トーンモバイル 修理。 子供&シニア向け格安スマホ『トーンモバイル』利用者の評判・口コミと注意点

初めてのスマホです。トーンモバイルはどうですか?

トーンモバイル 修理

子供やシニアが持つスマホとして人気のトーンモバイル(TONEモバイル)ですが、トーンモバイルのスマホが故障したら修理はしてもらえるのか気になる方は多いと思います。 1年以上の期間使用したスマホが故障することもあれば、購入したばかりの端末が故障する(初期不良)ということもありますよね。 この記事では、スマホの メーカー保証のほか、有料オプションで付加できる端末保証について、また保証を受ける際の手続きについて解説します。 特に子供の場合、スマホを壊してしまう可能性が大人に比べて高くなりますので、子供にトーンスマホを持たせることを考えている親の皆さんは、故障の際の費用や修理について十分理解しておくことをお勧めします! メーカー保証の対象になる自然故障の定義は次のようになっています。 『取扱説明書に記載されている通常の条件下における通常の消費者による使用をしたにも関わらず、材質または製造上の不良により故障したとトーンモバイル株式会社が判断した場合、保証期間中に限り、当社が保証規定に従い、製品の無料修理をいたします』 上記の通り、 ごく普通に使用していたのに故障したり、最初から不良品だったりした場合にはメーカー保証の適用となります。 なお、家電製品などと同様、保証書がないとメーカー保証を受けられませんので、オンラインストアか実店舗を問わず製品を購入した際の保証書(購入日が印字されている)は必ず大切に保管することをお勧めします。 一般的に、iPhoneの画面割れや液晶損傷などの修理業者は数多く存在します。 しかし、Android端末の場合は販売機種が非常に多いため、流通量の多いXperiaやGalaxy、Nexusなどの修理が主となりその他の機種の修理はできない場合が多くなっています。 例えば、下図の通り、大手修理業者の修理対象機種もこうした流通量の多い端末となっています。 例えば、トーンモバイルでは初めての日本製となる現行のスマホ、m17の前に販売されていた 「m15」の画面割れの見積もりを修理業者1社(東京都武蔵野市)に依頼したところ、19,800円とのことでした。 ただ部品の在庫がないため取り寄せとなり、1週間以上かかるとの回答でした。 他にも、m17と同じ端末である富士通の「ARROWS M04」の前機種である「M02」の液晶画面修理を受け付けている業者の修理価格は27, 800円と高額となっています。 また安心オプションの保証適用回数は、変更前の回数が引き継がれるため、安心オプションの契約開始日を起算日として1年間に2回までの適用となります。 ここで注目したいのは、この 「安心オプション」の保証内容が「修理」ではなく「交換」であるという点です。 トーンモバイルでは、初期不良(自然故障)の際の修理は、故障内容の大・小を問わず、基本的に端末の無料「交換」となります。 (1年以内の初期不良で無料交換した端末には、交換日から3ヶ月間の製品保証が付きます) 同じように、自然故障以外の理由で修理に出す場合や、メーカー保証期間が終わった後に故障して トーンモバイルに修理依頼する場合も実際には端末の「交換」対応となります。 分かりやすく言えば、このケースでの「交換」対応とは、「トーンのスマホを買い直してください」という意味です。 もちろんアカウント情報や端末のメールアドレスなどは引き継げますが、端末自体はその時点での販売価格で購入し直す必要があります。 ちなみに、1年間のメーカー保証が終了した後の故障や破損で買い直す場合、トーンモバイルでは「機種変更」という形になり、交換前の端末(故障した端末)と同一の端末が販売終了している場合には、現在販売している端末に買い換える必要があります。 この場合でも契約者のアカウント情報などの引き継ぎは可能ですが、 一般販売の価格で購入する必要があり、契約者専用の特別価格などの設定はありません。 