牛肉 下味 冷凍。 梅雨どきでも安心!「下味冷凍」の作りおき【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

下味冷凍した作り置きレシピまとめ!料理の時短ができて忙しい日に便利!

牛肉 下味 冷凍

この記事でわかること• 賞味期限切れの冷凍肉はいつまで食べられるか• 冷凍肉で 食中毒になった事例• 肉の美味しさを保つことができる 冷凍方法• 肉の美味しさを逃さない冷凍肉の 解凍方法• 知っていると便利な 下味冷凍方法 私はコストコや業務用スーパーなどで肉を大量買いしてきては、小分けして冷凍保存しています。 冷凍庫にお肉を保存しているのに、特売のお肉を見つけるとまた買ってきて冷凍保存していたお肉の存在を忘れてしまい、賞味期限切れになることもしばしばあります。 今回調べた冷凍肉の賞味期限については、「肉は休日に まとめ買いをして冷凍する」「肉は特売日に まとめ買いをして冷凍する」方は必見の内容です! 美味しく食べられる冷凍肉の正しい保存方法を覚えておくと便利なので、ぜひあなたも参考にしてください。 冷凍肉が賞味期限切れ!いつまでなら食べても大丈夫なの? 冷蔵庫に保存していた肉が賞味期限切れだった場合は、様子を見て「ダメだ」と判断すれば諦めることも多いですよね。 ただ、 冷凍肉は冷凍状態の様子を見てもパッと見では、食べられるかどうかは判断できません。 では、冷凍肉の賞味期限が切れてしまった場合、 いつまで食べられるのでしょうか? 冷凍肉の賞味期限はどれくらい? スーパーなどで購入した、 冷蔵保存を前提にした肉を 冷凍で保存した場合の保存可能期間は 約1ヶ月です。 また、肉の中でも細かく刻まれていて空気に触れる面が多い ひき肉は、冷凍保存可能期間が 約2週間と言われています。 ネット通販などでは、冷凍保存を前提にして冷凍状態で販売されている肉もありますが、賞味期限は2ヶ月以上で設定されている場合もあります。 基本的には、冷凍肉は「 できる限り早く使い切る」ということを心がけましょう。 もし、冷凍肉の賞味期限が切れてしまった場合は、捨てた方が良いのですが…やはりもったいない気持ちもあると思います。 そういう場合は、 解凍してみて 臭いや 粘り気などを確認してみましょう。 特に変な臭いや粘り気がなければ食べても大丈夫ですが、食べる場合は 自己責任で食べるようにして下さいね。 肉を長く冷凍するとどうなるの? 肉を長く冷凍すると、「 冷凍庫焼け」が見られる場合もあります。 私は実際に義実家で見たのですが、結構 色が変わっていて義母は「これはもう食べられないかな~」と言って捨てていましたよ。 他にも、長く冷凍することで乾燥する、酸化する、肉から水分が抜けていき食感が悪くなることもあります。 また、肉の周りに分厚い霜がくっついて、 風味が落ちることも…。 つまり、肉を長く冷凍すると、 肉の美味しさがどんどん薄れてしまうと言えますね! ちなみに、肉は冷凍すると 菌の増殖は抑えられますが、 死滅できません。 みんなは冷凍肉の賞味期限切れをいつまで食べている? 実は、冷凍保存して賞味期限切れになったお肉でも「賞味期限から 2ヶ月~3ヶ月経ったものでも大丈夫」という人もいます! 実際、私も冷凍したひき肉を2週間過ぎてから使ったことがありますが、特にお腹を壊したり病気になったりということはありませんでした。 もし、賞味期限切れの冷凍肉を食べるのであれば、先ほどお伝えした通り、 解凍して臭いや粘り気がないかを確かめてから食べましょう。 ただ、 半年や 1年以上経過してしまったものは、もったいないですがお腹を壊しても嫌なので捨てています。 我が家の場合、田舎暮らしなので基本的に週1回しか街に買い物に行けないので、1週間分の肉を購入して使いきれない分はすぐに冷凍しています。 