楽天アジア。 【楽天市場】お知らせ > New Arrival:アジア工房

エアアジアで行く北海道!名古屋

楽天アジア

エアアジア・ジャパン株式会社(本社:愛知県常滑市)をはじめとするエアアジア・グループは、楽天株式会社(本社:東京都世田谷区)が提供するオンライン決済サービス「楽天ペイ(オンライン決済)」を導入し、本日から、エアアジアのウェブサイトでの航空券購入時に利用できるようになりました。 航空会社として同サービスを航空券予約サイトにおける決済手段に採用するのは今回が初めてです。 エアアジアのお客様は、ウェブサイトの日本語表示および日本円での決済時に、決済手段として「楽天ペイ(オンライン決済)」を選択できます。 本邦航空会社であるエアアジア・ジャパンのほか、長距離LCCであるエアアジアX(マレーシア)や、タイ・エアアジアX(タイ)を含む、エアアジア・グループのすべての航空会社の航空券を同サービスにて購入可能となりました。 「楽天ペイ(オンライン決済)」は、楽天会員登録をしているユーザーが、楽天グループ以外のECサイトにおいて、楽天IDを使って簡単にオンライン決済ができるサービスです。 楽天IDに登録しているクレジットカード情報を利用して、簡単に決済ができるだけでなく、決済時には「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることもできます。 また、サービス導入を記念して、「エアアジア 楽天ペイ導入記念キャンペーン」を実施します。 本日から12月29日(日)までの間、キャンペーンページから「楽天ペイ(オンライン決済)」を利用して航空券を予約すると、エアアジアの日本国内線および日本発着路線が特別価格で購入できます。 さらに、利用金額に応じて付与される「楽天スーパーポイント」が、通常利用時の3倍となります。 詳細は以下の通りです。 「楽天ペイ(オンライン決済)」で決済すると「楽天スーパーポイント」が、100円(税込)につき1ポイント付与されます。 また貯ったポイントをお支払いに利用することもできます。 日本を発着する全路線を対象に、2019年12月9日(月)から2019年12月29日(日)までの期間中に、「楽天ペイ(オンライン決済)」を利用して2019年12月9日(月)から2020年3月31日(火)搭乗分の航空券を購入したお客様を対象に、航空券を特別価格にてご提供します。 ご購入の際には、キャンペーンページにてキャンペーンの適用条件をよくお読み下さい。 キャンペーンページにおいて事前エントリーの上、「楽天ペイ(オンライン決済)」を利用して 航空券を購入したユーザーを対象に、購入金額に応じて付与される「楽天スーパーポイント」が、通常の3倍 となります。 【楽天ペイ(オンライン決済)について】 「楽天ペイ(オンライン決済)」は、楽天会員登録をしているユーザーが、楽天グループ以外のECサイトにおいて、楽天IDを使って簡単にオンライン決済ができるサービスです。 楽天IDに登録しているクレジットカード情報を利用して簡単に決済が行えるだけでなく、決済時には「楽天スーパーポイント」の獲得および利用が可能です。 【エアアジア・グループについて】 エアアジア・グループは、アジアを中心に世界150以上の都市を結ぶネットワークを誇る世界最大級のローコストキャリアです。 日本では、日本国内線だけでなく、日本から台湾、マレーシア、タイ、ハワイなどを結ぶ路線を提供しています。

