サセックス ロイヤル。 ヘンリー (サセックス公)

エリザベス女王 ヘンリー&メーガンに「ロイヤル」使用禁止通達

サセックス ロイヤル

ヘンリー(左)と兄のウィリアム、2009年 生い立ち [ ] 、女王の孫、との次男(第2子)として誕生する。 父、兄、兄の子女である、、に次いで英国王位継承順位第6位にある。 公式な称号および敬称は「 His Royal Highness Prince Henry, Duke of Sussex(サセックス公ヘンリー王子殿下)」であるが、では通常公式の場・非公式の場を問わず Prince Harry( ハリー王子)というで呼ばれている。 を卒業した後、ヘンリーはの牧場で勤務したり、の孤児院で奉仕活動に従事するなどした。 2005年にはに入学し、「将来は近衛騎兵になりたい」と語っていた。 軍歴 [ ] ヘンリーの紋章 4月の卒業後に入隊、近衛騎兵連隊に配属された。 同連隊は儀礼的任務だけでなく戦闘地域における任務にも投入されており、ヘンリーの派遣も一旦決定したが、等が「ヘンリーを標的に攻撃する」と予告したため取り止めとなった。 ヘンリーは特別な待遇を望んでおらず、「失望している」との声明を発表するとともに 、「軍を辞めるつもりはない」ともコメントしている。 2007年末からにおける掃討作戦に極秘に加わっていた。 ヘンリーは前線航空管制官としてタリバン部隊への爆撃を誘導する任務に就いており、これは相当の危険が伴うものであった。 イギリスのメディアとは協定が結ばれ派遣の事実は公表されていなかったが、10週間後にのインターネットメディアのDrudge Reportが記事を掲載したのをきっかけに大手メディアも報道を開始し 、帰国した。 首相の(政権)はハリーを「模範的な兵士」であり「イギリス全土は彼の行っている素晴らしい任務を誇りに思うだろう」と称賛した。 アフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)は2012年9月10日、前週末から同国に英陸軍航空隊の一員として再派遣された王子について、断固として殺害する計画があると明らかにした。 2012年10月下旬、派遣先のアフガニスタン南部ヘルマンドで戦闘に参加した際に地上部隊からの要請を受け、()からを発射し、結果的にタリバンの兵士をすることとなった。 このときの作戦がヘンリーにとって初の殺害行為を伴う戦闘となった。 この王位継承順位3位(当時)のヘンリーによる「初の殺害実行」に対し、イギリスのは「英雄的行為」だとして称賛しているが、日本のは「殺害した相手が民間人ではなくタリバン兵だと断定した根拠がない」と指摘している。 2015年6月19日除隊。 最高階級は陸軍大尉。 同年のナイト・コマンダー受章。 人物 [ ] 好きとして知られ、時代はとのチームに所属した。 現在も、、などを趣味としている。 では、の大ファンである。 またの人間はほとんどがのサポーターであると語っている。 やなどの音楽への造詣も深い。 スキャンダルを起こすことも多いが、笑顔が多く陽気な性格であることから国民からの人気は高い。 若者層の間ではヘンリーのファンサイトが立ち上がるなど、特に支持が厚い。 2015年のの開会式には「1823年のでのラグビーフットボール発祥の故事」を描いたショートフィルムが流されたが、とともに「ラグビー校の庭師」としてカメオ出演し、ボールを持って疾走する少年を見て「彼は何をしているんだ? 」と問うジョニーに「心配するなジョニー、あんなもの(ラグビーフットボールと呼ばれるもの)絶対流行らん」とセリフを言う芝居を見せて観客を驚かせた。 開会式のアトラクションの後、登壇し挨拶のスピーチをした。 私生活 [ ] 私生活では、出身の恋人 ()と交際していたが、11月10日、英紙『ニューズ・オブ・ザ・ワールド』において王子とチェルシーの破局が報じられた。 その後復縁したものの、何度かの破局、復縁を経て、に破局した。 二人の関係はタブロイド紙の注目を引くような激しいものであるだけでなく、チェルシーの父親が英国系住民を激しく弾圧することで知られるジンバブエの独裁者と懇意であることが注目され批判が起こり、父親がジンバブエでの事業を売却に追い込まれるなど、高級紙にも大きく取り上げられることが多かった。 