東方旧作キャラ。 東方でマイナーなキャラを教えてください。東方ファンに「おっ」とい...

東方Wiki

東方旧作キャラ

とは、のの一人である。 曲は「」。 見かけはに見えるが、実はかなり長生きである。 ただ、覚えがよくない。 使うはく「得体の知れない」。 「」という名前のいを飼っている。 ではにお店を作ってもらい「ふわふわ のお店」を開店した。 しかし何故かの敷地内に建っているため、したらまで宣伝しに行かなければならないと考えている。 エレンの元ネタ はたらきものでを夢見る ・・・ ~は成長しないです。 で、長生きしているかわりにものおぼえはよくありません。 ぽろぽろぽろぽろ次から次にと忘れていってしまいます。 そんなわけで、いつまでたってものままです。 それはもう、本当に長い間、生き続けています。 も、でふわふわが。 より) はのではなく、の「するふわふわ」「ふわふわな」「のはふわふわ」に登場する、がのである。 設定、使用時のなどもであるそのまま(但し、の格好との名前が登場する作品とズレている)。 関連動画 関連静画 お絵カキコ 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

東方旧作のキャラクター一覧と読み方

東方旧作キャラ

読み おんみょうだま 種族 物体 二つ名 博麗神社最大の秘宝(靈異伝・封魔録) 呼称 陰陽玉、陰陽球 等 説明 霊夢のオプションや弾幕として頑張る縁の下の力持ち。 ただの道具ではなく、何らかの霊魂が宿っているか 陰陽玉そのものが生命体であるらしい。 膨大な霊力が秘められており、物理攻撃が無効で、 並の霊力では効かないような魔物ですらぶつけるだけで倒せるが、 当初は霊夢自身もうまく制御することができず、 その力に振り回されて、自分にぶつかってしまうことも。 博麗の血を引くものにしか扱えない。 使用するごとに使用者の力が貯まっていき 満タンになると使用者に影響された絶大な力が一度に解放される。 その力は正の方向にも負の方向にも傾く。 山歩き(竹本キャラの巨大生物)に変化して神社を踏み潰したり、 小さな妖精のような姿(会話可能)に変化したり、 かわいい猫(陰陽玉なので食事も世話も不要)に変化したり、 「まだ雪の中にある苺の茎の香り」などと注文すれば その通りの香りが出る芳香剤になったり、 甘い物を食べても太らないようにできたりと、 効果の種類がかなりフリーダム。 読み みま 種族 悪霊 テーマ曲 天使伝説(靈異伝) Complete Darkness(封魔録) Reincarnation(夢時空) 二つ名 Revengeful Ghost(靈異伝) 久遠の夢に運命を任せる精神(夢時空) 悪霊さん(夢時空・怪綺談) 悪霊(怪綺談) Ghost(怪綺談) 呼称 魅魔様、魅魔さま、ミマー、ミマサマー、 搾 ry、 エビフライ 等 説明 旧シリーズ内において霊夢を除き、最多の出場回数を誇る悪霊さん。 なんと靈異伝の時からMima名義で既に登場しており、 次の封魔録ではラスボス、夢時空と怪綺談では自機として登場。 しかし、これほどの登場回数を誇りながら紅魔郷以降はED、書籍を含めて 一切登場することはなかった・・・のだが(詳しくは後述)。 一般的な幽霊のイメージのように足が無く下半身が透けているが、 自由に足を出現させる事も可能(怪綺談ボム)。 魔理沙は彼女のことを「魅魔様」と慕っており、初登場の魔理沙は 彼女の手下として登場した(二次創作では師匠や親代わりとして 描かれる事が多いが神主は魔理沙との関係をはっきりと示してはいない)。 