ドゥーム ブレイク。 【PSO2】報酬期間にオススメ!6s~7sの多スロ防具・武器を安く作ろう【コスパ重視】

ドゥームブレイクⅢの作り方と継承について【PSO2】

ドゥーム ブレイク

ブレイクとは ブレイク状態は、妨害型の特殊状態です。 条件を満たすことで敵の行動をキャンセルし、即座に「ブレイク技」を発動します。 ブレイク技は、ブレイクを行ったキャラにより効果が異なり、敵のかばうを無視します。 ブレイクが発動した場合、キャンセルされたフォトンによる覚醒ゲージの増減は起こりません。 また、1度ブレイク技を発動するとブレイク待機状態が解除される点には注意が必要です。 ブレイクの発動条件• 発動者がブレイク待機状態• 発動者がブレイク技を使用可能な状態• ブレイク技がスキルの場合、覚醒状態だと「ブレイク技を使用可能な状態」でないため、スキルフォトンを積んでもブレイクは発動しません。 睡眠をはじめとした、行動がキャンセルされる状態異常にも注意が必要です。 ターゲティングを使用している場合、ターゲットの敵にのみブレイクが発動します。 攻撃したい敵と、ブレイクしたい敵が別の場合は注意が必要です。 敵の耐性に関係なく妨害が可能 ブレイクは、現状では「敵の耐性値を参照しない」とのことです。 効果はフォトン破壊や各行動キャンセル系の状態異常と似ていますが、敵の耐性に関係なく妨害できます。 ただし、ブレイクは「フォトンを2つ使って、敵の行動を1回キャンセルする」ため、状態異常が有効な敵に対しては状態異常を使うほうが効率が良いです。 ・自身がブレイクを発動可能な状態• ・どのフォトンに対して発動する待機状態になるかは、技によって異なる• ・「アタックブレイク」の場合、アタックフォトンに対してブレイクが発動可能• ・ブレイク待機を複数付与した場合、最後に付与した効果で上書きされる• ・1度ブレイク技を発動すると解除される ブレイク待機 ブレイク状態 とは「自身がブレイクを発動可能」になっている特殊状態です。 ブレイク待機時に、ブレイク技が発動するフォトンを積み、敵がブレイク対象のフォトンを使用することでブレイクが発動します。 ブレイク対象フォトンは、ブレイク待機になる技によって異なり、対象フォトンに応じて「アタックブレイク 状態 」などと表記されることもあります。 ブレイク待機は、ブレイク技を発動するか、戦闘不能になると解除されます。 また、すでにブレイク待機のキャラに再度ブレイク待機を付与すると、効果は上書きされます。 ブレイクキャラ一覧 キャラ ブレイク技の詳細• 2ターンの間、自身が睡眠状態になり、• さらにエレキ状態とスキルブレイク状態を付与する• 【スキルブレイク】• 敵単体に自身のエレキレベルを転位する• さらに攻撃力0. 8倍の3連続雷ダメージ• 【睡眠状態でも使用可能、睡眠状態を治癒】• 自身をアタックブレイク状態にする• 【アタックブレイク】• 敵単体に攻撃力1. 25倍のダメージ• さらに2ターンの間、• 味方横一列の防御力を40%上昇させる.

