吉本 エージェント 契約 と は。 吉本興業のエージェント契約の説明会が「闇すぎる」不信感も

吉本専属エージェント契約した芸人は誰?現在と今後について|気になる調べ隊!

吉本 エージェント 契約 と は

所属タレントの反社会的勢力への闇営業問題をめぐって、吉本興業は8月8日、東京・新宿の東京本部で、「経営アドバイザリー委員会」(座長:川上和久氏・国際医療福祉大学教授)の初会合を開いた。 報道によると、吉本興業はこの中で、(1)所属タレント全員と書面の契約をむすぶ、(2)これまでの「マネジメント契約」に加えて、新たに「専属エージェント契約」を導入する、(3)タレントが2つの契約形態から選べるようにする--と明らかにした。 同社の岡本昭彦社長は7月の記者会見で「タレント、社員はファミリー」と話していたが、 同社の口頭契約は問題視されていた。 今回の「専属エージェント契約」を導入することで、どんな変化があるのだろうか。 芸能問題にくわしい河西邦剛弁護士に聞いた。 これによって、芸能事務所は、タレントを育成して、メディアに売り込み、仕事を取ってくるという「マネジメント」をすることになります。 このマネジメントには、育成や売り込み営業、契約交渉、スケジュール管理にとどまらず、税務や法務、上京した場合の住居サポートなど、タレントの生活に幅広く及ぶトータルマネジメントになります。 日本において、芸能事務所とタレントとの関係に、家族的関係が多い理由はトータルマネジメントにあることが一因ともいえます。 これに対して、「専属エージェント契約」というのは、タレントがトータルマネジメントを受けるのではなく、タレントが中心となって、芸能活動に必要な業務ごとに代理人(エージェント)を選任するというスタイルです。 たとえば、契約交渉、コンサート運営、楽曲制作業務、商品制作・販売、ファンクラブ運営、税務業務、法律業務など、芸能活動に必要な業務を別々のエージェントや税理士、会計士、弁護士などの専門家に委託するということになります。 欧米ではこうしたエージェント契約が主流です。 まず、有名になるためには、テレビをはじめとしたメディア露出が不可欠です。 そして、日本においては、テレビ業界などメディアと芸能事務所の結びつきが極めて強いので、メディア露出するためには芸能事務所に所属して、トータルマネジメントを受ける必要があるというのが現状でした。 最近は、Youtuberなど、ネットメディアを活用したスタイルもありますが、企業CMや映画など、多額の資金が動くところには、やはり依然としてテレビ局などのメディアが大きく関与しているのが実情です。 --専属エージェント契約の導入は「日本初」なのでしょうか? 日本においても、ミュージシャンはまれにエージェント契約のケースがあります。 たとえば、楽曲制作やコンサートなど音楽活動については、ミュージシャン本人がおこなって、テレビ出演などのメディア露出する際には芸能事務所のマネジメントを受けるというケースです。 ただ、私が知る限りでは、お笑い芸人において専属エージェント契約というは今まで聞いたことがありません。 6000人ともいわれる吉本芸人全員に十分なトータルマネジメントをおこなおうとすると、吉本興業の経営そのものが破綻する可能性もあります。 一方で、吉本興業の業務を仕事の獲得や契約業務に限定すれば、吉本興業の負担は軽減されることになります。 また、同時に、それ以外についてはお笑い芸人の自由ということで、お笑い芸人の活動の幅を広げることにつながる可能性もあります。 特に、現時点でかなり売れているお笑い芸人にとっては、主体的に吉本興業にどのような業務を委託するのか選べるので、自由度の高い契約といえます。