なにやら「全人類への復讐」という㌧でもない野望を抱いていたが、 すぐにどうでもいいなどと言い出し、陰陽玉の真の力 (手間いらずの猫 or 匂いを変えられる芳香剤 or 甘い物で太らない効果)を 手に入れようとする始末。 また、陰陽玉に力が満たされると 魅魔自身も力が満たされるなど、博麗とは因縁深い存在と思われる。 月の満ち欠けで力が増減するらしく、夢時空EDでは『ずっと満月』という 他のキャラを圧倒するスケールの願い事を叶えた。 いつの間にか博麗神社の祟り神的存在となり、メイドが欲しいという理由で 八百万の神への仲間入りも考えていた。 神奈子と知り合い? そして再登場が望まれつつも怪綺談初出のアリス(・マーガトロイド)や、 『東方幻想郷』初出の(風見)幽香に出し抜かれていくことになる。 また、香霖堂24話であからさまなほのめかしがされるが、 肝心の本人は登場せず。 なかったことに? 慧音の仕業。 その後、講演会で神主への質問がされるも、 「設定がややこしくなる」「どうせなら昔のキャラより新しいキャラを出したい」 という返答だった。 しかしその一ヵ月後、神主の公式ブログで 『幺楽団の歴史4』が発表されると状況は一変する。 そこには阿求、Win版の霊夢や魔理沙とともに新衣装の彼女がいた。 Win版の新作でも、近々彼女を見られる時が来るのかもしれない。 キャラスレが立つも、ループ と搾(自主規制)が続くばかりだった。 (封魔録) エクストララブ(封魔録) 戦車むすめのみるゆめ(封魔録) 二つ名 Engineer(怪綺談) 呼称 里香、 1面のザコ 等 説明 戦車技師。 天才少女。 戦車に乗り込んで戦いを挑んでくる。 三つ編み。 戦車に乗り込む前の地上に立っているドット絵では赤マント着用。 赤マントだと夢美とキャラがかぶる・・・。 他にも、お化けや1面中ボスの戦車、EXステージを作る。 語尾に「〜なのです」とつけて話すことが多い。 怪しいものじゃないと言って本音をばらすあたり、怪しさ全開なのが見え見え。 1面の後、逃げるふりをしてEXステージに誘導しようとしたが、 見えすいた罠だったので放置された。 EXではコスチェンジをしている。 あたいキャラ。 逝くいくなのです。 読み きりさめ まりさ 種族 人間 テーマ曲 恋色マジック(封魔録) Dim. Dream(夢時空) Selene's light(幻想郷) 星の器 〜 Casket of Star(幻想郷) 二つ名 魔法と紅夢からなる存在(夢時空・幻想郷) 魔法使いさん(夢時空・幻想郷・怪綺談) 魔法使い(怪綺談) Sorceress(怪綺談) 呼称 魔梨沙、ウフフ魔理沙、白魔理沙、きゃはは魔理沙 等 説明 旧作版霧雨魔理沙。 とんがり耳に赤毛の魔法使い。 封魔録4面のみ名前が「魔梨沙」と表記されているが、 体験版・テキスト・エンディングでは全て「魔理沙」表記。 以降の作品においても「魔理沙」なので「梨」はおそらく誤字。 また夢時空から金髪の普通の魔法使いになっていた。 16色で黒色だと見づらいためか、靈夢の髪同様に魔理沙の服も紫色だった。 読み えれん 種族 魔女 テーマ曲 Tabula rasa 〜 空白少女(夢時空) 二つ名 魔女さん(夢時空) はたらきもので恋を夢見る魔女(夢時空) Witch(怪綺談) 呼称 エレン、ふわふわエレン、エレン・ふわふわ頭・オーレウス 等 説明 フルネームは、エレン・ふわふわ頭・オーレウス。 この変な名前はお爺ちゃん命名。 天然気味で惚れっぽいけど、それと同時に物忘れもしやすい魔法使いの女の子。 二つ名やゲーム内での彼女の台詞も、それを意識したものが多い。 「ふわふわエレン魔法の店」という、魔法専門の店を営んでいる。 霧雨魔法店や香霖堂のように、 店主が留守がちだったり商売をする気がなかったりということはない。 