1954 年 羽田 空港 トレド。 日本人の知らないミステリー 1954年の東京に来たタイムトラベラー

存在しない国から羽田空港に来たオトコ。昭和29年の日本はどう対応したのか?

1954 年 羽田 空港 トレド

1954年の日本、羽田空港で入国管理者ともめ合う不思議な男がいた。 男は、スペインとフランスの間にあるTaured(トレド)という国から来たビジネスマンだと話す。 だが、管理者が調査してもそのような名前の国は実在しない。 男は主言語のフランス語に加えて日本語やいくつもの他言語を話すことができた。 パスポートやビザのスタンプ・銀行の小切手なども所有しており、どう見ても偽物ではなかった。 だが、奇妙なことに世界のどこにも存在しない機関によって製造されたものだった。 日本で予約したと言うホテルの名を尋ねると、またも存在しないホテルだった。 ふと思いついた入国管理者が男に地図を見せ母国を訪ねる。 すると、スペインとフランスの間にあるアンドラという小さい国を指すも、名前が全く違うことに男は驚く。 出典 【実話】並行世界「パラレルワールド」に行った可能性が高い人々。 その存在を垣間見た9つの体験談.

次の

パラレルワールドを簡単に説明すると?実在した!体験談付 | こーさんのためになる情報

1954 年 羽田 空港 トレド

存在しない国トレド 1954年 昭和29年7月 日本の羽田空港で 不思議な事件が起こります。 身なりのキチンとした白人のビジネスマン男性が飛行機から降り立ちました。 暑い真夏の日本。 その飛行機は、ヨーロッパから羽田空港に来たものでした。 ところが彼は、 存在しない国のパスポートを持っていたのです。 彼が持っていたパスポートは トレド国が発行したもの。 パスポートによると彼の名前はジェナンスファー・バーホドリック。 生年月日は1988年9月11日、この不思議な事件当時はもうすぐ65歳。 彼は、フランス語も含め数カ国語が話せて日本語に堪能でした。 入国管理官は、彼の入国を拒否します。 管理官がいくら入念に調べても、世界中のどこにも トレド国は存在しなかったからです。 係員が差し出した世界地図に、自身の国が載っていない事に彼はとても動揺していたと言います。 彼が世界地図で指差したトレドの場所は、スペインとフランスの間だったそうです。 謎のパスポート 上は、彼のパスポートの写しです。 彼はこう語ったそうです。 「自分はトレド国の人間で国際的な企業に勤めている。 日本とは10年ほど事業展開をしていて、今年に入って3回目の訪日だ。 今日泊まる都内のホテルも予約してある。 それらを証明したいので政府高官に会わせて欲しい。 彼はこれらを証明するとして、仕事で会う予定の 取引会社の名前をあげました。 相手先の会社は 1954年当時実在していましたが 「彼を知りません。 」との答えでした。 彼が所持していたパスポートには、 正規の日本のスタンプが押されていました。 それは、彼が トレド国と日本を正式なルートで行ききしていたと証明するものでした。 彼は他にもヨーロパの数か国の硬貨・小切手・日本滞在中の都内のホテルの予約証・国際免許証を所持していたそうです。 トレド国は存在しない! 入国審査は長時間続きましたが、彼の示す証拠だけでは解決できません。 男性が持つパスポートの発行国が 存在しない国だからです。 結果、日本への入国は認められない事になってしました。 ですが、送り返そうにもトレドと言う国が確認できないのです。 政府の関係者達は、彼が8時間も拘束されて居る事を気の毒に感じましたが 存在しないホテルには移動させらません。 しかたなく羽田空港に近い別のホテルに移します。 お部屋の外に警備員を配置し、彼が逃亡しないよう万全の体制を作りました。 彼は2名の入国管理官に付き添われ、ホテルのレストランでお食事をし その後、見張りの付いた部屋に入りました。 翌朝、入国管理官が合鍵でお部屋に入ったところ・・・ 彼は荷物と共に姿を消していたのです。 消えてしまったのは彼と彼の荷物だけはありませんでした。 羽田空港でも不可解な事が起きていました。 今回の1連の 不思議な出来事の取り調べ書類も全て消えてしまっていたのです。 日本政府関係者の大掛かりな捜査 窓が開けられた形跡もなく、日本政府関係者と警察はおおがかりな捜査を行いましたが 謎の男の足跡をたどる事は出来なかったと言います。 そして2度とこの男性が姿を現す事もありませんでした。 ジャパンタイムズに掲載された記事 1954年 昭和29年 の 英字新聞・週刊ジャパンタイムズにこの出来事が掲載されています。 「偽造パスポートを持った男が羽田から日本に入国しようとしたので、入国管理官が抑留した。 短い記事ではありましたが犯罪事件として掲載されたと言います。 この 不思議な事件で忘れてはならないのは 羽田空港に着いたヨーロッパからの飛行機に彼が乗っていた事です。 ヨーロッパから日本へ飛行機に乗り羽田空港までやって来た。 過去2回の訪日が正規のものである事。 この事件が起きたのは1954年の昭和29年です。 ジャパンタイムズに事件が掲載された事を除きますと、27年後の1981年以降に広く知られる事となった様です。 Directory of Possibilitiesと言う本がきっかけだった様です。 この白人男性ジェナンスファー・バーホドリックはどこに消えたのでしょう? 私達とは 別の時間軸からやって来て、帰って行ったのでしょうか? タイムトラベラー以外の説明があるかな?と華子は思うのです。 __________ 都市伝説と言えばこの人!siriに何回も聞いてみました。 「宇宙人は日本に住んでいるの?」って。

