しん らし ん げ。 しんばし|越後本手打ち蕎麦

「動く紙コップ漫画」で注目のしんらしんげによる『ボイス』特別PR映像が公開

しん らし ん げ

作り方は1:00〜 認知症を患った夫をもつ老夫婦の物語です。 打ち上げ花火の表現に特に力を入れて作りました。 今回の作品では厚紙で作った箱を本体にして横に刺さっている鉛筆を回すことで絵が動きます。 上の鉛筆を回すことで物語が進み、下の鉛筆を回すことで巻き戻すことができます。 2層にすることで、さまざまな表現を作ることができます。 名前は自分で適当に付けました。 他にいい名前があればそちらに変えます。 使用したもの ・紙 ・厚紙 ・クリアポケット(紙などを入れる透明の薄いフィルムのようなもの) ・えんぴつ4本 ・ペン ・のり ・カッター ・テープ 学生の方は夏休みに入りましたね。 この作品を自由研究の宿題の参考にしてはいかがでしょうか。 このような作品を作ればきっと先生から褒めて頂けると思います.. フォローボタン押して頂ければ幸いです。 …続きを読む.

次の

しんらしんげのプロフィールや紙コップ漫画とは?過去の作品や仕事の依頼方法は?

しん らし ん げ

本名:不明 生年月日:1993年1月27日 出身地:福岡県 身長:不明 体重:不明 血液型:不明 学歴:不明(九州の大学で建築学科) 趣味:不明 特技:不明 所属先:JAPAN MUSIC ENTERTAINMENT しんらしんげさんですが、 福岡県出身 の 映像クリエーター兼アートクリエー ターさんです。 本名は不明ですが、weiboの名前が白重 shin(しろがさね)となっているので苗 字はもしかしたら白重さんかもしれませ んが確証はありません。 出身大学も不明ですが、建築学科に所属 されていたそうです。 数々の作品は大学在学中に部屋でボーっ としていた時に思いついたものを形にさ れたそうでその中でもドラえもんの紙コ ップ漫画が2016年ツイッターでのリ ツイートNo.1になったほど注目を集 めました。 その後サンデージャポンなどでもとりあ げられてより有名となりました。 しんらしんげさんの紙コップ作品 まずはしんらしんげさんの最も有名な作 品のドラえもんを見てみてください。 紙コップの立体感を生かしたタイムマシ ーンの発想や3枚重なりを利用したドア や引き出しを空けるのは凄いの一言です。 ただ、紙コップに描いて回すだけでは リツイート1位は取れませんよね。 発想の勝利でしょうね。 しんらしんげさんのその他の作品 しんらしんげさんは紙コップ作品だけ ではなくてその他にも独自の発想で作 った作品があります。 一つは自分の腕を作品の一部にしたも のです。 これもらまた発想が凄いですね。 もう一つは灰皿+タバコを使った作品 です。 今の時代、絵が上手い人はたくさんい ますが、こういった発想ができる人は そんなにいないでしょう。 色んなものを独自の感性でクリエイト されているのは凄いですよね。 これだけ引き出しや発想があれば映像 クリエイターとして十分活躍されそう ですね。 現在お仕事はツイッターなどからDM を送ることでお願いできるみたいです。 まとめ 今回はしんらしんげさんにスポットを 当ててみました。 ・ドラえもんの紙コップ漫画が201 6年のツイッターリツイートNo.1 を獲得 ・現在は映像/アートクリエイターと して活動中 今後も独自の発想で作られる作品が楽 しみですね。 今後の活躍に期待したいです。 管理人のshirakawaです。 旅行好きが好じて海外移住しています。 今はタイに住んでいて普段は語学学校に通いながら海外生活を満喫中です。 日本では見かけない色んなニュースがあるので、特に日本やタイに関するニュースをまとめて行きたいと思っています。 最近の投稿• 最近のコメント• に 宮澤永次 より• に 辰巳健一 より• に 咲 より• に みさ より• に わっち より アーカイブ• カテゴリー• 人気記事ランキング.

次の

女らしさの神話(おんならしさのしんわ)とは

しん らし ん げ

作り方は1:00〜 認知症を患った夫をもつ老夫婦の物語です。 打ち上げ花火の表現に特に力を入れて作りました。 今回の作品では厚紙で作った箱を本体にして横に刺さっている鉛筆を回すことで絵が動きます。 上の鉛筆を回すことで物語が進み、下の鉛筆を回すことで巻き戻すことができます。 2層にすることで、さまざまな表現を作ることができます。 名前は自分で適当に付けました。 他にいい名前があればそちらに変えます。 使用したもの ・紙 ・厚紙 ・クリアポケット(紙などを入れる透明の薄いフィルムのようなもの) ・えんぴつ4本 ・ペン ・のり ・カッター ・テープ 学生の方は夏休みに入りましたね。 この作品を自由研究の宿題の参考にしてはいかがでしょうか。 このような作品を作ればきっと先生から褒めて頂けると思います.. フォローボタン押して頂ければ幸いです。 …続きを読む.

次の