「安心オプション」を付けるかどうか迷った時に考慮できることは? 「安心オプション」の保証内容として、安く端末の交換ができるというのは確かに魅力ですが、毎月500円のオプション料金が発生するのも事実です。 トーンの基本プラン料金が1ヶ月1,000円であることを考えると 500円のオプション料金はちょっと高いな、、、と迷われるかもしれません。 そこで、安心オプションを付けるかどうか迷った時の判断に役立ちそうな点をご紹介します。 まずは、「安心オプション」を付けない状態でスマホを壊してしまい「定価」で端末を購入するの場合と、「安心オプション」を付けてその保証で端末を安く購入する場合とでは、どれほどの差額が生じるのか計算してみます。 これに端末の交換(書い直し)代金である5,000円を足すと17,000円(税抜)となります。 一方でトーンモバイルの現行機種「m17」は、34,800円(税抜)です。 (2018年1月31日までは29,800円) 現在トーンモバイルではm17のみの販売となっていますので、過去の端末(m14やm15など)が故障して交換する場合はすべてm17になります。 ですから、安心オプションを付けずにスマホを壊してしまった場合の交換料金は34,800円、安心オプションを付けて端末交換する場合は17,000円ですから、 安心オプションを付けておけば通常価格より17,800円も安くなり、通常の半額以下で交換(機種変更)できるということになります。 子供が初めて持つスマホとしてトーンの端末を持たせる場合、 慣れていないスマホの扱いがつい雑になって、壊したり傷を付けたりして故障する可能性が十分にあるので、親の皆さんにとって「安心オプション」は是非付加しておきたいものとなると考えられます。 スマホケースでがっちり守る もちろん、子供のスマホ使用時の落下や破損を事前に防げるのであれば、それに越したことはありません。 そこで、 丈夫なスマホケースでがっちりガードするという方法もあります。 既に中学生になっている子供で、十分にスマホの扱いに慣れていたり、スマホが高価な貴重品であることをよく理解できたりする年齢の子供であれば、ケースで端末を保護できれば、安心オプションを付けなくても大丈夫だと判断される親御さんもおられるかもしれませんね。 「ARROWS M04 ケース」や「TONE m17 ケース」といったワードで検索すると、丈夫なスマホケースを見つけることができます。 トーンスマホ「m17」は頑丈な端末 もう1つ考慮できるのは、トーンモバイルの現行の機種「m17」は、もともとかなり頑丈に作られた端末になっているという点です。 トーンモバイルから「m17」という機種名で販売されているスマホは、富士通が国内製造した「ARROWS M04」と同一機種ですが「TONEダメージレス構造」という堅牢な作りになっています。 防水・防塵・耐衝撃設計となっており、防水機能に関しては「ハンドソープでスマホが洗える」ほどの高い性能を誇っています。 耐衝撃設計については、アメリカ国防総省の調達基準と同じ耐久性を実現したとのことで、落下による破損にも強い設計となっています。 まとめ トーンモバイルのスマホには一般的な1年間のメーカー保証がありますので、1年以内に自然故障した場合は無料で新しい端末に交換してもらえます。 でも、子供にスマホを持たせた場合、購入してすぐに壊してしまったり、画面を割ってしまったりすることもあります。 それに、メーカー保証が終了したあとの修理費用の心配も残ります。 「安心オプション」を申し込んでおけば、そういう時の 修理・交換の費用を抑えることができます。 もちろん、トーンの最新端末m17の堅牢性や、丈夫なケースで守れることなどを考えれば「安心オプション」を付けなくてもいいのでは?と考えることもできます。 スマホを持たせる子供の年齢や使用状況によって、「安心オプション」を付けるかどうか決めることができるでしょう。

