埼玉 参議院 議員 補欠 選挙。 立花孝志の参議院選挙埼玉選挙区2019開票結果速報は当選落選か?出口調査と情勢も|選挙の開票速報と開票結果・情勢出口調査を最速で配信

【選挙】ボランティア大募集 埼玉県参議院補欠選挙

埼玉 参議院 議員 補欠 選挙

地域 [ ]• 定数 [ ]• 選出議員 [ ] 選挙回 奇数回 偶数回 備考 1 2 3 4 1 2 3 () () (日本自由党) () () 第3位となった天田・第4位となった石川の任期は3年。 () (日本社会党) () () 小林英三 (自由党) 天田勝正 () 第2補() () 松永義雄の死去による。 () () 上原正吉 (自由民主党) () 小林英三 (自由民主党) 天田勝正 (日本社会党) 第4補() (自由民主党) 大沢の出馬により、衆議院議員総選挙と同日実施。 () 上原正吉 (自由民主党) (日本社会党) () (日本社会党) (自由民主党) () 上原正吉 (自由民主党) 瀬谷英行 (日本社会党) () 土屋義彦 (自由民主党) 森勝治 (日本社会党) () 瀬谷英行 (日本社会党) 上原正吉 (自由民主党) () 土屋義彦 (自由民主党) () () (自由民主党) 瀬谷英行 (日本社会党) () 土屋義彦 (自由民主党) 森田重郎 (新自由クラブ) () 瀬谷英行 (日本社会党) 名尾良孝 (自由民主党) () (日本社会党) 土屋義彦 (無所属) 第14補() (自由民主党) 名尾良孝の死去による。 、第15補() (自由民主党) 関根則之 (自由民主党) 瀬谷英行 (日本社会党) 土屋の選出馬により、第15回の補欠選挙を合併して実施。 第3位となった佐藤は補欠選挙の当選者となる。 () () 佐藤泰三 (自由民主党) () 定数是正により、改選定数が3名となる。 () (無所属) (日本共産党) () () 佐藤泰三 (自由民主党) 高野博師 () (民主党) 第18補() (自由民主党) 浜田の埼玉県知事選出馬による。 () (民主党) 関口昌一 (自由民主党) (公明党) () (民主党) (自由民主党) 山根隆治 (民主党) () 関口昌一 (自由民主党) 西田実仁 (公明党) (民主党) () 古川俊治 (自由民主党) (公明党) 行田邦子 () () 関口昌一 (自由民主党) 大野元裕 () 西田実仁 (公明党) () 古川俊治 (自由民主党) () 矢倉克夫 (公明党) (日本共産党) 定数増加により、改選定数が4名となる。 第24補(2019年) (無所属) 大野の出馬による。 選挙結果 [ ].

