千鳥 由来 コンビ名。 千鳥 (お笑いコンビ)

千鳥(大悟,ノブ)コンビ名の由来,島,父エピソードや姉の店,改名理由など|可愛い女優&面白い芸人.net

千鳥 由来 コンビ名

とによる人気お笑いコンビの『』。 2000年に結成し、M-1グランプリやTHE MANZAIなどテレビで放送される数々の大会に何度も出場してきた実力派漫才コンビです。 千鳥の知られざる秘密を発表! 近年になって人気がすっかり定着してきた感のある千鳥ですが、下積み時代や関西ローカル芸人として活動している時期が長く、意外と知られていないエピソードがたくさん存在しています。 今回はその中から特に意外なものを厳選してご紹介。 きっと千鳥の新しい魅力に気づくことができるはずです。 笠岡高校は前身の笠岡町立笠岡女学校だった頃から千鳥が校章に使われて、生徒や住民からも千鳥という愛称で親しまれてきたそうです。 ただし、千鳥の二人はこの高校の出身というわけではありません。 二人は笠岡商業高校の出身であり、笠岡高校は二人の憧れの高校だったそうです。 ノブの夢は日テレの社長だった 小学生の頃から面白いことを言うのが好きだったノブさんは、小学校の卒業文集に「夢は日テレの社長」と書いています。 当時からテレビがとても好きで、その頃テレビで見ていた芸能界の大先輩たちから「千鳥、面白いな」と言ってもらえることが何よりも嬉しいのだといいます。 ノブは過去に改名をしている ノブさんは2013年に放送されたテレビ朝日系の『ロンドンハーツ』の『意外と知られていない芸人の個人名』という企画をきっかけに、芸名を『ノブ小池』に改名をしています。 ただしノブさんの本名は『早川信行』で、小池という名前とはまったく関係がありません。 改名したきっかけは、元ビーチバレー選手の浅尾美和さんがノブさんのことを「小池さん」と呼んだから。 番組のノリで『ノブ小池』に改名することになったのです。 その後はしばらく『ノブ小池』として活動したのですが、本人はどうしても小池という名前に馴染めませんでした。 「小池と書くと手が震える」「小池と呼ばれても反応できない」などということを理由に、2015年の正月に再度「ノブ」に改名したのです。 大悟さんが山里亮太さんを助けた 南海キャンディーズの山里亮太さんは、2005年に出場したM-1グランプリ・決勝戦での最下位という結果がトラウマとなり、舞台に出ることが怖くなるほど落ち込んでしまいました。 芸人を引退することまで考えましたが、それを大悟さんに相談すると、大悟さんから「辞めるんだったらしゃあないな」と言われ、最後に千鳥が東京に進出して初めて開くトークライブに出てほしいと依頼されたそうです。 山里さんはその舞台を最後に引退しようと心に決めて了承、当日に臨みました。 いざ当日を迎えてみると、大悟さんがライブで披露したのはいつものネタではなく、山里さんのエピソードばかり。 会場は爆笑に包まれ、人を笑わせる喜びを思い出した山里さんは、引退を撤回することを決意したそうです。 ライブ後、山里さんは大悟さんに引退撤回を伝えると、大悟さんはただ「おかえり」とだけ言って山里さんを温かく迎えたのだとか。 ノブさんにツッコミを教えたのは…… 二人の出身地である岡山県にはツッコミの文化がなかったそうで、千鳥としてコンビを組んだ頃のノブさんは何にもツッコミを入れられなかったそうです。 