次の

TSUTAYAのスマホのトーンモバイルを契約前にしるべき6つの特徴

トーンモバイル 修理

TONEスマホの端末保証 トーンモバイルのTONEスマホが自宅へ届いた際、保証書が箱に同封されています。 このm15の端末保証は、追加の補償オプションなどに加入していなくても受けられる、 無料のメーカー保証になります。 一定条件の上で、端末の修理、交換をしてもらえます。 このTONEスマホの 端末保証期間は1年間となります。 トーンモバイルだけでなく、他製品の購入でも1年間のメーカー保証が付いているものが多いと思います。 私が購入したTONEスマホ「m15」には以下のような保証書がありました。 端末保証書は結構小さいので、私は危うく捨てそうになるところでした・・・。 これは故障や修理が必要な場合に重要になってきますので、大切に保管しておいてください。 端末保証の規定 このTONEスマホの保証には条件があります。 以下、 保証書に記載してある規定を抜粋してご説明いたします。 1、お客様が取扱説明書に記載されている通常の条件下における通常の消費者による使用をしたにも関わらず、材質または製造上の不良により故障したとトーンモバイル株式会社が判断した場合、保証期間中に限り、当社が保証規定に従い、製品の無料修理をいたします。 2、保証対象外の場合 ・TONEスマホの使い方を誤って生じた故障・損害・自然災害、人的災害、公害、塩害、異常電圧などによる故障・損傷や浸水・水没、落下による画面割れなどの故障・破損 ・一般家庭用以外(例えば業務用の長時間使用など)に使用された場合の故障・損傷 ・TONEスマホの故障の原因が本製品以外の部分である場合、またはその他の機器によって生じた場合 ・お客様自身による修理や当社指定の修理取扱所以外で行われたTONEスマホの修理・改造・分解などによる故障 ・保管やお手入れの不備による故障・破損 などなど保証書にはもっと色々記載しておりましたが、重要な部分だけ抜粋して記載いたしました。 要約すると、お手持ちのTONEスマホが 不良品だった場合には無料修理をしてくれるということです。 トーンモバイルを普通に利用している範囲内で、端末の不具合が原因の故障があったということです。 故意の破損であったり、運悪く壊してしまった場合には適応されないということです。 これはどこのメーカーでもほぼ同じ内容の保証書だと思いますが、何かあった場合のために保証期間の1年間は捨てないようにしてください。 トーンモバイル安心オプションの保証 トーンモバイルの「安心オプション」は上記の保証よりはるかに補償内容の幅が広がります。 ただし、TONEスマホの端末保証は無料なのですが、こちらのオプションは、 料金(月額500円税抜)がかかります。 トーンモバイルを利用する上でのメリットも豊富なので、まずはオプション内容をご覧ください。 安心オプション概要 1、保証サービス ・TONEスマホの故障・破損・水濡れ・盗難・紛失があった場合に無料で新品端末と交換が可能になります。 1年で2回までです。 2、Wi-Fiサービス トーンモバイルが提供する公衆無線LANサービス、「TONE mobile Wi-Fi by エコネクト」を利用できます。 カフェ、飲食店、ホテルなど、街中で高速インターネットを利用できる公衆無線LAN接続サービスです。 外出中でも日本全国最大で63,000箇所以上のWi-Fiスポットをご利用いただけます。 Wi-Fiサービスについては以下のページに詳しく記載しております。 参照記事: 以上が「安心オプション」のサービス内容となります。 保証と公衆無線LANのサービスがセットになっている分、他社の保証パックよりも断然お得です。 そもそもの月額料金も500円と格安ですし、トーンモバイル契約である最初の24か月は入っておいても損はないと思います。 安心オプションの保証内容 トーンモバイルの安心オプションでは、故障・破損・水濡れ・盗難・紛失の場合に追加費用の支払いなく 無料で新品端末と交換出来ます。 修理はなく、交換のみです。 しかしながら保証にはSIMカードの再発行手数料及びSIMカード交換手数料は含まれておりません。 ですのでTONEスマホの端末ではなく、SIMカードがなくなった場合や故障した場合には以下の料金がかかります。 <保障の適用外になる場合> また、いくら幅広い保証内容とは言っても、補償の適用外になるケースもございます。 以下の場合には安心オプションの保証は適応されません。 まず前提として、トーンモバイルの端末を 正規販売店以外で契約した場合。 ヤフオクなどの中古品を買った場合などは保証対象外となります。 格安スマホはSIMフリー端末ですので、こういった事例が多いです。 もし正規販売店以外でトーンモバイルを契約する場合には「安心オプション」の保証対象外になることを頭の片隅に入れておいてください。 以下、保証対象外になる場合です。 1 対象事故が発生してから、すみやかに当社に対して通知をしない場合。 2 申請書もしくは必要書類の内容に不備または誤記があり、当社が指定した期間内に補正されない場合。 3 トーンモバイルから求められた説明もしくは書類の提出を拒み、または虚偽の説明もしくは書類の提出をした場合。 4 基本プラン、その他オプションサービス 本サービスを含む の料金、端末機器の代金、またはレンタル料金の支払いがない場合。 5 保証サービスの適用申出をする時点または事故の発生時点で、本サービス契約が成立していない場合。 