スーパー ムーン は いつ。 2020年スーパームーンのピーク時間はいつ?地域別の見える方向・方角まとめ

2020年スーパームーンのピーク時間はいつ?地域別の見える方向・方角まとめ

スーパー ムーン は いつ

スーパームーンはいつ?2020年の日にちと時間、方角は? 数年前頃から騒がれ始めた スーパームーンですが、 最近、ますます注目度が 上がってきているように思います。 さて、気になる今年の スーパームーンですが、 2020年のスーパームーンの日時は、 4月8日(水)午前11時半ごろ(満月の瞬間) 満月の瞬間の地球との距離は 約35. 7万kmです。 地球と月が最接近するのは 4月8日(水)午前3時ごろで、 最接近距離は、約35. 69万kmです。 最接近から満月の瞬間まで 8時間以上経っているので、 今年はエクストリーム・スーパームーン ではないですね。 東の地平より昇ってきます。 南中は日付が変わってすぐ、 4月9日の午前0時すぎごろ。 なので、別に、 満月の瞬間だけがスーパームーン、 ということではないと思うので、 4月8日から9日にかけての月を、 ご都合が良い時間帯に観測してみてください。 よく、写真でマイクロムーンと 比べたものがありますが、 2つ並べて見てみると、 確かに大きさが大分違うんだな、 と思います。 が、実際、空に 2つ並んでいるわけではないので、 スーパームーンの見た目は 確かにきれいだな~、とは思うんですが ぶっちゃけ、他の満月と比べて そんなに変わらないというか、 よくわからないというか・・・ 特別、感動するほど大きい、とか、 めちゃくちゃ明るい!! とかは思わなかったです^^; (以前見た時の個人的感想です!) 観測する場所にもよるんでしょうかね。 空気が澄んで、光害が少ない場所なら 感動するのかもしれませんね! ちなみに、 マイクロムーンとは スーパームーンの反対で、 遠地点での最小満月のことを言います。 マイクロムーンも はっきりした定義はないようで、 新月のことも指すのか、など、 くわしい情報は見つけられませんでした。 マイクロムーンのほうは、 まだあまり浸透していないようなので、 これからいろいろな定義付けが されていくんでしょうか。 マイクロムーンについては、 別記事にまとめてありますので そちらをご参照ください。 スーパームーンの時は、 地球と月の距離が最接近する時なので、 引力の関係上、全く影響が無い とは言えないと思いますが、 巨大地震を予測する という性質のものでもありません。 とはいえ、過去のデータの解析では 潮汐力の強い時に巨大地震の 発生の確率が上がっているみたいなので、 大騒ぎするほどではないにしても、 一応、用心しておくに 越したことは無いかもしれませんね! 参照: 関連記事.

次の

スーパームーン2020は4月7日の今日から!最大になる時間はいつ?東京の天気と方角は?|はぴたいむ

スーパー ムーン は いつ

2020年のスーパームーンはいつ? 上記でも記載しましたが、 スーパームーンは、 月が最も地球に近づいた時に満月になる現象です。 そして、2020年のスーパームーンは 3 月 と 4 月 の 2 回!• 3月10日(火)2時48分頃• スーパームーンのピークは少し過ぎてはしまいますが、見てわかるほど満月が欠けてしまうことはないので、スーパームーンを楽しむことは十分に可能です。 ちなみにですが、国立天文台の公式サイトより、2020年4月8日の日本の各地域での月の出時刻を算出したのでこちらもよければ参考にしてみてください! 地域 2020年4月8日 月の出時刻 札幌 18:18 仙台 18:17 東京 18:20 名古屋 18:32 大阪 18:38 福岡 18:58 那覇 19:06 引用元: スーパームーンを見るためのポイント 日本でスーパームーンが観測できる時間帯と月の位置や見える方角について おすすめのポイントをまとめました。 3月9日の夜、月は東の空から上昇し、西南西から西の空に沈む• 満月になる時間帯の月の位置は、西南西、高度40度くらい• 昼の時間に最大になるが、見える時間で言うと18:20ころ西南西の空の高度30度くらいの位置に見える• 視界の開けた場所では、低い位置の月が大きく見える• 天頂付近に上昇する深夜頃は、周囲に建物があるような場所でも観測しやすい• 天気は4月に入り次第更新します! 次の画像が月と地球の距離がわかりやすいので、参考にしてみてください! 利用ソフト: まとめ この記事では、2020年のスーパームーンの見える日や時間、場所、天気について記載しました。 2020年のスーパームーンが見れるのは3月10日と4月8日• 中でも4月8日のスーパームーンが今年最大• どちらも西南西の空でよく見える• 3月10日の天気は夜にかけて晴れ模様 ( 3 月 3 日時点の予報) まだ肌寒い季節なので、スーパームーンを見る際は暖かくして、穏やかな気持ちで冬の夜空を楽しみたいですね。

次の

【最新版】2019、2020年のスーパームーンはいつ?撮影方法【満月】

スーパー ムーン は いつ

スーパームーンとは そもそもスーパームーンとは実はしっかりとした定義付けはありません。 しかし、広く言われている現象としては、 最も地球から遠い時の月に比べて15%ほど大きくなっていることをさします。 そして地球にいつもよりも近くなっているときにスーパームーンと言います。 月は円をかいて地球の周りを回っているイメージですが、実は天体というのは 楕円をえがいていて、もっとも遠い時と近いときの距離の差が分かれます。 なので皆さんが知って通り、いつもより大きく見える月ということで間違いはありませんが、天文学用語ではないということですね。 天文学的用語では近点満月、近い点惑星直列と呼ばれています。 スーパームーン大きさや明るさは スーパームーンと呼ばれる時の明るさはもっとも 遠い満月の時に比べて30%とほど明るく、大きさは14~15%大きくなります。 明るくなると膨張して見えるので、30%明るくなっていると実際の14%より大きく感じることはあります。 例えば電球を光ってない時と光っている時を見た際に、どちらが大きく見えるでしょうか? それは光っている方が大きくみえるのです。 なので普段より14%ほど大きくというよりインパクトありますね。 また、数字で聞くと大したことなさそうですが、実際いままでのスーパームーンを見た人の感想によると意外と大きく見えるとのことです。 スーパームーンを観測する時の注意として さてスーパームーンを観測する際に注意点です。 月を観測するのは実際のところ他の天体に比べて、明るいので家の中や街中でも観測出来ますが、あまりにも明るすぎる都会の中だと明るさを実感しにくいので、比較的に暗いところで見ることをお勧めします。 また、東から見えるのでなるべく東側の地平線が見える場所の方が感動も大きいでしょう。 どこかに行って観測したいという人もいると思いますが、空いている空き地や駐車場を見て入ると、不法侵入になったり、上を見上げていて車に引かれかけたりなんてありえるので気をつけましょう。 写真を撮る人は今までより明るいから撮れるかもと思っている方も多いと思います。 ですが実際写真に撮ると今までと変わらないくらいなので撮影するのならしっかりとしたカメラを持って行くか、スマホで撮影する方法を調べてから行くようにしましょう。 また大きさも写真におさめると小さいのでスマホでは双眼鏡などを使って撮影するしか、綺麗には撮れないと思いますので準備してから撮影してください。 まとめ スーパームーンは比較的どこでも観測出来るので普段天体に興味ない人も少し暗がりの夕方日没あたりで、観測してみるといいかもしれません。 また、普段の月を観ておいてどれくらい違うのか比べて楽しんでみるのも醍醐味だと思うので是非参考にしてみてください。

次の