アクリル たわし うずまき かぎ針 編み 図。 厚めのアクリルたわし_かぎ針編み [かぎ針編みレシピ・編み図と手芸雑貨のお店 Ronique]

厚めのアクリルたわし_かぎ針編み [かぎ針編みレシピ・編み図と手芸雑貨のお店 Ronique]

アクリル たわし うずまき かぎ針 編み 図

— 2019年12月月12日午後4時07分PST 大掃除が気になる時期になりました。 環境のためにも、手荒れを防ぐためにも、できれば強い洗剤は使いたくないですよね。 そんな方には、水だけで汚れが落ちると評判の アクリルたわし、別名 エコたわしがおすすめです。 編み物初心者の方でも、アクリル毛糸を使って、短時間で簡単にかわいいたわしを編めるんですよ。 とはいえ。 「掃除に使うのに、わざわざ編みたくない。 」 「もっと手軽にアクリルたわしを作りたい。 簡単!編まないアクリルたわしの作り方5選 — 2017年11月月6日午前2時54分PST 最初にご紹介するのは、 うずまきエコたわしです。 このたわしは、コンパクトで硬さがしっかりしているので、窓のレールや洗濯機のフチなど、凹凸があるの掃除におすすめですよ。 必要な材料と道具は、次の6つです。 アクリル毛糸:1玉(並太~極太)• 竹串(なくても可)• 毛糸針(ゴム通しでも可)• マスキングテープ• ハサミ 作り方は次の通りです。 ストロー3本の先を切ります。 曲がるストローの場合、曲がる部分は切り取り、まっすぐな長いところを使いましょう。 アクリル毛糸をストローの3倍ぐらいの長さに3本切ってください。 3本のストローへ切り取ったアクリル毛糸をそれぞれ通します。 糸端の片側はそれぞれマスキングテープでストローに固定し、もう片側は糸3本を一緒に結んでおきましょう。 ストロー3本を奥から手前に並べます。 残った毛糸の端を一番奥のストローへ結びつけます。 毛糸を3本のストローに上下互い違いに引っ掛けていき、端まできたら折り返し。 1往復したら、毛糸を引き締め、整えながら繰り返していきます。 往復しながら、長さ25㎝ぐらい進んだら、毛糸を30㎝ぐらい残して切ります。 最初と同じく1本のストローに巻き付けて結んでおきましょう。 ストローにつけたマスキングテープを外し、かけた毛糸が抜けないように注意しながら、ストローを抜き取ります。 毛糸3本をいっしょに結びます。 右端からくるくるとうずまきになるように巻いてください。 片端には毛糸が4本残っていますので、とじ針やゴム通しなどを使って、タワシの中に差し入れ、反対側に通します。 これを糸が短くなるまで繰り返し、うずまきの形が崩れないようにしっかり固定してくださいね。 ぜひ参考になさってください。 ストローを使わないので、手軽にうずまきエコたわしを作れますよ。 必要な材料と道具は、次の4つです。 アクリル毛糸:1玉(並太~極太)• 毛糸針(ゴム通しでも可)• マスキングテープ• ハサミ 作り方は、次の通りです。 アクリル毛糸を長さ3. 5mぐらいに10本切ります。 9本をまとめ、中心に残った1本を結びつけて2つ折りにします。 9本の束を2つ折りにしましたので、18本になりました。 最後まで三つ編みしたら、糸端を結びます。 この時、固く結ばないように注意しましょう。 糸端を結んだら、切りそろえます。 最初に結んだ1本をとじ針に通しておきます。 