6 保証サービスの適用申出をする時点で、本サービス契約が終了している場合。 7 本サービスと同一または類似する他のサービスに加入し、当該サービスに基づき修理、交換またはこれに相当する金員の支払を請求することができる場合。 8 トーンモバイル会員が、安心オプション 利用規約第7条2項に違反し、不正確な事実を告げ、または当社が指定する事項に該当する事実を告げなかった場合 これらは、きちんとトーンモバイルの契約に沿って利用し、何かあった場合には嘘偽りなく速やかに 「事故状況説明書兼安心オプション(保証サービス)の利用申請書」を提出すれば何の問題もありません。 そしてTONEスマホの事故が以下に該当する事由により発生した場合、対象事故に該当しないものとして取り扱うものとなります。 1 会員の故意または重大な過失による場合。 2 会員以外の行為による場合。 3 自然災害による場合。 4 戦争、他国の武力行使、革命、内乱その他これらに類似の事変または暴動 5 核燃料物質等の放射性、爆発性その他有害な特性に起因する場合 6 差押、収容等国または公権力の行使 7 改造された機器端末 8 摩耗、使用による品質もしくは機能の低下 9 対象機器に対する修理、清掃等の作業中における作業上の過失または技術の拙劣 10 対象機器の摩耗、使用による品質もしくは機能の低下、虫害、ねずみ食いまたは性質によるむれ、かび、変質、変色、さびもしくは腐蝕 11 かき傷、すり傷、かけ傷、汚れ、しみまたは焦げ等対象機器の機能に直接関係のない外形上の損傷 12 自力救済行為等 上記は、トーンモバイルを普通に利用する上ではありえないような事象がほとんどです。 まず、故意の破損なんてありえませんからね。 そしてトーンモバイルを「普通に」利用していればまず当てはまらないのではないでしょうか。 機能の低下やすり傷などはあり得そうですが、これは致し方ないことですし、ここまでサポートしていたらキリがないと思うので「普通に」「大切に」使うというくらいの心の余裕は持ちましょう。 トーンモバイルを普通に利用していて、「画面が割れた」「水漏れした」くらいならよくあることですし、問題なく保証適用され無料で交換してもらえると思います。 端末交換の申請方法 トーンモバイルの安心オプションによる修理・交換の申請方法は、「トーンモバイル取り扱い店舗への来店」、「サポート窓口への送付」の2種類があります。 トーンモバイル取り扱い店舗での申請 「事故状況説明書兼安心オプション(保証サービス)の利用申請書」と 「故障したTONE」端末を持参してください。 基本的には トーンモバイル取扱店舗での交換が一番良いと思います。 と言いますのも、その場で新しい端末と交換してSIMカードを差し替えるので、 全く使えなくなる時間がないからです。 サポート窓口への送付 「事故状況説明書兼安心オプション(保証サービス)の利用申請書」を記載し、 「故障したTONE端末」と合わせて下記の住所へ送料元払いにて送付してください。 それは届出た警察署が発行する 届出受理番号です。 これは、故意に盗難・紛失を申請し、何台もTONEスマホを所有するような悪い人間を防ぐためだと思います。 安心オプションの申し込み前に再考 トーンモバイルの保証サービスである「安心オプション」は、オンライン申し込み時はそのまま追加することが出来るのですが、契約時には追加していない状況で、 契約後に「安心オプション」を 新たに追加する場合は トーンモバイル取扱店舗のみでの対応 となります。 プラン変更などは電話やオンライン上での申し込みや解約できるのですが、安心オプションの追加のみ店舗での取り扱いなので注意してください。 以下のプラン変更のページに理由も詳しく記載していますのでチェックしてみてください。 参照記事: もし安心オプションに入りたいという気持ちに流れているならば、申し込み時に加入しておいた方が後々面倒はかかりません。 また再申し込みについてなのですが、安心オプションを一度やめてしまうと、 1年が経過するまでの間は再申し込みが出来ません。 ですので、やはり慎重に考えてからオプションの申し込みや解約をする必要があるのです。 トーンモバイルの保証まとめ すごくおおおまかにまとめますと、 1、 無料の端末保証・・・保証期間1年。 普通に使っているのに端末の不具合が原因で故障した場合の無料での修理・交換出来る。 盗難・紛失は適用外。 2、 月500円の安心オプション・・・トーンモバイルを普通に使っていて、過失での落下、画面割れ、水漏れなどの故障の場合、無料で修理・交換が出来る。 年に2回まで。 盗難・紛失にも適用されます。 以上です。 今回のトーンモバイルの契約で スマホが全く初めてという方には「安心オプション」をおすすめしています。 私も何台ものiPhoneを破壊してきた過去がありますし、画面割れなどを経験したことがない人の方が少ないのでは?というくらい大勢の人の壊れたスマホを見てきました。 トーンモバイルが2台目のスマホであったり、過失での故障すら怖くないくらいスマホ慣れしている人は1の端末保証だけでも良いと思います。 いずれにせよ、公衆WIFIサービスも付いているのでお得であることに変わりはありませんし、安心感を買うと思えば料金的にも高くないような気もします。 トーンモバイルを申し込む前に、保証に関してもぜひ色々検討してみてください。 随時キャンペーン開催中!.