冷凍した肉は1週間で使い切るように心がけています。 そうすると、良いサイクルで回りますし、冷凍肉の賞味期限切れになる心配も少なくなりますよね。 肉は安い時に大量に購入し冷凍する方も多いですが、出来れば 1週間で使う分を購入して 1週間で使い切るという手段がおすすめです! 私は冷凍したお肉を使う機会が多いのですが、正しい方法で調理しないと冷凍肉で食中毒になる危険性もあります。 次項では、「 冷凍肉と 食中毒の関係」をご紹介していきたいと思います。 冷凍では菌は死なない!冷凍肉でも食中毒に注意しよう! 前項でもお伝えした通り、 肉を冷凍しても 菌は死滅しません。 食中毒菌は解凍すればまた 活動を再開し増殖していきますので、 食中毒になる可能性は大いにあるということですね。 食中毒になってしまうと、 下痢や腹痛、嘔吐、発熱などの症状が出てきますし、抵抗力の弱い子供や高齢者は 重症化しやすいので気を付けたいところです! 食中毒菌にはどのようなものがあるの? 食中毒の原因となる菌には、「 腸管出血性大腸菌」や「 カンピロバクター」などがあります。 それぞれの菌がどのような肉に存在するのかをご紹介しておきますね。 腸管出血性大腸菌 腸管出血性大腸菌は、主に 牛肉に付着している可能性が高いものです。 感染力が高いので、少量でも食中毒になる危険性があります。 カンピロバクター カンピロバクターは、主に 鶏肉や 牛肉、 豚肉に付着している可能性が高いものです。 さらに、原因となる生肉を触った手で調理器具や野菜を触ると感染する危険性が出てきます。 感染力が強く、少量でも食中毒になる危険性が十分にあります。 サルモネラ菌 サルモネラ菌は、 動物の腸内に生息している菌です。 感染源として有名なのが「 鶏卵」ですが、 食肉からも感染する危険性もあります。 また、豚肉に関して言えば「 E型肝炎ウイルス」で食中毒を発症する可能性もあります。 冷凍肉を解凍して食べる時は肉の種類に関係なく、 十分に火を通して食べるようにしましょう。 冷凍肉で食中毒にならないためにはどうしたら良い? 食中毒の原因になる 菌をゼロにのは難しいです。 ただ、菌自体は 熱に弱いので しっかりと加熱調理すると食中毒を防げます。 また、菌が付着した手で他の食材や調理器具を触ってしまうと、そこから食中毒が発生する危険性もあるので、 調理の際はこまめに手を洗いましょう。 私は冷凍肉を調理する時はもちろん、基本的に肉はきっちりと火を通したいタイプで…。 焼くときは 蓋をしてしっかりと 中まで火を通すようにしていますよ! 我が家には小さい子供かいるので、余計に気を付けています。 あなたも食中毒にならないように、冷凍肉を調理する際は気を付けて下さいね。 お肉は冷凍すると、どうしても風味や美味しさがどんどん落ちて行ってしまいます。 では、冷凍で肉の美味しさが落ちるのを食い止める方法はないのでしょうか? そこで、次項では「 肉の美味しさを保つ正しい 冷凍方法」をご紹介していきます。 美味しさをキープ!冷凍肉の正しい保存方法とは? 冷凍肉は冷凍庫に入れている期間が長かったり、解凍がうまくできないと、どうしても美味しさが落ちてしまいますよね。 ただ、冷凍していない状態のお肉と同じくらいの美味しさをキープするのは難しいですが、 正しい保存方法で冷凍すれば美味しさを保てるんです! その方法をこちらでご紹介していきます。 肉の美味しさを保てる正しい冷凍保存方法とは? まずは、肉の 冷凍保存のコツを押さえておきましょう。 酸化させない 肉が酸化すると肉の美味しさが落ちてしまいます。 また、肉から出てきた水分( ドリップ)が付着している場合は 臭みの原因になるので、キッチンペーパーなどでしっかりと拭き取って下さい。 肉が酸化しないように きっちりとラップで包み、さらに 密封できる袋に入れてましょう。 