結婚 [ ] 「」も参照 2020年1月8日、ヘンリー夫妻は「主要王族の立場から引退し、(長男アーチーと共に3人)一家で英国と北米を行き来しながら生活する」とにて発表した。 「妻は財政的に王室から自立するために働く考えである」という。 BBC()の報道によると、この発表は祖母エリザベス女王と父チャールズ皇太子への相談なしに行われており、は夫妻の決定に「失望している」と声明を発表している。 夫妻のこれまでの経費の95%は父のチャールズがコーンウォール領から得る収入から出ており、残りの5%は国民の税金から出る王室助成金であるという。 夫妻はこの王室助成金を辞退する考えであるが、主な経費を出しているチャールズは「金銭的な合意は、夫妻が王室で務める役割次第である」と明言したと英タイムズ紙は報じている。 夫妻は2019年8月に「MWX Trading Ltd」という会社を設立しており、同年6月に「Sussex Royal」という商標を申請済みで、現地報道では4億ポンドのグッズ収入が見込まれているという。 1月13日にエリザベス2世女王は声明を発表し、のでヘンリー夫妻、チャールズ皇太子、ウィリアム王子らと話し合いを行ったことを明らかにした。 「本当は王室メンバーとしてフルタイムで公務を行う方が望ましいと思っていますが、家族の大切な一員であり続ける一方、より独立した生活を送りたいという2人の願いを尊重し、理解しています」とした上で、「サセックス公爵夫妻がカナダとイギリスで生活する移行期間」を設けることを認めたという。 同月18日にバッキンガム宮殿は、2020年春よりヘンリー夫妻が公務を離れ、HRH の称号を返上して「サセックス公爵夫妻」となること、「ウィンザーにあるフロッグモア・コテージの改修に使われた240万ポンドの費用も返済する」と発表した。 この発表後の19日にヘンリーは支援する慈善団体のイベントで演説し、「私たちの希望は、公的資金を受け取らずに女王やイギリス連邦、イギリス軍に仕え続けることだったが、残念ながらそれは不可能だった」と説明。 「こうなってしまったのは非常に悲しい」と話している。 同年、は「 ヘンリー夫妻はをもって、王室の公務から引退する」と発表した。 「女王は王室の公務から引退する二人に対し、王室を意味する『Royal』という言葉の入った商標『Sussex Royal』の使用を禁止させる」という。 「商標出願は削除され、ヘンリー夫妻は今後Royalと言う言葉を使用しない」という。 同年6月、ヘンリー夫妻が講演会を専門とするエージェントでや前大統領夫妻なども手がけるハリー・ウォーカー・エージェンシーと契約を結んだことが報じられた。 慈善活動 [ ] に、王室のセーイソ王子と協力し、レソト王国の撲滅を目的とするという慈善団体を設立した。 レソト王国の子どもは、偏見を恐れ、自らのHIV感染を公表したがらない傾向がある。 そのため、著名人が「小さな秘密」を公表する「フィール・ノー・シェイム(恥じることはない)」というキャンペーンをたちあげ、多くのHIV感染が自身の病気を告白できる環境づくりを行っている。 2014年12月に、自らの「小さな秘密」をで告白し、その呼びかけに答え、多くの女優や歌手もYouTubeで「小さな秘密」を告白している。 系図 [ ] 握手を求められるヘンリー、2011年 ヘンリーは、これまでの人生で数多くのを巻き起こしてきた。 11歳頃からやに手を出し、イートン校時代に入学したばかりの14歳の時にはを発病した。 の夏には吸引騒動を起こし、父チャールズの説得によって、患者のセミナーに参加したこともあった。 勉学には手を抜き、卒業ぎりぎりの最低ランクの成績だったという。 そのため大学には進まず、軍隊に入ることを志願した。 なお、イートン校卒業試験については不正疑惑が持ち上がった。 これはイートン校を解雇された美術教師が、王子が試験で提出した絵は自分が描いたとマスコミに暴露したものである。 この疑惑を王子側は強く否定している。 2005年1月には、パーティーにかつての敵国であるのを模したスタイルで現われたところをにスクープされ、内外のマスコミから非難された。 父チャールズは、ヘンリーと兄ウィリアムに、が国民の支持の元で起こしたを理解するため、映画『』を鑑賞することと、を訪問することを命じた。 