ヘルペス ドルマイシン。 口唇ヘルペスは市販薬で治せる?再発させたくないあなたに

ドルマイシン軟膏

ヘルペス ドルマイシン

ページコンテンツ• ヘルペスにゲンタシン軟膏が処方されると、何度も再発し感染症の薬をもらい慣れている患者さんは「なぜゲンタシンなの?」と疑問に感じるようです。 確かにゲンタシンはバルトレックスなどの抗ウイルス剤のように、増殖したヘルペスウイルスをダイレクトに抑える効果はありません。 ゲンタシンだけで原因ウイルスと戦うことも、早く治すこともできません。 ウイルスに感染した後に身体が不調で免疫力が低下すると、一気にウイルスの数が倍増します。 普段体内に潜んでいるウイルスがここぞとばかりに暴れまわり、唇に水疱ができるなど不快な症状が表に出て来ます。 ウイルスを死滅させる薬はありませんが、抗ウイルス剤を使えば早く鎮めることができるので、治療ではウイルスに直接作用する内服薬のバルトレックスなどが処方されます。 ゲンタシンが処方される目的は、主に殺菌です。 水ぶくれが潰れると傷口が細菌に狙われやすくなりますので、軟膏で殺菌すると二次感染を予防するのに効果的です。 抗ヘルペスウイルス剤との相乗効果で、ゲンタシンが効く可能性があります。 ゲンタシンは安全性が高い軟膏です。 抗生物質のゲンタマイシン塩酸塩が主成分なので耐性の問題が気になるかも知れませんが、飲み薬ではなく塗り薬なので患部にちょっと使う分には大丈夫です。 比較的トラブルが少なく、ステロイドを含まない点も安心要素です。 けれどネットの口コミなどでも、「ゲンタシンは危険」と言う投稿コメントが目立ちます。 閲覧数、回答数が多く、更新日時が新しい掲示板もチェックしましたが、ゲンタシンを否定するコメントがたくさんありました。 その理由は、ゲンタシンと一緒にステロイドのリンデロンが処方される確率が高いからです。 ゲンタシンとリンデロンが処方される時 病院の皮膚科を受診して抗菌薬のゲンタシンとリンデロンの処方箋が作成されたら「来るのが遅かった」と思って下さい。 水疱が出た直後や症状が出る数日前なら抗ヘルペスウイルス薬だけで治すことができますが、症状が出てから何日かすると「手遅れ」になります。 アラセナなどの抗ウイルス剤は発症直後のタイミングで使わないと、あまり効果がありません。 抗ウイルス薬は効能を発揮する期限が決まっている薬です。 医師が「ピークが過ぎた」と診断した場合、ゲンタシンなどの抗菌薬で二次被害を防ぐ治療方針に切り替えられます。 しかも「ゲンタシンだけではちょっと物足りないかも」と思われてしまうと、ステロイドのリンデロンが処方されてしまいます。 ゲンタシンとステロイドがブレンドされたリンデロンVGも処方される確率が高い塗り薬です。 ヘルペスにステロイドは最悪 ゲンタシンはともかく、ヘルペスとステロイドは最悪の組み合わせです。 元々アトピー性皮膚炎を患っていると、ヘルペス発症時も高確率でステロイドの塗り薬が出されます。 確かにステロイドはアトピー性皮膚炎の特効薬になる一面もありますが、ヘルペスに対しては「百害あって一利なし」と断言します。 ヘルペスは免疫力が低下した時に発症するのに、免疫機能を弱めるステロイドを塗ったら火に油を注ぐようなものです。 ステロイド特有の一時的に症状を和らげる効果は期待できるかも知れませんが、使用するほど免疫機能はガタガタになるのですぐに再発の悪循環に陥ります。 口唇ヘルペスの患部、唇は全身の皮膚の中でも特に薄く柔らかい部分なので、劇薬を塗ると即座に有効成分を吸収し免疫力を奪い去られてしまいます。 リンデロンVGを処方する時、悪質な医師は「赤ちゃんも使えるゲンタシンも入っていますからね」などと言って安心させようとしますが、騙されないようご注意下さい。 「ヘルペスを薬で治すのは本当に怖い」とつくづく感じます。 そもそも抗ヘルペスウイルス剤自体にヘルペスウイルスを死滅させる効果はありません。 「副作用を我慢してまで使わなければならないの?」と疑問符が点滅します。 性器ヘルペスの治療でリンデロンVGが処方されることもありますが、「できるだけ使うべきではない」と指摘する専門家が大半です。 特に女性の陰部は頭皮より皮膚が薄く、子宮と繋がっていることからもステロイドを塗るのはもっての他です。 ゲンタシンの副作用 ヘルペスの薬と比較すると少ないとは言え、ゲンタシンに副作用がまったくないわけではありません。 副作用として痒みや発疹、炎症が出ることがありますが、気になる症状が出た時は塗るのを止めて担当医に相談しましょう。 ゲンタシンはヘルペス以外の病気でも出番が多い抗生物質です。 ニキビや水虫、生理中に荒れた陰部、虫刺されにゲンタシンを出す先生は少なくありません。 女性や子供にも身近な薬で非ステロイドなのでつい油断しがちです。 ゲンタシンを塗った手で目をこすり二次被害が発生するケースも多いので気をつけましょう。 健康な皮膚に予防目的で使うのも厳禁です。 ゲンタシンの代わりになる市販薬 ドルマイシン軟膏などゲンタシンの代わりになる市販薬もあります。 抗ヘルペス薬のアラセナSと一緒に買い求める方もいらっしゃいます。 第一類医薬品のアラセナSは、薬剤師さんに相談すれば薬局で買えます。 ただ、塗り薬は気休めでしかないことは理解しておいて下さい。 アメリカFDAも「ヘルペスの市販薬は使わない方が良い」と断言しています。 もしどうしても口唇ヘルペスの治癒スピードを早めるために塗り薬も併用したい時は、FDAが唯一承認しているアブレバを使うしかありません。