そんなノブさんにツッコミを教えたのは、人気お笑いコンビの『笑い飯』の二人。 ある時、笑い飯の西田幸治さんと哲夫さんがノブさんの前で一晩中、なんと12時間もひたすらボケ倒したのだそうです。 最初はなかなかツッコミを入れられなかったノブさんですが、朝まで続くボケの応酬に耐えきれず「もうヤメー!」と大声をあげました。 すると、笑い飯の二人はすかさず「それがツッコミやで」とノブさんに教え、ノブさんは徐々にツッコミができるようになっていったのです。 大悟の父親のたくましいエピソード 大悟さんは瀬戸内海に浮かぶ北木島の出身で、自宅のトイレや風呂の壁はお父さんの手作りだったというほど貧しい暮らしをしていました。 そんな実家で過ごしていた頃、大悟さんはお父さんに「そろそろ車が欲しい」とお願いをしたことがあったそうです。 するとお父さんはバイクに海産物を乗せてフェリーに乗り、バイクと海産物との物々交換を繰り返し、その日の夕方にはボロボロの車を手に入れて島に帰ってきたそうです。 大悟は凱旋企画で号泣したことがある 大阪のある番組で、大悟さんの故郷である北木島に千鳥の二人が手漕ぎボートで帰るという企画がありました。 島まで近づくと、港で大勢の島民が日の丸国旗を振りながら出迎えてくれていたそうです。 全員が地元出身の大悟のことを知っていて、その扱いはまるでヒーローのよう。 ノブさんは国旗を振る島民の姿に「戦争帰りか!? 」「アホやなー」と笑いましたが、振り返ると大悟さんは号泣していました。 ピース綾部にツッコミ続けるノブ ノブさんはニューヨークに旅立ったピースの綾部祐二さんのインスタグラムにツッコミを入れていて、そのコメントが面白いと話題になっています。 今では綾部さんがインスタグラムを投稿すると「ノブ待ち」とノブさんのコメントを待つフォロワーで溢れるほど。 ノブさんのコメントやツッコミが見たくてフォローしているというファンも多いようです。 綾部さんが2月に投稿したハワイの海辺での動画には「砂浜からゆっくりパーンして綺麗な海。。。 もうインスタ辞めぇ!!」とコメント。 同じく2月に投稿した『コーチ』のコレクション(ファッションショー)での水原希子さんや新木優子さんとのツーショット写真には「全て手掛けたデザイナーみたいな顔すな!!一般観覧やろ!!」とコメント。 また3月の「I love the NYC subway」というメッセージと共に、ニューヨークの地下鉄の動画を投稿に対して「映画のオープニングか!ずっとおのぼりさんがやるやつしとんよ!!」とコメントしています。 ノブはシャープに勤めていた ノブさんは高校を卒業後、芸人になる前にシャープに就職しています。 広島県福山市にあるシャープ福山工場に勤務し、営業職として働いていたのです。 当時まだ18歳だったノブさんでさえも数億円の案件を動かすこともあったというのですからさすが大企業。 そのまま勤めていれば順風満帆な人生を送っていたかもしれませんが、ノブさんは大悟さんに誘われ、たった1年でシャープを退職。 大阪に引っ越して芸人になったのです。 シャープを退職する意志を親に伝えたときは当然大反対され、お父さんは「今日から早川家の人間ではない」と激怒。 息子をそそのかした大悟さんのことも相当恨んでいました。 しかし千鳥はその後着実にステップアップし、M-1グランプリ出場後に二人でノブさんの実家に帰ると、お父さんも許してくれたのだそうです。

