イタチ の 仲間。 よくわかる!イタチとテン、オコジョ、フェレットを見分ける方法|姿を見て確認しよう。ハクビシンやイタチ・テンの違いはどこに?|生活110番ニュース

【写真あり】イタチとテンとハクビシンの簡単な見分け方

イタチ の 仲間

オオイタチシダ-関西の花・シダ・西宮- オオイタチシダ Dryopteris pacifica Nakai Tagawa 里山・山地・林縁のシダ オシダ科 オシダ属 Fig. 1 (兵庫県神崎郡・道端の林縁 2011. 根茎は短く斜上し、塊状となり、葉を叢生し、鱗片をつける。 葉柄下部の鱗片は黒褐色〜黒色、線状披針形。 葉身上部はやや急に狭くなるが、ふつう明瞭な鉾形とはならない。 葉質は硬い紙質、黄緑色〜濃緑色(〜黒緑色)、ふつうは表面に光沢があるが、ときに光沢のないものもある。 葉身はやや5角状の広卵形、2回羽状複生、羽片は詰まってつき、有柄、羽軸の鱗片は扁平で、ほとんど袋状にならない。 裂片はふつう微鋸歯縁、辺縁はふつう反曲しない。 ソーラス葉身全体につき、裂片の中間かやや辺縁寄りに並ぶ。 【メモ】 オオイタチシダは変異が多く、ベニオオイタチシダ、アケボノオオイタチシダ、ツヤナシオオイタチシダ、アツバオオイタチシダ、 アオニオオイタチシダの5変異群に分けて同定する方法があり、web上では山口純一氏のサイト の が詳しい。 2 地上部標本。 (兵庫県神崎郡・道端の林縁 2011. 羽片は詰まってつき、有柄。 最下羽片の第1下向小羽片が第2羽片より長い。 画像のものを5変異群を採用して分けるとすると、葉面緑色、光沢と厚みがあって、辺縁やや反曲し、小羽片上部に鋭鋸歯があるため アツバオオイタチシダということになる。 3 葉柄基部の鱗片。 (兵庫県神崎郡・道端の林縁 2011. 4 葉先。 (兵庫県神崎郡・道端の林縁 2011. 5 中軸の鱗片。 (兵庫県神崎郡・道端の林縁 2011. 6 羽軸の鱗片。 (兵庫県神崎郡・道端の林縁 2011. 7 ソーラス。 (兵庫県神崎郡・道端の林縁 2011. ヒメイタチシダより大きい。 生育環境と生態 Fig. 8 道端の林縁に点在するオオイタチシダ。 (兵庫県神崎郡・道端の林縁 2011. 地表は乾燥気味でテイカカズラやフユイチゴが茂り、シダ類では他にトウゴクシタが少数みられた。 Fig. 9 湿った岩壁に生育するオオイタチシダ。 (兵庫県姫路市・岩壁 2012. 岩壁は一部がホウオウゴケに覆われ、カタヒバ、トウゴクシダ、タチツボスミレ、イタビカズラが生育していた。 最終更新日:21st. Mar. 2013.

次の

【写真あり】イタチとテンとハクビシンの簡単な見分け方

イタチ の 仲間

ペットしても大人気!フェレットの特徴 イタチそっくりのフェレットは、イタチ科の動物。 イタチとの違いは、人間ペット用に品種改良されたものをフェレットと言っています。 野生のイタチはすごく凶暴で、害獣とされるほどに、たくさんの被害を及ぼします。 しかしフェレットに関しては、ペット用に改良されたということもあり、犬や猫よりも人に慣れやすいとも言われています。 フェレットがペット用として日本に広まったのは1993年になってからなので、約25年前からのようですね。 あまり聞きなれないオコジョとはどんな動物? イタチやフェレットはよく聞く動物だと思いますが、オコジョは聞いたことがある人はイタチやフェレットよりは少ないのではないかと思います。 オコジョもイタチの仲間で、日本ではホンドオコジョとエゾオコジョという種類のオコジョが生息しています。 日本では2種類のオコジョが生息されていますが、世界中では35種類のオコジョがいると言われています。 オコジョは、フェレットに比べると16~30cm位の体長で小柄です。 スポンサードリンク 小柄な体型なので飼いやすそうに思われますが、オコジョの飼育をすることはできないと言われています。 オコジョは準絶滅危惧種にも指定されており、長野県では天然記念物としても言われています。 飼育することはおろか、捕獲することもできません。 まとめ イタチはイタチ科イタチ属に含まれる哺乳類を総称した呼び名です。 フェレットやオコジョもイタチの仲間に分類されています。 イタチの仲間ではありますが、それぞれに違いや特徴があり、発祥した場所やジャンプ力などの運動神経など、外見でもそれぞれに違いがあります。 ペットとしてイタチを飼うなら、その多くはフェレットがほとんどだと言われています。 フェレットにはいろいろなカラーバリエーションが存在するので、選ぶ楽しさもありますよ。 スポンサードリンク.