次の

埼玉 開票速報

埼玉 参議院 議員 補欠 選挙

投票区 投票所名 当日有権者数(人) 投票者数(人) 投票率(%) 男 女 計 男 女 計 男 女 計 1 峰公民館 1,722 1,585 3,307 342 263 605 19. 86 16. 59 18. 29 2 市民会館 2,268 2,211 4,479 516 433 949 22. 75 19. 58 21. 19 3 コミュニティセンター 2,365 1,653 4,018 621 325 946 26. 26 19. 66 23. 54 4 入間川中学校武道場 1,779 1,925 3,704 421 383 804 23. 66 19. 90 21. 71 5 市役所玄関ホール 2,608 2,579 5,187 639 609 1,248 24. 50 23. 61 24. 06 6 中央中学校 1,767 1,744 3,511 440 402 842 24. 90 23. 05 23. 98 7 新狭山小学校 1,604 1,668 3,272 370 354 724 23. 07 21. 22 22. 13 8 富士見公民館 2,578 2,597 5,175 597 522 1,119 23. 16 20. 10 21. 62 9 富士見小学校体育館 2,447 2,530 4,977 603 511 1,114 24. 64 20. 20 22. 38 10 狭山台公民館 1,705 1,849 3,554 485 475 960 28. 45 25. 69 27. 01 11 狭山元気プラザ 1,727 1,789 3,516 413 398 811 23. 91 22. 25 23. 07 12 狭山台小学校体育館 1,941 1,965 3,906 483 479 962 24. 88 24. 38 24. 63 13 御狩場小学校体育館 2,713 2,793 5,506 650 560 1,210 23. 96 20. 05 21. 98 14 入曽公民館 1,858 1,876 3,734 416 384 800 22. 39 20. 47 21. 42 15 入曽第7区自治会館 1,569 1,599 3,168 391 343 734 24. 92 21. 45 23. 17 16 三商自治会館 1,322 1,342 2,664 350 317 667 26. 48 23. 62 25. 04 17 南小学校体育館 2,874 3,141 6,015 662 614 1,276 23. 03 19. 55 21. 21 18 特別養護老人ホーム福寿の里 2,472 2,567 5,039 571 528 1,099 23. 10 20. 57 21. 81 19 山王小学校体育館 2,619 2,631 5,250 549 495 1,044 20. 96 18. 81 19. 89 20 堀兼公民館 1,715 1,775 3,490 373 328 701 21. 75 18. 48 20. 09 21 青柳氷川神社社務所 1,349 1,327 2,676 293 267 560 21. 72 20. 12 20. 93 22 東三ツ木自治会館 2,968 2,633 5,601 733 553 1,286 24. 70 21. 00 22. 96 23 新狭山公民館 2,460 2,057 4,517 659 446 1,105 26. 79 21. 68 24. 46 24 奥富公民館 2,062 2,067 4,129 522 463 985 25. 32 22. 40 23. 86 25 柏原中学校体育館 2,991 3,183 6,174 734 671 1,405 24. 54 21. 08 22. 76 26 柏原小学校体育館 1,841 1,929 3,770 330 282 612 17. 93 14. 62 16. 23 27 広瀬小学校体育館 2,535 2,605 5,140 558 507 1,065 22. 01 19. 46 20. 72 28 西中学校体育館 2,004 1,960 3,964 494 431 925 24. 65 21. 99 23. 34 29 水富公民館 2,197 2,199 4,396 418 385 803 19. 03 17. 51 18. 27 30 笹井保育所 2,372 2,376 4,748 489 410 899 20. 62 17. 26 18. 93 在外 在外投票 44 65 109 4 7 11 9. 09 10. 77 10. 09 合計 64,476 64,220 128,696 15,126 13,145 28,271 23. 46 20. 47 21. 97 前回 64,687 64,404 129,091 33,675 32,761 66,436 52. 06 50. 87 51.