切りそろえた糸端を中心に入れて、くるくるとうずまきになるように巻いていきましょう。 ぜひ参考になさってくださいね。 用途に合わせていろいろなサイズのエコたわしを作れますよ。 必要な材料と道具は、次の4つです。 アクリル毛糸(並太~極太)• 太めのストロー 2本• 厚紙(20㎝程度に切ったもの)• ハサミ 作り方は、以下の通りです。 ストローを厚紙にセロハンテープで貼り付けます。 1に、毛糸を巻き付けていきます。 後で厚紙を抜き取るので、きつく巻きすぎないように注意してくださいね。 厚紙の端から端まで巻き付けたら、毛糸を切ります。 厚紙に貼ったストローの中に毛糸を1本通します。 毛糸の両端がストローから少し出るくらいの長さで切り、そっと厚紙を抜き取ってください。 ストローに通していた毛糸を結び、全体を丸くします。 ほどけないように、しっかりと結びましょう。 毛糸の端は、切りそろえてもいいですし、フックなどにかけられるように結んで輪にしても便利ですよ。 ぜひ参考になさってくださいね。 手に毛糸を巻き付けて、ボンボンを作るので、簡単ですよ。 必要な道具や材料は次の2つ。 アクリル毛糸 1玉• ハサミ 作り方は、以下の通りです。 端を10㎝程度残し、手のひらに毛糸を巻き付けていきます。 60回程度、巻いていきましょう。 毛糸を巻く回数でたわしのボリュームを調節します。 お好みの回数を巻き付けたら、そっと手から外します。 巻き付けた毛糸の中心で最初に残した毛糸の端を使って結びます。 ほどけないように、しっかりと結んでおきましょう。 2~3回固結びをして外れないように。 少な目に巻いたら丸くならずに、リボン型に。 参考になさってください。 必要な材料と道具は、次の4つです。 アクリル毛糸• わりばし• ハサミ• 接着剤 作り方は、次の通りです。 わりばしの端から4cm程度のところに、糸を2~3回巻きつけます。 接着剤で固定してすべり止めにします。 厚紙にアクリル毛糸を120回巻きつけてください。 巻き付けた糸の片側を切ります。 切った毛糸をわりばしにしっかりと結び付けましょう。 糸を折り返し、1ですべり止めとした糸の下側でしっかり結んで固定します。 参考になさってください。 手編みには、かぎ針編みと棒針編みがありますが、最初は扱いやすい かぎ針編みがおすすめです。 くさり編みと細編みだけでできる四角形のアクリルたわしの作り方をご説明しますね。 簡単なので、編み図がなくても大丈夫ですよ! 必要な材料と道具は、以下の3つ。 アクリル毛糸(並太~極太)• かぎ針• ハサミ かぎ針はアクリル毛糸の太さにあわせてご用意くださいね。 アクリル毛糸のラベルに目安となるかぎ針の号数が記載されていますので、ご確認ください。 作り方は、以下の通りです。 最初に作り目をします。 くさり目を12目編みます。 3. 1立上がり目を1目編み、細編みを12目編みます。 3を繰り返し、12段編みます。 参考にしてみてくださいね。 長編み・こま編み・くさり編み・糸の変え方・糸始末の仕方 といった基礎的な手法を身に付けながら、まずはから始めてみましょう。 気になる価格は、6つのレッスンと材料一式がセットになって送料込1,980円。 SNSでも人気のから直接教わるのでも思いのまま。 さらに 全750本のレッスン動画が受講し放題のなら、いつでも送料無料で資材が購入できますよ。

