光回線 変換。 ADSLから光回線に変更したら工事は必要になるの?

光回線工事の内容をわかりやすく解説!穴は開けるの?期間や費用は?

光回線 変換

電話回線やインターネット回線には、さまざまな種類があります。 大きく分けてアナログ回線とデジタル回線がありますが、、ADSL、といった略称が飛び交い「ややこしい!」と、感じる人も多いかもしれません。 たとえば、今話題の光回線はどのカテゴリーに入るのでしょうか? また、そもそもアナログ回線、デジタル回線はどう違い、それぞれどんなメリット・デメリットがあるのかも気になるところです。 いずれにせよ、2023年には終了が予定されているフレッツのアナログ回線。 まだ、アナログ回線を使っているご家庭は、そろそろ乗り換えを考える時期です。 そのためにもまず、アナログ回線、デジタル回線について正しく理解してみませんか? この記事の目次• デジタル回線とアナログ回線の違いとは? 簡単にいうとアナログ回線では、アナログ信号という連続した波形を描く電気信号が、メタルケーブルによって伝わっていくものです。 たとえばADSLはアナログ回線の一種で、通話では使用しない高周波帯域を使ってインターネット接続を行います。 それまでの一般電話回線を使ってインターネットに接続した際のデータ転送速度の遅さや、電話とネットを同時にできないという問題を解決するものとして2000年代前半におおいに注目されました。 一方、デジタル回線には0と1のみで構成されたデジタル信号に変換された情報が流れています。 たとえば、ISDNは電話もインターネットもデジタル回線でつなぐ方式になりますが、じつはADSLよりも昔からあり「古い」という意味で「アナログ回線」と呼ぶ人も稀にいます。 今話題のFTTH、光ファイバーを家庭に引き込む光回線は、情報をデジタル信号に変えて送受信するところまではデジタル回線と同じです。 しかし、デジタル回線ではデジタル信号をそのまま電気信号にしていますが、光通信ではデジタル信号を光の点滅を利用して送っているという違いがあります。 アナログ回線のデメリットとは? アナログ回線を流れるアナログ信号は、メタルケーブルが長くなるほど弱まりやすく、いわゆる伝送損失が起きやすいという欠点があります。 一方、デジタル信号にはこのような劣化が起きるリスクはなく、つねに元の情報に近いものを再現できるのです。 文字情報だけではなく大量の動画、画像コンテンツを一般家庭でも当たり前のように日々消費している時代です。 もはや、アナログ回線は使いにくいものになったといわざるを得ません。 膨大なデータを処理できるパソコンと相性がいいのはデジタル回線 デジタル信号ではたとえばアルファベットのaは「01100001」と表現されます。 文字だけではなく音声、画像、動画すべてこのような0と1の組み合わせで表現できます。 人間が見ても何のことかわかりませんが、パソコンならば0と1だけで構成された信号をたとえ数万桁であっても瞬時に処理することが可能です。 このようなパソコンの優れたデータ処理能力、演算能力を十二分に活かすのはデジタル回線や光回線といえるでしょう。 また、パソコンでインターネットをする際にも、伝送損失の大きいアナログ回線ではコンテンツを安定して楽しめません。 やはり、もはやアナログ回線の時代ではないのです。 アナログ回線を利用したADSLは2023年に終了する 現在、NTTでは2025年を目標にアナログ回線に利用してきたメタルケーブルをすべて光ファイバーに移行する計画を立てています。 これに先駆けて、2023年にフレッツADSLを終了すると2017年12月に発表がありました。 固定電話に関してはNTTが変換装置を設置することによって、2025年以降もアナログ回線のままで利用できます。 しかし、フレッツADSLが終わるということは、もうアナログ回線はでインターネットに接続できないということです。 これを機会に光回線への乗り換えを考えてみてはいかがでしょうか。 今ならば、フレッツADSL契約者がフレッツ光に移行する際の工事費が無料になるキャンペーンなども実施中です。 ぜひ、利用してみませんか?.

