トイレ スッポン 使い方。 トイレつまりで正しいすっぽんの使い方とは

【押すのは間違い】トイレ詰まりに使う「すっぽん」の正しい使い方

トイレ スッポン 使い方

トイレのつまりは、日常に突然訪れるとても厄介なアクシデントですよね。 そんな時にはどうしても、修理用の道具に頼ってしまうほかありません。 トイレのつまりが起きた際に、まずみなさんの頭に浮かぶ道具といえば、「スッポン」ではないでしょうか。 スッポンは正式には「ラバーカップ」といい、水道の修理業者も頻繁に使う、つまりのための王道の道具です。 ここではトイレつまりを道具で治す方法として、最もオーソドックスなスッポンでの修理方法をお教えいたします。 正しい形状の道具(スッポン)を選ぼう 一口にスッポンといっても、実は形状を見ると2つの形状のタイプに分かれていることがわかります。 一つは、多くの家庭や学校などでよく見られるような一般的な、お椀をひっくり返した形のもの。 そしてもうひとつは、その一般的なスッポンの先端に、さらに高台のついたお椀の蓋が付いているような形のものです。 ここではそれぞれ、「フタなし」「フタあり」と呼び分けていきます。 一般的なフタなしの形のスッポンは、主に和式トイレのつまりの修理に使う道具です。 そして先の出っ張ったフタありのスッポンは、主に洋式トイレのつまりの修理に使う道具となります。 それぞれの形状の違いは、トイレの様式に合わせてより高い吸引力を発揮するためのものです。 そのため、和式トイレのつまりにはフタなしのスッポン、洋式トイレのつまりにはフタありのスッポンを使用するようにしましょう。 ちなみに、フタの部分(出っ張っている部分)を出し入れすることでどちらの様式にも対応できるようになっているものもあります。 道具(スッポン)の使い方のポイント 「引っ張る」のが重要 スッポンを使用してつまりを解消する際、動作としてはまず、ゴム部分の先を排水口に垂直にあてます。 次に、ゆっくり押し込んでいきます。 一気に押し込むのではなく、徐々に押し込んでいくのがポイントです。 限界まで押し込んだら、そこから一気に引っ張ります。 その動きを何度か行っていくと、そのうちゴボっと抜ける音がして、つまっている感覚がなくなるでしょう。 この動作をしていく中で気をつけるべきポイントは、引っ張る動きに重点を置くこと。 スッポンは押し込むことでつまりを解消するのではなく、引っ張ることでつまりを解消する仕組みの道具です。 ゴム部分と便器の間に真空状態を作ることで、吸引の威力が発揮されます。 ここで押し込む際に一気にグッと力を入れてしまうと、つまりをさらに悪化させてしまう可能性もあります。 スッポンは、引っ張ってつまりを解消するということを念頭に置いて使用するようにしましょう。 水に浸すのが基本 スッポンによる効果を引き出す最大の肝は、「真空状態を作ること」です。 その真空状態を作るためには、スッポンの先端のゴム部分を完全に水に浸すことが重要です。 水に完全に浸ることで、ゴム部分と便器の隙間をなくすことができ、真空状態ができるのです。 もしスッポンを使う際に便器の中の水が足りていなかった場合には、バケツなどを使って水かさを増やしましょう、 つまりが解消できたら 道具を使ってつまりを解消することができたら、引っ張り出した異物を少しずつ流していきます。 この時、もし本来トイレに流すことができないような固形物が出てきていた場合には、先に取り除いておきましょう。 トイレットペーパーや便などの流しても問題ないものを、少しずつ流していきます。 水洗レバーを一気に引いて流そうとすると再びつまってしまう可能性があるため、少しずつ慎重に流していきましょう。 場合によってはバケツなどを使って流していくほうが確実かもしれません。 まとめ トイレのつまりは、日常に突然訪れるとても厄介なアクシデントです。 しかし専用の道具を使うことで、ご家庭でも修理を行うことが可能です。 特にスッポンは多くの家庭に用意があり、使い方も簡単なため、正しく使うことで簡単につまりを解消することができるでしょう。

次の

トイレつまりで正しいすっぽんの使い方とは