この時、 空気をしっかり抜いてくださいね! なるべく早く冷凍する 使わない肉は、 早めに冷凍するように心がけましょう。 使う予定のない肉を冷蔵庫で保管しておくと、その分鮮度が落ちてしまいます。 美味しさをキープするためには、なるべく 鮮度が良い状態で冷凍するのがベストです。 トレーのまま冷凍しない トレーのまま冷凍してしまうと、ドリップも一緒に冷凍される可能性があります。 ドリップを吸収するためのシートなどが一緒に入っている場合は、必ず取り外してから冷凍するのがポイント! シートが残っていると衛生的に問題ありなので、面倒でもシートは取り除きましょう。 また、トレーのまま冷凍してしまうと、トレーが断熱材となってしまい、 冷凍されるまでの時間が長くなるのです。 冷凍するまでの時間が長いということは、やはりそれだけ鮮度が落ちてしまいます。 急速冷凍機能を使う 冷蔵庫に 急速冷凍機能が付いている場合は、その機能を使いましょう。 急速冷凍機能がない場合は、ラップに包んで密閉袋に入れた肉を 金属製のトレーに乗せて冷凍庫に入れてください。 冷気の伝わる速さがアップして、冷凍にかかる時間を短縮できます。 これが肉の美味しさを少しでもキープするためのコツです! 私はトレーのまま冷凍するとかさばって邪魔になるという考えから、ラップに包みジップロックに入れて肉を冷凍していました。 それが実は美味しさをキープできる方法だったなんて…!! 肉の美味しさをキープする冷凍保存方法はしっかりと確認できましたね。 「これで冷凍しても美味しいお肉を食べることができる!」と思いたいところですが、実は 解凍方法も重要でした! 次項では、「 肉の旨味を逃がさない正しい 解凍方法」をご紹介していきます。 肉の旨味を逃さない!冷凍肉の正しい解凍方法がコレだ! あなたは冷凍肉をどのように 解凍していますか?もし常温で解凍しているなら要注意! 常温は早く解凍はできても、ドリップが出やすくて旨味が逃げやすいだけでなく、雑菌が繁殖しやすくなるので冷凍肉の解凍にはおすすめできません。 冷凍肉の美味しさを逃さない、上手な解凍方法をお試しください! 冷凍肉を解凍する2つの方法 私は肉を使う前日の夜に、 冷凍庫から冷蔵庫に移して解凍しています。 これも、 肉の旨味を逃がさない 正しい解凍方法の一つです。 冷凍肉の大きさにもよりますが、完全に解凍させるなら10時間くらい、半解凍くらいなら5時間くらいを目安にし、調理時間を逆算して冷蔵庫に移すと良いですね。 この他にも、もう一つ「 流水解凍」という方法がありますので、そちらもご紹介しておきますね。 流水解凍ってどんな解凍方法なの? 流水解凍とは、その名の通り 流水にさらして解凍する方法です。 この方法であれば、肉に包丁が入りやすい「 半解凍状態」にできます。 流水解凍も肉のサイズによりますが、20~30分くらい水をチョロチョロ出しながら行いますが、 肉に水が入らないようにビニール袋に入れてしっかり口を閉じてください。 水を流し続けるのはもったいないので、ボウルに水を張ってビニール袋に入れたお肉を入れて解凍するのもおすすめです。 お肉が浮いてくるとムラになるので、お肉が浮かないようにお皿などで重しをしておけば、 5分くらいで解凍できますよ! 解凍方法で気を付けることはある? 早く解凍したいという気持ちから、電子レンジを使っている方もいますよね。 ただ、電子レンジで解凍するとどうしてもムラになりやすいので、 あまりおすすめできません。 肉の美味しさを逃したくないという場合は、今回紹介した2つの解凍方法を試してみて下さいね! これで、冷凍肉の美味しさを逃がさずに解凍できる方法はばっちりです。 ところで、冷凍肉をさらに美味しくできる方法があるのはご存知でしょうか? 次項では、「 肉の 下味冷凍の方法やメリット」をご紹介していきます。 忙しい毎日の救世主!