虫歯 自力 で 治す。 自力で虫歯治す方法ありますか?

自力で虫歯を治す方法があれば教えてください。奥歯に虫歯ができています。かれ...

虫歯 自力 で 治す

自分で治せる虫歯と治せない虫歯 自分で治せる虫歯はあくまで初期段階の虫歯のみです。 初期段階というのは具体的には穴があいていない状態、冷たいものがしみない程度です。 逆に言えば、すでに穴があいてしまっていればもう自分の力で治すことはできません。 歯科治療でしか治せないのです。 ただ、自分で口の中を鏡で映して歯に穴があいているかどうかを確認するのは難しいですよね。 自分でチェックできるポイントは2つです。 歯の表面が黒ずんでいないかどうか 黒ずんでいれば自分で治すことはできません。 白く半透明になっている程度や少し茶色っぽくなっている程度なら自分で治せる可能性があります。 冷たいものがしみないかどうか 冷たいものがしみれば自分で治すことはできません。 そもそも冷たいものがしみるのは、歯の表面のエナメル質が虫歯菌にむしばまれているからです。 冷たいものがしみないのであれば自分で治せる可能性があります。 知っておこう!虫歯レベルの5段階 自分で治せる虫歯は初期段階の虫歯というご説明をしました。 ここでぜひ知っておきたいのが5段階の虫歯レベルです。 この5段階のレベルが進行すればするほど治療にも時間がかかります。 【レベル1】C0 ごく初期の虫歯です。 歯の表面が白く半透明な状態で、歯の溝が茶色っぽくなっている状態。 この時点ではまだ痛みはなく発見すること自体が難しいため、定期的な検診を受けることが重要になってきます。 自分で治せるのはこのレベル1の「C0」=「ごく初期の虫歯」までです。 【レベル2】C1 C0よりも進行した初期の虫歯です。 虫歯がエナメル質をむしばんでおり、歯の表面に小さな穴があいていることもあります。 レベル2のC1からは歯科治療が必要になってきます。 【レベル3】C2 虫歯が象牙質に到達し、冷たいものがしみるケースが多いです。 このレベルまでくると虫歯の進行が早くなりますので、歯科での早急な治療が必要です。 【レベル4】C3 歯科治療が必要な虫歯でズキズキと痛みを伴います。 虫歯が歯の神経まで到達し、何もしなくても激しい痛みを生じる場合があります。 歯科では歯根を掃除したり、神経を取り除く治療を行います。 【レベル5】C4 歯科治療が必要な虫歯で歯がほとんどなくなっている状態です。 虫歯が歯根まで到達し、すでに神経が死んでいるため痛みを感じなくなります。 放置しておくと膿がたまるため、抜歯する治療を行います。 それでは初期の虫歯を自分で治す方法について見ていきましょう。 【虫歯を治す方法2】デンタルフロスを使う 通常、ブラッシングだけではおよそ6割程度しか歯垢を除去できないと言われています。 そこでブラッシングに加えてデンタルフロスを使えば、8割まで歯垢を除去できます。 デンタルフロスというのは歯と歯の間を通す糸状のものです。 糸巻きになっているタイプやホルダーに固定されたタイプなどさまざまな種類があります。 また、デンタルフロスに似たもので歯間ブラシがありますが、厳密には役割が異なります。 デンタルフロスでできることは「歯と歯の間の汚れを取る」ことで目的は「虫歯予防」ですが、歯間ブラシでできることは「歯と歯肉の間の汚れを取る」ことで目的は「歯周病予防」です。 自分で虫歯を治す目的であればデンタルフロスを使うようにしましょう。 【虫歯を治す方法3】キシリトールガムを噛む 3つ目はキシリトールガムを噛むことです。 キシリトールには虫歯菌の進行や発生を抑制する効果があります。 また、ガムを噛むことでたくさんの唾液が分泌されますが、この唾液が歯の表面を修復する作用があるのです。 これは歯の再石灰化と呼ばれ、歯の健康のためには重要な現象です。 キシリトールガムをしっかり噛んでどんどん唾液を出せば歯の再石灰化が進み、虫歯が治る可能性があるということですね。 今回は自分で治せる虫歯と治療が必要な虫歯の違いや、虫歯レベル、自分で治す方法についてご説明しました。 今まで虫歯で悩んできた方にとっては、虫歯を自分で治せるなんて信じられない!と驚きの内容だったかもしれません。 ただし、見えづらい口の中を毎日覗いて虫歯レベルをチェックするのは現実的ではありません。 3ヶ月~半年に1回程度定期的に歯科を受診し、虫歯の進行具合を確認してもらいながら自分で治すことをおすすめします。 歯科医は歯のスペシャリストです。 信頼できる歯科医に任せながら自分で治す努力を重ねることをおすすめします。