トイレ スッポン 使い方

トイレつまりはラバーカップを使えば楽に直せる トイレつまりはラバーカップを使うことで、軽度なものであれば簡単に楽に直すことができます。 とはいえ、ラバーカップの使い方が間違っていると何回もカポカポとラバーカップを押したり引いたりしなければならず、つまりの直り具合もいまひとつになっていることもあります。 そこでまずは、ラバーカップの正しい使い方からご紹介したいと思います。 対して変わらないと思う人もいるかと思いますが、効果がいまいちなら試してみてはいかがでしょうか。 ラバーカップの正しい選び方 実は、トイレの便器に洋式・和式があるようにラバーカップにも洋式用・和式用のラバーカップがあります。 ちょっとした違いですが、洋式用は先端のゴムが出っ張っており、和式用は先端がへこんだ形状になっています。 和式用を洋式便器のつまり解消に使うこともできますが、やはり洋式便器の形に合わせて作られた洋式用ラバーカップの方がピッタリフィットするのでつまりを解消しやすくなります。 既にラバーカップを購入した人は仕方がないですが、これから購入するという人は洋式用・和式用のどちらかきちんと見分けてから購入することをおすすめします。 ラバーカップは水がないと使えない トイレつまりが起こっているとき、便器に溜まっている水(封水)が少なくなることがありますよね。 つまりが起きている状態なので、水を流すと水があふれてしまいますがこの水が少ない状態でラバーカップを使っても適切な効果が得られません。 ラバーカップは圧力を使ってつまりを引っ張り上げる道具なので、隙間ができないように水はラバーカップのゴム部分が浸るくらいまで入れるようにしましょう。 ただ、レバーを回してタンクの水を流すと水があふれてしまうので水を追加するときはバケツなどに汲んであふれない程度に追加するようにしましょう。 ラバーカップは押すときよりも引くときが大事 ラバーカップを使うときは、「強く押し込む」のが大事だと思ってしまいますよね。 しかし、本当は押し込むよりも「強く引く」方が大事なんです。 意外と知られていないことですが、ラバーカップはつまりを引き抜いて水に溶けるようにしてつまりを解消する道具なので押し込むのではなく引き抜くのが大切です。 これを知らずに、ずっと押し込んでしまうと排水管の奥でつまっているトイレットペーパーや便などが水に溶けないまま押し込まれるのでつまりがなかなか解消されません。 ラバーカップでトイレつまりを直すときは、「便器にラバーカップを密着させてゆっくりと押し込んだら一気に勢いよく引き抜く」をイメージしてみてはいかがでしょうか。 ラバーカップの正しい使い方 ここでは、これまでにご紹介した内容をもとに「ラバーカップの正しい使い方」の手順をご説明したいと思います。 ラバーカップのゴム部分が浸るくらいまで、便器内に水を入れます。 排水口にカップを密着させます。 なるべく隙間ができないよう、排水口に対して垂直に密着させるのがコツです。 カップを排水口に強く押し付けてから、一気に引き上げます。 つまりの原因を引っ張り上げられた場合、水が流れていくようになります。 ラバーカップをきれいに使うときのコツ トイレつまりをラバーカップで直そうとすると、水がはねたり、便器内から汚水が漏れてきたりして困ったことはありませんか?家の中で一番雑菌が多いトイレの水が床にこぼれるのは、気持ちのいいものではありませんよね。 そのため、ラバーカップをきれいに使いたいときは余分な水はバケツなどに一時的に汲み出す、ビニール袋に穴を開けてラバーカップの柄を穴に通してからラバーカップを使うといった工夫をすると水の飛び散りや汚水の漏れを防いできれいにラバーカップを使うことができます。 ラバーカップを使ったあとの手入れ トイレつまり解消でラバーカップを使うと、汚水にラバーカップをつけることになるのでそのまま放置すると菌が繁殖して悪臭がしたり、糞便の臭いにつられてコバエが寄ってきたりで汚いですよね。 そのため、ラバーカップを使ったあとは水できれいに洗い流して天日干しにしてきちんと乾かしてから保管場所に保管するのがおすすめです。 