関数 true 使い方。 【Excel】エクセル関数IF文の書き方、使い方

エクセルHLOOKUP関数で行で検索!使い方の基本~応用

関数 true 使い方

スポンサーリンク OR関数の書式 エクセル関数ORの書式は次のようになります。 論理式1:必須。 [論理式2]:任意。 書き方は論理式1と同じ。 [論理式3],…:任意。 書き方は論理式1と同じ。 戻り値:論理式1~どれか1つでも論理式がTRUEならTRUE、すべてFALSEならFALSEを返す。 エクセル関数 ORの使い方 大きく分けて2通りの使い方があります。 直接OR関数を使うのと、IF関数など条件式を使う関数の中で使う方法です。 OR関数を直接使う まずは直接使うやり方から。 今回の例では、下図のB列が【Excel】または【MS Word】の場合にTRUE、どちらでもない場合FALSEとなるようにします。 1行目は1つ目の論理式がTRUEなので、結果はTRUEとなりました。 セルをそのままコピペすれば、数式はその行の値を見に行くよう、上手く行数が変わってくれます。 下図の【Windows】の行は、どの論理式もFALSEなので結果FALSEとなりました。 IF関数と組み合わせて使う IF関数と組み合わせると、OR関数はとても便利です。 もしもOR関数がなかったら、IF 論理式1,当てはまるとき,IF 論理式2,当てはまるとき,違うとき のように、IF関数の中にIF関数を何重にも書く羽目に・・・。 しかも複雑になってミスしやすいです。 こんなメンドクサイことを回避できるのがOR関数。 IF関数の論理式のところに入れるだけです。 例として、架空の従業員名簿でやってみます。 今回の例では、女性、または20代の人の場合、『対象の人です』、それ以外なら『違います』と表示させてみます。 OR関数に入れた論理式のどちらかがTRUEとなり、IF関数のTRUEの結果となりました。 関数を書いたセルをコピペして、各行の結果が出ました。

次の

エクセル ISNUMBER 関数:セルの値が数値か判定する

関数 true 使い方

スポンサーリンク OR関数の書式 エクセル関数ORの書式は次のようになります。 論理式1:必須。 [論理式2]:任意。 書き方は論理式1と同じ。 [論理式3],…:任意。 書き方は論理式1と同じ。 戻り値:論理式1~どれか1つでも論理式がTRUEならTRUE、すべてFALSEならFALSEを返す。 エクセル関数 ORの使い方 大きく分けて2通りの使い方があります。 直接OR関数を使うのと、IF関数など条件式を使う関数の中で使う方法です。 OR関数を直接使う まずは直接使うやり方から。 今回の例では、下図のB列が【Excel】または【MS Word】の場合にTRUE、どちらでもない場合FALSEとなるようにします。 1行目は1つ目の論理式がTRUEなので、結果はTRUEとなりました。 セルをそのままコピペすれば、数式はその行の値を見に行くよう、上手く行数が変わってくれます。 下図の【Windows】の行は、どの論理式もFALSEなので結果FALSEとなりました。 IF関数と組み合わせて使う IF関数と組み合わせると、OR関数はとても便利です。 もしもOR関数がなかったら、IF 論理式1,当てはまるとき,IF 論理式2,当てはまるとき,違うとき のように、IF関数の中にIF関数を何重にも書く羽目に・・・。 しかも複雑になってミスしやすいです。 こんなメンドクサイことを回避できるのがOR関数。 IF関数の論理式のところに入れるだけです。 例として、架空の従業員名簿でやってみます。 今回の例では、女性、または20代の人の場合、『対象の人です』、それ以外なら『違います』と表示させてみます。 OR関数に入れた論理式のどちらかがTRUEとなり、IF関数のTRUEの結果となりました。 関数を書いたセルをコピペして、各行の結果が出ました。

