」「洗剤のキャップを流した」などさまざまなケースがあるかと思います。 それらの中でも放置して直る可能性が高いのは、水で溶ける素材で出来ているトイレットペーパーが詰まっている場合です。 トイレットペーパーなどは、一時的に大量に排水口に投入して流すと、便器の中でトイレットペーパーが引っかかり、それが原因となって詰まりを引き起こしてしまいます。 トイレットペーパーの場合なら、基本的には水で溶ける素材で出来ているので、時間の経過と共に自然に溶けていくので、途中で詰まっていたとしても自然に詰まりは直る可能性は高いと言えます。 基本的に詰まりを放置しても直る可能性が高いと言えるのは水に溶けるトイレットペーパーだけで、トイレットペーパーを大量に入れた直後から水の流れが悪くなったなどの場合なら、放置しても治る可能性は高いでしょう。 トイレに何かが詰まったときに、放置しても直らない場合はどんな時なの? 同じ紙類でもやっかいなのがナプキンなどの生理用品で、最近の生理用品は吸水性を高めた製品が多くなっていることもあり、水を含むと膨らむ性質があります。 そのために一度便器の中で詰まってしまうと、中々放置しても自然に直る可能性は低く、自力で対策を取るなり、専門の修理業者に依頼するなりの対策が必要です。 また水に流せるという名前で発売されているペットシートや猫砂に関しても、一度詰まってしまうと水を含んで膨れてしまい、水には溶けないためにそのままになり自然に直る可能性は低くなります。 そういったケースにおいても、何らかの対策をとるか専門の修理業者に依頼した方が無難でしょう。 中に入れた物が携帯電話やスマートフォン、こどものおもちゃ、時計、洗剤などのキャップなどの固形物をうっかり便器に落としてしまうこともあります。 こう言った固形物を落としてしまったときには、ゴム手袋などをして直接取り出しが出来ない時以外には、絶対にそれ以上は無理をせずに専門の修理業者に依頼するようにしましょう。 詰まったままの状態を放置しておくと、どんなデメリットがあるの? ここまでご紹介してきた通り、基本的にはトイレットペーパー以外の物が中に入った時には、そのまま放置しても直る可能性が低いために、何らかの対策が必要となります。 でもそんな詰まった時に、その状態のままで放置しておくとどんなデメリットがあるのかについてご紹介してみましょう。 ラバーカップなど軽度の処置で直る場合と直らない場合がある! 詰まったまま放置しておくと、紙類などの場合には便器の排水口付近にとどまって詰まったままになる可能性が高くなります。 そう言った場合になると、専門の業者に頼まないとなかなか問題は解決できなくなりますが、このケースであればラバーカップやワイヤー式パイプクリーナーなどを使っての作業になります。 これらの作業で解決できれば大がかりに便器を取り外しての作業は必要なく、詰まりを解消できる可能性は高くなります。 しかし固形物などの場合にははじめから便器の取り外しての作業になる可能性が高く、費用もそれなりに掛かってしまいます。 便器を取り外しての大がかりな工事になる! もし詰まった状態をそのまま放置しておくと、水を流していく内に詰まっている箇所が、初めのうちは手前の方にあるので、簡単な処置で直る場合もあります。 しかし放置しておくと、詰まっている箇所が段々と奥まで入って言ってしまったり、詰まっている箇所が原因となり、さらに別の物が詰まったりする危険が高くなります。 そうした場合には、便器の排水口からの処置では修理が出来なくなってしまい、便器を取り外しての処置になるために手間もかかり特殊な機械を使用しての作業となるために、修理代金も高くなってしまいます。 こんなことになっては大変な事になるので、詰まりの状態を放置しておくと、このようなデメリットがあると言う事を良く覚えておきましょう。 最悪の事態だと下水管の交換まで必要になる! また便器の取り外しの作業だけで済めば良いですが、場合によっては便器の排水口からさらに先の下水管付近での詰まりになると、外の下水管を掘り直しての工事となります。 下水管の長さもその家庭によって長さが違うので、修理代金もまちまちではありますが、重機を使っての土の掘り起こしなどを行って下水管の交換作業を行う事になります。 