き ょ えい と うめ つ せん。 榮川酒造株式会社

永和信用金庫

き ょ えい と うめ つ せん

あれは、3年ほど前のこと。 飯島さんが「ほぼ日」のキッチンでつくってくれた 鶏の唐揚げが、そりゃあもう、 とんでもなくおいしかったのです。 でも『LIFE』で紹介した味とは、ちょっとちがう。 (というか、かなり、ちがいました。 ) シンプルなんだけれど奥がふかくて、 塩気があっさりしているのに、満足感があって、 いくらでも食べられちゃいそうな味。 「これ、いったい、どうやってつくったんですか?」 とたずねたところ、その秘密が「うめ酢」でした。 もともと梅干し好きの飯島さんが、 和歌山で出会った調味料としての「梅酢」。 使い方の研究をかさねながら、縁あって、 由緒ただしい老舗の梅農園さんと知りあい、 ついに、製品化が実現したのです。 飯島奈美さんプロデュースの 「紀州の、うめ酢」。 オリジナルのレシピブックとともに、販売します。 TOBICHIでの「うめ酢」販売について。 TOBICHIでは、現在 「紀州の、うめ酢」の在庫がございます。 最新の在庫状況など、くわしいことは 店舗までお問い合わせください。 「うめ酢ってすごいな」と強く思ったのは、 雑誌の取材で和歌山を訪ねたのがきっかけでした。 おいしいプチトマトの生産者の方が、 「うめ酢の鶏唐揚げ」をご馳走してくださって、 そのおいしさに驚いたんです。 ほかの調味料やスパイスを使わなくても、 こんなにおいしくなるんだ、 うめ酢ってこんなにすばらしい調味料だったんだ、 ということを再認識しました。 うめ酢というのは、梅干しをつくるとき、 自然に出てくる果汁に、塩が溶け込んだものです。 それがいつの間にか逆転してしまったのだそうです。 以前、薬膳の学校に通ったときに、 梅には多くの効能があることを知りました。 みなさんも実感があると思いますが、 疲れをとって、血行をよくすると言われています。 食欲がない時にもいいですし、消化にもいい。 もともと梅干しが大好きで、 梅の使い方をいろいろ研究してきたつもりでしたが、 いっぽうで、いろいろな料理に使うのは なかなか難しいなぁ、と感じていました。 けれども、うめ酢だったら! そう思いました。 「酢」という名前がついていますが、 いわゆる醸造酢とはつくりかたがちがいます。 漬ける最初の段階でできるものを白うめ酢、 その後紫蘇を入れて 赤く染まったものを赤うめ酢と呼び、 赤うめ酢は紫蘇の風味が強く、 食材を赤く染めるのにたいし、 白うめ酢は梅の香りがふんわりとして、 食材の色に影響しません。 わたしが「料理に使いやすい!」と思ったのは、 この白うめ酢のほうでした。 そうして自分でもレシピで使うようになり、 母や友人にもすすめてみたところ、とても好評でした。 これなら、梅干しの苦手な人にも大丈夫そうです。 ますます多くの人に知ってほしいという気持ちが つよくなっていきました。 お仕事をご一緒させていただいた舞台女優さんが、 じつは何年もうめ酢を愛用していたり、 「おいしいうめ酢があったら、ぜひ使ってみたい」 という、料理好きのまわりの人たちの反応をみて 「これは、わたしがつくろう。 ちゃんと広めなくちゃ」 という気持ちになっていきました。 和歌山の生産者のみなさんが、 ふつうに調味料として使っているうめ酢は、 もちろん製品化されているものもありますし、 和歌山の郊外の「道の駅」などでは 手づくりのものが売られていたりします。 けれども梅干しにくらべて知名度が低く、 一般的には使う人が少ないためか、 あまり広まっていかず、 廃棄されてしまうものも少なくないようです。 それは、もったいない。 今回の販売をきっかけに、 わたしたちが日常で使う塩、しょうゆ、 砂糖、みそに加えて、 うめ酢がキッチンに常備されるようになる、 というのが、いまわたしが 描いている理想のうめ酢のすがたです。 今回販売する「紀州の、うめ酢」は、 天保5年創業の老舗の梅農園である 紀州梅専門店「五代庵」で有名な 「東農園」さんといっしょにつくったものです。 温暖な気候のなか、カルシウムが多く、 日当たりと水はけがよい 斜面の土壌で育った健康な梅を使った、 添加物の入らない、純粋に梅と塩だけの製品です。 塩分濃度は一般的なしょうゆとほぼ同じですから、 塩やしょうゆのかわりに、料理に使ってみてくださいね。 調理のヒントになるように、 レシピブックもつくりました。 『難のがれレシピ』というタイトルは、 ふるいことわざの 「梅はその日の難のがれ」からとりました。 梅は殺菌力があり健康への効果が高いことから 朝、梅を食べれば、その日の災難を避けることができる、 という意味ですが、朝にかぎらず、 お昼に、お弁当に、夕飯に、お夜食に、 またドリンク類はいつでも活用していただけるレシピです。 2016-06-15-WED 40cc• 鶏肉を調理する15~20分前に冷蔵庫から出しておく。 鶏肉は余分な脂や筋をとり除き、一口大に切る。 ポリ袋に鶏肉とAを入れ、 空気を抜いて口をしばり、5分ひたす。 5分たったらざるにあげて水分を切る。 (ひたしすぎると、しょっぱくなります)• 2の肉をボウルに入れ、溶き卵を加えて混ぜ、 米粉(又は片栗粉)を加えて混ぜる。 5分休ませる。 残り半分も同様に揚げて休ませる。 (鶏肉の大きさで揚げ時間を変えてください)• 残り半分も同様に二度揚げする。