次の

かぎ針編みの基本をマスターできちゃう♪可愛い『アクリルたわし(エコたわし)』を作ってみない?

アクリル たわし うずまき かぎ針 編み 図

— 2019年12月月12日午後4時07分PST 大掃除が気になる時期になりました。 環境のためにも、手荒れを防ぐためにも、できれば強い洗剤は使いたくないですよね。 そんな方には、水だけで汚れが落ちると評判の アクリルたわし、別名 エコたわしがおすすめです。 編み物初心者の方でも、アクリル毛糸を使って、短時間で簡単にかわいいたわしを編めるんですよ。 とはいえ。 「掃除に使うのに、わざわざ編みたくない。 」 「もっと手軽にアクリルたわしを作りたい。 簡単!編まないアクリルたわしの作り方5選 — 2017年11月月6日午前2時54分PST 最初にご紹介するのは、 うずまきエコたわしです。 このたわしは、コンパクトで硬さがしっかりしているので、窓のレールや洗濯機のフチなど、凹凸があるの掃除におすすめですよ。 必要な材料と道具は、次の6つです。 アクリル毛糸:1玉(並太~極太)• 竹串(なくても可)• 毛糸針(ゴム通しでも可)• マスキングテープ• ハサミ 作り方は次の通りです。 ストロー3本の先を切ります。 曲がるストローの場合、曲がる部分は切り取り、まっすぐな長いところを使いましょう。 アクリル毛糸をストローの3倍ぐらいの長さに3本切ってください。 3本のストローへ切り取ったアクリル毛糸をそれぞれ通します。 糸端の片側はそれぞれマスキングテープでストローに固定し、もう片側は糸3本を一緒に結んでおきましょう。 ストロー3本を奥から手前に並べます。 残った毛糸の端を一番奥のストローへ結びつけます。 毛糸を3本のストローに上下互い違いに引っ掛けていき、端まできたら折り返し。 1往復したら、毛糸を引き締め、整えながら繰り返していきます。 往復しながら、長さ25㎝ぐらい進んだら、毛糸を30㎝ぐらい残して切ります。 最初と同じく1本のストローに巻き付けて結んでおきましょう。 ストローにつけたマスキングテープを外し、かけた毛糸が抜けないように注意しながら、ストローを抜き取ります。 毛糸3本をいっしょに結びます。 右端からくるくるとうずまきになるように巻いてください。 片端には毛糸が4本残っていますので、とじ針やゴム通しなどを使って、タワシの中に差し入れ、反対側に通します。 これを糸が短くなるまで繰り返し、うずまきの形が崩れないようにしっかり固定してくださいね。 ぜひ参考になさってください。 ストローを使わないので、手軽にうずまきエコたわしを作れますよ。 必要な材料と道具は、次の4つです。 アクリル毛糸:1玉(並太~極太)• 毛糸針(ゴム通しでも可)• マスキングテープ• ハサミ 作り方は、次の通りです。 アクリル毛糸を長さ3. 5mぐらいに10本切ります。 9本をまとめ、中心に残った1本を結びつけて2つ折りにします。 9本の束を2つ折りにしましたので、18本になりました。 最後まで三つ編みしたら、糸端を結びます。 この時、固く結ばないように注意しましょう。 糸端を結んだら、切りそろえます。 最初に結んだ1本をとじ針に通しておきます。 切りそろえた糸端を中心に入れて、くるくるとうずまきになるように巻いていきましょう。 ぜひ参考になさってくださいね。 用途に合わせていろいろなサイズのエコたわしを作れますよ。 必要な材料と道具は、次の4つです。 アクリル毛糸(並太~極太)• 太めのストロー 2本• 厚紙(20㎝程度に切ったもの)• ハサミ 作り方は、以下の通りです。 ストローを厚紙にセロハンテープで貼り付けます。 1に、毛糸を巻き付けていきます。 後で厚紙を抜き取るので、きつく巻きすぎないように注意してくださいね。 厚紙の端から端まで巻き付けたら、毛糸を切ります。 厚紙に貼ったストローの中に毛糸を1本通します。 毛糸の両端がストローから少し出るくらいの長さで切り、そっと厚紙を抜き取ってください。 ストローに通していた毛糸を結び、全体を丸くします。 ほどけないように、しっかりと結びましょう。 毛糸の端は、切りそろえてもいいですし、フックなどにかけられるように結んで輪にしても便利ですよ。 ぜひ参考になさってくださいね。 手に毛糸を巻き付けて、ボンボンを作るので、簡単ですよ。 必要な道具や材料は次の2つ。 アクリル毛糸 1玉• ハサミ 作り方は、以下の通りです。 端を10㎝程度残し、手のひらに毛糸を巻き付けていきます。 60回程度、巻いていきましょう。 毛糸を巻く回数でたわしのボリュームを調節します。 お好みの回数を巻き付けたら、そっと手から外します。 巻き付けた毛糸の中心で最初に残した毛糸の端を使って結びます。 ほどけないように、しっかりと結んでおきましょう。 2~3回固結びをして外れないように。 少な目に巻いたら丸くならずに、リボン型に。 参考になさってください。 必要な材料と道具は、次の4つです。 アクリル毛糸• わりばし• ハサミ• 接着剤 作り方は、次の通りです。 わりばしの端から4cm程度のところに、糸を2~3回巻きつけます。 接着剤で固定してすべり止めにします。 厚紙にアクリル毛糸を120回巻きつけてください。 巻き付けた糸の片側を切ります。 切った毛糸をわりばしにしっかりと結び付けましょう。 糸を折り返し、1ですべり止めとした糸の下側でしっかり結んで固定します。 参考になさってください。 手編みには、かぎ針編みと棒針編みがありますが、最初は扱いやすい かぎ針編みがおすすめです。 くさり編みと細編みだけでできる四角形のアクリルたわしの作り方をご説明しますね。 簡単なので、編み図がなくても大丈夫ですよ! 必要な材料と道具は、以下の3つ。 アクリル毛糸(並太~極太)• かぎ針• ハサミ かぎ針はアクリル毛糸の太さにあわせてご用意くださいね。 アクリル毛糸のラベルに目安となるかぎ針の号数が記載されていますので、ご確認ください。 作り方は、以下の通りです。 最初に作り目をします。 くさり目を12目編みます。 3. 1立上がり目を1目編み、細編みを12目編みます。 3を繰り返し、12段編みます。 参考にしてみてくださいね。 長編み・こま編み・くさり編み・糸の変え方・糸始末の仕方 といった基礎的な手法を身に付けながら、まずはから始めてみましょう。 気になる価格は、6つのレッスンと材料一式がセットになって送料込1,980円。 SNSでも人気のから直接教わるのでも思いのまま。 さらに 全750本のレッスン動画が受講し放題のなら、いつでも送料無料で資材が購入できますよ。