次の

メディアコンバーター|基礎知識

光回線 変換

LANケーブルの規格(カテゴリー) 最近の光回線の速度は「最大1Gbps」がほとんどですが、 LANケーブルがその速度に対応していないと本来の力が発揮できません。 実際にLANケーブルには 「規格」というものがあり、実際に種類別に表にしました。 種類(規格) 通信速度 CAT5(カテゴリー5) 100Mbps CAT5e(カテゴリー5e) 1Gbps CAT6(カテゴリー6) 1Gbps CAT6A(カテゴリー6a) 10Gbps CAT7(カテゴリー7) 10Gbps CAT7A(カテゴリー7a) 10Gbps CAT8(カテゴリー8) 40Gbps 次に、手持ちのLANケーブルのケーブル部分を確認してもらいたいのですが、高確率でケーブルに文字が印刷されているのでご自身が上記表のどれに該当するか確認してみて下さい。 では、どの規格であれば大丈夫かをお伝えします。 CAT5e(カテゴリー5e)以上 これ以上であれば最大1Gbpsに対応しているため、よっぽど古くない限り問題ありません。 もちろん、断線とか、グネグネに折れ曲がっていると速度損失どころか、うまくネットが繋がらない恐れがあるためそちらも注意して下さい。 因みに上記画像は家のLANケーブルを掘り出していたら、まさかの 「カテゴリー5」が発掘されました。 危うく普通に使っているところでした。 比較の条件 今回比較するLANケーブルの種類は自宅に「カテゴリー5」「カテゴリー5e」が眠っていたのでこの2つと、新たにAmazonでレビューの高い「カテゴリー7」をポチりました。 こちらが実際にAmazonで購入したサンワサプライのLANケーブル(カテゴリー7)• 接続回線:フレッツ光(最大1Gbps)• 接続方法:ONUから直接有線接続• LANケーブル:カテゴリー7(0. 時間帯:18時付近• 測定パソコン:HP(SPECTRE) この条件で測定します。 また測定はGoogleのスピードテストで行います。 LANケーブルの穴がPCにない方は 「えっ!?私のPCにはLANケーブルの穴がついていないけど!?」 と困惑された方は、下記画像のような変換コネクターをお買い求め下さい。 私もいざ測定しようと思ったらついていなかったので急いでこちらもAmazonでポチりました。 測定結果 それでは測定結果を掲載いたします。 順番はカテゴリー5・5e・7の順番でご紹介していきます。 カテゴリー5 CAT. 5 下り速度 1回目 90. 5Mbps 2回目 89. 9Mbps 3回目 94. 6Mbps 4回目 94. 4Mbps 5回目 93. 3Mbps 平均 92. 5Mbps 5回計測して、 平均92. 5Mbps出ました。 やはりカテゴリー5には「MAX100Mbps」の壁があり、良くも悪くも100Mbps未満で安定していました。 カテゴリー5e CAT. 5e 下り速度 1回目 180. 4Mbps 2回目 235. 9Mbps 3回目 107. 7Mbps 4回目 86. 4Mbps 5回目 86. 6Mbps 平均 139. 4Mbps 5回計測して、 平均139. 4Mbps出ました。 途中200Mbp越えが出て、これはすごい!!となりましたが、後半失速してあまり安定はしていませんでした。 カテゴリー7 CAT. 7 下り速度 1回目 188. 4Mbps 2回目 333Mbps 3回目 159. 8Mbps 4回目 189. 1Mbps 5回目 132. 8Mbps 平均 200Mbps 5回計測して、 平均200Mbps出ました。 我が家史上最速更新! なんと2回目に 「333Mbps」をたたき出し、我が家史上最大速度を大きく更新しました。 まさか生で300Mbps越えを見る日が来るとは夢にも思いませんでした。 LANケーブルを比較した結果 下り速度 CAT. 5 CAT. 5e CAT. 7 1回目 90. 5Mbps 180. 4Mbps 188. 4Mbps 2回目 89. 9Mbps 235. 9Mbps 333Mbps 3回目 94. 6Mbps 107. 7Mbps 159. 8Mbps 4回目 94. 4Mbps 86. 4Mbps 189. 1Mbps 5回目 93. 3Mbps 86. 6Mbps 132. 8Mbps 平均 92. 5Mbps 139. 4Mbps 200Mbps このように、.

次の

ADSLから光回線に変更したら工事は必要になるの?