次の

【秘密】人気お笑いコンビ・千鳥の極秘情報と噂9選 / ツッコミの師匠・山里亮太を救ったエピソード

千鳥 由来 コンビ名

千鳥 ちどり とは? よしもと所属のお笑いコンビです。 コンビ名の由来は、お二人が通いたい憧れていた高校が「ちどり」と呼ばれていたことから。 お二人は同じ高校の出身で、岡山から出てきて漫才をやっています。 また、岡山県観光連盟より、「岡山県観光特使」に任命されるなど、地元岡山からも愛されています。 ネットでの情報だとコンビ仲が非常に良いとのこと。 高校からの同級生ということで、お互いのことを知り尽くしているということが仲良しの理由ですね。 もともとは大阪で活動していましたが二人揃って上京しています。 志村けんさんとも仲が良く、週の半分ほど一緒にお酒を飲むほどだそうです。 大悟さんって? ネタ作り担当で、ボケの方です。 自分のことを「わし」って呼びますよね。 大阪では結構多いのかもしれませんが、東京だとなかなか聞かないので新鮮です。 今でこそベテランですので丸いですが、昔は結構尖っていました。 先輩芸人も引くほどらしいです。 ブラマヨが司会をするイベントで、吉田さんから、 「お前の格好汚いなぁ。 俺みたいやんけ」 というフリがきても本気の発言だと受け取ってしまい、 「あんたよりマシや」 なんて返しをしてしまったほど。 いやー、尖ってますね(笑) もちろん先輩に注意されるわけで、そのあと楽屋に謝りに行ったのですがブラマヨの楽屋から、吉田さんの「なんやねんあいつら!」という怒号が聞こえてきて引き返してしまったそうです。 その時からなかなか謝ることができず、なんと10年が経ってしまいました。 そうです、10年越しの謝罪、やっとできたそうです。 吉田さんに大悟さんが 「こんなことあったの覚えてますか?」 と尋ねると、 「1日も忘れたことはない」 と言われたそうです。 まぁ、たしかに簡単に忘れられるようなものではないですよね(笑) ノブさんって? ツッコミの方ですね。 大悟さんよりちょっとだけ身長が高いです。 三人兄弟の末っ子ということもあって、ちょっぴり甘えん坊な感じがするのですが私だけ? 高校卒業後、少しだけシャープで営業職として働いていましたが、大悟さんから誘われてお笑いの道に進むことに。 こんなにビッグになったんだから、この時の決断は正しかったですね〜 奥様もいらっしゃいます。 2008年に結婚されていて、「むっちゃん」と呼ばれる奥様。 ネットで話題になるほどかわいらしい奥様で、羨ましい限りです。 特にスキャンダラスな関係から結婚したわけではなく、高校時代の同級生で11年交際した末のゴールイン。 いや、ノブさん、見た目通り誠実な方だったんですね(笑) ノブさん、2013年にプチ改名していらっしゃいます。 ロンハーの企画、 「意外と知られていない芸人の個人名」 がきっかけで、 「ノブ小池」 という芸名で活動していました。 が、全く浸透せずでした(笑) ちなみに「小池」の由来は、同じくロンハーに出演されていた元ビーチバレー選手の浅尾美和さんが、番組内で間違えて「小池さん」と呼んだことから。 本名には小池の要素は一つもありませんよ。 笑 千鳥の仲良しエピソード 高校時代の同級生ということで、気心の知れた仲で長年やってるので絆が強いのでしょうね。 そんなお二人ですが、 「アメトーーク!〜芸人ホームルーム〜」 に出演された時のこと。 二人でお互いの不満をぶつけ合っていました。 まず、大悟さんからノブさんへの不満から。 「そのハンバーガー、一口ちょうだいっ」 って言って、貰うとこ。 「お前が一口食うたら、そのあとはお前の歯型ゾーンじゃ!」 と大悟さん。 あと、ソフトクリームでも一口ちょうだいをやるようで、大悟さんがスプーンを探そうと思ってるのに 「まおん」(擬音語ね) って食べちゃうそうな。 小さなことかもしれないけど、気にする人は気にしますよね〜(笑) そしてノブさんから大悟さんへの不満。 大悟さんが小宮さんと飲みに行った時小宮さんに言った 「二人で天下とろうな!」 という言葉がすごく引っかかっていたそうな。 「俺以外に使うな!」 と(笑) 確かにそうですよね、恋人なら浮気レベル。 でも大悟さんによくよく事情を聞くと、二人きりとかではなく、 「千鳥と三四郎で」 っていう意味だったそうな。 お互い言いたいことが言えてスッキリしたようです。 ここからさらに仲が良くなりそうですね。 千鳥の相性はいかがなものでしょうか? いつものように四柱推命で見てみましょう。 日の天干から見る相性 日の天干を利用して相性の良し悪しがわかります。 でもまぁ、大悟さんの昔のキャラからするに、仲良しこよしっていう感じではなく、お互いを刺激しあえるいい関係ってとこでしょうか。 絆が深くなってきている分、これからのお二人の活躍、ますます楽しみです! このページに表示されている相性と命式の抽出には、以下のツール Ver 1. 42 を利用しています。

次の

お笑い芸人のコンビ名・芸名の由来まとめ!! 「笑い飯」の由来は〇〇から!?

