クレジット カード 映画。 クレジットタイトル

シネマイレージ®

クレジット カード 映画

TOHOシネマズの映画館で、映画料金が割引になるクレジットカード特集!を利用すると、映画をとにかくお得に鑑賞できるようになります。 月に1度以上は映画を観るという方の場合には、年間にかかる映画代で大きな差が付くことになりますので、是非、この機会に保有を検討してみてください。 映画料金の割引だけでなく、回数を観る方は無料鑑賞が出来る特典もありますよ。 TOHOシネマズでお得なシネマイレージカード: TOHOシネマズの映画館でお得なクレジットカードといえば、やはり提携カードである。 下記表をご覧頂ければわかりますが、このクレジットカードを持っているのと持っていないのとでは映画代の支払いで大きな違いが生じます(まさに段違いな差です)。 シネマイレージカードの特典: お得な項目 特典解説 6回映画を見ると1回無料 TOHOシネマズで映画を6回見ると、その次の1回が無料になるスタンプラリーに参加可能。 その後も6回に1回が無料になるため、頻繁に映画を観る方はこの特典だけでかなりお得に。 毎週火曜日の映画代お得 毎週火曜日のTOHOシネマズにおける映画鑑賞料が割引されます。 昼間から夜間にかけての正規料金の時間帯に映画を見ることが多いという方は、この特典もかなりお得です。 その他 映画の鑑賞時間に合わせてポイントがたまったり、チケット購入で永久不滅ポイントが貯まるなどの特典も。 総合的に映画代を節約することが出来ます。 映画を頻繁に観るという方は、シネマイレージカードをこの機会に申し込んでみてくださいね。