光回線 変換

この記事の目次• 光回線を利用するには工事が必要 そもそもですが、光回線とADSLというのは、全く別の回線を利用するものです。 光回線は皆さんの一度は耳にしたことがあるであろう光ファイバーというものを用いた回線です。 一方、ADSLはメタルケーブルを用いた回線です。 情報通信サービスというのは、この回線を自宅まで引き込み、収容局()まで信号を送るというサービスですから、異なる回線を利用する場合は当然工事が必要になります。 ADSLから光回線に乗り換える場合は、まず、どの会社の光回線にするか決めた後、インターネット、または電話等で申し込みをします。 申し込みをした後は、それまで契約していた業者に解約の連絡を忘れずに行うようにしましょう。 ただ、乗り換える先の光回線の会社に申し込みをしたことで、工事の申し込みも同時に行われていることになりますので、改めて工事の申し込みを行う必要はありません。 工事には工事費が必要になりますが、工事費が無料になるなどのキャンペーンを行っている会社もありますので、申し込む前によく調べておくことが大切です。 また、工事の際は、基本的に立ち合いが必要になります。 例外を除いて休日は工事費が3,000円ほど高くなりますので、特に一人暮らしの方や夫婦共働きの方は空いている日をしっかりと確認してから工事の申し込みをするようにしましょう。 マンションの場合は宅内工事が不要な場合も! ADSLから光回線に乗り換える時に行う工事は、一戸建ての場合とマンションの場合で作業内容が変わってきます。 一戸建ての場合は、屋外にある電柱から自宅の中に光ファイバーを引き込みます。 そして、自宅内に光コンセントと 光回線終端装置:契約者宅に設置される光回線の装置で、光信号を電気信号に変換する働きをする を設置します。 工事にかかる時間は40分から90分ほどです。 一方、マンションの場合は、既に光ファイバーがマンション内に引き込まれていることがあります。 あるいは賃貸住宅の場合、前の住人が光ケーブルを撤去せずに退去していたり、マンション内の他の住人がすでにマンションタイプの回線を申し込んでいることもあります。 この場合は工事が不要になったり、簡易的な工事で済むこともありますので、一度回線事業者に確認するようにしてみましょう。 工事をする場合は、基本的に一戸建ての場合もマンションの場合も工事に立ち会う必要があります。 ただし、マンションの場合、条件によっては宅内工事が不要になることもありますので、事前に確認しておきましょう。 光回線への乗り換え工事費が無料になる会社もある! 光回線に乗り換える際に行う工事費用は、契約する会社によって異なります。 一戸建ての場合は、18,000円から40,000円程度、マンションの場合は15,000円から40,000円程度通常かかります。 ただし、会社によっては、工事費が無料になるケースもあります。 例えば、ソフトバンク提供のADSL回線を利用している人がソフトバンク光に切り替えた場合は、工事費が無料になるというキャンペーンがあります。 対象のADSLは、Yahoo! BB SOHO、フレッツ・ADSL、ホワイトBBなどです。 なお、その他条件があり、NTT東日本区域の場合は、ADSLを2017年11月30日までに開通している人が対象です。 NTT西日本区域の場合は、2018年9月30日までにADSLを開通している必要があります。 つまり一定の期間以上、ADSL回線を利用した人が対象ということです。 また、上記に当てはまらなくても多くの光回線事業者は長期間契約を継続することで工事費が無料になります。 所謂「実質無料」と呼ばれるものです。 実質無料とは、例えば24,000円の工事費を2年間分割で支払い、2年間毎月1,000円を割引するというものです。 なぜこのようなややこしいことをするのかというのは、「長期間契約を継続してもらうため」とか「工事費無料商法は政府から突かれたことがある」という様々な理由があるのですが、とにかく多くの場合、光回線は工事費無料で利用することができます。 まとめ ADSLから光回線に乗り換える時は、まずどの会社の光回線にするか決めた後、インターネット、または電話等で申し込みをします。 光回線への乗り換えの際、工事が必要になりますが、工事費が無料になるキャンペーンを行っている会社もありますので、事前によく調べてから申し込むことが大切です。 一戸建ての場合とマンションの場合で工事の内容が変わってきます。 マンションの場合の方が、一般的に工事費も安く、作業時間も短くなります。 工事の際は立ち合いが必要になりますが、マンションの場合は宅内工事の必要がない場合もあります。 光回線への乗り換えの際に工事費が無料になるものとして、例えば、Yahoo! BB SOHO、フレッツ・ADSL、ホワイトBBなどのADSLからソフトバンク光に乗り換える場合に工事費が無料になるキャンペーンがあります。 また、その他にはADSLからDTI光に乗り換えた場合に工事費が無料になるキャンペーンなどもあります。 ただし一定の条件を満たしている必要がありますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

次の