次の

虫歯の自然治癒は、自分で経験。虫歯って削らなくても直る。自力で虫歯を治した方法。羊水がシャンプー臭くなる

虫歯 自力 で 治す

食べものを美味しく食べるには、歯の機能が健全でなければならない。 そのために食後こまめに歯磨きをするが、それでも虫歯になってしまう人はいる。 健康診断などで「要治療」を宣告され、歯医者で歯を削られる。 ところが、こうした当たり前のような歯のケアには、じつは誤解も多く潜んでいるらしいのだ。 たいていの人が歯のケアの仕方は小学校で習っただろう。 だが、研究の進歩で常識が覆されることはよくあること。 歯のケアに対する考え方は昔と変わっていてもおかしくない。 応じてくれたのは、埼玉県志木市で「ヒロキ歯科診療所」を開業する西野博喜氏。 歯科学の最新の研究成果などに詳しく、その知識を患者の歯の治療や予防に役立ててきた。 日本顎咬学会の指導医であり、また日本歯内療法学会の専門医でもある。 前篇では、西野氏に虫歯のしくみを聞いたうえで、虫歯は自然に治るのかという疑問に答えてもらう。 西野博喜氏(以下、敬称略) 虫歯には、直接的な原因と間接的な原因があります。 直接的なものは口の中の常在菌です。 そもそも常在菌は、外から入ってくる害のある菌が入ってこないように先に定着しているもの。 人との共存共栄の関係をもっているのです。 菌は単体でいるときは大したことありませんが、プラークになるとバリアを張るようになります。 バリアの内側で菌はさらに増えていきます。 そうした菌たちが酸をつくって、歯の成分であるカルシウムやリンなどの物質を溶かし出すのです。 歯からカルシウムやリンが溶け出る現象を 「脱灰」といいます。 一般に、虫歯とはこの脱灰の現象を指します。

次の

虫歯の自然治癒は、自分で経験。虫歯って削らなくても直る。自力で虫歯を治した方法。羊水がシャンプー臭くなる

虫歯 自力 で 治す

また、40代以降は、虫歯や歯周病が急速に悪化しやすい。 これは、歯の表面や舌などにこびりつくプラーク 細菌の温床となる食べ残し を洗い流す唾液の分泌量が、加齢とともに少なくなるからだ。 神経を抜くのは時代遅れ また、歯が健康であることが、寿命をも左右することがわかってきた。 ある調査によれば、80代以上で自分の歯が10本以上残っているか否かで、前者のグループは、その後15年間の生存率が、男性の場合は約2倍、女性の場合は約1・5倍も高くなるという結果が得られた。 中高年こそ、虫歯・歯周病対策に力を入れ、できる限り自分の歯を残していかなければならない世代と言えるだろう。 「削る」や、「神経を抜く」「歯を抜く」というのが、これまでのスタンダードな歯科治療だった。 その上で、歯を失ってしまった場合に行われるのが、次頁の表1で紹介している「入れ歯・差し歯・ブリッジ・インプラント」である。 歯を失ってしまった場合は、確かにこれらは最適な治療法だ。 だが、虫歯があっても、できるかぎり自分の歯を温存する—これが、歯科治療の新常識になってきている。 「6年ほど前までは、虫歯に対する厚生労働省の考え方は『虫歯は全て取り除き、そこから治療を考える』というものでした。 でも今は、『場合によっては神経を残し、無菌化して治す』という治療法に変わってきたのです」 こう語るのは、鶴見大学歯学部保存修復学講座教授の桃井保子医師だ。 厚労省の方針が変わったのには、歯の「自衛」の仕組みが、歯科治療をする上で重大だということが見直されてきたからだという。 「歯の中には神経のほかに、血管やたくさんの細胞が詰まった歯髄という組織があります。 この歯髄は、虫歯も含めていろいろな刺激から歯を防御しています。 歯髄の細胞が残っていると、虫歯ができても歯の組織を変化させ、虫歯にならないように守ったり、修復する働きをする。 自力でカルシウムなどを患部に詰め、菌が外から入らないようにすることができるのです。 しかし、歯が死んでしまうと、そうした働きは失われてしまいます。 そのため、虫歯は進行する一方になるのです。 また、歯髄があることによって、歯に水分が供給されます。 弾力性のある、割れにくく、欠けにくい歯であり続けるためには、この水分の供給が必要です。 ところが、神経を抜いてしまうと、それも失われるのです」 削らないでも治ります 神経を抜くことには、ほかのリスクもある。 桃井医師が続ける。

次の