肉の「下味冷凍」が便利すぎる! お肉に 下味をつけてから冷凍する、ちょっとしたひと手間を加えるだけで、冷凍肉でも驚くほど美味しく食べられますよ! 忙しい時は、前日にそれを解凍しておき、後は焼いたり揚げたりするだけなので時短にもなりますよ! 肉の下味冷凍をしたことがない方のために、こちらでは下味冷凍の メリットや 方法をご紹介していきたいと思います。 肉に下味をつけて冷凍するメリットは? 肉の下味冷凍にはいくつか メリットがありますので、一つずつご紹介していきますね。 時短になる これは先ほど少し触れましたね! 肉を下味冷凍しておけば、解凍さえできればあとは焼くなり、煮るなり、揚げるなり… 調理にかかる時間がグッと短縮できますよ。 「平日は働いていて忙しい」という場合は、休日に肉を買い込んで下味冷凍しておくと平日のご飯作りが楽になります。 美味しくなる 下味して冷凍することで、 味が染み込んで美味しくなります。 下味の味付けも様々な種類があるのでマンネリ化しにくいんですよね! 酸化を防ぐ 醤油や味噌で下味をつけることで、 酸化防止にも効果的です。 肉が酸化すると、風味や美味しさが落ちてしまうので、下味をつけるひと手間加えるだけでお肉の美味しさがグッと引き立ちます。 これらが下味冷凍のメリットでした~! 次は、実際の 下味冷凍の方法を見ていきましょう。 肉の下味冷凍の方法は? 下味冷凍の方法は、全然難しいものではありません! 基本的には、ジップロックなどの密閉袋に、 肉とお好みの調味料を入れるだけでOK! 調味料を揉み込んだ後は、なるべく平らになるように形を整えて、しっかりと封をして冷凍庫に入れましょう。 ただ、手順はわかったとしても、下味のレシピなどはわかりませんよね? 「下味レシピを知りたい!」という方のために、こちらでちょこっと レシピをご紹介しておきます。 豚肉(こま切れ、生姜焼き用など) 200g• ジップロックに肉を入れて調味料を注ぎ込み、しっかりと揉み込む。 空気を抜きながら肉を平らに整えて、封をする。 合いびき肉 400g• パン粉 1カップ• 牛乳 100ml• 卵 1個• 塩 小さじ1• ボウルにパン粉と牛乳を入れて、なじませておく。 別のボウルに合いびき肉と塩を入れて、粘り気が出るまで混ぜる。 2のボウルに1とその他の材料を全て入れて混ぜ合わせる。 使いやすい1回量分ずつをジップロックにいれて、平らに整えて封をする。 下味冷凍したお肉は、朝に冷蔵庫へ移しておけば夜には解凍されて夕飯で使えますよ。 ただ、 一度解凍したものは再冷凍せずに使い切るようにしましょう。 冷凍肉に下味をつけておくだけで、調理がグッと楽になって美味しく食べられます。 時間がある時にまとめて下味冷凍をしておけば、忙しい日は簡単にご飯の準備ができますよ。 冷凍肉の賞味期限は 1ヶ月程度• ひき肉の場合は賞味期限が 2週間程度• 冷凍肉の賞味期限が切れても 状態によっては食べられる• 肉を冷凍しても 食中毒の原因菌は死滅しない• 冷凍肉から 食中毒になる可能性もある• 肉は 正しい冷凍保存法で美味しさを保てる• 肉は 正しい解凍方法なら旨味を逃がさない• 下味冷凍で肉の酸化を防ぎ、調理が楽になる 冷凍肉の賞味期限が過ぎてしまうと、食べるべきか捨てるべきか迷うところですが、まずは 解凍してみて様子を確認しましょう。 変な臭いや粘り気がなければ、大丈夫な場合が多いのですが、食べる際は 自己責任で食べるようにして下さい。 さすがに、賞味期限を半年や1年くらい過ぎてしまったものは、安全とは言い難いので捨てた方が良いですね。 私もよく肉を冷凍しますが、冷凍期間は1ヶ月を過ぎないように使うようにしています。 ひき肉に関しては、2週間と短いので今後は気を付ていきたいと思います! あなたも肉を冷凍する際は、1ヶ月で使い切ることができる量を考えながら、冷凍してみて下さい!.