抗菌素材のラバーカップもありますが、糞便をきちんと流しておかないと意味がないので注意しましょう。 ラバーカップでは直せないトイレつまりの原因 ラバーカップを正しく使っているのに、一向にトイレつまりが直る気配がないという場合。 そういった場合は、そもそもラバーカップでは直せないような原因でトイレがつまっている可能性があります。 たとえば、下記のようなことが原因でトイレがつまっているとラバーカップで直すのは難しいでしょう。 【直すのが難しいつまりの原因】• ・固形物によるつまり• ・排水枡内でのつまり• ・排水枡や下水道からの逆流によるつまり 固形物などは便器を外したり、専用の道具を使って直接取り除く必要があります。 また、排水枡内でつまりが起こって水が流れなくなっている場合や大雨・土砂などで排水枡・下水道から水や土砂などが逆流している場合は排水枡内での修理作業が必要になります(下水道は公共物で自治体でないと作業できません)。 こういったことが原因でつまりが起こっている場合は、ラバーカップではつまりを解消できないので水道屋などの適切な業者に連絡したほうがいいでしょう。 ラバーカップ以外のトイレつまり解消法 ラバーカップを使ったトイレつまりの解消方法をご紹介してきましたが、ラバーカップ以外にもトイレつまり解消に役立つ道具はあります。 とくに、深夜などでお店が開いていなくてラバーカップが買えないという人は下記のような道具を使ってつまりが解消できないか試してみるのもいいかと思います。 【トイレつまりに使える道具】• ・お湯とバケツ• ・重曹とお酢(クエン酸)とお湯• ・ペットボトル• ・ビニール袋• ・針金ハンガー• ・洗剤• ・真空式ポンプ それぞれの使い方などについては、下記の記事で詳しく紹介していますのでラバーカップを買う前に家にある道具でなんとかしてみたいという人はチェックしてみてください。 最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。 生活救急車では、丁寧な対応力、きちんとした技術力を持ったスタッフが対応できるように料金を設定しています。 また、見積りは無料で対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。 トイレつまりはラバーカップで楽に直る!まとめ 今回は、トイレつまりをラバーカップで楽に直す方法やラバーカップで直せないつまりの原因、ラバーカップ以外のつまり解消方法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 ラバーカップは、つまりを押し込むものではなく「つまりを引き上げる」ものでしたよね。 ラバーカップを使うときはゆっくり押し付けてから一気に勢いよく引き上げることを意識するのを忘れないでください。 また、ラバーカップで直せないような固形物のつまり・排水枡のつまりなどは水道屋に依頼することになりますが業者によって料金体系などが大きく異なるので事前に見積りなどで料金を確認してから正式依頼すると安心です。 生活救急車でも、無料見積りなどをしておりますのでお困りの際は現地見積りをお気軽にご依頼ください。

次の

トイレが流れない!すっぽんの使い方のコツ!困った時の対処法【緊急】

トイレ スッポン 使い方

いきなりトイレが詰まったらやるべき「3つの方法」 つまりとり(ラバーカップ、スッポン)を使う トイレがつまったら真っ先にラバーカップ(スッポン)を使ってトイレつまりを解消しようと思われる方も多いのではないでしょうか? ラバーカップは昔からある定番の道具で、ご家庭でトイレつまりを解消する際に大活躍します。 軽度のつまり(便やトイレットペーパーなどがつまっている場合)であれば、ほとんどラバーカップで直せます。 使い方 使い方は簡単。 便器内に水を溜めてから排水口に押し当てます。 あとはラバーカップを引いて押してを繰り返すだけです。 コツ 数回やっても、つまりが直らなくても諦めずに根気よく何度も繰り返してください。 根気よく何度も繰り返しすることが最大のコツです。 