スヌーピー ゴッホ。 「ゴッホ展」コラボグッズを特別販売 スヌーピーぬいぐるみなど産経iDで|産経新聞社のプレスリリース

スヌーピーコラボグッズがかわいすぎる♡「ゴッホ展」10/11、東京・上野の森美術館で開催! | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

スヌーピー ゴッホ

唯一無二の表現で永く人々を引き付け続ける画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。 実は、PEANUTSコミックにその名が登場しているのです! ゴッホとスヌーピーの意外な関係 2020年1月13日 月・祝 まで開催中の「ゴッホ展」。 東京都台東区にある、上野の森美術館に行ってきました。 ゴッホ展をゆっくり鑑賞 広々と気持ちの良い場所にある上野の森美術館。 今回のゴッホ展では、ゴッホの作品約40点と、ハーグ派と印象派を代表する巨匠の作品約30点が展示されているとのこと。 画家として活動していたのはわずか10年間。 「ハーグ派」と「印象派」という対照的な画風との出会いによって、ゴッホの作品がどのように導かれていったかを知ることができるようです。 どうやら、何度か移住もしている様子ですね。 「ハーグ派」と「印象派」 これまであまり焦点を当てられる機会がなかった、「ハーグ派」時代の作品。 過去の巨匠たちの作品を模写しながら独学で学ぶうちに、オランダの芸術の中心地のひとつ、ハーグに移住し研鑽を深めたそう。 27歳で画家として生きることを決意し、30歳頃描いた作品がこちら。 Averell Harriman 37年という短い生涯を閉じる少し前の作品です。 力強いのにはかなく美しい。 純粋に「はぁ、きれい……」とため息が出ました。 展示のあれこれ、見れば見るほど奥深くて楽しい。。。 ゴッホ作品はもちろん、展示されていた他の作家の作品も、すべて掲載されています。 図録が欲しい……。 余韻を引きずりながら、ミュージアムショップに向かいました。 ミュージアムショップへ! おぉぉ!これはこれは!! ゴッホ展公式図録、一番手前にありました。 ゴッホ作品はマルチクロスやクリアファイルなど、さまざまなグッズになっていましたよ。 そしてそして。 最新情報はゴッホ展の公式Twitter「」でお知らせするそう。 ぜひチェックしてくださいね。 その秘密がこのコミックの4コマ目に。 なんと、「VAN GOGH(ゴッホ)」の言葉が登場しています! 実はスヌーピーの犬小屋の中には、ゴッホが飾られている……!? ユニークでちょっと驚いてしまうシーンです。 種類もいろいろ。 お土産にもよさそうなアイテムがいっぱいです。 こちらは、ゴッホに扮したスヌーピーのぬいぐるみ。 今回お供をしていたぬいぐるみは、こちらのゴッホ展コラボのスヌーピーです。 MサイズとSサイズがありますよ。 こんなに可愛いディスプレイも。 真似したくなっちゃいます。 リングノートはそれぞれのページにもスヌーピーが。 繊細で美しい色合いに、ゴッホの姿のスヌーピーが。 ポーチやバンダナなどがあります。 改めまして、ご紹介したグッズはお品切れ、再入荷待ち、などの場合がございます。 最新情報はゴッホ展の公式Twitter「」をチェックしてくださいね。 美術館でのお買い物って、本当にスペシャル感がいっぱい。 絵画鑑賞とショッピング。 ぜひあわせて楽しみたいですね。 PEANUTS FRIENDS CLUBでも PEANUTSオフィシャルファンクラブ・でも、コラボ企画を実施中でした。 画家として活動した10年の間に、この2つの大きな出会いが、時代を経て、私たちに新しい感動を与え続けてくれるだなんて。 今回はスヌーピーがきっかけで見に行きましたが、もう一度、図録で予習をして、じっくり作品の数々に再会しに行きたいなと思いました。 みなさんもぜひ、ゴッホ展にお出かけしてみてくださいね。

次の

スヌーピーと『ゴッホ展』がコラボ! 限定グッズ「ゴッホになりきったスヌーピーのぬいぐるみ」が可愛いよ〜っ!