次の

15武器オーブ、ダスクシリーズの性能と潜在

ドゥーム ブレイク

オススメのOPと作り方、大体の予算を紹介します。 2018年冬の最新バージョンです。 内容的にはある程度、特殊能力の継承の仕組みなどを理解している中級者向け~の内容になっています。 ・アストラルソールやエーテルファクター・リターナー等は一切使わない格安コスパ防具についての記事になります。 ・報酬期間に完封100%で材料費を含めて300~500万くらいで作れることを目標にしています。 色々なユニットの紹介をしているので、良ければこちらの記事も参考にしてみてください。 ここでは継承の仕組みなどについては説明をしないので、完全に初心者の方はまずはwiki等を読んで4スロ防具などで練習して仕組みを理解してからのほうが良いと思います。 ちなみに最初に作る防具はアレス・ジ・ソール・スタミナ3・スピリタ3・パワーorシュートorテクニック3のいわゆるマナー盛り防具が簡単に作れてオススメです。 では、記事の本題に入ります。 個人的な意見として、防具なら6~7スロ・武器なら7スロ(SOP対応武器は8スロ)までがコストパフォーマンスを考えると現実的な範囲かと思います。 それ以上は製作コストを考えると割に合わないことが多いので趣味の範囲かなと。 なので、有用な特殊能力の中で比較的安く付けられる以下のOPから6~7つ選択して付けていくことになります。 記事を書いた当時はコスパ抜群で無条件にオススメ出来ましたが、今は価格次第では、他のオプションを入れたほうがいい場合があります。 アクスフィーバーも去年のPSO2の日のばら蒔きで価格が暴落していましたが、市場から在庫が減りまたジリジリ値段が高騰してきています。 代わりにステ3系が安くなってきているので値段次第でそれらを入れるのも良いと思います。 ドゥームブレイクに限らず、オプションの相場は時期によりかなり変動するので、そのときそのときで臨機応変にコスパの良い特殊能力を選択すると良いでしょう。 アトラ等のSOPを沢山付けられる武器は8スロが簡単に手に入るのでケチらずに8スロをオススメします。 あるいは、相場次第でアクスフィーバーを入れてもいいかも。 上の例は打撃向けですが、法撃なら特殊能力追加アイテム等の相場が安いので同じ構成でもっと安く作れます。 次に具体的なレシピの例とOPの説明をします。 【アレス・ジ・ソール】 説明不要の定番ですね。 簡単に作れて攻撃25、HP35、PP3という破格の性能でとりあえずこれ付けとけば良いという圧倒的コストパフォーマンス。 他スロでも比較的安く手に入りやすい。 結構旬の緊急によって相場が激しく変動するのでその時で安いものを買いましょう。 特定のソール同士の組み合わせで作れます。 ヴァーダー・ソール ヴォル・ソール エクス・ソール クォーツ・ソール グンネ・ソール ジグモル・ソール シュレイダ・ソール スノウ・ソール ファング・ソール バル・ソール メデューナ・ソール ネプト・ソール リンガ・ソール 上記いずれか一つ + イストリア・ソール ファーブラ・ソール フルベガス・ソール トウオウ・ソール エスカード・ソール 上記いずれか一つの組み合わせで作れます。 それ以外は相場が高めなので微妙かも…。 唯一デメリットが無くバランス型のオメガレヴリーはイストリアソールとセットになっていることが多いので導入しやすい。 最近追加されたペルソナレヴリーもデメリットが軽いわりには上昇値が大きいのでオススメ。 【アクスフィーバー】 これ一つで100%で継承できる上に、PP+5、攻撃5という破格の性能。 1スロから簡単に6スロまで拡張出来るので相場が安ければ積極的に導入したいところ。 【スタミナ・スピリタ】 コストはほぼタダ同然なのに有用。 これも定番で、継承が簡単でかつ多スロが手に入りやすいのでマイショップでの相場も安いことが多いです。 武器なら7スロでも1万メセタくらいから入手可能です。 出来れば両方一緒に付いたもの或いは他に有用なOPが付いているものを買うのがおすすめです。 【パワー・シュート・テクニック】 これも簡単に付けれるOPですが、これは武器と防具だと大分金額の相場が違っていて、武器は7スロでも2~3万円から買えるのに対して防具だと6~7スロだと数百万はしたりするので、武器に付けるのは非常にオススメですが、防具の場合はコスパを考えると他のOPを付けることをおすすめします。 武器なら2万ちょっとのメセタで買えちゃいます!しかも、スタミナ3付き! 逆に防具は6スロで最安値でも260万オーバー!!これなら他のOP付けたほうが良いです。 強い割には、XHが追加された森林で大量にドロップするので、相場が今はめちゃくちゃ安いです。 パワー3がついて26万メセタ! ドゥーム2が高い場合はドゥーム1を5つ買って合成しましょう。 直接2を買うか作るか安い方で済ませましょう。 なるべく安いドゥーム2を買えるほうが良いですね。 時期によってそこそこ高く素材枠も一つ余計にかかるのでステ3で妥協するならかなり金額が浮きます。 50~100万メセタくらい安くなるかな。 個人的には安く手に入ったり、スタミナ等のステ3ががオマケで付いてたりしたら買ってもいいかなといったところ。 【デウスファクター】 エスカード・ソールとセットでついてることが多いので素材枠を圧縮できて非常に良い。 オマケでステ3付いていたら最高ですね。 最近はマザーとデウスの緊急が多いおかげで相場が非常に安く、ソールやステータスがセットで付いているものが数万で売られていたりするのでオススメ。 以前は微妙オプション扱いされていましたが、ラッピーシャイン等で簡単にHPを盛れるようになったので今では優秀なOPとなっています。 全てのダメージを3%軽減するのでHP2000だとHP60増えるのと同じ効果があります。 HPが高ければ高いほど相対的に効果が増えるので高HP構成なら是非入れましょう。 グリフォン・ソールとセットで付いていることが多く比較的安く付けられるのでオススメ。 一番安いので50万ちょっと高いのは200万くらい。 グレースやエレガントを使うとコスパ重視というこの記事のコンセプトと外れるのでノーブルで我慢してください。 あ、でもテクニック系は他と比べてかなり安いのでワンランク上のを買っても良いかも。 私が買ったときはノーブルシュート、パワー、スタミナいずれも100万切る値段で買ったんですが、最近値上がりしちゃったっぽいですね。 逆にスピリタブーストは30万くらいまで値下がってます。 (2018年11月上旬価格) 支援スクラッチが出たりで相場が著しく変わるので安いときに必要なものは買っておいたほうが良いですね。 それ以外の素材は捨て値で売られているので、これらがいくらで買えるかで制作費が大きく変わります。 現実的にいくらで作れるのか試すために素材の値段を実際にビジフォンでチェックしてシミュレーションしてみました。 これは一例なのでもっといい素材があれば安く作れる場合もあります。 合計、約271万メセタ!! +合成費用・エクスキューブ100個 エクスキューブ代、合成費用入れても450万は行かないですね。 ノーブルスタミナで大きく予算使ってしまっているので、これをスピリタブーストにすればさらにコストを大きく抑えられます。 (PPブーストは実売価格35万くらい) ミューテーション2を入れて全てステ4にする構成だと大体+50万~100万くらい余計にかかります。 ステータスの合計値ですが HP+155 PP+14 打撃力+100 射撃力+60 法撃力+60 になります。 さすがに、PPや防御面では少し劣りますが、格安で作ったにしては遜色ない性能ではないでしょうか。 防具も多少コストが変わりますが、要領は同じです。 ベテランアークスからすると物足りないかもしれませんが、並アークスには十分ではないでしょうか。