そんなことになると、修理代金はかなりの費用が掛かることになるので、そんな事にならないように、こう言ったケースにおいては放置せずに専門の業者に修理を依頼しましょう。 マンションで詰まりを放置しておくとどんなデメリットがあるの? 一戸建ての家の場合には、トイレの詰まりは自分の家だけの問題で済みますが、マンションやアパートなどの集合住宅の場合には、トイレの配管を共有しているために自分だけの問題では済まなくなります。 特に高層住宅の高層階で生活している家庭の場合になると、1つの場所のトイレや他の排水の詰まりなどが発生すると、下層階すべてに影響を及ぼしてしまう可能性が出てきます。 たかがトイレの詰まりと安易に考えていると、一戸建ての住宅とは違いマンションなどの集合住宅の場合には、取り返しの付かないことになる場合もあります。 トイレの詰まりを放置しておいた場合、専門の修理業者に依頼すると費用はどうなるの? トイレの詰まりを放置してしまった場合、結局仕方なく専門の修理業者に修理を依頼する事になれば、やはり誰でも不安になるのが、修理代金がいくら掛かるかと言う事になるかと思います。 そんな気になる修理代金について、それぞれの状況に応じて対応も違ってくるので、その状況に応じた対応別での料金をご紹介しましょう。 ラバーカップなど軽作業で詰まりが解消した場合の費用は? トイレの詰まりを放置しておいた場合でも、つまりの原因となる物がトイレットペーパーや紙類であれば、それほど高い費用も掛からないで修理できる可能性があります。 具体的な処置内容としては、ラバーカップや真空ポンプクリーナーなど吸引して詰まりを除去する道具を使っての作業が主になります。 詰まりの状況に応じてはワイヤー式パイプクリーナーを使い紙類の詰まりをほぐしてから、ラバーカップなどとの併用での修理を行う事もあります。 こう言った作業を行った場合の費用の目安としては、基本的な技術料として5,000~8,000円ほどの費用が掛かり、これに加えて出張料が2,000~4,000円ほどかかります。 両方を合計すると、7,000~12,000円ほどの費用が掛かることになるでしょう。 便器を取り外しての作業になった場合の費用は? トイレの詰まりを放置した場合、詰まっている物がそのまま放置しておいたことによって、奥の方に入っていってしまい、簡単な処置では詰まりを解消できなくなる場合も出てきます。 そうなった場合の対処方法としては、便器を一旦取り外して排水口から高圧洗浄機を使用しての除去作業や、業務用のワイヤー式パイプクリーナーなどを使用しての作業となります。 便器を取り外しての作業を行った場合の費用は、一戸建ての住宅での場合だときの基本的な技術料が15,000~20,000円ほどに、出張料が2,000~4,000円ほど加算され、合わせて17,000~24,000円ほどとなるでしょう。 一戸建てではなく店舗やマンションなどの場合、便器を取り外しての詰まり除去作業の場合の費用としては、技術料金が35,000~50,000円ほどの費用となります。 これに出張料が2,000~4,000円加算されるので、合計では37,000~54,000円ほどの費用になります。 下水管の交換が必要となった場合の費用は? 便器を取り外して高圧洗浄機を使った場合の処置を行った場合でも、便器の排水口からその側の下水まで接続されている下水管の途中などで詰まっていると、配管が長い場合など取れきれない場合もあります。 そうなると外の下水に接続されている下水管の途中の部分を掘り起こして、下水管の交換をしなければならなくなります。 下水管の長さはその家庭によってかなり違いがあり、至近距離で接続されている場合もあれば、敷地内をかなりの長さで接続されていることもあります。 それだけに費用もその過程の現場の状況によって全く変わってきてしまうために、まずは修理を依頼したら、現場をよく見てもらい一度正式な見積もりの提出をしてもらってから作業を進めてもらいましょう。 ・基本料金+作業費用+出張料が7000円からと格安 ・電話相談、キャンセル料0円 ・年間48000件の実績 ・全国が対応エリア ・365日対応可能 水トラブル修理までの流れ 最短30分で駆けつけてくれます。 詳しくはこちらよりどうぞ。 それだけにトイレットペーパーなど本当に水に溶けるような物の軽い詰まりの場合を除いては、詰まりが発生したら放置せずに、早めに専門の業者に修理を依頼するようにしましょう。

