無料 音楽編集ソフト。 【無料】Windows10音楽編集フリーソフトおすすめ5選!初心者でも簡単に使える!

【無料】Windows10音楽編集フリーソフトおすすめ5選!初心者でも簡単に使える!

無料 音楽編集ソフト

「DVD Memory」を使って音楽などを取り込む場合、音楽データなどをコピーする前に必要な道具をいくつか用意しましょう。 例えば音声ファイルやパソコン、光学ドライブやCD-Rなどを準備します。 尚、使用する音声ファイルには使用権限やCDなどへの書き込み権限が設定されている場合は書き込むことができないので注意が必要となります。 DVD Memoryをインストールするとすぐに利用することができます。 公式サイトから無料でお試し版を入手することができるのでとても便利です。 オーディオCDを書き込む場合 「DVD Memory」を起動し、「CDに書き込み」をクリックしましょう。 その他のDVDツールをクリックするとツールボックスは表示されます。 CDに書き込みをクリックすると、CDに書き込み画面も表示することが可能です。 音声ファイルの読み込みの場合、真ん中にある音楽を追加をクリックしたり、音声ファイルをドラッグ&ドロップできます。 複数の音声を選択するにはCtrlキーを押しながらファイルをクリックすると便利です。 音声ファイルをダブルクリックしてから音声ファイルを確認し、書き込みを行うディスクを挿入してから、作成をクリックしましょう。 しばらく待つと書き込みが完了します。 データCDを書き込む場合 「DVD Memory」を起動し、「データディスクを書き込み」をクリックしましょう。 後は音楽ファイルをドラッグ・ドロップしてデータディスクの作成が可能です。 音楽ファイル以外に、動画、写真ファイルの読み込みも可能です。 Windows 10の標準機能を利用する CDにデータを書き込む方法は簡単で、まずは空のCD-Rをドライブに挿入しましょう。 タイトルに名前を付け、USBドライブと同じように使用するを選択すると何度でもデータを保存することが可能です。 編集したり削除することができるシステムで書き込むことができるでしょう。 この書き込み方式の場合はWindows10はもちろん、ほとんどのコンピュータでデータを読むことができます。 どちらかを選択するとドライブのフォルダが開くことになります。 次にデータをドライブのフォルダにドラッグ&ドロップします。 ファイルをすべて追加すると画面上部にある管理タブから書き込みを完了するをクリックしましょう。 ディスクタイトルを確認したり、編集し書き込み速度を選択することが可能です。 原則的に書き込む速度が遅い方がエラーの発生が少ない傾向になります。 次へをクリックすると、ディスクにコピーすることが可能です。 もともとある機能を使ってもいいし、フリーソフトなどが販売されているので様々な方法を利用することが可能です。 Windows10を利用するとデータをメディアに書き込みすることができます。 USBを利用してもよいですが、CDの方が安く使用することが可能です。 などのソフトを利用するとスピーディに処理することができ、高音質や高画質のまま保存することができるでしょう。 操作方法が簡単なので初心者も気軽に利用することができます。