次の

ブラックホールの向こう側 2 :: デイリーSKIN :: ARTIST GUILD SKIN

1954 年 羽田 空港 トレド

パラレルワールドとは簡単に説明すると この世界とは別にもう一つの世界が 並行して存在することであります。 ドラマではテセウスの船や仁でも おなじみですが、こういったドラマ を作られる背景にはやはり存在を 信じる人がいるからです。 ここではパラレルワールドとはなにかを 深掘りし、実在した体験段を織り交ぜ 紹介していきます。 パラレルワールドを簡単に説明すると? パラレルワールドとは先ほど冒頭で 紹介したようにパラレル(平行線) 二つの世界が同時に存在することです。 例えば、二つの分岐点があったとしましょう。 右に行けば簡単に目的地に行くことができます。 一方、左に行けば全く別の方向に行ってしまい 大きな事故にあったとします。 実際には左を選択してしまって、大きな事故に あってしまい入院し仕事にも支障が きたす人生を送ってしまうことになります。 そこで本当はその世界だけが一つだけなのですが、 もう一つの世界である、右を選択した世界も 存在しているのです。 私自身は現状でいつも選んだ世界が見えていますが、 もう一つの世界が存在していることになります。 もしあの時、あれを選んでいたら、こうしていたら ってことはよくありますよね。 そういう世界がまた実際に存在します。 あらゆる選択において世界が作られていきます。 上の図のようにC,D,E、Fと存在していきます。 量子力学の観点からもパラレルワールドの存在がわかる 新たな概念である相互干渉多世界は量子論に基づいており、 多世界解釈とは異なり、「パラレルワールドはこの世と同じ時空に存在している」と考える。 つまり現実世界とパラレルワールドは、まるで肩を並べあうように、すぐ隣に存在しているということだ。 正確に言えば隣ですらなく、実はまったく同じ時空に同時に存在しているのだ。 引用:好奇心の夢トカナ パラレルワールドをよく 量子力学と観点から 説明があると思いますが、それはどいったこと からかというと。 量子というのは簡単に言うとすごく小さい粒々 のことです。 この粒が実際には大きなものが動くようには 動かずに奇妙な動きをすることがわかっています。 実験で分かったことです。 ヤングの二重スリット実験が あるのですが、難しいので簡単に言うと ある一定の小さな粒上の電子レベルのものに 塗料を付着し板状のようなものに当てると 波のようなもようになります。 電子レベルでは私たちが想像するみたいに 物がまっすぐに動いていないということです。 波のように動くのです。 動いているものの 近くになにか物体があるだけで、動きが変わって しまいます。 目に見えるものではそんなことないですよね。 例えば懐中電灯の光を当てるとまっすぐに 光の光線が表れますよね。 それが電子レベルだとまっすぐではないんです。 ラジオで周波数を変えると違う曲など聞けますが まさに波動などで変化する感じです。 実験ではなかなか証明しずらいところです。 カメラなど置いても影響が出ますし、測る機械を 置くとその機械が実験に影響を及ぼし 違いが生じるということです。 45歳の女性は、 朝起きるといつもと違う感じがしました。 昨日着ていたパジャマやシーツが全くちがうものに なっていて数か月前まで借りていたマンションいたのです。 なにがなんだかわからず、会社に行くと会社の名前が 変わっていて、その女性が働いていた会社が なくたっていました。 なにがなんだかわからずその日は家にもどりました。 さらに家に戻ると、頭がおかしくなるような ことがわかりました。 自分が付き合っていた彼の存在がないのです。 彼氏となっていたのは、数か月前に別れたはずの元彼氏に なっていました! 数か月前から付き合い始めていたはずの 現在の彼氏の家や会社もなくなっていました。 この話をするとたぶん頭がおかしくなったのでは ないかと思い誰にも言えないそうです。 1954年の日本、羽田空港で入国管理者ともめ合う不思議な男がいた。 