次の

トイレつまり業者顔負けの直し方

トイレ 紙詰まり 溶かす

ここでは、左のような「浴室、洗面所、台所の排水パイプの洗浄用」のクリーナーと、右の「トイレの便器内の掃除用」のクリーナーという2つのタイプのクリーナーについて話をすすめていきます。 (以後、排水パイプの洗浄用のクリーナーを「パイプクリーナー」、トイレの掃除用のクリーナーを「トイレクリーナー」と呼びます。 ) 当然、パイプクリーナーには「浴室、洗面所、台所の排水パイプの洗浄」、トイレクリーナーには「トイレの便器内の掃除」という働きがあります。 しかし、今回求めているのは「トイレの詰まりの解消」であり、「台所などの排水パイプの洗浄」をしたいわけでも、「便器の中の掃除」をしたいわけでもありませんよね。 洗浄剤で本当に詰まりを解消できるの? それぞれのクリーナーの説明書きを見てみましょう。 トイレクリーナーの説明書きには、「トイレの詰まり」に関する記載は一切ありません。 それも当然です。 トイレクリーナーはトイレをお掃除するためのものなのですから。 パイプクリーナーはどうでしょうか。 パイプクリーナーは浴室、洗面所、台所の「排水パイプ」の洗浄という用途を謳っているので、トイレクリーナーよりもまだ詰まりの解消に役立ちそうな気がします。 画像の青枠でかこった部分に注目してください。 「つまりの解消」という文字がありますよね。 これならトイレのつまり解消への期待も高まりますが、次に赤枠の部分を見てください。 はっきりと「トイレのつまりには、効果は期待できません。 」と書いてありますよね…。 トイレクリーナー、パイプクリーナー、それぞれの説明書きを読むだけでも、それぞれの商品がトイレの詰まりを解消する目的で作られていないことが改めて分かります。 クリーナーの力を実験で確認! あなたは「パイプクリーナーやトイレクリーナーで詰まりを解消する」と聞いて、どんな働きを想像しましたか? きっと「クリーナーに含まれている成分で、紙が溶けるのでは?」と考えたことでしょう。 確かにトイレクリーナーもパイプクリーナーもトイレの詰まりを解消するために作られていないことはわかりましたが、もしかするとクリーナーに紙類を溶かす力があるかもしれないので、実験をしてみました。 もしこの実験で紙類を溶かす力があると分かれば、メーカーが推奨する使い方ではありませんが、トイレの詰まりの解消に役立てられそうですよね。 実験方法 いくらクリーナーに詰まりの原因を溶かす働きがあるかもしれないからといっても、スマホやボールペンといった固形物を溶かせないのは目に見えています。 そこで、今回は以下のトイレに詰まりやすい紙類を実験の対象にしました。 ・トイレットペーパー ・ティッシュ ・流せるお掃除シート ・おむつ これらを1:1の割合で水で薄めたパイプクリーナーとトイレクリーナーに漬けて、溶け具合を確認してみます。 以下が実験結果です。 トイレットペーパーの場合 液体に漬けてから1分後に割り箸でかき混ぜたものをダンボールの上に並べた画像です。 もともとトイレに流す目的で作られているトイレットペーパーは、水にほぐれやすくなっています。 そのため水に漬かったトイレットペーパーも十分ほぐれていますが、パイプクリーナー、トイレットクリーナーに漬かっていたトイレットペーパーはよりドロドロにほぐれていました。 ティッシュの場合 液体に漬けてから3分後に割り箸でかき混ぜた画像です。 鼻水をかんだり、汚れを拭き取ったり、様々な用途に使うティッシュは、トイレットペーパーとは違い水にほぐれにくいように作られています。 そのため、水に漬かったティッシュは3分程度では原形を保ったままでした。 しかし、パイプクリーナー、トイレクリーナーのほうはご覧の通り、ドロドロです。 流せるお掃除シート 液体に漬けてから1分後に割り箸でかき混ぜた画像です。 100均やドラッグストア、ホームセンターでよく目にする「流せるお掃除シート」といった名前の商品は、実は意外とトイレに詰まりやすいのです。 トイレットペーパーと比べるとかなり厚手にできており、それぞれの販売会社が独自に流せるかどうか確認しているので、中には簡単に詰まってしまう商品もあります。 