次の

【PSO2】ドゥームブレイクⅡの作り方と継承方法

ドゥーム ブレイク

コンテンツ オーブ、ダスクシリーズの潜在 項目 オーブ ダスク 武器種 潜在名 濃紺の夜明 潜在Lv. どちらも因子としては貴重。 因子、法撃力目的でないならオーブ系で十分。 法撃力が高い 特徴の1つとしてダスク系のみ、 高い法撃力があります。 オーブ系はなし。 活かす場合は法撃がメインでないクラスで、かつ法撃力に依存するアクションを使う時ですね。 例えば法撃依存のフォトンブラスト、テクニック、マグのオートアクションなど。 オーブ、ダスクの強さ ロッド 単純な攻撃力比較をしてみると、上から数えたほうが早くてレゾナントシリーズより強いかなといった感じです。 PAやテクニック使っているときもPP回復するので効率はよくなる。 PP回復と法撃力を活かして使う• 光跡シオン、アトライクスない場合の武器• 秒ごとのPP回復を利用してPPを徐々に消費していくorチャージする、出し切るまでに時間がかかるPA,テクニック主体の場合• 高い法撃力を活かす(法撃武器じゃない武器種を使う時)• 法撃力依存のフォトンブラスト(主に使うであろうユリウスニフタ)• 接近しながら戦う場合の零式ラ・メギドの威力上昇• 実際に使ってみましたが、PPを徐々に消費するPAやテクニック(パラレルスライダー零式など、略式複合テクニック)は、潜在のおかげでPP消費が結果的に減っていることを実感できました。 他はSOPの時流の恵+光子縮減を使う手もありますが、オーブやダスク系は潜在でできるのが強み。 逆に自然回復しなくなるので、 パルチザンの舞とは相性最悪。 総合的なダメージの量はクラスで違ってくると思いますが、テクニックとマグのオートアクションは法撃力がない状態と比べるとざっくり威力が2倍くらい違いました。 法撃力活かして フォトンブラスト(だいたい ニフタだと思うけど)使う時の入れ替え用としてもあり。 まとめ• 期間は限られているが、オーブ系は交換で手に入るため復帰、新規の方にもむいている• ダスクシリーズはドロップ限定• オーブとダスクは色、SOP、法撃力のあるなしの違い 光跡シオンあれば入れ替えなくてもいいかなって感じなのはここ最近の武器と変わりませんけど、シオン並の火力もってて、割とお手軽に手に入ります。 アサルトライフルのダスクがドロップしたので、個人的にはパラレルスライダーを使う機会が他より多い邪竜のクエストで主に使っています。 使ってるとPP管理がだいぶ楽でした。 後は法撃武器持てないクラスでのニフタ発射台も兼ねて使おうと思います。

次の