スヌーピー ゴッホ

展「糸杉」 「展」(2019年-2020年)大満足でした! やはり「糸杉」「薔薇」はずば抜けて良かったですが、他にも見応えのある作品が充実してました! 東京展と兵庫展の2か所で開催です。 :2019年10月11日~2020年1月13日• :2020年1月25日~2020年3月29日• 「展」感想 「糸杉」「薔薇」が美しい! 展「薔薇」 展覧会全体を通して、大満足です! が描く為に生きているということが伝わってくる展覧会でした。 正直の作品数は期待より少し少ない印象でしたが、「 糸杉」と「 薔薇」の2作品だけでも良いくらいに特にこの2作品は見応えがあって良かったです。 が自信を持って描いているように見えて、きらきらと輝いていましたが、この「らしさ」にたどり着くまでの苦悩などを思い、辛い気持ちにもなりました。 展覧会構成「ハーグ派」「」 展では 約40点の作品と、が影響を受けた ハーグ派やを代表する画家の約30点の作品が展示されています。 展覧会の構成は2部に分かれています。 第1部「ハーグ派に導かれて」• 第2部「に学ぶ」 ハーグ派では、ヨゼフ・ス、アントン・マウフェ、・マリス等。 では、アドルフ・モンティセリ、モネ、等。 の作風が暗い色調のハーグ派から、色鮮やかなの影響で変化するのが面白かったです。 作風は別人のようですが、描くことと自然を愛することは変わっていないと感じました。 特に感動した作品「籠を編む農夫」「鳥の巣のある」 特に感動したのは「 籠を編む農夫」(1885年2月)という油絵です。 男性が一人静かに腰かけて、わらでカゴを編んでいる絵です。 絵の色調も男性の表情も暗く、足元は内股気味でとても寂しい感じがしますが、どこか優しい気持ちも感じました。 は何故この絵を描くことにしたのか?絵画とは何か?など考えました。 もう一つ衝撃的だったのは「 鳥の巣のある」(1885年10月)という油絵です。 キャンバス全体が真っ暗で、タイトルを見ないと何を描いてるのか分かないほどです。 良く見ると鳥の巣の中に卵がいくつか。 目を凝らすほどに見えない何かが浮かび上がってくるような不思議な魅力がある絵でした。 他にも、の水彩画「 雨」(1882年頃)が美しかったです!地面を濡らす雨がきれいでした。 グッズ (PEANUTS) (PEANUTS)とのコラボ商品が充実していました! ぬいぐるみ(M・S)、トートバッグ、フェイスタオル、マグ、ボールペン、ステッカーシール、ノート、クリアファイル、マグネット、ポーチ(ソレイアード)、バンダナ(ソレイアード)等。 なんとの原作では、 がの作品を持っていたという設定があるそうで! 原作漫画を使用したデザインや、に扮したがデザインされています。 に扮したのぬいぐるみはとってもカワイイですが、私には幼稚園児のように見えました。 近沢レース店(レースハンカチ) 展限定の「薔薇」と「糸杉」のレースをあしらった繊細なレースハンカチがありました。 さりげなくとコラボしているデザインで、個人的に一番おしゃれなコラボアイテムだと思います!• 「薔薇」:薔薇のレースは白色で、ハンカチ本体はグリーン• 「糸杉」:糸杉のレースはグリーン、ファンの文字のレースは黄色で、ハンカチ本体は黄色と白の2色 PARCO(塩川いずみ) 展「パイプと麦藁帽子の自画像」 PARCOコラボでは、ー塩川いずみさんが描いたの自画像がデザインされたグッズがありました。 マグ、トートバッグ、Tシャツ、パーカー、ケース等。 食品系 食品のコラボも充実していました。 「」、「ワー」のワッフル、「」の紅茶、「酒田米菓」のうすやきおせんべい等。 オリジナルグッズ 「展」 オリジナルのグッズは基本的なアイテムは揃っていました。 ポストカード、クリアファイル、ノート、メモ帳、一筆便箋など。 チケット売り場も並んでいませんでした。 ただ会場内には人が多く、一つの作品を平均約5人くらいで見る感じでした。 空いている作品から見たり、あまり興味のない作品は2列目から見たりすれば、自分のペースを崩さずにスムーズに見て回ることができました。 所要時間は展覧会1時間、グッズ売り場10分くらいでした。 平日でこの込み具合なら、土日祝は結構な混雑だろうと思います。 は、に比べると展示室がこじんまりした印象でした。 希望としてはもっと広いスペースでの絵を見れたら良かったです。 展覧会では良くあることだと思いますが、会期の終わりそうな頃は駆け込みで来る人で混むので、ゆっくり見たい方はなるべく早めに行くのがおすすめです。 音声ガイド さんが展のナビゲーター兼音声ガイドをしています。 「」さんは名前で選ばれたのでしょうか?展にぴったりな名前です! 糸「杉」と薔薇の「花」が「咲」く、という風に全ての字がぴったりハマります。 さんはの弟テオ役として音声ガイドで解説しています。 兄弟で交わした手紙を引用しながら、台詞調で作品を解説するという面白い試みです。 作品の撮影NG 展の作品は 全て撮影不可でした。 ただ写真で撮るより絶対に肉眼で見た方がキレイなので、撮影したいとは思いませんでした。 近くで見るとびっくりする筆遣いです。 しっかり目に焼き付けました! になれる撮影コーナー「MITENE」 美術館の 出口を出てすぐ右側に に大変身できる撮影コーナーがあります。 超面白かったのですがあまり人がおらず目立って無かったので、くれぐれも見逃さないように注意してください! かなりホラー これはになれたと言えるでしょうか? 下に画像を貼りますが、 恐怖画像なので心して見てください。 もはや自分かどうか分からないレベルです。 画像の一部髭・目線などは後から自分で描き足しましたが、書き足す前はもっと怪物のようでした。 髭有と髭無しの2パターンあるようで、髭がないとなおさらっぽくなかったです。 可愛いとのギャップがあって面白いです。 この撮影コーナーはウケ狙いでしょうか? 気に入りました! 画面の種類は4種類 画面の絵柄は4種類で日替わりです。 作品「糸杉」• さん(展公式キャター)• 猫のニャッホ 公式サイトでは毎月の日替わりの種類が確認できます。 撮影方法 撮影方法は、• 画面の前に立つ• 画面下の大きなボタンを押して撮影する(3秒のカウントダウン)• 画面右上に表示されるをで読み取り画像を保存(30秒間) はのみ対応のようで、その他では画面を直接撮影するようです。 複数人で撮るのもいいですが、一人で撮っても楽しいです! 忘れられない思い出になるのでオススメです。 まとめ 「展」前の巨大看板 の作品よりも「になれる撮影コーナー」が強烈でした!というのは冗談で、 華やかな「薔薇」、力強い「糸杉」など、にしか描けない傑作が観れて最高でした! また暗い色調で人々の日常生活を描いた作品はの優しさを感じました。 の作品を一度にたくさん観て、のことを少し分かった気がしました。 少しでもを好きな人、のことを知りたい人は「展」が楽しめると思います! 展覧会情報 「展」• 「東京展」:2019年10月11日~2020年1月13日• 「兵庫展」:2020年1月25日~3月29日 作品は 東京展・兵庫展のみの出品作もあるらしいので要注意です!.