次の

無料音楽作成・編集ソフト一覧

無料 音楽編集ソフト

提供者:adobe• 日本語対応:対応不可• ソフトサイズ:19. 34MB 元はCooleditで、今はAdobeから提供されるAdobe Auditionで、有料ソフトとなった。 が、元のCooleditは無料の音声編集ソフトで、今でもダウンロード、利用可能である。 専門的な力が持って、経験者なら専門的な作業が完成できる。 直感的な操作方式で、初心者でも簡単かつ精確にMP3編集、カット、組合できる。 入力ファイルと出力ファイルが様々なフォーマットが対応でき、音楽ファイルの変換も実現できる。 が、今有料版しかリリースされていないので、無料版は最新のパソコンOSバージョンに対応できない。 対応OSバージョン:Windows 10まで• 提供者:The Audacity Team• 日本語対応:ローマ字で対応済み• ソフトサイズ:23. 2MB 音楽編集をパソコンで行うとすぐ思い付くWave編集ソフトで、無料だけど普通の編集ニーズが対応できる。 このMP3 編集フリーソフト一枚だけで音声の録音、再生、編集が実現できる。 特に一般的にMP3編集、カット、コピー、ペーストなど、Waveを見ながら直感的に操作でき、初心者でも精確にできる。 音量の調整や、ノイズの除去など機能も内蔵される。 初心者に一番やさしいのは操作の取り消し回数は無制限で、間違ったらすぐ元に戻れる。 動作も処理速度も無料ソフトに優れたと評価されている。 5以降• 提供者:NCHsoftware• 日本語対応:対応済み• ソフトサイズ:1. 09MB 初心者でもプロの音楽編集がらくらくにできるように開発された無料音楽編集ソフトで、高機能に直感的な操作で人気になる。 音楽編集をパソコンで行う機能を利用して、非商売用なら無料の様子である。 ほぼすべての音声ファイルに対応できるが、一番オススメのはMP3であり、MP3ファイルなら切り取り、コピー、貼り付け、自動トリミングなど多彩な編集機能から、入力出力まで対応できる。 一度の操作で大量のファイルを変換したり、エフェクトを追加することができる一括処理機能はとても便利である。 対応OSバージョン:Windows 95からWindows10まで• 提供者:FAE Distribution, Inc• 日本語対応:対応不可(日本語化パッチあり)• ソフトサイズ:未明 Free Audio Editor は、WAV、MP3、WMA、OGG、オーディオCD などを加工するエディタである。 トリミング、クロップ、フェードイン、フェードアウト、エコー効果、ビブラート効果、速度変更、ピッチ変更、指定領域のボリューム増減、無音部挿入など様々な編集を視覚的に行う機能が内蔵している。 が、出力ファイルはMP3ではなく、Waveファイルだけサポートできる。 オーディオCDのリッピングとライティング、ビデオから音楽抽出、レコーディングなど多彩の機能が提供している。