次の

楽天

楽天アジア

勉強は出来ないが、大人に平気で逆らうワルっぽい雰囲気が目立つハオティンは、学校で人気があった。 彼女に近づくなと殴って警告した事で、1週間の罰を仲間5人で受けることになった。 ボーシャンはアルバイト先のジムに通うジーガン(トム・チャン)に惹かれていた。 バイトに行けなかったため会いたくて、ジーガンの勤めるお店に訪ねていく。 そこでシーグウが親しげにしている様子を見てしまう。 その出来事をきっかけに、何度も自分のピンチの時に助けてくれるエーにピートは思いを寄せるように。 一方、エーも世間知らずで危なっかしいピートが気にかかり、何かと世話を焼いてしまう。 そして、今まで抱いたことのない感情の壁にぶつかっていく。 スポーツ科学部に通うキャンは、サッカーボールを追って車道に飛び出したところ、国際学部のティンが運転する車にひかれそうになる。 セレブ一家の御曹子であるティンは、度々キャンにひどい言葉を浴びせるが、キャンも負けじと張り合っていた。 ある日、キャンの言葉に怒りを抑えられなかったティンは、キャンの口をキスで封じるが、妙な感覚を覚え…。 サッカー部のキャプテンであるテクノーは、押しに弱く後輩からバカにされながらも面倒見の良い性格。 そんなテクノーに思いを寄せていたテクノーの弟テクニックの親友であるケンクラは、テクノーを手に入れるためにテクニックに協力させ、いろいろな策を講じていた。 そうとも知らずケンクラに対して弟のように接するテクノーだったが…。 ヨウティエンは自然とグァングァンのことを実の弟のように可愛がるようになった。 一方グァングァンは配達用のバイクが盗まれたことをきっかけに、警備員のシャオ・ランと知り合いになった。 シャオランもまた、頑張って生活しているグァングァンをかつての自分と重ね、彼の面倒をみるようになった。 シャオ・ランが現れたことで、ヨウティエンはグァングァンへの独占欲に気づかされるが、ヨウティエンのことが気になっている女性社員ユエンユエンとグァングァンの魂が入れ替わってしまった…。 孤独をほぐすために、リャン・ズーはチンチラを飼っており、ある日突如交配させたいと思い、ペットショップに訪れる。 そこで、ペットショップのオーナー ハン・ハン(ゴン・ヂェン)と出会い、親切に接してくれるハン・ハンに、リャン・ズーは自然と甘えるようになり、親友に巡り会えたと思った。 しかし、ハン・ハンから自分のことを恋人として好きになったと告げられる。 リャン・ズーは自分が男を好きになるわけがないと思いながらも、ハン・ハンと離れたくない気持ちで葛藤している。 新入生の教育を担当するアーティット(ピーラワット・シェーンポーティラット/クリス)をはじめとする三年生先輩たちの厳しい指導に納得できないコングポップは、新入生の先頭に立って反発する。 その罰として、コングポップは公共の場で「僕は男が好きです」と大声で話すことになってしまったが、懲りずにアーティットに「先輩を僕の妻にします」と宣言した。

次の

旧正月に事業撤退で解雇をした楽天シンガポール~英語公用語よりグローバル企業に大切なこと~

楽天アジア

グローバル化する世界経済のなかで、とりわけ東アジア諸国・地域は通信機器、事務機器、コンピュータなどIT関連製品の生産地域となっている。 なかでも「世界の工場」と呼ばれる中国はこうしたIT関連製品の一大集積地を形成し、特に広東省は中国の電気機械輸出の47・6%、一般機械輸出の28・1%を占める「世界の工場」中国のまさに中心地域となっている。 しかし、2000年代中頃から広東省では人件費が上昇し、これまでのような労働集約的生産による輸出拡大は限界に近づきつつある。 産業構造の転換や高度化で低付加価値産業を他国へ分散する二次展開がみられはじめた。 広東省からの二次展開先として最も近い外国がベトナムであり、携帯電話、印刷機械といった最終製品の組立工程の生産立地がベトナムに展開されるようになった。 そして、IT製品の「世界の工場」の中心地域である広東省とベトナムの間で国際分業が活発化しはじめたのである。 本書はこうした広東省を再編の起点とするような東アジアの国際分業構造の変化を、ベトナムと広東省の分業構造から読み解こうとするものである。 また、本書タイトルにある「華越【かえつ】経済圏」という用語は、華南の「華」とベトナム(越南)の「越」を組み合わせた筆者の造語である。 広東省珠江デルタを中心とする華南経済圏とベトナム(越南)間の生産ネットワークの深化により、これら地域が一体化した経済圏となることを展望したものである。 本書は国際分業における「事実上の経済統合」地域として、この華越経済圏が新たに誕生したことを提示するものである。 本書は、20年来の筆者のアジアでの経験を集大成したいという思いで書かれている。 「華越経済圏」の展望を学術的な視座から論考する専門書的な体裁をとりつつも、平易な表現による一般書的な読みやすさも考慮している。 本書の内容が東アジアで活躍する日本企業関係者に、新しい工程分業地域としての「華越経済圏」の形成を提示でき、今後の事業戦略に資することができれば幸いである。 (いけべ・りょう) 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 中国南部とベトナム北部を結ぶ新たな生産ネットワーク、「華越経済圏」。 その明快な分析をつうじて、東アジアの国際分業の今後を展望する意欲作。 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 東アジアの国際分業構造ー先行研究と研究の枠組み/第2章 東アジア各国の工業化段階ーカエル跳びパターンの盛衰/第3章 産業高度化に向かう広東省ー加工貿易の構造転換/第4章 ベトナムの工業化ー東アジアの国際分業への参加/第5章 広東省とベトナムの日本企業ー事例研究/第6章 広東省とベトナムの国際分業ー東アジアの新しい生産ネットワーク/第7章 「華越経済圏」の形成にむけてー国境を越えた分業促進の課題と展望 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 池部亮(イケベリョウ) 1969年東京生まれ。 福井県立大学地域経済研究所准教授。 青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程修了。 専門はアジア経済論で、特にベトナムを中心とした東南アジアと中国の企業動向に詳しい。 1994〜1996年、ハノイ総合大学(現ベトナム国家大学)留学。 1998〜2002年、日本貿易振興機構(ジェトロ)ハノイ事務所勤務。 2006〜2012年、ジェトロ広州事務所副所長。 2012年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の