次の

ゴッホ展、開催中♪

スヌーピー ゴッホ

強烈な色彩で人々を魅了し続ける画家、 フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-90)。 37年という短い人生のうち、 画家として活動したのはわずか10年間にすぎません。 その短い画業にもかかわらず、 唯一無二の表現を獲得しえた背景には、大きな2つの出会いがありました。 27歳で画家として生きることを決意した ファン・ゴッホをまず導いたのが、「ハーグ派」です。 農村生活を静謐な筆致で描いた彼らから、 ファン・ゴッホは画家としての基礎を学びました。 これまでファン・ゴッホとの関わりの中で 焦点を当てられる機会が少なかったハーグ派ですが、 ファン・ゴッホの画業の中でとても重要な役割を果たしたのです。 その後ファン・ゴッホはパリに出て「印象派」と出会い、 躍動する色彩の虜となりました。 本展では、約50点のゴッホ作品に加え、 マウフェやセザンヌ、モネなどハーグ派と 印象派を代表する巨匠たちの作品約30点や、 ファン・ゴッホが手紙の中で語った言葉を交えながら、 独自の画風にたどり着くまでの過程を掘り下げて紹介します。 兵庫展は2020年3月20日(金)をもって会期終了いたしました。 多くの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。 会 場 : 〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 開館時間 : 10:00~18:00 (金曜、土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで) 休 館 日 : 会期中無休 観 覧 料 : (税込) 一般 1,700円(1,500円) 大学生 1,300円(1,100円) 70歳以上 0,850円( 0,750円) 高校生以下 無料• 多くの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。 会 場 : 上野の森美術館 〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2 開館時間 : 9:30〜17:00 (金曜、土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで) 休 館 日 : 12月31日(火)、1月1日(水・祝) 観 覧 料 : (税込) 一般 1,800円 1,600円 大学・専門学校・高校生 1,600円 1,400円 中学・小学生 1,000円 0,800円•

次の