次の

【2020年版】おすすめ無料音声編集ソフト|フリーで初心者も簡単音声作成・編集

無料 音楽編集ソフト

音楽編集ソフトを選ぶポイント 音楽編集ソフトは数多くありますが、各ソフトにて特徴や機能が変わってきます。 その中でもどのソフトがいいか、有料にすべきかなど選ぶためのポイントを紹介していきます。 是非参考にしてみてください。 ポイント1 ほしい機能で選ぶ 曲のニュアンスを変えたいのか、単に1部をカットしたいのか、複数のファイルを連結したりなど、どのような機能が必要かを明確にし、それを基準にすると選びやすくなります。 無料から入り、明確になったら有料にするのもいいでしょう。 ポイント2 対応しているフォーマットで選ぶ 音楽編集ソフトによって、対応している音源のフォーマットが異なります。 曲を流す場所によってmp3やWAVEなどフォーマットが決まっていることもあるため、対応しているか考慮する必要もあります。 有料ソフトと無料ソフトの違い 有料・無料の大きな差は使える機能の豊富さになります。 フリーソフトでも多くの機能を使えるようになっていますが、高度な部分、細かい部分になるほど、差が大きくなってきます。 編集するレベルによって使い分けていきましょう。 (フリーソフト編)音楽編集ソフトのおすすめ6選 フリーソフトには、切り貼りのみのものから、編集をある程度できるものまで幅広く存在しています。 各レベル感に合わせておすすめのソフトがありますので、今回はおすすめの6種類を紹介します。 mp3DirectCut 対象はmp3のみですが、音源を劣化させずに加工できるソフトです。 他のソフトでは、編集を重ねるごとに少しずつ音が悪くなっていきますが、このソフトではそうなりません。 分割・結合の作業で重宝されるソフトです。 特徴 デコードや再エンコードなしで編集できることからmp3の音声データを劣化させないこと特徴です。 機能としては分割と結合のみなので、用途が切り貼りのみで音の綺麗さを保ちたい人におすすめです。 カスタマイズもしやすいので、初心者からベテランまで幅広く愛されているソフトになっています。 特徴 初心者でも使いやすいことが特徴のocenaudio。 ドラッグ&ドロップするだけで音源を読み込めるため、非常に使いやすいです。 もちろん、切り貼りなどの基本編集の機能も多彩なので、使いやすさを重視する方におすすめです。 対応os:Mac・Windows・Linux Sound Engine Free WAVEファイルを対象とし、エフェクトをつけたり、切り貼りが簡単にできる音声波形編集ソフトです。 曲全体の平均ボリュームを検出して、自動的にボリューム調整をするなどの機能も備わっており、使いやすくなっています。 特徴 音声波形編集ソフトなので、編集ポイントが見やすいのも特徴。 音源を再生しながら波形を調整でき、1部分を選択して編集したり、1部のみ削除したりすることも可能です。 初心者でも簡単に編集ができます。 対応os:Windows Vista以降 WavePad WavePadは、プロにも使われている編集ソフトです。 有料版もありますが、無料版でも十分に編集を行うことができます。 全ての音声フォーマットに対応しているため、幅広く使われているソフトになっています。 特徴 基本的な作業はもちろん、リバーブやエコー、イコライザーなどのエフェクトの追加やノイズ除去など機能が多くあることが特徴になっています。 ボイスチェンジャーなどの機能も搭載されており、多彩な編集ができます。 対応os:Windows. Mac Audacity 編集だけでなく、録音なども可能なソフトです。 対象となるファイルはOGG,MP3,WAVと多くないですが、大体の音源に対応可能です。 外部からのマイク接続も可能と様々な場面で使えるソフトです。 特徴 ノイズ除去、分割、ピッチ変更など、様々な編集が可能でテンポ変更やBGM挿入などの機能もあるソフトです。 波形を見ながら編集ができること、インターフェースがわかりやすいことなどから初心者にもおすすめです。 編集はもちろんできますが、楽曲も作れるソフトになっています。 iPhoneでもアプリがあり、Macと合わせて両使いしている人も増えています。 特徴 簡単に音楽を演奏・録音でき、新しい音楽を作れることができます。 もちろん、編集としての機能も多彩で使いやすくなっています。 サウンドライブラリもあり、多くの無料音源やループパックを利用することも可能になっています。 対応os:Mac (有料ソフト編)音楽編集ソフトのおすすめ6選 無料ソフトでは物足りない方、もっとこだわりたい、細かく編集をしたいという方は、有料ソフトがおすすめです。 有料ソフトの中でも多くの種類があり、特徴も違うのでおすすめを6種類紹介していきます。 CUBASE 機能性、操作性ともに評価が高いソフトで、初めて有料ソフトを買うならこれというくらいの人気があります。 Elements・Artist・Proと3つのグレードがあり、用途に合わせて機能を選べるソフトです。 特徴 基本機能はもちろん搭載しており、こだわった編集が可能です。 さらに、ピアノロール画面やコードトラック機能、バーチャルインストゥルメント、サウンドエフェクトなども搭載しており、編集だけでなく曲を作ることもできます。 対応os:windows、mac REAPER とても軽いソフトで昨日も充実していることから、DTM好きからの人気が高くなっているソフトです。 最新のパソコンでなくとも、サクサクと使えるソフトとしても有名で使いやすいソフトになっています。 特徴 REAPERは機能が充実しているのに、軽くてサクサク動くことが特徴のソフトです。 キー・コマンド・ツールバー・メニュー・マウスの動作などのインターフェースを自由にカスタムできる点も人気の理由の一つとなっています。 対応os:windows、mac Ableton Live Lite 作曲に特化したものではありますが、編集にも適しているソフトになります。 複数種類ありますが、編集であればLiteで問題ありません。 また、無料で最新バージョンにアップデートしてくれるのも嬉しいポイントです。 特徴 「インストゥルメント」「オーディオエフェクト」「MIDIエフェクト」の3種類に基本機能が分かれており、その中でもよく使う機能を呼び出しやすく設定できることも特徴です。 Reverbなど高度な編集にも対応できるソフトです。 必ず記載:対応os:windows、mac ProTools ProToolはレコーディングスタジオでも使われているプロ定番の音楽編集ソフトです。 特徴 MIDI機能も充実しており、やりやすさも抜群です。 レイヤー編集モードではクリップが重なっていても編集ができるなど機能は充実しています。 必要なツールが全てあるので、困ったらこのソフトで間違いありません。 対応os:windows、mac Logic Pro X Appleが開発した有料音楽編集ソフトとして有名なLogic Pro X。 編集機能なども充実しており、フルバージョンのDAWでも2万円弱とかなり安価で手に入れることができます。 Macユーザーにおすすめのソフトです。 特徴 このソフトは大量のループ素材と音源が最初から付いていること、作曲・アレンジ・ミキシングがシンプルで簡単にできることが特徴です。 初心者でも使いやすくおすすめです。 Audio Director 動画編集のためのオーディオ編集ソフトではありますが、音楽の編集にも向いているソフトになっています。 機能が制限されていますが、無料のお試し版もあるため、まずはお試し版から試してみるのもおすすめです。 特徴 フェード、イコライザー、ノイズ除去など基本的な機能はもちろん揃っており、エフェクトなどもあるため、編集に困ることはありません。 また、細かい調整も簡単に行うことができるため、初心者でも使いこなしやすいソフトです。 対応os:windows.

次の