次の

ドルマイシン軟膏

ヘルペス ドルマイシン

ヘルペスが辛い! 唇や口の周りの一部が赤くなってる、なんて経験はありませんか? 一見口内炎やニキビのように見えますが、もしかしたらそれは 口唇ヘルペスかもしれません。 ヘルペスは初め、唇にピリピリしたりチクチクすると言った違和感が出て、次に赤くなり、水ぶくれが出来ます。 最終的にはかさぶたになり、早ければ一週間、平均二週間程度で治ると言われていますが、口の周りに症状が出るとなると、食事のときやおしゃべりの時なんかに気になってしまいますよね。 また、赤く腫れると痒みや痛みが出て来るのも厄介です。 そして、ヘルペスで一番厄介なのが一度ヘルペスに罹ると 何度も再発してしまうということ!! 疲れがたまっていたり、体調を崩すとヘルペスは再発しやすくなります。 いったいヘルペスとはどんなものなのでしょうか?? 次からヘルペスの原因をみていきましょう!! スポンサーリンク ヘルペスはなぜできる? 日本人の10人に1人がかかったことがあると言われている口唇ヘルペスですが、その原因はなんと ウイルスだったんです!! そのウイルスの名前は単純ヘルペスウイルス。 このウイルスに感染すると、唇が赤く腫れたり水ぶくれになって痛みや痒みを引き起こします。 小児の時に初めて感染すると、ほとんど症状はみられないで済むのですが、大人になって初めて感染すると、水ぶくれがたくさんできたり、顎の下のリンパ節が腫れる、発熱、頭痛、下痢など、全身症状がみられ重症化する場合があります。 ヘルペスの原因がウイルスなら、1度感染したら免疫が出来るんじゃないの?? と思われがちですが、ヘルペスは1度感染すると体内に潜伏する特徴があるんです。 普段はおとなしく体内で潜伏しているヘルペスウイルスですが、 疲れなどで免疫力が低下するとたちまち暴れ出してしまいます。 これが、ヘルペスが何度も再発する理由です。 ドルマイシン軟膏はどんな薬? ここで、ドルマイシン軟膏について説明します。 ドルマイシン軟膏は、ゼリヤ新薬が販売する化膿性疾患用薬です。 主な成分はコリスチン硫酸塩とパシトラシンで、殺菌作用を持つ抗生物質です。 効能は ・外傷や火傷などの化膿の予防や治療 ・とびひ、湿疹、ニキビ ・伝染性皮膚炎 などが挙げられます。 スポンサーリンク ドルマイシン軟膏はヘルペスに効果的? ヘルペスの原因はウイルスによるものです。 ドルマイシン軟膏は前述したとおり殺菌作用を持つ抗生物質なので、ウイルスが原因のヘルペスには効果がありません。 ヘルペスには抗ウイルス剤であるヘルペシアという薬が効果的ですが、この薬は過去に病院から処方されたことがある人のみ、薬局で購入することが出来る薬です。 なので、初めてヘルペスになった場合、薬局で購入できる効果的な薬と言うのはありません。 一見、ニキビに似た症状でもあるのでドルマイシン軟膏が効果的だと思われがちですが、ニキビは細菌による皮膚の炎症で、 ヘルペスはウイルスによるものなので、ドルマイシン軟膏は効果がありません。 ドルマイシン軟膏をヘルペスに塗る際の注意点は? 上記の通り、ドルマイシン軟膏はヘルペスに効果がないのですが、稀に、ヘルペスと同時に細菌による共感染になっている場合には、その症状を緩和することがあるようです。 しかし、ヘルペスはウイルスによって引き起こされるものなので、 初めて感染した場合にはすぐに病院を受診して、抗ウイルス剤を処方してもらうことをおすすめします。 そんなヘルペスはウイルス感染が原因で引き起こされ、大人になってから初めて感染した場合には重症化することもあります。 放っておいても2週間ほどでかさぶたになって治りますが、口をあけるたびに痛い思いをしたり、つい水ぶくれをいじってしまって症状を悪化させてしまう可能性もあるので、感染した場合にはすぐに病院を受診して、抗ウイルス剤を処方してもらいましょう。 ドルマイシン軟膏は細菌による皮膚炎に効果がある薬なので、ヘルペスには効果がないので、使用しない方が良さそうです。