士官学校卒業式後のパーティではを膝に乗せ酒を飲む様子がスクープされ、映画の題名をもじった「」(ワルのハリー)の見出しが紙面に踊った。 2008年には泥酔しと乱闘騒ぎを起こしたことがある。 2009年1月、2006年の所属時期に、同じ部隊のに対して「パキ」「ラグヘッド」と差別的発言をしていたことが発覚し、謝罪した。 2012年8月、の高級ホテルのスイートルームで撮影された2枚のヘンリーの全裸写真がのゴシップサイトで流出した。 1枚は腕時計とネックレスだけを身につけて手で股間を隠したヘンリーと、その後ろに立つ別の裸の人物が写っていた。 もう1枚は性別不詳の裸の人物に後ろから抱きつくヘンリーが写っていた。 英王室は写真を本物と認め、「現時点でのコメントは無い。 後日コメントするかもしれないが」と述べた。 英王室はプライバシーの侵害だとして、英メディアにこの2枚の写真を掲載しないよう要請した。 しかし、大衆紙「」は王子の写真を掲載。 誌の代表者は、読者には知る権利があり、また会長であるの娘が「彼(ヘンリー)はキュートだから載せるべき」だと助言してきたとコメントした。 脚注 [ ] []• 姓は「マウントバッテン=ウィンザー」であるがの敬称と Princeの身位を有するためこれを通常使用することはなく、公式には父の称号からオブ・ウェールズを姓のように用いる。 Heraldica. org. 2011年4月15日閲覧。 『』 2017年11月27日• AFPBB News 2007年4月28日. 2008年11月17日閲覧。 AFPBB News 2008年3月2日. 2008年11月17日閲覧。 、ガーディアン、28 February 2008• 『』(2012年12月24日)「」• 2008年11月17日閲覧。 、2011年4月28日• 2019年5月6日. 2019年5月6日閲覧。 時事ドットコム 2020年1月9日. 2020年1月9日閲覧。 Instagram. 2020年1月9日閲覧。 2020年1月9日. 2020年1月9日閲覧。 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム、2020年1月11日). 2020年1月11日閲覧。 Tempesta, Erica 2020年1月9日. Mail Online. 2020年1月11日閲覧。 Confidential, Eden 2020年1月10日. Mail Online. 2020年1月11日閲覧。 Jenny. minard 2020年1月13日. The Royal Family. 2020年1月14日閲覧。 2020年1月14日. 2020年1月14日閲覧。 王族の称号で「His Royal Highness 殿下 」あるいは「Her Royal Highness 妃殿下 」。 Kirsty. Oram 2020年1月18日. The Royal Family. 2020年1月19日閲覧。 2020年1月19日. 2020年1月19日閲覧。 Newburger, Emma 2020年1月18日. CNBC. 2020年1月19日閲覧。 2020年1月20日. 2020年1月21日閲覧。 2020年1月20日. 2020年1月21日閲覧。 時事ドットコム 2020年2月20日. 2020年2月22日閲覧。 Ameba News [アメーバニュース] 2020年2月21日. 2020年2月22日閲覧。 デイリースポーツ online 2020年2月20日. 2020年2月22日閲覧。 Us Weekly 2020年2月22日. 2020年2月22日閲覧。 HELLO! 2020年6月24日. 2020年6月27日閲覧。 nikkansports. com 2020年6月25日. 2020年6月27日閲覧。 内藤泰朗 2014年12月24日. 産経新聞社. 2015年1月8日閲覧。 AFPBB News 2009年1月11日. 2009年1月22日閲覧。 www. sanspo. com. 2019年5月7日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• TheRoyalSussex -• sussexroyal - 上位: 継承順位第 6 位 他のの王位継承権も同様 下位: 先代: 2018年 - 次代: 叙爵中.

