キスマイツイッターリアルタイム。 「キスマイどきどきーん!」生特番を無料配信 ファン大喜び「会員登録なしで見られるのは最高」:イザ!

やっぱホンモノ!キスマイ宮田俊哉の財布から出てきた“ブツ”に歓喜の人々

キスマイツイッターリアルタイム

Kis-My-Ft2が30日放送のTBS系『CDTVライブ!ライブ!』初回4時間スペシャルに出演し、メドレー形式のパフォーマンスを披露。 名前こそ明確に出さなかったものの、今月限りでジャニーズ事務所を退所する中居正広への感謝とエールを送り、ネット上で大きな反響が挙がった。 この日の放送に出演したキスマイ。 番組では事前の打合せ映像を流した。 メドレーで採用する楽曲を決める中で、「感謝とか伝えたい」「ステージが変わる人がいっぱいいるので、門出じゃないですけど」などとメンバーは口にし、感謝やエールを届けたいとの声が挙がった。 さらに、「見てもらいたいなあ」などの声が挙がる中、北山宏光が「お世話になったからな…」と何かを押し隠すような表情で語ると、メンバーは爆笑。 「めっちゃ匂わすじゃん」とツッコミが入った。 実際にキスマイが歌唱したのは「光のシグナル」「負けないで」、さらに、中居がプロデュースした二階堂高嗣、千賀健永、横尾渉、宮田俊哉の「舞祭組」の「棚からぼたもち」の3曲。 その「棚からぼたもち」の歌唱中には、途中から北山、玉森裕太、藤ヶ谷太輔の3人も加わり、メンバー7人でのパフォーマンスをおこなった。 歌唱後、宮田は「僕たちをお世話してくれた、あなた、観てますかー!!」と呼びかけ、二階堂は「ごはん連れてってくださーい!! 」とし、メンバーはカメラに向かって笑顔で大きく手を振っていた。 このキスマイのパフォーマンスにネット上では大きな反響が寄せられ、様々な関連ワードがトレンド入りする人気に。 ツイッター上には「中居くんへ直接のメッセージじゃんかっ! 泣いちゃう…」「中居さん、SMAPとキスマイの絆が素晴らしかった!」「キスマイと中居さんってただの先輩後輩じゃなくて苦境の時に支え合える関係だから余計に素敵だなぁって思う」などの声が寄せられた。 宮田の言った「あなた」は中居のことを指すと捉え、キスマイと中居の関係性を改めて確認し、感激するファンが続出した。 さらに、パフォーマンス中にはキスマイを照らすライトがSMAPカラーで彩られることも。 ファンからは「キスマイのメドレー、背景に5色の線」「照明がSMAPメンバーカラー5色 キスマイちゃんと中居くんSMAPの愛に満ちた空間」「背景のライトの5色に泣いた あの方~! 見てましたかぁ~」などと、粋な演出に感涙するファンも見られている。