次の

映画をお得に観れるクレジットカード活用術!シネマファン必読

クレジット カード 映画

知らないと損する?映画館へはクレジットカード持参が基本 映画料金は、窓口で現金払いすると一般1,800円~1,900円にもなります。 月2回映画館へ行けば、これだけで年間4万円以上も費やしていることに。 ポイントのことを考えれば、これをカードで支払わない手はありませんよね。 それに映画とクレジットカードは意外と相性がよく、映画関連の付帯サービスがついたカードも多数発行されています。 これなら映画鑑賞が更にお得になります。 映画ファンなら、こちらも絶対に見逃せません。 大型映画館ならクレジットカードは必携 一部のミニシアターをのぞけば多くの映画館でクレジットカードが利用できます。 もちろん、シネコンなど大きな映画館なら、どこでもクレジットカードでの支払いが可能です。 現金払いしかできないと思い込んでいる方も多いのですが、これから映画へ行くならカード持参が基本です。 例えばをお持ちの方なら、以下の映画館窓口での支払いにカードが使えます。 イオンシネマ• TOHOシネマズ• ユナイテッド・シネマ• コロナワールド• MOVIX• チネチッタ• T・ジョイ• OSシネマズ• アポロシネマ8• シネマサンシャイン• 109シネマズ また映画館によって、対応できるカードの数は異なります。 例えば上記のうち、イオンシネマとTOHOシネマズの対応カードは以下の通りです。 あなたのクレジットカードが普段よく使う映画館で使えるかどうか、ぜひ確認してみてください。 イオンシネマ• ポケットカード• イオン• JCB• Master Card• VISA• 1回の利用限度額は3万円までで1日3回までと制限があります。 TOHOシネマズ• JCB• VISA• Master Card• AMEX• Diners Club(ダイナースクラブ) また先程ご紹介した映画館なら、全てオンラインでのチケット購入も可能です。 こちらでもクレジットカードは欠かせません。 クレジットカード付帯サービスは要チェック クレジットカードで映画料金を支払えることを知っている方も、付帯サービスについては案外無関心だったりします。 映画料金の割引優待は、映画を沢山見る方なら是非チェックしておきたい付帯サービスです。 ただ映画の割引は、数多くあるカテゴリーの1つ、エンタメ系サービスの中に紛れていますから、入会時によくチェックしていないと気付かないかもしれません。 クレジットカードサービスのカテゴリーは、このようにとっても多様です。 せっかくお得なサービス内容があっても、「入会時に項目をチラっと見たっきり」なんて方が多いのでは?映画好きなら、エンタメの項目は必ず確認しておきましょう。 グルメ• トラベル• スクール• ショッピング• ビューティ また最近は、自分がよく利用するサービスの種類を選び、それに対して年間一定の料金を支払うシステムになっているカードも増えました。 このタイプも、映画ファンなら十分に元が取れるのでお薦めです。 最初から映画目的で入会するカードも 付帯サービスは通常のクレジットカードの一機能ですが、映画館サービスがメインになったカードもあります。 中でも特定の映画館が発行する会員カードにはクレジットカードと一体化しているものがあり、映画がお得になるサービスはより強化されています。 また会員カードではありませんが、クレジットカードの系列映画館で優待サービスが受けられるものも。 クレジットカードを選ぶ際には、映画割引サービスは要チェックです。 クレジットカードには映画関連のサービスがついたものも多いんです。 次章より、映画をお得に観られるおすすめのクレジットカードをご紹介していきますので、どうぞお楽しみに。 映画をお得に観られるおすすめのクレジットカード クレジットカードの種類によって、割引率や使える映画館の種類は異なります。 また忘れてはならないのがクレジットカードの年会費や月額サービス料のこと。 使い方によっては、お得の度合いが違ってきます。 そこで映画を観る方のタイプ別に、お薦めのクレジットカードをピックアップしました。 あなたの映画好き度にピッタリの1枚を見つけましょう。 クレジットカードで使える映画関連のサービスには、具体的にどんなものがあるのでしょうか?カード別に、その内容をご紹介していきましょう。 年会費無料で映画もお得に観られるdカード dカードは年会費無料の高還元カードで、基本還元率も1. 0%と高い高還元クレジットカードです。 dカード会員の方なら、どなたでも利用できるdポイントクラブクーポンで、イオンシネマをいつでも300円(税込)割引で楽しむことができます。 dポイントクラブのサービスは、半年間のdポイント獲得数もしくはドコモ回線利用期間の年数によってステージが決まり、ステージが上がると利用できる優待もグレードアップしていきますよ。 ちなみに、ステージ4の特典ならイオンシネマにて常時500円割引、しかも毎週火曜日ならなんと700円割引で楽しむことができます。 また、ローソンで5%還元、マツモトキヨシで4%還元、高島屋で3%還元と、映画だけでなく日常生活でもお得を実感できるおすすめカードですよ。 dカードはファミレスの一部メニューや居酒屋を割引価格で利用できたり、ホテルでも優待を受けられたりと特典が満載ですから、映画だけでなく日常生活もお得に利用できるカードをお探しの方にもピッタリなカードですよ。 ドコモユーザー最強カード!もちろん映画もお得なdカード GOLD ドコモユーザーの方なら、dカードよりもdカード GOLDの方が断然おすすめです。 