忘れっぽいために、どれだけ長生きしても姿が変わらないらしい。 また、現時点では、幻想郷にいる魔法使いの中で 最年長の可能性がある(1000歳越え。 聖よりもさらに上か?)。 魔法を使うと髪が帯電してパチパチしてしまうのが悩み。 ちなみに科学も魔法の範疇らしく、蒸気機関も薬品調合もテレビも魔法である。 そのため汽車に乗ったりするだけでも髪が帯電してしまう。 元ネタの最後の方では静電気防止スプレーのおかげでその悩みも解消されたが、 そんな便利なものなんてないこの幻想郷では、いまだに静電気に悩まされているのかもしれない。 夢時空のEDで博麗神社のすぐそばに店を出したが、本人はもうそんなことは忘れていそう。 読み ことひめ 種族 人間 テーマ曲 Maniacal Princess(夢時空) 二つ名 姫様?(夢時空) 弾幕に美を夢見る姫(夢時空) Princess(怪綺談) 呼称 小兎姫、姫様、警察官、婦警さん、真性マニア、真性コレクター 等 説明 性格が破綻している。 しかも感性が普通とずれている。 そのせいか真性のマニアであり、人が集めようとも思わないものをコレクションする。 まさしくアブノーマルな道を切り開く存在である。 袿袴姿のお姫様のようであるが、その正体は警察官(婦警)。 捜査を任務としている。 しかし、やってみたいという理由で人を捕まえる。 本人は一般人に変装できていると思っているらしい。 どうみても一般人に見えません。 本当に(ry 読み きたしらかわ ちゆり 種族 人間(平行世界人) テーマ曲 Sailor of Time(夢時空) 二つ名 時をかける夢幻の住人(夢時空) Assistant professor(怪綺談) 呼称 ちゆり、魔理沙の中の人、パイプ椅子、 にとり 等 説明 花映塚の前身、東方夢時空のセミファイナルのボス。 小町のポジション。 主人の夢美と共に、可能性空間移動船で幻想郷にやってきたぜ。 でも幻想郷にもう一人いるみたいだな。 その口調から「Win版魔理沙の中の人」とよく呼ばれる。 字が汚い。 どうやら神奈川出身みたいだぜ。 夢美とはタメ口、独断専行しても拳骨で許されるフランクな関係である。 魔理沙に口調を盗まれる。 ついでに出番も盗まれる。 ちなみに、この口調の魔理沙は東方幻想郷のEDから。 ということは・・・? 小さくても必殺の武器や、科学魔法という似非魔法を使う。 胡散臭いじゃん。 東方唯一の銃使いだぜ。 15歳でセーラー服。 でもこれでも大学院卒なんだぜ。 自機のちゆりは、幻想郷に元から住んでいた「魔力を扱えるちゆり」。 襟やリボンが赤いほうが魔法世界のちゆりだぜ。 このちゆりは後に妖怪化してにとりになったとか、ならなかったとか。 本当に何故。 (だがMUSICROOMでは「Sailor of Time」が絵理子(仮)のテーマとなっている。 ) 読み おかざき ゆめみ 種族 人間(平行世界人) テーマ曲 strawberry crisis!! (夢時空) 二つ名 夢幻伝説(夢時空) Professor(怪綺談) 呼称 教授、夢美、ストロベリー、 ダラ・アマデュラの化身 等 説明 夢時空の黒幕。 どっかのJKが来るまで、唯一の人間のラスボスであり、 外の世界からの人間で唯一幻想郷の脅威たりえた人物。 ラスボスのカリスマ低下の発端。 ありとあらゆる可能性の間を航行する、可能性空間移動船を造り幻想郷にやってきた。 平行世界では比較物理学の教授。 でも18歳。 後の出番がないのは酒を呑めなかったから。 ちなみに教授の居た世界では大学は11歳で、院は13歳で卒業するようになっているらしい。 オカルトに精通したオカルトマニアでもある。 「全ての力は統一原理に従う」という学説に異を唱え、魔力の存在を学会に提唱した。 