次の

エリザベス女王 ヘンリー&メーガンに「ロイヤル」使用禁止通達

サセックス ロイヤル

英・ヘンリー王子夫妻が商標登録 イギリス王室のヘンリー王子夫妻が独自のブランド設立のため、自らの爵位を使った商標を登録した。 イギリスメディアは28日、ヘンリー王子夫妻が王子の爵位であるサセックス公爵にちなんだ「サセックス ロイヤル」をイギリスで商標登録したと伝えた。 以下略 (日テレNEWS24より) 2019年12月29日に日本で報道されたニュースの一つをピックアップしました。 上記のタイトルで報道されると、「 まだ、登録されたわけじゃないんんだけど、、、」というツッコミを入れたくなります。 まぁ登録手続きをしてもうすぐ、登録されるという意味で使ってるんだろうな、しょうがないな、とは思いますが。 というのも、日本でもそうですが、商標登録は担当しているお役所に手続きすれば、全部がゼンブ登録されるものではないからです。 日本だとそのお役所が特許庁、 イギリスだとUKIPOというところになります。 2020年1月の時点で登録済みは間違い ニュース報道がされた時点(2019年12月末)では、イギリスのお役所で登録に支障がないかチェックして問題なさそうなので「SUSSEX ROYAL」っていう商標が出されてるのをみんなに知らせるよ、役所チェックは登録OKだったけど、競合する業界の登録商標に似ているとか見逃しがありうるのでそういった場合は、異議ありと言ってね、2ヶ月間待って異議がなかったら登録するよ、という状態なんです。 なので、 厳密にいうと登録はまだされていません。 引用させていただいたサイトだけでなく、日本のネットニュースもほぼほぼ商標登録された・商標登録済みって感じで伝えられています。 追記:2020. 25 異議アリ!と言える2ヶ月の期間が、3ヶ月に延長されることがわかりました。 延長の手続きは複数の人からされているようなので、ホントに異議申立がされるかもしれません。 王子がHRH(ヒズロイヤルハイネス)の称号が使えなくるとの報道もあったようですし、ロイヤルの部分にモヤモヤしてる人がいるんでしょう。 ちゃんと報道しているところもあるよ 世界で一番最初に報道したところは、ちょっとわからなかったのですが、海外の報道で比較的に最初の方にニュース記事として伝えられた文章を引用します。 ロイターさんです。 ウィキペディアによると「ロイターはイギリスロンドンに本社を置く通信社」とのことなので、王子のいるイギリスの地元メディアですね。 ざっと和訳すると、タイトルが「~がサセックスロイヤルの商標の出願を行った」、本文の方が、「ヘンリー王子夫妻のチャリティー団体の名前、サッセクスロイヤルを商標として登録するために出願手続きを行っていることがわかった」という感じで伝えています。 まだ、登録されていない感じが表れててイイですね。 SUSSEX ROYALブランドはどんなもの? 前置きが長くなってしまいましたが、サセックスロイヤルはどんなものを取り扱うのでしょうか?これも、商標登録手続きをする際に、お役所に「 こんなモノ・コトでビジネス展開する予定です」とお願いしているので当該情報から詳細を見てみましょう。 ヘンリー王子夫妻は2つのブランド名(SUSSEX ROYALとSUSSEX ROYAL THE FOUNDATION OF THE DUKE AND DUCHESS OF SUSSEX)の登録手続きしているのですが、よりブランド名っぽい方のサセックスロイヤルの指定商品などを見てみましょう(トップイメージの上段の出願です)。 ちなみに指定商品とは、こんなグッズ(の包装)にブランドマークを表示して売るよ、と登録手続きの際に書面に書いた商品です。 商品のカテゴリーでは16類と25類、サービスでは35・36・41・45類を指定しています。 以下、プラスボタンを押して詳細をチェックしてみてください。 16類の商品(和訳) 印刷物;教育のための教材;印刷された教材;印刷された出版物;本;教育本;教科書;雑誌;新聞 ニュースレター、定期刊行物、印刷されたレポート。 