なぜなら、dカード GOLDはドコモ料金が10%も還元されるカードですから、ドコモユーザーの方ならこの特典だけで年会費の元が取れてしまうからです。 つまりdカード GOLDは、ドコモユーザーの方なら実質年会費無料で、空港ラウンジや充実した旅行保険などの上級カードサービスを利用できる、最強のクレジットカードなのです。 もちろんdカード同様、映画をお得に観られるdポイントクラブクーポンも利用可能です。 dポイントはドコモ料金に充当して節約する事もできますから、ドコモユーザーの方ならdカード GOLD一択と言えるでしょう。 「トク買」サービスで映画がお得なセゾンカードインターナショナル セゾンカードでは、「トク買」という月額300円(税別)で使えるバラエティに富んだ優待サービスを利用できます。 映画関連のサービスとしては、複数の映画館の格安チケット、新作映画の割引、また試写会への招待など、シネマファンに嬉しいサービスが多数。 対象映画館が限定されず様々な映画館に対応しているので、あなたが観たいと思った映画が確実にお安くなるのです。 セゾンカードの中でもおすすめは、年会費無料でETCカードも一緒にしているセゾンカードインターナショナルですね。 セゾンカードインターナショナルなら、「トク買」サービス以外にも、西友・リヴィンで毎月第1・第3土曜日に5%OFFや、セゾンポイントモール経由で還元率が大幅アップする特典も利用できますし、有効期限がない永久不滅ポイントも魅力のカードですよ。 注意点として、ユナイテッド・シネマのHPや窓口で購入しても優待価格が適用されませんので、必ずエポトクプラザ(会員専用サイト)からチケットを購入してくださいね。 さらに、下記の映画館でも割引が受けられます。 シネマスコーレ:200円引き• 静岡東宝会館:300円引き• チネチッタ:300円引き• キネマ旬報シアター:300円引き• 吉祥寺オデヲン:300円引き• 天文館シネマパラダイス:一般300円引き、大学生・高校生以下200円引き• 宮崎キネマ館:一般200円引き、・子ども100円引き• ヒューマントラストシネマ有楽町:一般400円引き、大学・専門生100円引き• HUMAXシネマ:500円引き(エポスのサイトからのチケット購入が対象) HUMAXシネマ以外の上記映画館では、窓口でエポスカードの提示または決済をすることで割引が受けられます。 ミニシアター系がお好みの方にはとてもうれしい特典ですね。 映画の他にも、エポスカードは様々な飲食店やテーマパークなど、全国10,000店舗以上の優待サービスが受けられる大変お得なカードなのです。 最短でですし、充実したも自動付帯、レジャー施設などのエンターテイメントサービスも充実していますから、是非持っておきたいカードの1枚といえますね。 月額330円で映画も安くなる!楽天PINKカード 楽天PINK(ピンク)カードは、楽天市場でおなじみの楽天の女性向けカードです。 カードフェイスも女性向けの色合いですが、女性に嬉しいサービスも3タイプから選べるようになっています。 映画割引サービスがあるのは、RAKUTEN PINKY LIFEという月額330円(税込)の会員サービスです。 月1回映画を観ればもう元が取れますが、初回申込み時は最大2ヶ月間月額会員料無料になりますから、とってもお特です。 RAKUTEN PINKY LIFEは映画館チケットの他にも、飲食店や習い事、育児サービスなど、110,000以上の多彩なジャンルの割引や優待特典が利用できますよ。 楽天PINKカードにはこれ以外にも、女性用の保険に格安で入れる楽天PINKサポートへの入会も可能です。 映画鑑賞だけでなく、色んな楽しみ方や安心まで手に入れることのできる楽天PINKカードは、賢い女性に一押しの1枚です。 なお、楽天PINKカードは女性限定ではありませんので、映画好きの男性の入会も可能ですよ。 DCハッピープレゼントは1ポイント=4円相当ですから、2枚なら1枚当たり1,400円相当で交換することができてお得です。 そんなDCハッピープレゼントが貯まるカードの中でも、「DCカードJizile ジザイル 」は常時ポイント3倍ですから、ますます高レートで映画を観ることができます。 DCカードJizile ジザイル はリボ払い専用カードで、設定した支払金額を超えた分がリボ払いとなりリボ手数料が発生します。 たとえば月々の支払額を最高の5万円に設定し、月のカード利用額が5万円未満なら、一括払いになり手数料もかかりませんよ。 DCカードJizile ジザイル は年会費が無料でポイント還元率も高く、海外旅行保険やが付帯するハイスペックカードです。 シネマイレージカードセゾンは、TOHOシネマズで映画を見るほど安くなるクレジットカードです。 お得なのは、6本映画を見れば1本がタダになる「スタンプラリー」というシステムですね。 また毎週火曜は、カード提示で窓口料金が1,400円になります。 更に楽しみなのは、見た映画の上演時間によってマイルが貯まること。 貯まったマイルは、館内のドリンクなどと交換できます。 また、6,000マイル貯めれば1ヶ月フリーパスポートで映画見放題です(2019年12月31日で終了)。 沢山見る方にはおすすめのカードです。 年会費は初年度無料、2年目以降300円(税別)が必要ですが、MasterCardブランドなら年間1度でもショッピングかキャッシングを利用すれば、次年度からも無料です。 つまり、実質的には年会費無料カードと言えますね。