それでも解消しなかったら・・・ それでもつまりが直らない場合は、ラバーカップの種類を確認して下さい。 ラバーカップには大きく分けて2種類あります。 上の画像のようにつばが付いているものはトイレ用のもので、つば付きかどうかで威力が変わります。 通常のラバーカップを使っている場合は一度つば付きのものに交換して再挑戦されるのもオススメです。 液体パイプクリーナーを使う 基本液体パイプクリーナーを使うことは少ないのですが、つまりの原因が尿石だった場合は効果があります。 尿石とは尿の中に含まれるカルシウムイオンが濃縮および炭酸などと反応してカルシウム化合物として便器や配管の内部に付着したものです。 簡単に言うと、 尿に含まれるカルシウムが長い時間をかけて便器や排水管の中で固まっている(こびりついている)状態です。 この現象は小便器でよく起こりますが、大便器でも稀に起こることがあります。 この尿石が原因でトイレつまりが起こっている場合は、尿石を取り除く必要があります。 ご家庭で簡単に出来る方法は、 液体パイプクリーナーやピーピースルーなどの薬剤を便器に適量入れて化学反応で取り除く方法です。 使い方 適量や使用方法に関しては使用薬剤の使用方法を御覧ください。 ただ、薬剤のなかには化学反応をする際に空気中に刺激臭を発生させるものもあるので取り扱いには注意してください。 使用する際はマスクなどをして口と鼻を塞ぎ、しっかりと換気してください。 化学反応中はトイレから離れて時間が経つのを待つというのも一つの手です。 もう一度言いますが、取り扱いには十分に注意してください。 ワイヤーブラシを使う 「ラバーカップ」「液体パイプクリーナー」を使ってもトイレつまりが直らない場合はワイヤーブラシを使ってみましょう。 ここまで頑固なつまりには直接刺激を与えれるワイヤーブラシを使うほかありません。 ワイヤーブラシはホースセンターなどで簡単に手に入るのでお手軽に用意出来る道具です。 用意するワイヤーブラシの長さですが、つまりの原因がどこにあるのかでどれくらい長さがいるのか変わってきます。 便器内であれば2mもあれば十分つまっているものに当たります。 これが排水管の中だとかなりの長さが必要になります。 10m~15mもあれば外までたどり着けると思われますが、不安な場合は20m以上のものを用意しましょう。 使い方 ワイヤーブラシの先を便器の排水口に入れていきます。 入れていくと何かに当たってそれ以上奥にいかなくなるところがあります。 当たったらワイヤーブラシを回して奥に押していくとどんどん奥に入っていきます。 そしてトイレつまりの原因に当たると水が引いていきますのでワイヤーブラシを引き抜いて下さい。 トイレが詰まる原因 大量のトイレットペーパーや不溶性異物 トイレつまりの最も多い原因がトイレットペーパーの流しすぎです。 大量のトイレットペーパーに便が合わさると大きな塊が出来てしまい、便器や排水管の中でつまってしまいます。 いくらトイレットペーパーが水溶性で溶けやすいといえども大量のトイレットペーパーはそう簡単には溶けません。 なので、流す量が多くなりそうな場合は、2回に分けて流すとつまらないのでおすすめです。 また、生理用品(ナプキン)や尿もれパッドを流してしまい、トイレがつまったとご依頼があることもあります。 生理用品や尿もれパッドは水を吸収する素材が含まれているので、流そうとすると便器の中で膨張してつまることがほとんどです。 見た目が小さいものなのでつまらずに流れそうに見えますが、便器内から取り出したときには数倍に膨れ上がっています。 流してつまったときはすぐに水道修理業者に相談してください。 ラバーカップや薬剤ではもちろん取れませんし、ワイヤーブラシを使うと水を吸収する部分が粉々に飛び散ってつまりを直せなくなることがあります。 流してしまうと修理費用がかかってしまうので、不溶性異物を誤って便器内に落としてしまった場合は汚いかもしれませんが、割り箸などを使って取り出しましょう。 パイプ・配管に詰まりやすい場所がある 上にも書いていますが、トイレつまりの最も多い原因がトイレットペーパーの流しすぎです。 