次の

埼玉県・参議院補欠選挙いつが投開票日?当落予想と候補者を紹介

埼玉 参議院 議員 補欠 選挙

国政選挙 実施要件 第113条に規定がある。 具体的には欠員の数が以下の人数に達したときに補欠選挙が実施される。 選挙区では通常選挙における当該選挙区の議員定数(すなわち改選議席数)の4分の1を超えるとき(、、、及びで2人 、それ以外の選挙区では1人)• 衆議院および参議院では、の対象となる当選人不足数 をあわせて定数の4分の1を超えるとき このうち3. のケースでは、議員の辞職・死亡があっても基本的にはが行われて欠員が生じにくいため、これまで比例代表の補欠選挙が行われた例はない。 時代の衆議院では、選挙区の欠員が2名に達した時に補欠選挙が執行されていた(ただし定数1のは例外)が、定数3人から5人を基本とする中選挙区制で欠員が2名に達した事例は少なく、第二次世界大戦後に中選挙区制が存在した49年間で補欠選挙は19回に留まった。 そのため、任期満了(解散も含む)時には、衆議院の欠員が10人を超えていたことも珍しくなかった。 実施日程 第33条の2第2項に規定がある。 投票日は、特に定めのない場合は、補欠選挙を行う事由の生じた時期により以下のスケジュールで行われる。 9月16日~翌年3月15日(第1期間)に補欠選挙を行う事由が生じた場合:当該期間直後の4月第四日曜日に投票• が実施される年は、統一選後半戦と同時に実施。 3月16日~同年9月15日(第2期間)に補欠選挙を行う事由が生じた場合:当該期間直後の10月第四日曜日に投票 この補欠選挙は、 統一補欠選挙、あるいは 統一補選とも呼ばれる。 かつての補欠選挙は、補欠選挙を行うべき事由が生じた時から40日以内に行う、とされていた。 しかし、総選挙にが導入された1996年以降は、全国的に補欠選挙の回数が増大していった。 回数があまりも多いために、選挙事務にかなりの費用がかかり、有権者の関心も薄くなってしまったため、2000年の公職選挙法改正によって、原則として年2回に統一する現在の方式になった。 ただし、が行われる年の3月16日から選挙公示の前日までに、非改選の参議院議員が欠員となったことで補欠選挙を行うべき事由が生じた場合には、統一補欠選挙形式ではなく、参議院選挙の当該選挙区の改選定数を増やして選挙を行う(第33条の2第4項 合併選挙)。 その場合、当該選挙区において通常改選定数より下位の候補者は、補欠選挙の当選者扱いとみなされ、任期期間は短くなる。 例えば、改選定数5(通常改選定数4)の場合、1位から4位の当選候補者は通常と同じ6年間の任期を務められるが、5位の当選候補者は補欠選挙の当選者であるため、任期は3年となる。 また、衆議院議員の補欠選挙においては、参議院議員通常選挙の行われる年の第2期間の初日(3月16日)から公示直前の国会閉会前(なお、参議院議員任期満了54日前まで国会が閉会になっているときは54日前)までに補欠選挙の事由が生じたときは、参議院選挙と同時に補欠選挙を行う(第33条の2第3項)。 この条項が適用された例としては、に衆議院・選出議員補欠選挙がと同時に実施された例がある。 参議院議員の補欠選挙については、統一対象外再選挙が行われる場合は、その再選挙の際に補欠選挙を行うものと規定している(第33条の2第5項)。 一方、のときに、参議院議員の補欠選挙の事由が生じても、総選挙の期日が統一補欠選挙の期日と同一にならない限り、同時に行われることはない。 2019年4月の国政補欠選挙は天皇の譲位等に近いことなどを考慮して1週間前倒しとなり、第三日曜日の4月21日が投票日となった。 なお、以下の場合は補欠選挙が実施されない。 議員任期が終わる日の6ヶ月前の日が属する第1期間又は第2期間の初日以降に実施事由が生じた補欠選挙は行わない(第33条の2第6項)。 衆議院・参議院の選挙区で欠員が生じたときに、最下位当選者と同票を獲得しくじ引きにより落選した候補者がいる場合は、その候補者が繰り上げ当選となり、補欠選挙は行わない(第97条第1項)。 参議院選挙区選出議員が当選後3ヶ月以内に欠員となった場合は、当該選挙区において次点のに到達した候補者がとなり、補欠選挙は行わない(第97条第2項)。 選挙無効訴訟において該当する選挙区では補欠選挙を実施できない(第33条の2第7項。 