次の

かぎ針編みの基本をマスターできちゃう♪可愛い『アクリルたわし(エコたわし)』を作ってみない?

アクリル たわし うずまき かぎ針 編み 図

— 2019年12月月12日午後4時07分PST 大掃除が気になる時期になりました。 環境のためにも、手荒れを防ぐためにも、できれば強い洗剤は使いたくないですよね。 そんな方には、水だけで汚れが落ちると評判の アクリルたわし、別名 エコたわしがおすすめです。 編み物初心者の方でも、アクリル毛糸を使って、短時間で簡単にかわいいたわしを編めるんですよ。 とはいえ。 「掃除に使うのに、わざわざ編みたくない。 」 「もっと手軽にアクリルたわしを作りたい。 簡単!編まないアクリルたわしの作り方5選 — 2017年11月月6日午前2時54分PST 最初にご紹介するのは、 うずまきエコたわしです。 このたわしは、コンパクトで硬さがしっかりしているので、窓のレールや洗濯機のフチなど、凹凸があるの掃除におすすめですよ。 必要な材料と道具は、次の6つです。 アクリル毛糸:1玉(並太~極太)• 竹串(なくても可)• 毛糸針(ゴム通しでも可)• マスキングテープ• ハサミ 作り方は次の通りです。 ストロー3本の先を切ります。 曲がるストローの場合、曲がる部分は切り取り、まっすぐな長いところを使いましょう。 アクリル毛糸をストローの3倍ぐらいの長さに3本切ってください。 3本のストローへ切り取ったアクリル毛糸をそれぞれ通します。 糸端の片側はそれぞれマスキングテープでストローに固定し、もう片側は糸3本を一緒に結んでおきましょう。 ストロー3本を奥から手前に並べます。 残った毛糸の端を一番奥のストローへ結びつけます。 毛糸を3本のストローに上下互い違いに引っ掛けていき、端まできたら折り返し。 1往復したら、毛糸を引き締め、整えながら繰り返していきます。 往復しながら、長さ25㎝ぐらい進んだら、毛糸を30㎝ぐらい残して切ります。 最初と同じく1本のストローに巻き付けて結んでおきましょう。 ストローにつけたマスキングテープを外し、かけた毛糸が抜けないように注意しながら、ストローを抜き取ります。 毛糸3本をいっしょに結びます。 右端からくるくるとうずまきになるように巻いてください。 片端には毛糸が4本残っていますので、とじ針やゴム通しなどを使って、タワシの中に差し入れ、反対側に通します。 これを糸が短くなるまで繰り返し、うずまきの形が崩れないようにしっかり固定してくださいね。 ぜひ参考になさってください。 ストローを使わないので、手軽にうずまきエコたわしを作れますよ。 必要な材料と道具は、次の4つです。 アクリル毛糸:1玉(並太~極太)• 毛糸針(ゴム通しでも可)• マスキングテープ• ハサミ 作り方は、次の通りです。 アクリル毛糸を長さ3. 5mぐらいに10本切ります。 9本をまとめ、中心に残った1本を結びつけて2つ折りにします。 9本の束を2つ折りにしましたので、18本になりました。 最後まで三つ編みしたら、糸端を結びます。 この時、固く結ばないように注意しましょう。 糸端を結んだら、切りそろえます。 最初に結んだ1本をとじ針に通しておきます。 切りそろえた糸端を中心に入れて、くるくるとうずまきになるように巻いていきましょう。 