男は、スペインとフランスの間にあるTaured(トレド)という 国から来たビジネスマンということです。 だが、管理者が調査してもそのような名前の国は実在しない。 男は主言語のフランス語に加えて日本語やいくつもの 他言語を話すことができた。 パスポートやビザのスタンプ・銀行の小切手なども所有しており、 どう見ても偽物ではなかった。 だが、奇妙なことに世界のどこにも存在しない機関によって 製造されたものだった。 日本で予約したと言うホテルの名を聞くと 存在してませんでした。 入国管理者が男に地図を見せどこから来たか聞いてい見ると。 スペインとフランスの間にあるアンドラという 小さい国を指すも、名前が全く違うことに男は驚いたそうです。 調査するために入国管理者が男を一晩ホテルに泊めることにしたが、 翌日確認するとその男の姿は消えていた。 部屋のホテルは15階。 扉の前にはガードマンが警備していたといいいます。 その後、東京都の警察が捜索するも男が見つかることはなかったそうです。 Week in Weird 村人全員が消失したイヌイットの村【体験談】 一つの小さな村がありました。 その村の名前はイヌイット。 村としては人口が多い方で1200人~2500人ぐらいだったそうです。 しかし、一人の男性がこの村を訪れた時には誰もいない村でした。 彼は、村中を探し回るが、見つけたものは餓死して凍結した7匹の犬だけだった。 すべてが今生活したかのように残されていて カヤックも残されており、湖を渡ったとも考えられない。 村の家は泥棒などに荒らされた様子もなく、イヌイットにとっては とても大切なライフル銃などもそのままにされていました。 食料品なども残されており、料理が置かれたままのデーブルなどもあったという。 すぐに政府に報告され、調べましたが、村人は一人も発見されることなく、 奇妙なことに最近掘り起こされた可能性が高い墓が数個確認されただけでした 女性が存在しない会社のジャケット買った話【体験談】 1984年のことで女性がお店で とても気に入ったジャケットを見つけ 購入しました。 ジャケットの中のタグにはとても変わった 名前の会社と1999年から安くなると 書かれているタグでした。 知らない会社だったので、調べましたが1984年には 存在しない会社名でした。 このことは2000年まで女性の中で変だなーっていう 記憶が残ったままでした。 後で知ることになるのですが、この女性が買ったジャケットの 会社は、1999年に設立されたものでした。 このような不思議なことはその女性に 多々あることなようです。 パラレルワールドの世界が起こる人には たびたび起こるのかもしれません。 意図していないことでパラレルワールドの世界へ行ける 実際にパラレルワールドの世界に行った人の 体験談がかなりありますが、どういう時に 起こりやすいかがあります。 それは大きな地震、 東日本大震災があった時に 経験をした人がたくさんいます。 経験した人によると時空が歪んていたのを 見たそうです。 一瞬のことなのでよくわからないのですが、 その方向に進んていたらどこかに行っていた のかもしれません。 その他には時空に入ってしまった人がいて 音が消え周りの景色が歪んで見えたそうです。 必死なこともありすぐに元の世界に戻ったので 本人もあの現象は何だったのでしょう。 世の中には不思議な現象がたくさんありますが、 時空を超えてどこかにつながっているかもしれませんね。 ドラマ仁であったことはパラレルワールドでした。 ここに一つだけ不思議な話を載せています。 決して存在しない昭和65年の1万円玉の話です。 まとめ パラレルワールドを簡単に説明すると 他の世界も並行して存在することでした。 量子力学からの観点からしてもとても難しい ですが、要するに思っているようには 小さいものは動いていないので 説明がつきづらいことが起こるという事です。 実在した体験談は数多くあります。 あまりそれを公に出来ない人も たくさんいるとおもいます。 そういう方はぜひ教えていただきたいと 思います。 決して口外しませんので共有できたらと 思っています。

次の