次の

【トーンとイオンモバイルを比較】子供用スマホに最適なのはこっちだった!

トーンモバイル 修理

スポンサーリンク トーンモバイル安心オプションで破損した端末を店舗で交換してみた! トーンモバイルは、スマホの画面が割れてしまったり、 水没してしまった時、修理をする事が出来ません。 月額500円の「安心オプション」に加入していると 年に2回5,000円で新しい端末に交換する事が 出来ます。 安心オプションは、盗難、紛失した時も新しい スマホにする事が出来ます。 私は、お客様サポートセンターに電話した後、 店舗に直接電話して下さいと言われ、 お客様サポートセンターでは、交換の受付になる ような電話番号などは一切聞かれなかったのですが、 一応電話した方がスムーズな流れになりそうです。 郵送だと手元に届くまで3~4週間掛かり、その間 代替機の貸し出しはありません。 しかも、手元にない期間も料金は発生するので、 店舗に出向かれることをおススメします。 トーンモバイルの店舗はかなり少ないんです。 近くにTSUTAYAがあっても指定の店舗 じゃないと対応してもらえないんです。 店舗によっては、予約が必要です。 予約が不要の場合でも店舗に端末がないと交換 出来ず、また別の日に出直すことになりますので、 事前に店舗に電話をして、「安心オプションで 交換したい」と伝えておきましょう。 紛失や盗難の場合、警察に届けた警察届出番号と 届けた警察署名、届出日も記入が必要です。 届けた時にもらう控えを店舗に持って行かれると スムーズに処理できます。 運転免許証や保険証、マイナンバーカードなど を持って行きましょう。 また「安心オプション利用申請書」と 「TONE契約情報変更申込書」に050から 始まるIP電話番号を記入する箇所があります。 通話料を抑える為にライン電話などを利用されて いてIP電話を使ってない方は番号が分かるように しておきましょう。 また「安心オプション利用申請書」には、安心オプ ションの保証番号の記入が必須です。 安心オプションの保証番号は、安心オプションの利用 開始時にTONEよりメールで送られています。 番号が分からない方は、事前に調べておきましょう。 安心オプションの利用申請書と印鑑、料金支払いを しているクレジットカードも持って行きました。 結局、交換に必要だったのは、壊れた端末と身分証明、 安心オプションの利用申請書だけでした。 印鑑も、付属品もクレジットカードも不要です。 5,000円の交換手数料は、次回の請求に合算される ので現金も不要でした。 破損したスマホをスタッフの方が確認して、 用紙をFAX?でトーンモバイルに送り、承認が下りる と新しい端末に交換してもらえます。 承認が下りないと、申請書の書き直しが必要です。 トーンモバイルの設定などをついでに尋ねたい場合は、 最初に郵送で届く「申込内容確認書」があると便利です が、使えるまで設定するのにとにかく時間が掛かります。 私は、ラインの引継ぎや設定を尋ねたかったのですが、 とても待っていられず、断念しました。 グーグルプレイの更新が30件近くあって、なかなか 完了しなかったので、自宅のWifiでゆっくり時間 を掛けて設定しました。 店舗の方の対応は、丁寧で悪くないのですが、やはり 専属のスタッフさんではないので、操作方法も尋ねても マニュアルを見せていただける程度です。 それ以前に使えるようになるまで機種の立ち上げ?に 時間が掛かるので、スタッフの方も操作できないのが 現状でした。 結局、ラインの引継ぎが出来なかったので、破損した スマホの情報を消してもらう事になったのですが、 ロックが掛かっていて、削除できずスタッフの方が トーンモバイルに電話で操作を尋ねながら何とか 削除してもらいました。 必要な書類は、全部あっても新しい端末に交換して もらうまでに1時間以上掛かりました。 トーンモバイルの安心オプションで破損端末を交換のまとめ トーンモバイルはキタムラカメラの一部など代理店 のような店舗が多いです。 スタッフの方の対応は、悪くないのですが、専属の 店員さんではないので、トーンモバイルに確認して からの作業になるので、迅速な対応には程多いと 感じました。 操作説明などもして頂けるのですが、交換端末が 使えるようになるまでの更新作業に時間が掛かって とても待ってられなかったです。 大手キャリアの様に端末をもらったら、すぐ設定や アプリのダウンロードがサクサク出来ません。 たまたまお隣に韓国の方?がいらっしゃったのですが、 その方もトーンモバイルのIP電話がつながらないの 問い合わせをされていました。 私個人の感想ですが、トーンモバイルの端末の交換や 設定の仕方を尋ねる時は、かなり時間が掛かる事を 想定して、時間と気持ちにゆとりを持ってお出かけ 下さい。

次の