ですが、単にトイレットペーパーの流しすぎなら、便器の排水口のところでつまり、その奥が排水口と同じ大きさの直線の排水管がずっと続いているなら、便器の排水口を通過さえできれば、その後はどこにも引っかかることなくどこまでも流れていくはずです。 でも実際は違います。 便器の排水口よりも向こうで詰まっていることはよくあります。 これは、排水口より奥でつまりやすい(引っかかりやすい)箇所があるということを意味しています。 トイレに限らずすべてのつまりに共通していますが、 曲がっている(カーブしている)場所がつまりやすくなっています。 曲がっている箇所は、便器の中(約2箇所)と排水管の中(複数箇所)にあります。 曲がっている場所は流したものがうまく流れず、そこで引っかかってしまうことがよくあるのです。 ただでさえ流れにくい箇所なのに、大量のトイレットペーパーを流したらどうなるでしょうか? 引っかかってそれ以上水の力だけでは流れなくなってしまいます。 このようにつまってしまうと何度水を流しても押水だけでは流れなくなってしまうので、つまらない程度の量のものを流しましょう。 トイレの流れが悪い、排水時の水流・水圧が足りない 流れないとはいえないまでも、なんだか流れが悪いなと思ってしまう便器はよくあります。 便器の仕様にもよりますが、モヤッとした(流れ方がスッキリしない)流れ方をする便器は何かが引っかかっている可能性が高く、頻繁に何度もつまるなどの症状があります。 実際にあったケースですが、トイレがつまったのでラバーカップをしたらトイレつまりが直った。 でも、直後にトイレットペーパーを流すとまた水面が上がってきてトイレがつまっていた、なんてケースがあります。 このようにトイレットペーパーではない異物が原因で何度も頻繁につまってしまうことがあります。 この原因は便器の中に竹串が入っていました。 この 竹串にトイレットペーパーや便が引っかかることでトイレつまりが発生していました。 つまった後ラバーカップをすればトイレットペーパーや便は流れますが竹串は流れないのでまたトイレがつまるという現象が起きてしまったようです。 あとは水量が少ないことが原因でトイレがつまるケースです。 人為的にロータンクの中に節水のおもりをつけたりする、もしくは節水型便器だと水量が少ないのでつまりやすくなります。 特に 人為的にロータンクの中に節水のおもりを付けた場合は、設定されている水量より少ない水が排水されるのでかなりつまりやすくなります。 水道代を気にしておもりを付けられたのだと思いますが、それが原因でトイレがつまってしまっては何の意味もありません。 節水を意識されるのであれば、最新の節水型便器に交換されたほうがいいと思います。 節水型便器もつまりやすいですが、設計の段階で水が問題なく流れると判断されているので通常使用の場合は問題ありません。 ただ、やはりトイレットペーパーの量が多いと昔の便器よりもつまりやすいのは確かです。 プロの業者がトイレの詰まり解消のケースを紹介 ここでは日常的にトイレのつまりを解消している私が経験したことを書いています。 業者が使う道具を駆使して直していますが、誰でも買えるので頻繁につまるようであればプロ用の道具を買っておくのもいいと思います。 ローポンプを使ったトイレのつまり解消のケース このローポンプと呼ばれる道具はラバーカップのプロ用だと考えてください。 ラバーカップは先端の黒いラバー(ゴム)の部分の大きさしか水を動かすことが出来ませんが、このローポンプは筒の中に水を吸うことが出来るので動かす水の量がラバーカップの数倍になるのです。 ラバーカップで30分以上やったけどトイレつまりが直らなかったから問い合わせしたとおっしゃっていたお客様もいましたが、駆けつけてローポンプで数回やったらあっさりと詰まりが直ったなんてことはよくあります。 また、このローポンプのすごいのは尿もれパッドを便器の中から引き抜いたという実績があることです。 あるとき、尿もれパッドを流してしまったとお客様から依頼を受けて、ローポンプで作業してみました。 本来は便器脱着かワイヤーの選択肢を選ぶのですが、今回はお客様に流したものと同じものを見せてもらいローポンプいけるかもしれないと思い、やってみました。 