が、無論一笑に付され、学会への復讐と自説の実証のために幻想郷に。 勝てば願いを叶えるが負ければ平行世界に攫って帰るなどと、鬼のようなことを言い出す。 核ミサイルを持ち込み、霊夢にメイドロボを提供し、 月をラグランジュポイントL1へ移動させるなどした、とんでもない方である。 本当に物理学者? 自機の夢美は、幻想郷滞在中にちゆりが勝手に装置をいじったせいで 分裂してしまった自分そのもの。 このようなことをすると平行世界間の歪みが増えるため、平行警察に逮捕されて失職の危険があるらしい。 そして自分を殺しても犯罪にはならない、と自分同士でラストバトルを繰り広げた。 消えろ〜!! 本当は、どちらか片方が少し弱れば自然と元通り1人に戻るため、 殺す云々はちゆりへの冗談。 ただ、どっちが勝っても関係ないとはいえ (ちがうぞ〜 負けるとゲームオーバーになるぞ〜 by天の声) 自分相手でも負けるのは癪、というどうでもいい理由から本気で戦った。 幻想郷の力を見て素敵素敵と連呼する、ちょっとアレな人。 でも現実の科学者もこんな感じかも。 旧作ラスボス中最強と言われることもあるくらい、その弾幕と避け能力は恐ろしいものがある。 イチゴ大好き。 余談だが、カナのテーマ曲である「夢消失〜Lost Dream」は、元々は夢美用に作られた曲であった。 が、ラスボスらしくないという事で結果的にカナのテーマ曲になった。 読み おれんじ 種族 妖怪 テーマ曲 装飾戦 〜 Decoration Battle(幻想郷) 二つ名 妖怪(幻想郷) Oriental Demon(怪綺談) 呼称 オレンジ、??、 おはようございました 等 説明 「幻想郷」の1面ボス。 ゲーム中に名前が??のまま明かされない不遇っぷり。 1面ボスだからってなめちゃいけないとは言ったものの、 結局、 抹殺ぴゅぴゅぴゅのぴゅーされた。 トワリングバトンのようなものを持っている。 当然の事ながら全力を挙げて見逃す人とは関係ない。 花映塚の台詞まとめサイトを探すとオレンジの名前ネタに行き着くことになる。 さすがオレンジだ、名前が出なくてもなんともないぜ。 …5面 …6面 読み ゆうか 種族 妖怪 テーマ曲 桜花之恋塚 〜 Flower of Japan(稀翁玉) 眠れる恐怖 〜 Sleeping Terror(幻想郷) 幽夢 〜 Inanimate Dream(幻想郷) 二つ名 妖怪(怪綺談) 妖怪さん(怪綺談) Oriental demon(怪綺談) 宵闇小町(稀翁玉) 呼称 旧作幽香、寝巻き幽香、元祖マスパ、ダブルスパーク 等 説明 「幻想郷」の5ボス・ラスボス・EX中ボス。 幻想郷と夢幻世界の境界に建つ夢幻館の主。 暇だったので巨大怪植物や大量の悪霊を博麗神社に送り込んだあとに寝ていたら、 寝込みを巫女や魔法使いに襲われた。 次回作の怪綺談ではかつてのラスボスの魅魔様と並んで、めでたく自機に昇格した。 羽根を展開したり、日傘で攻撃したり、分身したり、霊魂形態になったり、花を撃ったりと、多芸。 魔界人や魔界神の魔法を見て、自分も使えたらもっと最強になれると思い、習得する気になる。 魔理沙をストーキングして魔法を覚え、さらにアリスにもストーキングして萌え〜な究極魔法を覚えた。 弱いものいじめが好き、大量虐殺も遊び、と公言するドS。 その相手は幻想郷や魔界にとどまらず、西方世界の戦闘機やメイドロボにまで及んだ。 まったく、迷惑なおひt(ry 読み ありす 種族 魔法使い(人間) テーマ曲 プラスチックマインド(怪綺談) the Grimoire of Alice(怪綺談) 二つ名 死の少女(怪綺談) 魔法の国のアリス(怪綺談) Witch of death(怪綺談) 呼称 アリス、ロリス、旧作アリス、旧アリス、幼少アリス、幼アリス、魔界人アリス 等 説明 怪綺談の3面&EXボス。 