次の

専属エージェント契約とは?その意味や仕組みは?メリット・デメリットも分かりやすく解説! | タノタビ

吉本 エージェント 契約 と は

所属する吉本興業の幹部に対して反旗を翻した加藤浩次が、会社に飲んでもらったというエージェント契約について語った。 8月10日放送のラジオ番組「極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!」(MBSラジオ)にて、妻で元タレントの香織さんにスケジュール管理を任せる可能性に言及したもの。 吉本側は8月8日に同制度の導入を発表しており、同社が設置した「経営アドバイザリー委員会」の座長を務める川上和久氏は、「これまで日本の芸能プロダクションの慣行としてなかったもの」とエージェント契約について説明。 米MLBなども取り入れている制度だと語っていた。 だがアメリカのプロスポーツ事情に詳しいスポーツライターは、吉本流のエージェント契約に対してこう首をひねる。 「吉本側の説明によると、会社(吉本)は仕事の獲得や契約交渉を主に行い、タレント本人のマネジメントはタレント自身が行うとのこと。 加藤本人も『僕は吉本というエージェントを通して、吉本の仕事をする。 他の仕事は他のエージェントを通してやる』と語っていました。 ですがこの形は、アメリカ型のエージェント契約とは明らかに異なります。 仕事の交渉やスケジュール管理などのすべては代理人が担当します。 その点で吉本流のマネジメント契約は、スケジュール管理や反社チェックといった重要な部分をタレント本人に背負わせており、これでは単に吉本側の負担が減るだけ。 タレント側にさほどのメリットがあるとは思えません」 吉本がエージェント(代理人)の役割を果たすのであれば、従来通りスケジュール管理も行うべきであり、加藤が妻にスケジュール管理を任せるという時点ですでにエージェント契約とは異なっている形だという。 「そもそもエージェント制度では、代理人を通して様々な仕事を受けられるもの。 それに対して吉本流は《吉本という代理人を通さず、外部から仕事を取ってきてもいい》という形であり、本来のエージェント制度とは異なっています。 またエージェント制度では、代理人の出来に不満があれば他の代理人に乗り換えられますが、吉本流では芸人が吉本との契約を解除したくても、他の事務所に乗り換えられるわけではありません。 その意味で、吉本流の制度は本来のエージェント制度とはかけ離れており、結局は芸能界に従来から存在する《個人事務所を設立して吉本と業務提携する》という形と変わらないのではないでしょうか」 タレントのスケジュール管理は本来、かなり大変なもの。 たとえば屋外での仕事が雨で流れた場合、別の日に延期するのか、それとも参加を取りやめるのか、といったセンシティブな問題について仕事相手と交渉する必要もある。 そうした業務を芸能事務所や専門の代理人ではなく、加藤の妻に負わせるのは酷というもの。 加藤はその大変さを理解しているのか。 吉本流エージェント制度の先行きには暗雲が立ち込めているのかもしれない。

次の

吉本を怒らせた たむらけんじの危険な専属エージェント契約交渉

吉本 エージェント 契約 と は

闇営業問題で吉本興業の隠ぺい体質が浮き彫りになった際に『スッキリ』(日本テレビ系)で加藤浩次が激怒。 会社を辞める代わりに吉本と締結したのが、この「専属エージェント契約」だ。 しかし何かトラブルが起きた際には、リスクも自分で背負わなければなりません」(スポーツ紙記者) 吉本でエージェント契約を締結しているのは加藤浩次と、コンビとしての「ロンドンブーツ1号2号」のみ。 事務所とのトラブルもなく、この契約に乗り出すのはたむらが初めてになる。 「まだ契約するかも決まっていません。 たむらは弁護士までつけて交渉に来たのに守秘義務というものを知らないのでしょうか。 「たむらさんは焼肉店から始まり飲食業界や通販など実業家として成功しています。 自身の会社も複数ありますし、タレント事務所を新たに設立する可能性もあります。 「いくら松本さんに可愛がられていようが、宮迫さんみたいに反社会的勢力とのつながりが明るみに出ると一発で芸能界から干されてしまいます。 たむらさんは飲食業を幅広く展開しており、本人が意図しなくても反社が入り込みやすい環境にある。 万が一、反社との写真や証言が週刊誌などに載ったらどうなるか。 吉本としては、所属タレントは徹底的に守りますが、エージェント契約のタレントはおそらく助けません。 目先の金だけを考え、吉本を離れるリスクをまったく考えていないと言えます」(同・スポーツ紙記者) こうした行動だけでなく、インスタに書いた一言も吉本を怒らせているという。 この態度が吉本は気に食わないようです。 タレント流出は死活問題ですからね。 写真:時事.

次の