例として参議院の補選、衆議院の補選、衆議院の補選、2018年衆議院の補選がある)。 補欠選挙は一部地域限定ではあるが、大型国政選挙の間における有権者の審判として注目される。 統一補欠選挙制度導入後に補欠選挙が実施されなかった年 2000年の統一補欠選挙制度導入後、2014年までは毎年にわたり補欠選挙が実施されたが、2015年には初めて年間を通じて全国全選挙区でまったく補欠選挙が実施されなかった。 以後、何度か年間を通じて補欠選挙が実施されなかった年がある。 統一補欠選挙制度導入後から2018年現在まで、補欠選挙が実施されなかった年でもすべて補欠選挙実施事由は生じている。 以下に補欠選挙が実施されなかった年と補欠選挙実施事由、補欠選挙を実施しなかった経緯の一覧を記す。 全国全選挙区で補欠選挙実施事由もまったく生じなかった年は2018年現在一度もない。 2015年6月1日に(・)が死去したことに伴い同年10月(10月25日)の補選実施事由が生じたが、2014年12月に実施されたのをめぐる選挙無効を求める訴訟の判決が確定しなかったため、2016年春に延期された。 この年は・もなく、国政選挙が全くなかった。 2017年3月17日に(・自由民主党)が、同年7月25日に(・自由民主党)が、同年8月18日に(・自由民主党)がそれぞれ死去したことに伴い同年10月(10月22日)の補選実施事由が生じたが、同年9月28日のでしたため、補欠選挙は中止になり、愛媛3区と新潟5区は他選挙区と同様にで選出。 青森4区は欠員のまま廃止。 2018年9月13日に(・)がに立候補したことにより失職したことに伴い同年10月(10月28日)の補選実施事由が生じたが、2017年10月に実施された第48回衆議院議員総選挙の一票の格差をめぐる選挙無効を求める訴訟の判決が確定しなかったため、2019年春に延期された。 この年は2015年同様に国政選挙がなかった。 地方議会選挙 都道府県議会においては、定員が複数の選挙区で2人以上の欠員が出た時、または定員が1人の選挙区で欠員が出た時に行う。 市区町村議会においては、欠員が定数 の6分の1を超えた時に補欠選挙が行われる。 ただし、この条件を満たさない場合でも、都道府県知事(市区町村長)の選挙等 が行われる場合、選挙の告示前(市区町村議の場合は選挙の告示の日前10日)までに欠員があれば、同時に補欠選挙(いわゆる便乗選挙)が行われる。 補欠選挙を行うべき事由が発生した場合、50日以内に行われる。 ただし、任期満了の6か月以内に欠員が生じた場合、補欠選挙は行われない。 また、選挙無効訴訟が起こされている選挙区では、補欠選挙を実施することができない(第34条第3項)。 当選後3ヶ月以内に欠員となった場合は、参議院選挙区と同様、繰り上げ当選が優先される。 公職選挙法第87条の2により、2000年5月17日以降に国会議員を辞職や失職した場合、その失職によって行われる補欠選挙の候補者にはなれない規定になった。 これは「任期を自ら放棄したことで発生した補欠選挙に立候補をして、再び同じ任期を得ようとすることは合理性を欠く」との判断である。 不祥事を起こしたり、スキャンダルが公知となった議員が一度辞職をした場合、当該議員が辞職をしたことによって発生した補欠選挙には立候補()をすることができない(他選挙区の補欠選挙であれば可能)。 都道府県議、市区町村議会議員の場合は立候補が可能。 補欠選挙でなお欠員全員が埋まらない場合には再度補欠選挙が行われる。 例えば、2014年8月12日告示の議会補欠選挙(改選数2)では、1人しか立候補の届け出がなく(その候補者は)、残り1人の補欠選挙について2014年9月16日告示で行われることになった が、この時の補欠選挙では立候補の届け出が1人もいなかった ため、最終的に、欠員1の状態が2015年4月の任期満了まで継続することになった。 小選挙区選出ではなく、比例代表選出議員の場合、衆議院議員職を辞職した上で補欠選挙(衆議院小選挙区制選挙)に立候補をするということがある。 この場合、衆議院議員を辞職したはずの者が、衆議院議員を辞職した直後に衆議院議員の選挙に立候補しているという非常に奇妙な現象が発生してしまう。 しかし、以下の要素から、衆議院議員を辞職して衆議院補欠選挙に立候補することがありえる。 