35類のサービス(和訳) キャンペーン; プロモーションおよび公衆の啓発キャンペーン; 慈善キャンペーンのマーケティングとプロモーション; 慈善募金イベントのプロモーション;他人のための慈善キャンペーンを開発する; 慈善目的でのボランティアプロジェクトの開発と調整; ボランティアの機会の提供及びボランティアの募集; コミュニティサービスプロジェクトの編成と実施; 前述のサービスに関連する情報、アドバイザリーおよびコンサルティングサービス、データベースまたはインターネットを介してオンラインで提供される前述のサービスの全て Class 35 original Campaigning; promotional and public awareness campaigns; marketing and promotion of charitable campaigns; promoting charitable fundraising events; developing charitable campaigns for others; developing and coordinating volunteer projects for charitable purposes; providing volunteering opportunities and recruitment of volunteers; organising and conducting community service projects; information, advisory and consultancy services relating to the aforesaid services, all of the aforesaid services also provided online via a database or the Internet. 41類のサービス(和訳) 教育;トレーニングの提供;スポーツ活動;文化活動;教育イベントの手配と実施;会議、コンベンション、展示会、クラス、講義、セミナー、ワークショップの手配と実施;ウェブセミナーの組織;健康とウェルネスのトレーニング;自然、保全、環境に関する教育と訓練; 若者の訓練計画を組織する;キャリアと職業カウンセリング;雇用スキルに関するトレーニング;自己啓発トレーニング;チームビルディング(教育);スポーツイベントや競技会の開催;スポーツコーチングサービス;スポーツ施設の提供。 45類のサービス(和訳) ソーシャルケアサービス、すなわち精神的支援グループの組織化と実施; カウンセリングサービス; 精神的支援サービス; 困っている人を助け、世話をし、支援するパーソナルサポートサービスの提供、すなわち親交サービス; 慈善サービス、すなわちメンタリングおよびパーソナルケアサービス; 知的財産のライセンス Class 45 original Social care services namely organising and conducting emotional support groups; counselling services; emotional support services; provision of personal support services to help, care for and support persons in need, namely companionship services; charitable services, namely mentoring and personal care services; licensing of intellectual property; information, advisory and consultancy services relating to the aforesaid services, all of the aforesaid services also provided online via a database or the Internet. 和訳にはGoogle先生に手伝ってもらいました。 一部変なところがあるかもしれませんがご了承ください。 指定した商品やサービスから、ヘンリー王子のお嫁さんであるメーガン妃がファッション関係の雑誌(16類)を発行するのでは?といった報道もされていますね。 まとめ 直近の報道では、ヘンリー王子夫妻が自活した活動を始めるにはある程度の移行期間が必要ということで、今スグにサセックスロイヤルグッズが市場に出回るということはないでしょう。 この記事を書いてる時点で、サセックスロイヤルの商標は、イギリス以外にも アメリカ、カナダ、欧州連合(ヨーロッパ)及びオーストラリアでの商標登録手続きが行われていることが確認されています。 いつか日本でも百貨店等でロイヤルブランドの商品がお目見えするのでしょうか?