次の

【Excel】エクセルのOR関数(~または~)の使い方

関数 true 使い方

スポンサーリンク IF関数の基本の使い方 この表は、各担当者ごとに、キャンペーン商品を何個売ったのか、その目標と実績をまとめたものです。 この会社では、キャンペーン商品の販売実績が150個以下だった担当者は、販売会議に出席しなければなりません。 そこで、D列の「販売会議」の欄に、 「 実績が150以下」だったら「 要出席」、そうじゃなければ「 任意」 と表示されるように設定してみます。 まずは条件によって「要出席」「任意」のどちらかを表示させたい欄の、先頭のセルD4番地ををします。 D4番地は、「阿部さん」の結果を表示させる欄ですね。 D4番地を後、数式バーにある[関数の挿入]ボタンをクリックすると、 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されます。 [関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。 今回は IF関数を使いたいので、一覧から「IF」をクリックで選択し、[OK]ボタンをクリックします。 ちなみに、この一覧から「IF」を選択する際、「IF」の頭文字である「I」のところまで、を使うと便利です。 更に表示されたダイアログボックスで、IF関数の設定をしていきます。 IF関数で設定するのは[論理式][値が真の場合][値が偽の場合]の3つ。 【Excel 2013・2010】 Excel 2013と2010では、[論理式][真の場合][偽の場合]となります。 [真の場合]と[偽の場合]は、Excel 2016以降の[値が真の場合]と[値が偽の場合]と同じです。 このページでは[値が真の場合]と[値が偽の場合]の名前で解説していきますが、使い方は同じです。 まずは[論理式]から。 今回設定したい、 「実績が150以下」だったら「要出席」、そうじゃなければ「任意」 という処理のうち、条件部分は、 「実績が150以下」だったら の部分です。 そして今、数式を設定しているのは、「阿部さん」の欄。 ですので、 「阿部さんの実績」が「150以下」だったら という条件を設定したいことになります。 「阿部さんの実績」はC4番地にあるので、 「C4番地」が「150以下」だったら と指定したい。 ところがExcelって、こういう文章を理解できないので、Excelが理解できる「数式」という形で指定する必要があるんです。 そこで問題になってくるのが、「以上」や「以下」という表現。 「150以下」と設定すれば、150ジャストは含まれることになりますし、「150より小さい」と設定すれば150ジャストは含まれません。 この違いを軽視してはいけませんヨ。 で入力すると、半角で入力できます。 これで、「阿部さんの実績(C4番地)が150以下だったら」という条件部分を設定することができました! 次は[値が真の場合]欄を設定したいので、[値が真の場合]欄に文字カーソルを移したいです。 でも、現在は[論理式]欄に文字カーソルがあるので、そのまま、 キーボードの[Tab]キーを押します。 [Tab]キーは、次の項目に移りたいときに使うキーです。 また、[値が真の場合]欄でクリックしても、文字カーソルを[値が真の場合]欄に移せます。 [値が真の場合]欄に文字カーソルを移すことができました! この[値が真の場合]に設定するのは、[論理式]に設定した 条件に該当していた場合に、なんと表示させたいか。 今回は、条件に該当していた場合「要出席」と表示させたいわけですから、「要出席」と入力することになります。 が!しかーし! Excelでは、 数式内の文字は、その前後をダブルクォーテーションで囲むというお約束があるんです! しかも、 数式内の記号は半角で入力することもお約束ですので、ダブルクォーテーションも 半角で入力します。 というわけで「 "要出席" 」と入力したいわけですが、入力方法に不安がある方も大丈夫。 半角ダブルクォーテーションは、の状態で、[Shift]キーを押したまま、図のキーを押すと入力できます。 もちろん、最初のダブルクォーテーションを入力、文字を入力、最後のダブルクォーテーションを入力、という風に順番に入力していっても構いません。 これで、[論理式]と[値が真の場合]の設定が終わったので、 「阿部さんの実績(C4番地)が150以下」だったら「要出席」、 のところまで設定することができました。 次は[値が偽の場合]欄を設定したいので、[値が偽の場合]欄に文字カーソルを移したいです。 でも、現在は[値が真の場合]欄に文字カーソルがあるので、そのまま、 キーボードの[Tab]キーを押します。 [Tab]キーは、次の項目に移りたいときに使うキーです。 また、[値が偽の場合]欄でクリックしても、文字カーソルを[値が偽の場合]欄に移せます。 [値が偽の場合]欄に文字カーソルを移すことができました! この[値が偽の場合]に設定するのは、[論理式]に設定した 条件に該当しなかった場合に、なんと表示させたいか。 今回は、条件に該当しなかった場合「任意」と表示させたいわけですから、「任意」と入力することになります。 が!しかーし! 先ほどのお約束、お忘れではないですね?• 数式内の記号は半角で入力• 数式内の文字は、その前後をダブルクォーテーションで囲む でしたので、 「 "任意" 」と、文字の前後を半角ダブルクォーテーションで囲んで入力することになります。 