まず、比例代表選出議員が辞職しても、同じ政党の次点候補が繰り上げ当選となるため、仮に辞職した比例選出議員が補欠選挙で落選したとしても、党組織としては国会の議席勢力に関してはデメリットはない(繰り上げ当選が可能な次点候補がいない場合はデメリットがあるが、そのような例は政党の予想以上に選挙で大勝している時に限られ、前例も少ない)。 また、政党が補欠選挙で比例代表復活者以外の候補者を擁立して、尚かつその候補者が当選した場合、一人しか当選しない小選挙区に一政党が二人の立候補予定者を抱えてしまうということになり、次回総選挙の公認調整が難航すると予想される。 したがって、党執行部(党幹部)や当該比例代表復活者自身が、公認調整問題をあらかじめ排除しておくため、党本部は比例代表復活者の補欠選挙への立候補を支持し、応援し、当該復活者も次回の衆院選まで待たず衆議院議員職をわざわざ辞職してまで立候補宣言をするわけである。 参議院議員の選挙区の補欠選挙が行われる場合に、比例代表選出議員が補欠選挙に立候補し、自党の議席を増やそうという事例が生じた。 2019年10月の埼玉県選挙区の補選において、2019年7月の通常選挙でから比例代表で当選したが立候補し落選したものの、同党のが繰上げ当選し同党の参議院での議席を維持した。 理論上、任期が3年経過した参議院議員が、任期が3年を経過していない議員の欠員に伴う補欠選挙に立候補することで、通常選挙でない時期に選挙、当選を繰り返すことで自分の参議院議員としての在職期間を延ばすことも可能である。 公職選挙法第33条の2第7項及び第34条4項により選挙無効訴訟が起こされている選挙区では、補欠選挙を実施することができない。 ただし、選挙無効訴訟に関して、「原告が親選挙について選挙無効訴訟を提起しながら、一方で当該補欠選挙にも立候補し、落選後に補欠選挙の無効をも主張」「原告が主張する無効原因としてはその事実が存在しないか一部事実は認められるが選挙規定違反にあたらず、親選挙が無効とされることがないことが客観的に明らかな場合にあたる」「原告が被告(注:選挙管理委員会)に対して口頭意見陳述機会付与申請をしながら、多忙を理由に被告の期日指定に協力せず、約2年4ヶ月後に突如口頭意見陳述機会付与申請を取り下げるなど、訴訟を行う姿勢に相当を欠く行為」がある場合は「選挙無効訴訟の権利濫用にあたる」として1991年4月11日に大阪高裁は補欠選挙の実施を可能とする判決を出している。 日本以外の場合• 埼玉県選挙区の参議院議員通常選挙選出議員について欠員が生じたときは、定数が3人であったため欠員が1人でも生じたときは補欠選挙を実施する(2019年に実施)。 通常選挙と時期が遠いため合併せず、個別の補欠選挙として行う場合には、欠員2名以上が要件となるが、当該選挙区で任期を異にする者の通常選挙と合併して行う場合は、欠員が1人であっても定数を合算して実施される。 この場合は最下位当選者が補欠選挙での当選者扱い(任期約3年)となる。 なお、のまではでも同じ規定が適用された。 当選人が失格となり(99条および99条の2)、名簿登載人数が足りずにが出来ない場合など。 佐藤令• 直近の例では、にで・の死去により補選が行われ、・が当選した• 平成12年法律第62号による改正前の第34条1項• 特に、1947年から1980年まで導入されていたでは、このようなケースが頻繁に発生していた。 また、選挙区(旧地方区)では、このようなケースが累計で3回発生している。 選挙 選挙区 定数 補欠当選議員 4 () 4 () 2 ()• 秋のが最近のケースとされている。 この時は、参議院埼玉県選挙区の補選の後にが公示されている。 例:2019年(平成31年)4月の補欠選挙は参議院がある。 2019年(令和元年)の参院の在職中死去は補欠選挙の実施期間が無いため、欠員のまま廃止された。 日本経済新聞. 2015年9月15日. 2018年9月15日閲覧。 - 毎日新聞、2018年9月13日• 選挙区がある場合は選挙区の定数• その他再選挙、増員選挙が行われる場合を含む。 毎日新聞 2014年8月14日閲覧• 2015年3月26日 産経新聞• 2015年3月26日 産経新聞• 2015年3月26日 産経新聞.

次の