そんな流せるお掃除シートは、ティッシュと比べるとほぐれやすく作られているのか、水に漬かっていたものも多少ほぐれやすくないっています。 パイプクリーナー、トイレットクリーナーのほうは、相変わらずドロドロですね。 おむつ 液体につけてから、1時間後に割り箸でかき混ぜた画像です。 おむつは吸水ポリマーという、水を吸い込む素材が作られており、もしトイレに流してしまうとおむつが水を吸ってパンパンに膨れ上がり、絶望的な詰まりの状態を作り出してしまいます。 そんな強敵な詰まりの原因を、パイプクリーナー、トイレクリーナーで溶かせれば良いのですが、結果は画像の通り、まったく効果なしでした。 今回の実験では、1枚のおむつを3分割して使用したので、吸水ポリマーが溢れ出していますが、 一番外側の素材が紙のように破れることはありませんでした。 なぜ、おむつがパイプクリーナーやトイレクリーナーによって溶けなかったのか、その理由は後述しますが、おむつと似ている生理用品にも効果がないと考えておいて下しあ。 クリーナーにはトイレットペーパー、ティッシュ、シートを溶かす効果が期待できる! 実験結果からパイプクリーナーやトイレクリーナーには、紙類(おむつや生理用品を除く)を溶かす効果が期待できるといえますよね。 しかし、なぜパイプクリーナーやトイレクリーナーで紙類が溶けたのでしょうか? その謎を解明するために、パイプクリーナーとトイレクリーナーに含まれている「成分」に注目してみましょう。 どちらのクリーナーにも ・水酸化ナトリウム ・次亜塩素酸塩 ・界面活性剤(アルキルアミン) という3つの成分が含まれていることが分かります。 それぞれの成分が配合されている細かな割合まではわかりませんが、今回利用したパイプクリーナーもトイレクリーナーもほぼ同じ成分の液体なのですね…。 ネットで検索しても、これらの成分がどのような働きをもつのか確認できなかったため、ティッシュを作っている某大手製紙会社に、「水酸化ナトリウム、次亜塩素酸塩、界面活性剤のいずれかの働きによってティッシュなどの紙がとけやすくなることはありますか?」という問い合わせをしてみました。 するとありがたいことにお返事をいただけたので、その内容を要約して紹介いたします。 ・3つの成分は、古紙原料を離解(繊維をほぐすこと)するときに使われるもの ・特に次亜塩素酸塩は、湿潤紙力増強剤(紙の強度を高め、ほぐれにくくする薬剤のこと)を使用しているティッシュやペーパータオルの離解に有効 ・3つの成分が紙の離解に有効でも、パイプやトイレの洗浄商品がトイレ詰まりに対して効果があるかは、こちらでは分からない ・基本的にティッシュはトイレに流さないように注意してください 以上となります。 今回質問にお答えいただいた会社はティッシュを製造している会社なので、パイプクリーナーやトイレクリーナーのトイレの詰まり解消に対する答えは避けたのだと思います。 しかし、含まれている3つの成分が紙の繊維をほぐすために使われていること、実際に実験で紙が溶けていることから考えると、成分的にもパイプクリーナーやトイレクリーナーがトイレに詰まった紙類を溶かして、詰まりを解消してくれる効果が期待できると考えて良いでしょう。 ひとつ気になるのが、なぜおむつだけ溶けなかったのかという点です。 おむつとおむつに似ている生理用品の素材を調べると「表面材…ポリオレフィン、ポリエステル不織布」という表記を見つけました。 なんとなくおむつというと「紙」というイメージがありますが、ポリオレフィン、ポリエステル不織布というのは、紙ではありません。 パイプクリーナーやトイレクリーナーに含まれている3つの成分の効果は「紙」をほぐれやすくするだけです。 ポリオレフィン、ポリエステル不織布には、効果を発揮しないわけですね。 以上のことから、パイプクリーナーやトイレクリーナーがトイレットペーパー、ティッシュ、流せるお掃除シートといった紙類の詰まりの解消に役立つことがハッキリしました。 しかし、この使い方は製造会社が想定しているものではなので、あくまで自己責任だということを頭に入れておきましょう。 洗浄剤を使って、詰まりを解消する4ステップ ここからは実際に洗浄剤を使って、詰まりを解消するための手順を紹介しましょう。 用意するもの 洗浄剤で詰まりを解消する場合には、次のものを用意すると良いでしょう。 ・洗浄剤…成分に「次亜塩素酸塩」「水酸化ナトリウム」「界面活性剤」が含まれたものであれば、今回の実験と同様の効果が期待できます。 ・ペットボトルしゃくし…少しでも多くの水を汲みだすために使います。 画像のようにペットボトルを切って、しゃくしを作りましょう。 これなら、使った後は捨てるだけですみます。 少しでも奥の水まで汲み出すためには、1Lサイズよりも500mlサイズの小さめのペットボトルのほうが良いです。 もし、トイレの水に触れても問題ないしゃくしがあるなら、そちらを使ってもかまいません。 ・バケツ…しゃくしで汲みだした水をためるために使います。 ・やかん…便器に水を注ぐために使います。 バケツでも構いませんが、やかんのほうが使い勝手が良いです。 ・新聞紙…ラバーカップを使うときとは違い、この方法では水がハネたりすることは少ないです。 しかし、もしものために備えてトイレの床に新聞紙を敷き詰めておきましょう。 ゴム手袋…手に汚水やクリーナーの原液が着くのを防ぎます。 詰まりを洗浄剤で解消するための4ステップ! 道具を用意できたら、実際に次の手順で詰まりを解消していきます。 1.しゃくしでできる限り水を汲み出す 最初にしゃくしを使って、可能な限り便器の中の水を汲み出します。 2.洗浄剤をたっぷり注ぐ 水が減った便器の中に洗浄剤をたっぷり注ぎます。 やはり量が多ければ多いほど効果を実感しやすくなるとは思いますが、ボトルの半分程度の量を注げば十分でしょう。 3.水を高いところから注ぎ、1時間ほど放置 さらにクリーナーの液体を詰まりに届けるため、水を注ぎます。 このとき、やかんを使ってなるべく高い位置から排水口めがけて水を注ぐように心がけましょう。 可能であれば、なるべく多くの水を入れると良いでしょう。 水を注いだら、1時間ほど時間をおきましょう。 詰まりの原因によっては1時間待たずに繊維がほぐれ詰まりが崩れ、水位が減っていくこともあります。 基本は1時間ですが、余裕があるなら何度か確認してみても良いでしょう。 そのを離れるなら、画像のように短く切ったトイレットペーパーを水位にあわせて貼り付けておきましょうこの線が水位の目印となり、1時間後に戻ってきても簡単に水位の変化を確認できます。 4.水位の確認 1時間ほどおいて水位の変化が確認できたら、バケツに注いだ水をゆっくりと流しこみます。 このとき、普段と同じように水がスッと流れるなら詰まりが解消されているので、後は新聞紙などを片付けて作業終了です。 もし、水位がゆっくりと減る、もしくはまったく減らないなら、詰まりは解消されていません。 この場合は、洗浄剤の力だけでは詰まりを解消できない可能性が高いですね。 手元にあるならラバーカップ、真空式パイプクリーナーの使用をおすすめします。 ラバーカップの使い方は「」を参考にしてください。 真空式パイプクリーナーの使い方は「」を参考にしてください。 コツは水量と水の注ぎ方 この方法の一番のコツは、いかに詰まりの原因に濃度の濃いパイプクリーナーやトイレクリーナーの液体を届けられるかです。 手順1で、なるべく排水口部分の水を汲みだしましたよね。 画像のように排水口部分の水が少なければ少ないほど、原液と詰まりの原因との距離が近くなるため成分が届きやすくなります。 さらにその上で手順2のように、やかんを使って高いところから水を注ぎます。 便器のふちにそってゆっくりと水を入れても、排水口部分で大きな水流は起きません。 しかし、やかんやバケツを使って高いところから水を注ぐと、排水口内で強い水流が起こり、水流にのって奥の部分まで液体が届きやすくなります。 詰まりの原因が紙類なのに、解消できない理由は? 絶対に詰まりの原因が紙類だという確信があり手順通りに進めたのに、詰まりが解消できない場合はなにが悪いのでしょうか? 考えられる解消できない理由は「詰まりが奥にありすぎる」ことです。 トイレが詰まるときは、画像の青い点部分に原因が詰まることが多いです。 しかし、まれに赤い点部分のように、排水管の奥の方で詰まることもあります。 ここまで先の部分で詰まってしまうとクリーナーの成分はなかなか届きませんし、届く頃には大量の水分で成分濃度が薄くなってしまいます。 こういった場合は、素人ではなかなか対処できないので業者に頼むようにしましょう。

次の