興味のある方は、日本の商標検索サイトで当該ブランドを検索してみるのもいいかもしれません。 でも、もし日本で商標登録手続きされたら、ツイッターやニュース報道でわかりますよね。 追記:2020. 27 ヘンリー王子とメーガン妃の王族としての活動が2020年3月31日までと決まり、 エリザベス女王からも「ロイヤル」の看板を掲げる商標の使用に 待った!がかけられたそうで、「SUSSEX ROYAL」等は使わない、ということがヘンリー王子の広報官から発表がありました( 商標登録出願も取り下げられました)。 同様の指定の出願はあるかと思いますが、ヘンリー王子のサセックスロイヤルのブランド商品はお目見えすることはなくなりました。 以下、営業です。 外国のブランドの検索に興味がありますか? 弊所では海外の商標検索セミナー・ワークショップを企画しています。 ご興味のある方は、 でアンケートのご協力お願い致します。

次の

「特権を手放すつもりはない」ヘンリー王子とメーガン妃の“王室離脱” 女王への「とんでもない裏切り」とは

サセックス ロイヤル

生い立ち [ ] 1981年8月4日、米国で レイチェル・メーガン・マークル として誕生した。 母親は、父親は・系である。 に在学し、とを同時専攻した。 卒業後は生としてのの駐に勤務した。 キャリア [ ] 2002年に『』で メーガン・マークルとして女優デビューする。 その後は『 Century City ( センチュリー・シティー )』、『 Cuts ( カッツ )』、『 Love, Inc. ( ラブ・インク )』、『 The War at Home ( ザ・ウォー・アット・ホーム )』、『』、『』、『』、『』などにゲスト出演した。 2006年にはクイズ番組『 Deal or No Deal ( ディール・オア・ノー・ディール )』に出演した。 2011年からはテレビシリーズ『』でメインキャストの1人のレイチェル・ゼイン役を務めていた。 国際NGO「」のアンバサダーとしてやを訪問するなど、慈善活動にも熱心である。 自身がに在住していた期間中には、候補の発言などを批判。 「トランプが当選したらに移住する」とコメントしたことがある。 2019年、「訪英を前にしたトランプ大統領がメーガンを批判した」とするニュースが大衆紙を通じて流れたが、トランプ側は「だ」として否定している。 結局、訪英中、二人が接触する機会はなかった。 私生活 [ ] メーガンのモノグラム ヘンリー王子との結婚にともない、メーガンは「連合王国のプリンセス」となり「殿下」の敬称を「サセックス公爵夫人」、「ダンバートン伯爵夫人」、「キルキール男爵夫人」の称号と同様に与えられた。 メーガンは「サセックス公爵夫人殿下」 となるが、過去に唯一存在したサセックス公爵である王子が結婚しなかった(内縁の妻はいた)ために、そう呼ばれる最初の女性となる。 1月8日にサセックス公爵夫妻は「王室の主要なメンバー senior member of the royal family から身を引き財政的自立に努める」との声明を発表した。 同月13日にエリザベス女王、チャールズ王太子、ケンブリッジ公ウィリアムとサセックス公ヘンリーによる「家族会議」が開かれると、王室は建設的な話し合いがなされ、数日中に最終決定がなされる見通しを発表 、それから5日後の1月18日に王室はサセックス公夫妻は「殿下」の称号を返上することを発表した。 紋章 [ ] サセックス公爵夫人の紋章 詳細 シールドのアジュール(青)はメーガンの出身地のカリフォルニアの海岸の向こうの太平洋を表し、黄金の線はカリフォルニアの輝く太陽を表す。 3枚の白銀の羽根は「言葉とコミュニケーションの力」を表している。 フィールドのハナビシソウはカリフォルニア州の州の花であり、ロウバイはケンジントン宮殿で栽培されているものである。 飛びために翼を広げ、嘴を開けたウタドリは「コミュニケーションの力」を表す。 