次の

作り置きより簡単!? 肉の「下味冷凍」レシピ。そのままゆでる・焼く・煮るだけでOK

牛肉 下味 冷凍

すりおろし玉ねぎ効果でお肉の旨味が増すおすすめレシピです。 牛肉の代わりに豚肉を使っても美味しいです。 つけおきの状態で冷凍庫で1ヶ月保存可能です。 特売日に買って冷凍しておくと節約になります。 (すりおろす際に出る玉ねぎの破片も一緒に入れて大丈夫です。 牛肉(豚肉)を2に入れ、5分以上つける。 フライパンに炒め用油を入れ熱し、3を汁ごとすべて入れ中火で焼き、牛肉に火が通ったらできあがり。 3の状態で冷凍保存が可能です。 冷凍庫で1ヶ月持つので特売日に買って冷凍しています。 お酢が大さじ1入りますが、酸っぱくなりません。 良い感じに味をまとめてくれます。 牛肉の代わりに豚肉でも美味しくできます。 アクセスしていただきありがとうございます。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 1週間の献立アイデアとしてご活用ください。 人気レシピTOP35はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の

【保存版】冷凍牛肉の美味しい食べ方とおすすめレシピを徹底解説!

牛肉 下味 冷凍

スーパーの特売日に牛肉をまとめ買いする、という方も多いのではないでしょうか?コストコや業務スーパーでは、年中安くて大量の牛肉がパック詰されています。 一度に使いきれない場合はもちろん冷凍保存するのですが、 正しい冷凍保存方法を知っていますか? 普段何気なく冷凍している牛肉も、正しい保存方法を知れば もっと美味しく、 もっと便利に牛肉を活用することができます。 牛肉を自己流でなんとなく冷凍していた、という方にも知ってもらいたい、牛肉を美味しく長持ちさせる冷凍保存方法と、解凍方法を紹介します。 解凍した牛肉でも美味しく食べられる レシピも5選紹介します。 お肉の中でも高級だからこそ美味しく食べたい、牛肉の保存方法に詳しくなりましょう!• ピーマン• たけのこ• オイスターソース• 塩こしょう• 片栗粉• 鶏ガラスープ• 牛肉に塩こしょう、溶き卵少々を加え しっかり手で揉み込みます。 ボウルに 水分がなくなるまでしっかり調味料を牛肉に揉み込んだら、片栗粉を加えなじませます。 油も仕上げになじませておきます。 酒、砂糖、醤油、オイスターソース、鶏がらスープ、塩、水溶き片栗粉をボウルに合わせておきます。 フライパンに油をなじませ、余った卵に塩を加えて炒めます。 卵はいったん取り出し、牛肉を炒めます。 牛肉に火が通ったら、たけのこ、ピーマンを加え、ねぎ、生姜も加えます。 卵を戻し入れ、合わせ調味料を少しずつ回しかけ出来上がりです。

次の