魔界で暴れる主人公達を懲らしめるべく勝負を挑む。 「そこまでよ!」 2体の使い魔(人形?)を使った魔法反射シールドなどの弾幕を行う。 EX面では「究極の魔法を記した本(Grimoire of Alice)」を持って幻想郷に現れ、 赤・青・紫・緑・黄の5つの究極の魔法を操り再び戦いを挑んでくる。 主人公達に倒された後は、魅魔にメイドにされたりするなど色々とひどい目に遭わされる。 win版のアリス・マーガトロイドとは同一人物らしい。 が、怪綺談から妖々夢までの約1年間であの成長は(ry 書籍文花帖では、アリスは人間から魔法使いになった新米。 とある。 二次創作では神綺によって創りだされたとされることが多いが真偽は不明。 読み ゆき 種族 魔法使い(魔界人) テーマ曲 禁断の魔法 〜 Forbidden Magic(怪綺談) 真紅の少女 〜 Crimson Dead!! (怪綺談) 二つ名 黒い少女(怪綺談) 魔法使い(怪綺談) 黒魔術師(怪綺談) Black witch(怪綺談) 呼称 ユキ、偽魔理沙、 偽蓮子 等 説明 怪綺談の4面ボス。 黒い服と帽子を着ている魔法使い。 マイと共に主人公達に戦いを挑む。 相方のマイには足手まといだと思われていたかわいそうな子。 しかし弾幕はユキの方が上であったりする。 外見が今の魔理沙に似ているためよく間違われる。 きさまー! また、帽子が似ていることから、しばしば蓮子にも間違われる。 さらに、相棒の名前が西方キャラと被っているせいで、 名前をメイと間違われることも。 五月雨にゲストとしてマイと登場した。 読み しんき 種族 神 テーマ曲 神話幻想 〜 Infinite Being(怪綺談) AN ORDEAL FROM GOD(神魔討綺伝) (神魔討綺伝は二次創作ゲームだが、AN ORDEAL FROM GODはZUN氏が作曲している。 ) 二つ名 魔界の神(怪綺談) Goddess of devil's world(怪綺談) 呼称 神綺様、 ヨードチンキ、ちんき様、神綺ママ、アホ毛神、『これで安心、魔界神!』、たくましいなw(註:アホ毛の呼び名)、母様 等 説明 旧作の中では最も近代的な作品、東方怪綺談のラスボスにして魔界の創造神。 その溢れ出るようなカリスマに誰もが圧倒された……などということは 決してない。 断じてない。 ラスボスなのに、初起動時の設定画面でお出迎えしてくれる。 聳え立つ (たくましい)アホ毛サイドテールが特徴的。 アホ毛が本体であり、下にある人型の何かは生贄に捧げられた巫女である、という説がある。 人間から社会制度まで、魔界という一世界を全て創造するという大事業を成し遂げたが、 魔界は巫女や魔女、妖怪や悪霊に蹂躙される。 ご愁傷様です。 二次創作においても時たま登場するが、その際の性格はおっとりお惚け系であることが多い。 その上、歴代主同様我侭。 だが結果として抜けたことをし、夢子に窘められることが殆どである。 魔界では住人たちを我が子のように愛し、地母神のような存在。 よく、アリスとの母娘ネタに借り出される。 公式ではどういう関係なんだかいまいち不明。 とりあえず親バカ。 成長して、近所の女の子と夜中に二人で出かけるようになった娘のことをどう思っているのだろうか。 最近では二次創作ゲームに登場する際に神主に新BGMを作曲されたり、ラスボス(@星蓮船)のスペルで 弾幕の再現がされたりと、Win版に登場していない旧作キャラの中では比較的良い扱いを受けている。 ときどき「神崎」と間違われる。 ごめんね、おかあさん神だからごめんね。 006sec.