次の

ヘルペスの薬ゲンタシンが危険と思われている本当の理由とは

ヘルペス ドルマイシン

【けが等の化膿予防及び治療、おでき(せつ、ちょう)に】ドルマイシン軟膏 「 ドルマイシン軟膏」は、二種類の抗生物質を配合しているので、多くの菌に対して抗菌作用を示します。 コリスチン硫酸塩は、グラム陰性菌、緑膿菌に有効で、バシトラシンはペニシリンと近似の抗菌スペクトルでグラム陽性・陰性菌に有効です。 傷ややけどの化膿性皮膚疾患、二次感染の予防および治療に有効です。 効能・効果• 外傷・火傷等の化膿予防及び治療• 膿痂疹(とびひ)、せつ、癰(よう)、 疔(ちょう)、毛嚢炎、湿疹• グラム陽性・陰性菌の単独及び混合感染による皮ふ疾患• 化膿症、伝染性皮ふ炎、皮ふ潰瘍 用法・用量 通常1日1~3回、適量を患部に直接又はガーゼに塗布して用いる。 成分・分量(1g中)・働き コリスチン硫酸塩(硫酸コリマイシン):50000単位 グラム陰性菌、緑膿菌に作用し、殺菌作用を発揮する。 バシトラシン:250単位 グラム陽性菌のブドウ球菌や連鎖球菌に抗菌作用を示し、細菌の蛋白質の合成を阻害することで、その増殖を抑える。 添加物 白色ワセリン、流動パラフィン 包装単位・メーカー希望小売価格• 6g/600円(税抜)• 12g/1,000円(税抜) ドルマイシン軟膏とドルマイコーチ軟膏の違い 「 ドルマイシン軟膏」は、二種類の抗生物質を配合している非ステロイド剤で、多くの菌に対して抗菌作用を示します。 は、抗菌作用を有する2種類の抗生物質のバシトラシンとフラジオマイシンを配合、さらに痒みと炎症を抑える副腎皮質ホルモン(ステロイド)のヒドロコルチゾンを配合しており、細菌感染症、炎症性の両方に効果を発揮します。 傷ややけどの化膿性皮膚疾患、二次感染の予防および治療には「 ドルマイシン軟膏」が有効です。 かきくずし、化膿しそうな湿疹や皮膚炎にはドルマイコーチ軟膏が適しています。 使用上の注意 [ してはいけないこと] (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります) 1.次の人は使用しないで下さい 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人 2.次の部位には使用しないでください• 湿潤、ただれのひどい患部• 深い傷、ひどいやけどの患部 [ 相談すること] 1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください• 医師の治療を受けている人• 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人• 患部が広範囲の人• 鼻腔等の粘膜に病変のある人 2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください [ 関係部位:症状] 皮ふ:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください [ 症状の名称:症状] ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。 3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください ドルマイシン軟膏についてのまとめ 「ドルマイシン軟膏」は、2種類の抗生物質を配合しているため、様々な菌に対して優れた抗菌作用を発揮してくれます。 そのため、怪我などによってできてしまった傷の二次感染を予防したり、患部に塗ることで治療もしてくれます。 2種類の抗生物質のみで構成されている非常にシンプルな医薬品なので、患部の炎症や赤みがひどい場合はあまり適していないかもしれません。 ドルマイコーチ軟膏などのようにステロイド成分が配合されていないため、安全性も高く使いやすい医薬品だと思います。 実際に「ドルマイシン軟膏」を塗った感じとしては、ベタつきは軟膏なので多少ありますが、嫌な感じはほとんどないと思います。 顔に塗るとテカってしまうので、外出するときは塗るのを避けて、帰宅してからや寝る前に塗った方が良いと思います。 「ドルマイシン軟膏」には、ニキビにも効果を発揮する医薬品なので、ニキビの部分に塗ると症状を緩和してくれます。 抗生物質なので、長期連用すると耐性菌が体内で生成されるため、「ドルマイシン軟膏」の効果がなくなってしまいます。 長期連用(1か月以上の使用)は避けて、ニキビが良くならないときは早めに専門医を受診しましょう。 また、健康な肌に塗ってもニキビの予防にはならないので、必ずニキビの部分にだけ塗るようにしてください。 個人的主観にはなりますが、ニキビを治すのであれば、処方薬であるダラシンTゲルやアクアチムなど、皮膚科の先生もよく処方するニキビ専用の医薬品の方が治りも早いと思います。 しかし、体質や薬の相性によってもかなり変動するので、自分に一番合う薬を使用することが重要ですね。

次の