パンテーン。 パンテーン(PANTENE)|シャンプー 通販・価格比較

パンテーン

パンテーン

ヘアスタイルがうまくきまらない日は、気分もいまひとつ。 でも、健康で美しく輝く髪なら、自分に自信がもてて、世界もちょっとステキにみえるかも。 1940~50年代、様々な企業が髪のコンディションを向上させる研究を重ねていました。 そんな中、スイスのある製薬会社が、ユニークな成分を発見したのです。 他の成分と組み合わせることで、優れたコンディショニング効果を発揮する、魅力的な可能性を秘めた成分でした。 1985年、リチャードソン・ヴイックス社がP&Gグループ傘下に。 その際、パンテーンもP&Gファミリーに仲間入りし、グローバルブランドへの道を歩みだしました。 製品ラインアップを拡大し、販売ルートもスーパーやドラッグストアへと広がりました。 パンテノールを軸によりよい処方を追求し続け、優れたテクノロジーに裏打ちされたパンテーン製品は、アジア、ラテンアメリカ、そして再びヨーロッパでもお客様の人気を獲得。 1994年にビリオンダラーブランド(売上10億ドル超のブランド)となりました。 現在、200カ国以上で販売しているパンテーン。 健康で輝く髪を通じて、世界中の女性が自信にあふれて美しく輝けるよう応援しています。

次の

【人気】パンテーンのシャンプーの特徴は?種類の選び方や使い方・比較も!

パンテーン

ワンレンが流行していた1990年代前半。 なめらかなストレートヘアを手に入れたいと、髪のダメージケアに関心が集まっていました。 そんな女性たちのニーズに応えて、1991年に登場したのがヘアケアシリーズ「パンテーン トリートメント シャンプー&コンディショナー」です。 「健やかで輝く髪」をコンセプトに開発されたパンテーンシリーズ。 最大の特長は、ブランド名の由来でもある浸透性保湿成分「パンテノール(プロビタミンB5)」を、1991年発売時から配合しつづけていることです。 パンテノールは、1940年にスイスの製薬会社が、肌の研究の中で開発した成分。 その後、髪の健やかさや滑らかさの向上にも働くことが発見されました。 1947年、世界初のビタミン配合のヘアトニックとして、「パンテーン ヘアトニック」がヨーロッパで発売されると、ヨーロッパはもちろん海を越えて米国でも人気の製品となりました。 1999年、 「パンテーン Pro-V」シリーズとしてリニューアル。 髪本来の健康的な美しさを目指したこのシリーズは、新たにミクロプロビタミン処方を採用。 髪のカラーリングが一般に普及すると、ダメージケアへのニーズもさらに高まります。 2003年の製品リニューアルでは 「エクストラ ダメージケア」シリーズが登場。 ひどく傷んだ髪は、髪の内部のマトリックスが流れ出した状態。 そこで、キューティクルの保護だけに終わらず、髪の内部にまで有用成分を浸透させて補修する新処方を採用しました。 このとき、もう一つのシリーズ「モイスト スムースケア」もあわせて、ロゴやパッケージを一新。 高級感をさらに増しました。 2004年には、パンテーン初の 洗い流さないトリートメント「ディープ リペア エッセンス」が登場。 ヘアケアへの意識が高い日本女性の厳しい目を経て開発した製品は、海外へも展開されています。 そんなトリートメントへの深い知識を生かし、一日中いつでも、気になった時にヘアケアできるこの製品は、今も人気のアイテムです。 2007年には、 ウエラとの共同研究から生まれたプレミアムライン 「パンテーン クリニケア」が登場。 ヘアケアのエキスパートとして130年培ってきたウエラのノウハウと、パンテーンのテクノロジーを融合。 毛先のダメージ、髪のうねりやクセなど、大人の根深い悩みに応える製品展開でファンを獲得しています。 そして今年2013年、パンテーンの研究チームは、おそらく多くの人にとって意外な髪のダメージ要因にたどりつきました。 水の中に含まれる銅イオンが、髪のダメージ要因となりうるのです。 新処方ダメージブロッカーが、水中や髪の表面に蓄積した銅イオンをとらえて、髪をダメージから守ります。 ダメージケアへのあくなき追求。 健やかで輝く美しい髪を通じて、女性たちに自信にあふれて輝いてほしい、それがパンテーンの変わらぬ願いです。

次の

パンテーン

パンテーン

2週間でかゆみがかなり無くなったという人も! パンテーンでしっかり洗うとかゆみがひどくなるのは何故!? 洗えば洗うほど、余計にかゆくなった・・・ パンテーンを使っていて、こんな声は意外と多いんですよ。 パンテーンでかゆくなるのにはどんな原因があるんでしょうか? パンテーンでかゆくなる原因は、 「乾燥」です。 ただ、パンテーンが悪いシャンプーということではありません。 髪を補修する成分のプロビタミンが入っていたり、頭皮バランスを整えてくれているんです。 皮脂汚れが頭皮に残っているとかゆみに繋がるので、しっかり取り除けるだけの洗浄力もある。 ただ、頭皮のかゆみはそんなに単純じゃないんですね。 乾燥が進むと当然ですが、かゆくなります。 冬に乾燥して肌がかゆくなった経験があると思いますが、シャンプーするときには気を付けないと、常に乾燥している状態になるんです。 せっかく頭皮のことを考えているのに、もったいないですよね。 ただし! パンテーンだとかゆみは防げないと思っているかも知れませんが、使い方次第でかゆい状態を緩和することができるんですよ。 洗えば洗うほどかゆくなってしまっているなら、次の2つを意識してみてください。 パンテーンでかゆみを抑える2つのコツ 1、予備洗いをしっかりする パンテーンでかゆくなるなら、まずはシャンプー前の予備洗いに時間をかけてください。 予備洗いには「汚れを落とす」「皮脂を浮かせる」の2つの効果があります。 ここに今までよりちょっと時間をかけると、かゆくなりにくい前準備ができます。 具体的には、 短くても3分は予備洗いしてくださいね。 2、シャンプーは少量 パンテーンは泡立ちのいいコスパに優れたシャンプー。 わざわざたくさん使う必要はないんですね。 少量でもしっかり皮脂を落とせるようになっているので、少なめでしっかり泡立てて使いましょう。 予備洗いで皮脂を浮かせてあるので、軽くマッサージするだけで簡単にきれいな頭皮になりますよ。 簡単に整理しましょう。 1、予備洗いを3分以上する 2、シャンプーは少量を使う これでかゆみはかなり軽減できます。 でも、 でもね、、 それでもかゆみが出ることがあるんですよ。 そのときに、他の市販シャンプーに替えるのはおすすめしません。 というのも、パンテーンよりも刺激の強い成分を配合しているので、かゆみがひどくなることはあっても治まることはないんです。 負の連鎖におちいってしまうんですね〜〜〜 もし、パンテーンでかゆみが治まらないなら、刺激の弱いシャンプーにすること。 これは絶対です! 低刺激といえば、アミノ酸シャンプーが人気ですが、なんでも良いわけじゃありません。 とはいっても、ネットで調べてもどれが正しい情報なのか分かりづらいですよね。 そこで、他サイトでは公開していない情報とステマを徹底的に排除したランキングをまとめました。

次の