すると、かなり大きな筒状に膨張したパッド(大きさは男性の腕一本分くらい)が出てきて、無事にトイレつまりを解消することが出来ました。 このようにラバーカップではだめだったけどローポンプならいけるというケースはよくあります。 頻繁にトイレが詰まる場合は購入することをおすすめします。 ただ安いものではないので、数年に一度程度であれば業者に依頼した方が安いでしょう。 ワイヤーを使ったトイレのつまり解消のケース ワイヤーと書いていますが、正式にはトーラーと呼ばれています。 このトーラーと呼ばれる道具はワイヤーブラシのプロ用だと考えて下さい。 つまりを解消するためにある道具で主に排水管に使用します。 ワイヤーの先端に金属のヘッドが付いていて、ヘッドを変えることで様々なつまりに対応する道具になります。 詰まりに対して万能な道具といえます。 トイレのつまりで使ったケースですと、トイレの排水経路の排水管の中でつまりが発生してしまい便器から水が溢れていたことがありました。 会所(排水マス)を確認しても、つまっていなかったことから初めはローポンプで作業をしました。 ですが、一向にトイレつまりが解消しないことから、排水管に問題があると判断してトーラーを入れていき、トイレつまりを解消することが出来ました。 いくらローポンプが万能とはいえ、ガチガチにつまっているものには効き目が弱いです。 水を動かしても動かない詰まりにはトーラーで直接突くことで動かして詰まりを解消することが出来ます。 またトーラーにはヘッドが渦巻状になったものがあるので生理用品や尿もれパッドに絡めて引きずり出すことも出来ます。 しかし、長時間水の中にいた生理用品などは柔らかくなっていることがあり、それをトーラーで突くと水を吸う吸収剤が便器の中で散らばって悪化する場合もあるので、使用には注意が必要です。 それでも万能な道具には変わりありません。 各家庭に1台あってもいいのではと思いますが、ワイヤーは錆びやすいのでこまめに油を塗ってメンテナンスする必要があるので、やはりトーラーが必要なケースなら業者を呼んだ方がいいと思います。 便器脱着でトイレのつまり解消のケース よく「便器脱着をされた!ぼったくられた!」と耳にします。 便やトイレットペーパー、ティッシュが原因の場合は便器脱着されたらボッタクリだと思います。 しかし、上記以外の異物が原因だった場合、便器脱着するしか直す方法がないことがあります。 ではここで、私が経験した便器脱着のケースを書いていきます。 お客様は朝起きたらトイレがつまっていて、ラバーカップで何度もやったけど直らなかったので依頼されたようでした。 現場でお客様にお話をお伺いすると「酔っ払っていて覚えていない。 気付いたらベッドで寝ていた。 」とおっしゃっていて何が原因かわかりませんでした。 なので通常のつまりだと判断してローポンプを10分ほどしましたが直らなかったので、トーラーを通すか考えました。 しかし原因がわからない以上下手にトーラー通して直せなくなることも考えられたので便器を脱着することにしました。 便器を外すと便器と排水口の接続部分あたりに生理用品がつまっていました。 結果トーラーを通さなくてよかった事例です。 詰まってからかなりの時間が経過していたのでトーラーを通すことで生理用品が破けて便器内に吸収剤がへばりついていたかもしれません。 このように便器脱着はそのときの状況をしっかりと考えた上で行います。。 私の本音で言えば、便器脱着することで汚水がかかることもあるので出来ればしたくないです(汗)。 便器の脱着はプロじゃなくても出来るので器用な方はやってみるのもいいと思います。 ただ、便器取り付け時に床と固定するボルトを締めすぎると便器が割れるので注意してください。 高圧洗浄でトイレのつまり解消のケース 基本トイレのつまりで高圧洗浄機は使いません。 そのときの状況がどうだったのかわからないので上記の作業が正しかったのかは不明ですが、薬剤と高圧洗浄機は不必要だと思います。 「トイレの排水管が汚れているから詰まりやすい。 この際に洗管して詰まりにくくしときましょう!」と業者に言われたら注意が必要です。 