ぜひ参考になさってくださいね。 用途に合わせていろいろなサイズのエコたわしを作れますよ。 必要な材料と道具は、次の4つです。 アクリル毛糸(並太~極太)• 太めのストロー 2本• 厚紙(20㎝程度に切ったもの)• ハサミ 作り方は、以下の通りです。 ストローを厚紙にセロハンテープで貼り付けます。 1に、毛糸を巻き付けていきます。 後で厚紙を抜き取るので、きつく巻きすぎないように注意してくださいね。 厚紙の端から端まで巻き付けたら、毛糸を切ります。 厚紙に貼ったストローの中に毛糸を1本通します。 毛糸の両端がストローから少し出るくらいの長さで切り、そっと厚紙を抜き取ってください。 ストローに通していた毛糸を結び、全体を丸くします。 ほどけないように、しっかりと結びましょう。 毛糸の端は、切りそろえてもいいですし、フックなどにかけられるように結んで輪にしても便利ですよ。 ぜひ参考になさってくださいね。 手に毛糸を巻き付けて、ボンボンを作るので、簡単ですよ。 必要な道具や材料は次の2つ。 アクリル毛糸 1玉• ハサミ 作り方は、以下の通りです。 端を10㎝程度残し、手のひらに毛糸を巻き付けていきます。 60回程度、巻いていきましょう。 毛糸を巻く回数でたわしのボリュームを調節します。 お好みの回数を巻き付けたら、そっと手から外します。 巻き付けた毛糸の中心で最初に残した毛糸の端を使って結びます。 ほどけないように、しっかりと結んでおきましょう。 2~3回固結びをして外れないように。 少な目に巻いたら丸くならずに、リボン型に。 参考になさってください。 必要な材料と道具は、次の4つです。 アクリル毛糸• わりばし• ハサミ• 接着剤 作り方は、次の通りです。 わりばしの端から4cm程度のところに、糸を2~3回巻きつけます。 接着剤で固定してすべり止めにします。 厚紙にアクリル毛糸を120回巻きつけてください。 巻き付けた糸の片側を切ります。 切った毛糸をわりばしにしっかりと結び付けましょう。 糸を折り返し、1ですべり止めとした糸の下側でしっかり結んで固定します。 参考になさってください。 手編みには、かぎ針編みと棒針編みがありますが、最初は扱いやすい かぎ針編みがおすすめです。 くさり編みと細編みだけでできる四角形のアクリルたわしの作り方をご説明しますね。 簡単なので、編み図がなくても大丈夫ですよ! 必要な材料と道具は、以下の3つ。 アクリル毛糸(並太~極太)• かぎ針• ハサミ かぎ針はアクリル毛糸の太さにあわせてご用意くださいね。 アクリル毛糸のラベルに目安となるかぎ針の号数が記載されていますので、ご確認ください。 作り方は、以下の通りです。 最初に作り目をします。 くさり目を12目編みます。 3. 1立上がり目を1目編み、細編みを12目編みます。 3を繰り返し、12段編みます。 参考にしてみてくださいね。 長編み・こま編み・くさり編み・糸の変え方・糸始末の仕方 といった基礎的な手法を身に付けながら、まずはから始めてみましょう。 気になる価格は、6つのレッスンと材料一式がセットになって送料込1,980円。 SNSでも人気のから直接教わるのでも思いのまま。 さらに 全750本のレッスン動画が受講し放題のなら、いつでも送料無料で資材が購入できますよ。

次の