テイ コウ ペンギン グッズ。 コウテイペンギン|世界最大のペンギン | 動物図鑑

平川貴子さんから「しろくまカフェ」グッズの情報をいただきました(^o^)/ « ペンギン会議研究員 上田一生 Official Web Site

テイ コウ ペンギン グッズ

コウテイペンギンはペンギンの中で最大のペンギン。 見た感じの身長は1mちょっとの大きさのように思えるが、体長の最大では130cmにもなるらしい。 次に大型のペンギンはオウサマペンギンで90cmくらい。 さすが王様の上に君臨するから皇帝ペンギンなのである。 しかしこの皇帝の暮らしは孤高の極みだ。 他の生物がまったくいない南極の冬に、氷の上で繁殖をする。 「ペンギン大百科」(平凡社)によれば、コウテイペンギンのつがいは海から50~120kmも離れた氷の上の繁殖地に歩いて到着後、メスは産卵が終わるまでの40日間、オスは産卵を終えたメスが南氷洋にエサを食べに行って帰ってくるまでの115日間、絶食してブリザードの中で抱卵を続ける。 なんとオスのコウテイペンギンは1年の内の3分の1近くを、冬眠するわけでもなく絶食して暮らすのだ。 潜水は鳥類の中で最も得意とし、水深500mにまで潜ることができる。 南極からどうやって来たのか? ところで、南極条約などで動物の持ち出しのできない南極から、どうやってコウテイペンギンがやってくることができたのか?誰もがすごく興味をもつのだけれど、いろいろ大変な事情やら企業秘密があるらしく、詳しくは明かされていない。 かつて、早くからコウテイペンギンを飼育していたアメリカのシーワールドで聞き出した話では、『コウテイペンギンは浮氷の上で繁殖をするため、ときにはその浮氷が大陸から離れて漂っていることがあり、そうなると南極条約からも切り離されるので、その浮氷の上の産み出されたばかりの卵をいただいて孵卵器で育てる』のだそうだ。 コウテイペンギンは卵を1個しか産まないが、割れたり無くなったりすると(普通は無くなるワケはないが)もう1個産むので資源数に変化はないという計算である。 なお、筆者の英会話能力は最低なので、どこまで正しく解しているかは責任持てない。 このサイトは、水族館プロデューサー中村元の著作による全国水族館ガイド、 WEB水族館の中の[ 水族館 動物写真図鑑]です。 全国の水族館の世界をさらに広げたいとの思いで増築しました。 水族館の動物を通して地球や命に興味を持っていただくのが本意なため、基本的に水族館で会うことのできる生き物のみを対象にしています。 また、自然科学系の解説ではなく中村元流の解説を付けてあります。 さらに、分類にもこだわらず、水族館の一般的な展示に合わせて写真展示をしていること、体長や体重なども国内の水族館で見られる標準的な大きさを表記していることなど、いわゆる図鑑としては役に立たないことをご理解下さい。 尚、全ての写真および文章は、中村元の著作に帰属し、無断での転載・二次使用などを許可していません。

次の

【ペンギングッズ】名古屋港水族館の新作お土産 ペンギンカステラ焼

テイ コウ ペンギン グッズ

名古屋港水族館のお土産にペンギングッズが増加中。 キリがないので買わないぞ!と思っていましたが、パッケージが可愛いくて思わず買ってしまいました。 ちゃんと名古屋港にいるペンギンたちです。 「食べればあなたもペンギンマーチ会員」って何かに入会させられちゃうらしいです。 側面にペンギンの解説があります。 包装紙の背景の模様もペンギン柄ですよ〜。 中は意外と地味!8個入りで個別包装されています。 ペンギンは2パターンで、右側はパッケージのイラストと違う?ペンギンが全種類あると良いのにな・・・ 中身のカスタードはクリームというより柔らかめの黄身あんに近かったです。 ペンギン好きな方へのお土産にいかがですか。 その他に購入したお土産はこちらです。 塩らーめん 何でラーメン?と思いながらも新製品だったので買ってみました。 ペンギンも付いていますしね。 水族館っぽい成分は入っていないようです。 ペンギン型の海苔も買ってきて作ってみようかな?休みの日のお昼ご飯になりそうです。 クランチバー 海獣さんたちのチョコクランチバー。 ペンギンではないのですが、おまけのシールにペンギンがあるそうなので買ってみました。 全然違ったー!シャチ以外がマニアックすぎます。 中身は全部同じです。 おやつにいただきまーす。 そしてお土産の袋にもペンギンさん。 メルヘンな感じの切手のイラストです。 コウテイさんだけリアルでは??ムチムチで可愛いです。 今回は南館1Fのミュージアムショップで購入しました。 同じフロアにある海のギャラリーがクラゲ展示エリアとして今夏オープンするそうです。 楽しみですね! このお土産は見たことがないです。 ゴリラ版はよく動物園で見かけますが、ペンギン版があったとは!ゴリラの姉妹品の甘納豆です。 このサイトはペンギン好きな「こびとぺんぎん」がペンギン活動について書いているブログです。 ペンギンがいる水族館・動物園をめぐって写真を撮ったり、ペンギングッズをつくったりしています。 カテゴリー• 1 最近の投稿• アーカイブ• 3 タグ.

次の

コウテイペンギン

テイ コウ ペンギン グッズ

目次 [閉じる]• コウテイペンギンの特徴 コウテイペンギンはペンギンの中で最大の種です。 この偉そうな名前は、2番目に大きいオウサマペンギンと関係があります。 先に見つかったのはオウサマペンギンで、大きいペンギンとしてキングと名付けられました。 種で最大の動物に「キング」「オウサマ」等を付けるのは割と良くあることでそれに倣ったんですね。 しかしオウサマペンギンの後に更に大きなペンギンが見つかってしまったのです。 そうして見つかった巨大ペンギンはキングより更に格上のエンペラーの称号を賜り、コウテイペンギンと名付けられた訳です。 皇帝とは複数の国家を束ねる帝国の元首を指す言葉で、王様より上の立場っぽい感覚があります。 そんなオウサマペンギンとコウテイペンギンはそれほど大きさは変わらず、模様も似ていて見分けにくいです。 見分け方は頭と首の間の模様がはっきり繋がっていればコウテイペンギン、つながっていなければオウサマペンギンです。 他にもコウテイの方がオレンジ色が薄い、顔に比べてクチバシが小さいなどの特徴がありますが、この辺は2種が並んでいないとまず分かりませんね。 コウテイペンギンの生態 生息地 南極大陸付近に群れで生活しています。 普段は海上で過ごしていますが、繁殖期を迎えると南極大陸に上がって繁殖活動を行います。 コウテイペンギンは最も南に生息するペンギンで、過酷な生活を強いられています。 普段の生活 海にもぐるのが得意で、ペンギンの中でも最も深い水深500mまで潜ることができます。 肉食で、魚、イカ、エビなどを捕まえて食べます。 繁殖と成長 3~4月の秋ごろに南極大陸に上がって繁殖準備をします。 メスは5~6月ごろに氷原で産卵すると、オスに卵を任せて海にエサを食べに行きます。 オスは何も食べずに卵を温め、2ヶ月ほどで雛が孵ります。 その頃にはオスの体重が半減しており、メスが帰ってくると子育てを交代してエサを食べに海へ行きます。 以降はオスとメスが交替しながら、子のためにエサを胃に蓄えて持ってきて雛に与えます。 雛は半年ほどで独立し、夏の海へと旅立ちます。 そして4年ほどで成熟し、寿命は20年ほどです。 記事カテゴリ• 139•

次の