排水管なので汚れているでしょうけど、トイレの排水管は太いのでちょっとの汚れでつまったりしません。 上記のようなことを言う業者にあたってしまったらキャンセルした方がいいです。 ただ稀に高圧洗浄機が必要な場面もあります。 それは生理用品や尿もれパッドの吸収剤が便器や排水管の中で詰まっているときです。 トーラーでは一時的に詰まっている部分に穴を空けることが出来ますが、水が流れるときに空いた穴にまた吸収剤がつまってしまい、トーラーではどうしようもない時があります。 そんなときは高圧洗浄機を使って詰まっている箇所に高圧力の水圧をかけてつまっているものをほぐしてあげます。 すると吸収剤が引っかかるところがなくなって一気に流れていきます。 私の経験上トイレの詰まりにはこれくらいでしか使ったことがありません。 なので業者からすぐに高圧洗浄と言う言葉が出てきたら注意してください。 単価が高くなるので高圧洗浄が大好きな業者は多いです。 トイレの故障? ラバーカップやワイヤーブラシをしたのにトイレのつまりが解消されない場合、別のことが原因かもしれません。 ここではその他の原因について書いています。 P便器(壁排水)特有の現象 まず 便器には「床排水」と「壁排水」の2種類があります。 ほとんどの便器は床排水ですが、マンションに多いのが壁排水です。 この壁排水の便器で何度かあるのが、何も詰まっていないのに水を流すと水位が上がってきて流れないという現象です。 そして2回に1回はちゃんと流れるという奇妙なことが起きるのです。 すべての壁排水便器がそうではありませんが、古い便器ほどなりやすい印象があります(筆者の経験)。 私も何度かこのような便器にあたったことがありますが、ローポンプ、トーラー、便器脱着とやりましたが何をしてもつまりが解消されることはありませんでした。 原因は不明で、私にはなぜこんな現象が起きるのかはわかりませんが、壁排水便器には起こる現象なのです。 そしてもしこのような現象が起きている場合は便器を交換して下さい。 便器交換しか方法がないですし、実際に交換するとこのつまりの症状がなくなったのです。 ちなみにですが、便器を取り外して排水管の中を毎回見ていますが何もつまっていません。 排水経路に異常 トイレにつまるようなものは流していない、トイレットペーパーも多く流していないのに最近流れが悪いな、よく詰まるなというような症状はありませんか? これはもしかすると排水経路の排水管に異常がある可能性があります。 この症状は、生きている間に出くわすことはほぼないと思います。 排水管は塩ビ管で出来ているので耐久性があり、簡単には壊れないからです。 それでも、古い塩ビ管が地震などで圧力がかかると地中で割れていることがあります。 こうなると正常に排水されず、トイレつまりの原因になることがあります。 このケースは稀ですので頭の片隅にでも置いておいてください。 会所内のつまり まずは会所の説明をします。 会所とは排水管と排水管をつないでいる中間地点の点検口だと思って下さい。 会所がないと、排水管に何か異常があったときに点検が出来ず、大変なので排水経路には会所を設けるようになっています。 見た目はマンホールのようになっています。 そしてこの会所が原因でトイレがつまることがあります。 よくある会所が原因のつまりは、会所の中に木の根が入り込んで、木の根がティッシュや便などをせき止めて詰まっていることがあります。 木の根はすごく賢いので栄養があるところに伸びてきます。 糞尿は木の根にとっては栄養源になるので、コンクリートの隙間から会所内に侵入していることがあります。 ひどいところだと会所に侵入した木の根が排水管の奥の方まで侵入して取れないなんてこともあります。 そうなると排水管のやりかえになるので、たまには会所の中を見るのも大事です。 水のトラブル、業者の選び方 地域に水のトラブルに対応できる会社はありますが、中には高額請求されたなどのトラブルもあります。 水のトラブルだったのが、お金のトラブルになってしまっては意味がありません。 小さな業者がコスパ最高 小さい業者ほど料金が安く出来るのです。

次の