次の

イタチの仲間の動物をご紹介します!

イタチ の 仲間

イタチという言葉について 「イタチ」と聞くと何を思い浮かべますか。 おそらく胴長のあの生き物を想像するでしょうね。 しかしイタチという言葉は、イタチ科イタチ属に含まれる哺乳類の総称なのです。 私たちが「イタチ」と一般的に読んでいる生き物は大抵の場合は「 ニホンイタチ」であることがほとんどです。 フェレットとは? フェレットという生き物も、イタチにそっくりですよね。 こんな姿です。 非常によく似ていますが、イタチとフェレットとはどのような違いがあるのでしょうか。 フェレットに関しては以下の記事でも詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。 実はフェレットもイタチ科に属していますので、ニホンイタチの仲間であることに間違いはありません。 しかしニホンイタチとの決定的な違いはあります。 フェレットという生き物は野生では生息しておらず、人間のペット用にと品種改良を繰り返され、作出されたというルーツがあります。 本来フェレットという生き物は存在しなかったのですね。 フェレットはその昔、「 ヨーロッパケナガイタチ」という生き物を基にして作り出された愛玩動物なのです。 ペット用に改良されたということで、犬や猫よりも人に馴れやすいとも言われています。 なんと驚いたことに、ヨーロッパではヨーロッパケナガイタチ3000年前にはすでに飼われていたらしく、ペットとしての歴史はとても古いようですね。 また日本にペットとして広まったのは1993年になってからようやく輸入されるようになったばかりで、ペットとしての歴史はまだそれほど長くはありませんね。 私たちがペットショップで購入できるフェレットは、臭腺除去されていたり、不妊手術を施されています。 稀に一部のフェレット専門店などでは不妊手術を施されていないフェレットも購入できることがありますが、発情期にオスの気が荒くなったりとペットとして飼育するには向かないことも多いので、おすすめできません。 イタチとフェレットの違いは? イタチとは「イタチ科イタチ属」に含まれている哺乳類のグループの総称であり、フェレットも「イタチ科イタチ属」の仲間です。 イタチと呼ばれている生き物は一般的にニホンイタチであることが多く、日本特有の野生の生き物です。 一方フェレットはヨーロッパで発生し、古くからペットとして飼われてきた歴史があります。 本来は ヨーロッパケナガイタチという生き物を品種改良されたものがフェレットですので、 野生のフェレットというものは存在しません。 以上のことからイタチとフェレットはよく似ていて違いと呼べる違いはほとんどないと言っても良いでしょう。 強いて言えば、発生場所ですね。 どちらもイタチ科ですので、習性や食性もとても似通っています。 スポンサードリンク オコジョってどんな生き物? オコジョという生き物をご存知ですか?おそらくイタチやフェレットは知っているけど、オコジョは聞いたことない・・という方もいるのではないでしょうか。 オコジョとは別名「ヤマイタチ」と呼ばれていて、やはりイタチの仲間なのです。 日本にもホンドオコジョとエゾオコジョという種類のオコジョが生息しています。 オコジョとはこんな姿をしています。 まさに白いイタチですよね。 雪の妖精とも呼ばれているのも頷けます。 初めて写真や映像を見たときは可愛いというより先に、とっても奇麗だなと思った記憶があります。 オコジョがフェレットなどと違う所は「体の色」と「大きさ」ですね。 体長は16~30㎝くらいで、体重は150g~300gくらいで、 かなり小柄なのですね。 また オコジョは夏毛と冬毛があり、季節によって体の色が変わるという特徴があるのです。 またオコジョの後ろ足は比較的長いという特徴があります。 この後足のおかげでとても 優れたジャンプ力があるのもフェレットやイタチとの違いですね。 オコジョって飼える? これだけ可愛いオコジョですので、飼いたい!と思った方も多いはず。 オコジョってペットにできるのでしょうか?実はオコジョは個体数が減少しており、準絶滅危惧種に指定されている生き物でもあり、長野県では天然記念物にも指定されていますので、飼育することはもちろん捕獲することもできません。 その他イタチ科の仲間は? ニホンイタチやオコジョの他にもイタチ科に属するイタチの仲間はまだいます。 「イイズナ」という生き物がそれに当たります。 「コエゾイタチ」とも呼ばれているそうですね。 まとめ イタチとはイタチ科イタチ属に含まれる哺乳類の総称です。 フェレットもオコジョもイタチ科イタチ属に分類されていますのでイタチの仲間だと言えます。 それぞれの違いは発生の場所や体の大きさや色、顔の形、またジャンプ力など微妙に違いがあります。 フェレットに関してはヨーロッパケナガイタチを元にペット用に作られた生き物ですので、野生では存在していません。 ペット用の愛玩動物ということで様々なカラーバリエーションが存在するのが特徴です。 スポンサードリンク こちらの記事もあわせてどうぞ.

次の