次の

東方旧作 (とうほうきゅうさく)とは【ピクシブ百科事典】

東方旧作キャラ

作品 No. Dream... 読み方は『とうほう れいいでん』。 当作品は現在のスタイルとは大きく異なる固定画面のブロック崩しゲームであった。 この作品は元々コミックマーケット(以下C)で頒布するつもりは無かったとの事である。 〜 the Story of Eastern Wonderland(1997年C52発表) 2作目・『とうほう ふうまろく』。 この作品において、現在に至るまでの縦スクロールシューティングゲームとしての形が築かれた。 〜 Phantasmagoria of Dim. Dream... (1997年C53発表) 3作目・『とうほう ゆめじくう』。 アーケードゲーム『ティンクルスタースプライツ』のシステムを用いた対戦型シューティングである。 〜 Lotus Land Story(1998年C54発表) 4作目・『とうほう げんそうきょう』。 ゲームシステムは再び2作目の頃に戻されたが、より洗練された。 〜 Mystic Square(1998年C55発表) 5作目・『とうほう かいきだん』。 PC-98版東方Projectの集大成。 この作品をもって東方Projectの開発は一旦終了した。 Windows版とPC-98版との相違 は、「PC-98版(旧作)」と「Windows版」で話が大きく変わる。 東方ProjectはPC-98版(通称「旧作」)とWindows版(通称「Win版」)とで同じ時系列を共有しているが、PC-98版の時点では「」という場所が明示されていない。 またWindows版の初作である「」の時点で「全体の設定を一掃した」ということで、PC-98版の登場人物の大半はWindows版には登場していない。 現時点でPC-98版、Windows版両方に登場しているのは、、、の4名のみ(直接の描写は無いが、は近辺に居るらしい)(また本人の談話より、は博麗神社の池に住んでいるという)。 魅魔の他のキャラクターについても、旧作キャラクター全員であるかどうかは不明ながらWin版での登場など表に出る事こそないもののその存在は今日の幻想郷、またはそこに縁する世界に確かにある様子もまた仄めかされている。 「 おそらく昔のキャラはそろそろ隠居して、今はいろいろなことを暖かく見守っているのかなって思っています 」(ZUN、関連コメント。 『』) 音楽面では、東方旧作で登場した音楽についてはアレンジを含め音楽CDの「」(全五作。 旧作五作品と対応)として発表されている。 「幺樂団の歴史」はWin版以降のキャラクターであるが、作中に直接は登場しない楽団である「」による、「今にも消え入りそうな」音楽たちを記録したもの。 先述の通り直接的なキャラクターとしては霊夢や魔理沙、アリス、幽香がPC-98版とWin版を繋いでいるが、旧作に登場する音楽の面では阿求がWin版との間の縁を結んでいる。 表記の変更について、旧作ではの霊が、旧字体の靈(名称は)で表記されている。 (因みに初めてという表記に変更したのは、西方projectの秋霜玉Extraステージにゲスト出演した時で、その時から霊夢と魔理沙の衣装のデザインもWin版とほぼ同様である。 ) また、4面ボスで登場するの理が梨になっているのは、プログラミングのミスによる誤表記で、Win版と旧作との間での名称変更は行われていない。 また、PC-98版では『スペルカードルール』に関して言及がない。 旧作作品の出回り状況 以下、Wikipediaの文章を一部改編し転載。 ちなみに旧作作品は全て現在入手困難である。 体験版は現在でもからダウンロードできる。 PC-98エミュレーターを利用すればWindows上でもプレイ可能。 環境の整え方はで。 製品版をどうしても欲しい人はオークション等で。 ただし現在よく似せて作ったいわゆる類似品や贋作なども大量に出回っているため注意。 フロッピーディスクの製造年月やステッカーの劣化具合などで判別可能なので写真のない出品などはまず贋作と思って間違いない。 写真があってもステッカーが新しすぎる、説明書にホッチキスなど止めあとがあるなども贋作である(本物は適当に折り込みがされているだけでばらける)。 (ただし、相場は1本1万円を優に超える。 ) 作品及び登場キャラクター PC-98 () 旧作の要素が登場する二次創作に置ける基本的な扱い 旧作の物語は紅魔郷よりも過去の幻想郷での出来事とされることが多く、怪綺談・紅魔郷間の空白期間は7~8年ぐらい数年だったり、世代交代していたりまちまち。 余談 どうしても旧作キャラ達が今の東方に登場しない事が納得がいかないし、いくら神主の意向でも旧作キャラをないがしろにも忘れ去られる事にもさせたくない……そんな場合のある唯一の手段が実はをよく読んでみると気付きやすいところにある。 それは…… 自らの東方二次創作で旧作キャラを扱う事である。 自らの作品で旧作キャラを使ったり、旧作キャラのファンアートを投稿したりしたところで、東方原作の新作に旧作キャラが登場するわけでもないが、別に東方二次創作ガイドラインは旧作キャラを二次創作で用いてはいけないとは言われていない。 お気に入りのキャラクターをメインで用いた二次創作は自由でましてや東方はガイドライン付きで公式に許可されているのだから、どうしても旧作キャラの扱いに納得できない人は自己解決できるように出来ているのである。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の