次の

やっぱホンモノ!キスマイ宮田俊哉の財布から出てきた“ブツ”に歓喜の人々

キスマイツイッターリアルタイム

タレントの中居正広(47)が2日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)に出演。 改めて「外出自粛」を強く呼びかけるとともに、以前の同番組でほのめかしていた自身初のSNS開始について再び触れ、ツイッターとインスタグラムのどちらがいいか迷っている様子も明かされた。 リスナーからの質問に答える形で「お知らせはラジオで言います」としつつ「それこそツイッターとか公式インスタグラムみたいなのやろっかなぁ…と思うんだけども」と切り出した中居。 夜はやらないとか」と対策も挙げた。 だが、SNSを開始する前には、もうひとつ問題が…。 中居はツイッター利用者だという番組スタッフにいろいろと確認しながら「ツイッターの設定って簡単?」「それ、オレのホームページからやるの?」「ツイッター屋さんてあるんだ?」「インスタグラム屋さんのツイッター?」「会社の名前なの?インスタグラムとツイッターって」「お金払うの?ツイッター屋さんに」などと質問攻め。 最終的には「インスタグラム屋さんとツイッター屋さんがあるんだ…」と納得?した。 新型コロナウイルス感染拡大で日本中、世界中で沈みがちな毎日が続いている。 「ほんとちょっと…知恵絞んないとな。 やっぱり僕らタレントって基本的にはサービス精神を持っている人たちだと思うんですよ。 笑ってもらいたい。 喜んでもらいたい。 楽しんでもらいたい。 いろんなことがあっても忘れてもらいたいとか。 本当…娯楽の一部だったりするんで。 誰かが困ってるとか、国が困ってるとか、県が困ってる時に指をくわえて見てらんないんですよ。 何かできないのかなって」と中居。 4月1日の独立にあたってSNSを始めようとは「1ミリも思ってなかったんですけど」としたが、広がるコロナ禍に「やった方がいいのかなって」と心境の変化を明かした。 また、退屈する子どもたちとそんな子どもたちの世話に追われるママたちを思って最初は絵本の読み聞かせをやろうと考えていたことを明かしたが「インスタもツイッターもないから、そこでまず、つまずいて」と中居。 出版社の権利関係などもあり「なかなか…」とつぶやいた。 それでも番組最後には一段と声を張り、「みんな、頑張ろうぜ!オレも遊びたいよ。 仲間と会いたいけどね。 仲間に会えないんだよね。 ちゃんと僕もつらいから。 みんなで協力しないと…ね。 医学の力とか政治の力とかじゃなくて、みんなが意識持たないといけない。 しっかり輪になって…世界中だからね、うん。 あの…頑張ってみよう!」と外出自粛を強く呼びかけていた。

次の

「キスマイどきどきーん!」生特番を無料配信 ファン大喜び「会員登録なしで見られるのは最高」:イザ!

キスマイツイッターリアルタイム

タレントの中居正広(47)が2日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)に出演。 改めて「外出自粛」を強く呼びかけるとともに、以前の同番組でほのめかしていた自身初のSNS開始について再び触れ、ツイッターとインスタグラムのどちらがいいか迷っている様子も明かされた。 リスナーからの質問に答える形で「お知らせはラジオで言います」としつつ「それこそツイッターとか公式インスタグラムみたいなのやろっかなぁ…と思うんだけども」と切り出した中居。 夜はやらないとか」と対策も挙げた。 だが、SNSを開始する前には、もうひとつ問題が…。 中居はツイッター利用者だという番組スタッフにいろいろと確認しながら「ツイッターの設定って簡単?」「それ、オレのホームページからやるの?」「ツイッター屋さんてあるんだ?」「インスタグラム屋さんのツイッター?」「会社の名前なの?インスタグラムとツイッターって」「お金払うの?ツイッター屋さんに」などと質問攻め。 最終的には「インスタグラム屋さんとツイッター屋さんがあるんだ…」と納得?した。 新型コロナウイルス感染拡大で日本中、世界中で沈みがちな毎日が続いている。 「ほんとちょっと…知恵絞んないとな。 やっぱり僕らタレントって基本的にはサービス精神を持っている人たちだと思うんですよ。 笑ってもらいたい。 喜んでもらいたい。 楽しんでもらいたい。 いろんなことがあっても忘れてもらいたいとか。 本当…娯楽の一部だったりするんで。 誰かが困ってるとか、国が困ってるとか、県が困ってる時に指をくわえて見てらんないんですよ。 何かできないのかなって」と中居。 4月1日の独立にあたってSNSを始めようとは「1ミリも思ってなかったんですけど」としたが、広がるコロナ禍に「やった方がいいのかなって」と心境の変化を明かした。 また、退屈する子どもたちとそんな子どもたちの世話に追われるママたちを思って最初は絵本の読み聞かせをやろうと考えていたことを明かしたが「インスタもツイッターもないから、そこでまず、つまずいて」と中居。 出版社の権利関係などもあり「なかなか…」とつぶやいた。 それでも番組最後には一段と声を張り、「みんな、頑張ろうぜ!オレも遊びたいよ。 仲間と会いたいけどね。 仲間に会えないんだよね。 ちゃんと僕もつらいから。 みんなで協力しないと…ね。 医学の力とか政治の力とかじゃなくて、みんなが意識持たないといけない。 しっかり輪になって…世界中だからね、うん。 あの…頑張ってみよう!」と外出自粛を強く呼びかけていた。

次の