千鳥 由来 コンビ名

さん noboomanzaishi がシェアした投稿 — 8月 24, 2017 at 4:13午前 PDT 1979年12月30日生まれ 岡山県井原市出身 身長173cm A型 既婚 奥さんは高校の同級生で大悟とも顔見知り 千鳥のツッコミ担当で、数多くのツッコミフレーズを持つ、関西トップクラスのツッコミ芸人です。 高校卒業後は就職して社会人となっていましたが、大悟に誘われて芸人の道に入ります。 そのため、ノブのお父さんは大悟のことを嫌っていたとのことです。 千鳥の出会い 千鳥の二人は、岡山県立笹岡商業高等学校の同級生です。 ノブが最初に大悟を見たのが入学式の時で、当時「島から鬼が来る」という噂が広まっており、大悟のことを怖い人だと思っていたようです。 しかし、遅れてやって来た大悟は、角刈りにしたばかりで髪の毛が制服中についており、ノブは拍子抜けしてしまったようです。 大悟がノブを意識し出したのが、体育の時間だそうです。 野球の授業中に大悟がバッターボックスでふざけた構えをしたら「ドミニカで野球をやっとんたんか!」と言うノブのツッコミが聞こえてきたそうです。 大悟は心の中で「レフトにおもろいツッコミがおる」と思っていたそうで、後にコンビを組むきっかけになりました。 千鳥の魅力 現在多くの番組に引っ張りだこの千鳥ですが、人気の理由は何でしょうか? 千鳥の魅力1. とにかく漫才がおもしろい 筆者が千鳥を初めて知ったのは、2005年の「M-1グランプリ」決勝で、「ワシには分からんアホじゃけぇ」というフレーズを何度も言う、幕末武士のネタでした。 正直、爆笑したのを今でも覚えています。 結果はそこまでだったのですが、このネタを機に、千鳥ファンになりました。 千鳥漫才は様々な状況を演じる、コント形式のタイプです。 大悟が「歌が下手い」や「旅館の予約がしたい」といった悩みをノブに言うことからスタートします。 特におもしろいのが、大悟が演じるキャラの名前です。 「紅ズワイガニエビミ」「菊花シモン」「白平」といったネーミングセンスが異常で、名前だけで笑ってしまいます。 基本的には、大悟が何度も同じボケを繰り返し、ノブの怒りがヒートアップしていくスタイルで、尻上がりにおもしろくなっていきます。 千鳥の漫才の中で、私が選ぶ最もおもしろい漫才がこれです。 千鳥の魅力2. ロケがおもしろい 千鳥の代名詞がロケです。 ロケ芸人とも呼ばれるほどで、何もおもしろくなさそうな、普通の道などをお笑いに繋げていきます。 またテレビ埼玉のロケ番組「いろはに千鳥」では、1日に8本もの収録を行うこともあり、8本目にはヘトヘトになっていることもしばしばです。 この「いろはに千鳥」が千鳥人気の立役者とも言えます。 一般人に絡んだり、スタッフに文句を言ったりと、のびのびとした、自然体の千鳥がとても面白かったため、シリーズ化するほどの人気となります。 本人達も「ロケ芸人と呼ばれるようになったことが、人気に火がついた理由の1つでもある」と意識しているほどで、東京で他の番組から呼ばれるきっかけとなりました。 個人的には、曲がり角で「向こうから何か来るから見てきて」っていうお互いのフリが大好きです。 タイのロケ。 ノブが赤ちゃん抱っこして出てくるところが傑作です。

次の