次の

TGCデザインのクレジットカードで映画がいつでも1,000円!そして5分で即時発行!メリットいっぱいの可愛いイオンカード!

クレジット カード 映画

イオンカードをはじめ、映画料金割引が特典として付帯しているクレジットカードはたくさんありますが、割引サービスの内容はそれぞれ違います。 例えば、映画館と提携していて提携先の映画館のみ割引なるようになっていたり、また、映画館自体が割引になるカードを発行している場合もあります。 どれも、割引率は良いものとなりますが、利用者によって求める映画割引サービスは異なるでしょう。 さらに、エポスカードとイオンカード(ミニオン)には映画以外にも魅力的な特典があり、楽天PINKカードには女性特定疾病補償プランも付いています。 楽天PINKカード・シネマイレージカード・エポスカード・イオンカード(ミニオン)を発行すれば映画割引はもちろん、他の特典でも得することができるでしょう。 楽天PINKカードは映画料金が割引になる 楽天PINKカードは女性特定疾病補償プランが利用できるクレジットカードですが、映画料金割引の特典も付帯しているカードでもあるのです。 映画の割引率は提携映画館によって異なりますが、 RAKUTEN PINK LIFE(月額324円税込)内のサービスとして利用できます。 また、RAKUTEN PINK LIFEは映画割引だけでなく、習い事・介護・育児サービスにも力を入れていて、その他様々な優待が揃っているのです。 さらに、RAKUTEN PINK LIFEのサービスとは別に324円税別払うと、楽天グループのサービスで割引クーポンや楽天スーパーポイントがプレゼントされるサービスもあるので、日々の生活を楽天サービスメインで送っているといった方へは打って付けでしょう。 楽天PINKカードの 年会費は永久無料となり、カードも国際ブランドも アメックス・VISA・マスターカード・JCBと幅広く選べます。 楽天PINKカードは楽天スーパーポイントをたくさん貯めていて、映画割引サービスも利用したいと言った方に最適です。 楽天PINKカードには女性特定疾病補償プランも付帯している 楽天PINKカードは、女性特定疾病補償プラン(月々30円〜)も付帯しているクレジットカードです。 女性特定疾病補償プランとは 女性特有の乳がん・子宮筋腫などに適応される保険となり、補償内容は 女性疾病保険金として入院1日につき3,000円が補償され女性疾病による手術を受けた時は 入院中なら30,000円、 入院しなかった場合も15,000円が補償金として支払われます。 さらに、 放射線治療を受けた時は1回につき30,000円支払われるので、女性特定疾病補償プランに加入しておけば女性疾病になっても出費の心配はいりません。 そして、楽天カードPINKでは女性特定疾病補償プランの他にも、日常生活で負ったケガにより入院や手術を補償してくれる ケガ補償プラン(月々240円)・事故により物が破損または盗難した時に役立つ 携行品損害補償プラン(月々340円)・損害賠償のリスクから自分を守ってくれる 個人賠償責任事故補償プラン(220円)の保険サービスもあります。 楽天カードPINKを発行するのなら映画割引のあるRAKUTEN PINK LIFE(324円税込)へ入会するのもおすすめですが、保険も優れているので一緒に加入しておくと安心でしょう。 月に映画を6本以上見るならシネマイレージカードが得 シネマイレージカードはTOHO CINEMASが発行しているクレジットカードでTOHO CINEMASの映画館で特典か受けられます。 シネマイレージカードでは映画の上映時間に基づいて貯まるマイレージがあり、 1分で1マイル進呈され、貯まったマイルはポップコーンやドリンクとの交換が可能です。 そして、このシネマイレージカードの目玉は TOHO CINEMASにて6本映画を観るとプレゼントとして1本映画に招待される為とても魅力的でしょう。 毎週火曜日のレディースデイなら、カード提示で1,400円と格安で映画を観ることができますし、映画好きなら持っておくべき1枚です。 シネマイレージカードの 年会費は初年度無料、その後も年に1回のカード利用で無料となりますが、利用がない場合は300円(税別)発生します。 カードの国際ブランドはマスターカードなので世界中で利用できますが、シネマイレージカードは悪魔でTOHO CINEMASで得できるクレジットカードなので、メインカードとしての利用はおすすめしません。 メインカードは別に持ちTOHO CINEMASを利用する時にシネマイレージカードを使うのが、賢い利用方法でしょう。 また、TOHO CINEMASは全国ネットである映画館となるので、 TOHO CINEMASの利用者には発行価値の高いカードと言えます。 映画料金が割引なる場所が多いことを優先するならエポスカード 映画料金が割引になるサービスを行なっているクレジットカードとして人気のカードにエポスカードもあり、エポスカードは機能が充実しているのに対し年会費は永年無料なので、発行者が多い評判のクレジットカードなのです。 映画割引特典はエポスカードを発行することで利用できるようになるエポトクプラザ内で行なっていて、映画の割引率は提携先によって異なりますが今現在は 16箇所の映画館で割引が受けられます。 (2018年12月30日現在) そして、エポトクプラザでは映画以外でも割引や優待を行なっていて、食べる・遊ぶ・知る・観る・買う・磨く・旅する・暮らす・舞台コンサートチケットのカテゴリーに分かれ特典が提供されているので、カード発行後はどんどん利用していきましょう。 また、 エポスカードの国際ブランドはVISAです。 VISAと言えば海外で利用できる率が1番高いクレジットカードですが、エポスカードは海外でも便利使っていけるようカード国際ブランドをVISAにしているだけでなく、優れた海外旅行傷害保険も付帯しているのです。 エポスカードの海外旅行傷害保険のどの点が優れているのか? 保険についてもチェックしておきましょう。 海外旅行傷害保険は海外へ行くのなら付帯させた方が安心ですので、旅行の際はエポスカード持って行ってください。 エポスカードを発行すれば、エポトクプラザで得に映画鑑賞やその他様々な優待を受けられる上に、充実の海外旅行傷害保険と利用できるのです。 イオンシネマを利用するならイオンカード(ミリオン) イオンシネマの利用が頻繁なら発行するクレジットカードは断然イオンカード(ミニオン)が合っていて、イオンカード(ミニオン)を持っていればいつでも1,000円で映画観賞ができるのです。 チケットの購入方法は「暮らしのマネーサイト」から買うことができ、暮らしのマネーサイトはイオンカード(ミニオン)を発行することで使えるようになります。 イオンシネマの一般通常料金は1,800円となる為、暮らしのマネーから購入することで-800円にもなるのです。 イオンカード(ミニオン)は年会費も無料ですし、国際ブランドも マスターカードなのでどこでも利用できます。 デザインも白のバック背景に黄色のミニオン柄が描かれ、4匹のミニオンが可愛らしくカードの中にいるので女性にはぴったりのデザインです。 イオンシネマを利用している方はイオンカード(ミニオン)を発行しましょう。 また、イオンカード(ミニオン)は日々のイオンでのショッピングで得ができるクレジットカードとなり、主婦の味方のカードでもあるのです。 イオンカード(ミニオン)を利用すれば、イオンで利用できる ときめきポイントが換算率良く貯まります。 イオンカード(ミニオン)の映画以外の魅力 イオンカード(ミニオン)はイオンシネマの特典以外にも、イオンの利用でときめきポイントがたくさん貯められるクレジットカードなのです。 ときめきポイントは貯めるとイオンが厳選した商品との交換ができ、高級ワインに質の良い肉や鍋などが揃っていて、JALマイルや商品券にも交換できます。 ときめきポイントの交換できる商品は、生活の役に立つものばかりです。 イオンを含むイオン系列店でカードを利用すればポイントは2倍になりますし、イオンでイオンカード(ミニオン)を利用すればとても得でしょう。 また、イオンカード(ミニオン)は ユニバーサルスタジオジャパンで利用すると、ときめきポイントが10倍で獲得できるので、ユニバーサルスタジオジャパンに行く際はカードを持っていってください。 イオンカード(ミニオン)はデザイン性だけでなく、イオンで得できるようになっています。 女性疾病保険を利用し映画でも得したいのなら楽天PINKカードが最適だが、映画料金割引だけで良いなら他のカード! チェックした映画を割引で見られるクレジットカードの中でも、女性特定疾病補償プランが利用できるのは楽天カードPINKだけです。 楽天カードPINKで映画割引を利用したいのならRAKUTEN PINK LIFE(月額324円税込)を利用する必要がありますが、女性特定疾病補償プランも重要とするのなら最適のカードでしょう。 また、本格的に 映画の割引サービスのみで良いと言うならシネマイレージカードの発行が合っていると言え、TOHO CINEMASにて6本映画を観るとプレゼントとして1本映画に招待されます。 そして、 日々の生活でも特典を利用して映画でも割引を受けたいならエポスカードとイオンカード(ミニオン)がおすすめで、エポスカードは16箇所で映画の割引が受けられるだけでなく美容や飲食と様々カテゴリーに分かれて割引や優待が受けられるので魅力的です。 イオンカード(ミニオン)においては「暮らしのマネー」から イオンシネマの映画を予約することでいつでも1,000円で見られる為、映画の割引率としては一番良いでしょう。 さらに、イオンカード(ミニオン)ではときめきポイントも貯まり、貯まったポイントはイオンが厳選した生活に役に立つ鍋や商品券などと交換でき、JALマイルとも交換できるので飛行機を使った旅行には 便利なポイントです。 楽天PINKカード・シネマイレージカード・エポスカード・イオンカード(ミニオン)はどれも映画割引が効きますが、カードによって特典内容は異なるので発行前は特典を重点的に比較してカードを作ると失敗がありません。 一番のポイントは「よく利用する先」を考えてみると映画特典もあり、上手に使うことができるでしょう。 例えば、映画好きで楽天市場をよく利用するなら楽天PINKカードが良いですし、日常的にイオンやミニストップを利用するならイオンカード(ミニオン)が良いでしょう。 映画特典をメインに、ポイントも貯めて賢く使い続けて行きましょう。

次の