次の

永和信用金庫

き ょ えい と うめ つ せん

11:00~23:00 (L. 22:00) グランフロント大阪に準ずる 定休日• 不定休日あり 平均予算• 2,500円(通常平均)• 1,500円(ランチ平均) クレジットカード• VISA• MasterCard• JCB• アメリカン・エキスプレス• ダイナースクラブ• MUFG• NICOS• UFJ• アプラス• Suica• PASMO• ICOCA• PiTaPa• SUGOCA• はやかけん• TOICA• manaca• Kitaca• nimoca• 楽天Edy• QUICPay+• WeChat Pay• Alipay• Apple Pay 予約キャンセル規定• 直接お店にお問い合わせください。 お店のホームページ• 開店年月日• 2013年4月26日.

次の

榮川酒造株式会社

き ょ えい と うめ つ せん

経歴 [ ]• から研修生として寄席囃子を学ぶ。 に落語芸術協会に入会、として活動する。 その後、に師事して端唄を習得。 2月から檜山うめ吉として門下に所属。 俗曲師の活動を開始した。 人物 [ ] に自毛で結った、白塗りのという格好でを用いて、や昭和歌謡を歌う純和風アーティスト(奏者)。 ソロのときは うめ吉の名義で歌う。 バンドとダンサーをしたがえたユニット Umekichi(うめきち)としても活動。 ディスコグラフィー [ ] うめ吉名義 [ ] シングル [ ]• お座敷小唄(DVD付)(2006年5月24日)• 倉敷節〜倉敷お国じまん(2007年6月27日) アルバム [ ]• お国めぐり〜お座敷民謡〜(2001年7月14日)• 蔵出し名曲集 三味線ブギウギ(2003年7月25日)• 明治大正はやりうた(2005年5月18日)• 大江戸出世小唄(2005年11月23日)• 今昔うたくらべ(2006年6月21日)• うめ吉の唄う童謡・唱歌(2008年9月24日)• お国めぐり 其の二(2009年6月3日)• うめ吉玉手箱〜寄席うた俗曲集(2009年7月22日) DVD [ ]• うめ吉 今昔うたくらべライブ2006 at DUO MUSIC EXCHANGE(2006年11月22日)• うめ吉 ライブ・アット・シアターアプル(2008年10月22日) Umekichi名義 [ ] シングル [ ]• (2004年6月23日 のカバー)• ヘイヘイ・ブギ(2004年10月21日 笠置シヅ子のカバー) アルバム [ ]• (2004年2月21日)• The Voice of Geisha Doll(2006年6月13日 UK盤) アメリカとカナダ市場向けに制作された編集盤。 「山中節」、「磯節」、「きりぎりす」の3曲は本作でしか聞くことができないテイク。 日本国内でも入手可能。 ALL ABOUT UMEKICHI(2010年7月21日) 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (2015年7月 - 9月、) - おと吉 役 著書 [ ]• 俗曲師うめ吉のニッポンしましょ! (2006年12月、) 参考書籍 [ ]• 「職業外伝」(2005年、)「職業外伝 紅の巻」(2012年、) 外部リンク [ ]•

次の