フィルモグラフィ [ ] 映画 [ ] 公開年 日本語版の題 原題 役名 備考 2005 A Lot Like Love ナタリー 2006 日本語版なし Deceit グウェン 2010 日本語版なし The Candidate カット 日本語版なし The Boys and Girls Guide to Getting Down ダナ テレビ映画 Remember Me ミーガン Get Him to the Greek タチアナ クレジット無し 2011 Horrible Bosses FedEx社員 2012 日本語版なし Dysfunctional Friends テリー 日本語版なし Random Encounters ミンディ テレビシリーズ [ ] 放映年 日本語版の題 原題 役名 備考 2002 General Hospital ジル 第10150話 2004 日本語版なし Century City ナターシャ 第1シーズン第4話「 A Mind is a Terrible Thing to Lose」 2005 日本語版なし Cuts Cori 第1シーズン第5話「 My Boyfriend's Back」 日本語版なし Love, Inc. テレサ・サントス 第1シーズン第9話「 One on One」 2006 日本語版なし The War at Home スーザン 第1シーズン第17話「 The Seventeen-Year Itch」 CSI:NY ヴェロニカ・ペレス 第3シーズン第7話「殺しのブルース」 2008 90210 ウェンディ 計2話出演 日本語版なし Til Death タラ 第3シーズン第2話「 Joy Ride」 2009 Knight Rider アニー・オーティス 第1シーズン第14話「 Fight Knight」 Without a Trace ホリー・シェパード 第7シーズン第15話「カメレオン」 Fringe エイミー・ジェサップ捜査官 計2話出演 日本語版なし The League Random Girl 第1シーズン第2話「 The Bounce Test」 2010 CSI:Miami モントーヤ巡査 第8シーズン第20話「もう一人のカリー・デュケーン」 2011-2018 Suits レイチェル・ゼイン メインキャスト 2012 Castle シャーロット・ボイド 第4シーズン第17話「おとぎ話連続殺人」 脚注 [ ] 注釈 [ ]• According to the State of California. California Birth Index, 1905-1995. Center for Health Statistics, California Department of Health Services, Sacramento, California. At Ancestry. com• : Rachel Meghan Markle• Dixon, Delaina. 2011年9月4日閲覧。 Giles Hardie 2012年9月10日. Sydney Morning Herald. 2013年2月3日閲覧。 Maxim 2012年6月27日. 2013年2月3日閲覧。 Hibberd, James 2010年8月24日. The Hollywood Reporter. 2011年2月16日閲覧。 NHK 2019年6月3日. 2019年6月5日閲覧。 The Hollywood Reporter 2011年9月27日. 2013年2月2日閲覧。 Sophia Hardcastle 2012年6月12日. Mr Porter. 2013年2月2日閲覧。 US Weekly 2013年9月26日. 2013年9月26日閲覧。 - NHK、2017年11月27日配信• 『』 2017年11月27日 Onebox News• 2019年5月6日. 2019年5月6日閲覧。 Belfast Telegraph 2018年5月19日. 2018年5月19日閲覧。 Fitzmaurice, Rosie 2018年5月19日. Business Insider. 2018年5月24日時点のよりアーカイブ。 2019年5月9日閲覧。 The Royal Family 2018年5月19日. 2018年5月19日閲覧。 2019年5月9日閲覧。 BBC NEWS JAPAN 2020年1月9日. 2020年1月19日閲覧。 BBC NEWS JAPAN 2020年1月14日. 2020年1月19日閲覧。 BBC NEWS JAPAN 2020年1月19日. 2020年1月19日閲覧。 The Royal Family. 2018年5月25日. 2018年5月25日閲覧。 Reuters. 2018年5月25日. 2018年5月25日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)•

次の