この入力の仕方を、再びご紹介しておくと、 半角ダブルクォーテーションは、の状態で、[Shift]キーを押したまま、図のキーを押すと入力できます。 もちろん、最初のダブルクォーテーションを入力、文字を入力、最後のダブルクォーテーションを入力、という風に順番に入力していっても構いません。 これで、[論理式][値が真の場合][値が偽の場合]、すべての設定が終わったので、 「阿部さんの実績(C4番地)が150以下」だったら「要出席」、そうじゃなければ「任意」 とすることができました。 最後に、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、 IF関数が阿部さんの実績を判断して、「要出席」か「任意」の文字を自動で表示するよう設定できました! 今、阿部さんの実績は150以下になっていて、設定した条件に合っているので、「要出席」が結果表示されています! 残りのセルにも同様の数式を設定したいので、で数式をコピーします。 「で数式をコピーって、どういう意味?」という方は、IF関数よりもそっちの方が超大切なので、このまま先に進まず、まずは「」をご覧ください。 スポンサーリンク IF関数の覚え方は「セリフ」で その関数が動作を行うために必要な情報を「 引数(ひきすう)」と言います。 IF関数では、[論理式][値が真の場合][値が偽の場合]の3つの欄を設定したので、IF関数には引数が3つあることになります。 先ほどIF関数を設定したD4番地をして数式バーを見ると、設定した数式の内容を確認できます。 数式の各引数は、カンマで区切られています。 この数式をキーボードで手入力しても、IF関数を設定できるのですが、分かりやすく設定するために、このページではダイアログボックスを使った方法で、IF関数を設定しています。 「実績が150以下だったら」という条件を満たしているので、IF関数を設定したD10番地には「要出席」と表示されています。 ここで試しに、高島さんの実績を「160」に変更してみることにしましょう。 高島さんの実績が入力されているC10番地をし、「160」と入力。 セルの中に文字カーソルが点滅している状態では「まだこのセルに入力しますよ」という意味なので、文字カーソルが表示されなくなるまでキーボードのすると、 高島さんの実績を「160」に変更したことで、「実績が150以下だったら」という条件に当てはまらなくなったので、IF関数を設定していたD10番地が、条件に合っていないときに表示される「任意」に、自動的に変わりました! これがIF関数の醍醐味です! IF関数の修正 「」の章でD4番地に設定したIF関数は、 「阿部さんの実績(C4番地)が 150以下」だったら、「要出席」、そうじゃなければ「任意」 という数式でした。 この数式の「150」の部分を、「目標」に修正して、 「阿部さんの実績(C4番地)が 阿部さんの目標(B4番地)以下」だったら、「要出席」、そうじゃなければ「任意」 に変更してみましょう。 すでに設定してある数式を修正したい場合には、数式を修正したいセルをし、[関数の挿入]ボタンをクリックします。 ダイアログボックスが表示され、各引数欄には、既に設定してある内容が表示されます。 今回修正したいのは、[論理式]欄の「150」の部分なのですが、現在は[論理式]欄のすべての文字が選択されている状態なので、文字を消そうとキーボードの[BackSpace]キーなどを押してしまうと、選択されている文字すべてが消えてしまいます。 そこで、「150」の後ろで、マウスポインターが「I」の形でクリックすると、 文字カーソルが「150」の後ろに入るので、キーボードの[BackSpace]キーをポンッポンッと押して、 「150」を消します。 「=」の後ろに文字カーソルがあることを確認して、 阿部さんの目標のセルであるB4番地をクリックすれば、文字カーソルのある位置にB4と設定することができました。 これで、 「阿部さんの実績(C4番地)」が「阿部さんの目標(B4番地)以下」だったら、 という修正ができたので、最後にダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックします。 修正前は条件に該当していたので「要出席」だったのですが、修正後は条件に該当しなくなったので「任意」に変わりました! 残りのセルはまだ修正前の数式のままなので、修正した数式にすべく、で数式をコピーします。 IF関数でよくある失敗 さて、このIF関数、自動的に表示を変えてくれるので、それはそれは使う頻度の高い関数です。 ですが、IF関数って苦手という方がいらっしゃるのも事実。 そんな方に多い失敗が、 主語を忘れる。 どうしても「以上」とか「以下」とかそういった記号に気を取られてしまって、いきなり記号から入力してしまう例を本当に良く見かけます。 もし、主語を忘れて[論理式]を設定していた場合、最後の[OK]ボタンをクリックすると、 【Excel 2019・2016・2013 / Office 365】 このようなメッセージが表示されてしまいます。 [OK]ボタンをクリックすると、 【Excel 2010】 このようなメッセージが表示されてしまいます。 [OK]ボタンをクリックすると、 数式バーに表示されている数式の、該当部分で文字カーソルが点滅するので、ここで直接、主語にあたるものを入力後、キーボードの[Enter]キーを押して数式を確定してもいいですし、良く分からなければ、 [関数の挿入]ボタンをクリックすると、 再び設定時のダイアログボックスが表示されるので、「」の章の要領で主語を指定し、正しい数式に直します。

次の