地 縛 少年 花子 くん 放課後 ラジオ。 地縛少年花子くん

「地縛少年花子くん」2話。寧々は毎日のようにトイレ掃除強要され :おた☆スケ【声優情報サイト】

地 縛 少年 花子 くん 放課後 ラジオ

地縛少年花子くんは[月刊Gファンタジー]で連載されている漫画で、ストーリーが短編で進んでいくので、新しく登場する人物やお化けを覚えやすく、次の話では前回戦ったお化けが味方になったり、また敵として登場するのでキャラクターへの愛着も湧き、読み進めやすいです。 時々出て来る、 花子くんと同じ見た目の男の子が何者なのか、 花子くんの過去が読んでいくうちにわかることも読みたい気持ちを誘います。 さっそく【地縛少年花子くん】結末ネタバレを紹介していきたいと思います。 驚いたことに花子さんは、昔の学生服を来た少年で、 適当な恋愛グッズを進めてくるのでした。 呆れていた寧々ですが、その中に縁を結ぶ「人魚の鱗」を見つけ飲み込むと、水に濡れると魚になってしまう体になってしまいます。 人魚が家来として迎えに来たことに怯えていると、花子がもう一枚の鱗を飲んで、 寧々と花子に縁が結ばれました。 人魚は退散し、ほっとした寧々ですが、花子から学校の他のお化けの暴走を止める手伝いや、トイレ掃除を命じられるのでした。 最初は、花子を倒そうとした陰陽師家系の源コウも、紆余曲折ありながらも仲間になり、学校の怪談のお化けと戦ったりと、交流していくストーリーです。 一番最初に読んだ時の印象は、昔からよくあるお化けに、片思いを成就させてほしいと願い事をしようとする女の子が呼び出した、学校に伝わる「トイレの花子さん」が、 まさかの男の子で、 女子トイレの地縛霊として登場するのに笑ってしまいました。 ヒロインの女の子は 大根足を気にする、パワフルな女の子という組み合わせも良いと思いました。 「地縛少年花子くん」を知ったのは、先に友人が読んでいて、面白いということで単行本を貸してくれたことがきっかけです。 その後、自分でも単行本を買いました。 昔からある 学校の怪談やお化け、妖怪が好きな方におすすめです。 トイレの花子さんが男の子で登場するのには驚きましたが、絵が可愛らしいながらもホラーとしてゾッとする怖い描写もあり、見応えのある面白い作品です。 【地縛少年花子くん】最終回の結末ネタバレは? 地縛少年花子くんは現在も[月刊Gファンタジー]で連載中で、2019年9月現在11巻まで発売されています。 ですので、結末がどうなるのか誰にも分かりません!! 現在のストーリーは、花子くんがクラスメートで、前に亡くなったコウの友人が生きている世界に入り込んでいます。 花子くんは偽りであっても、皆が楽しく生きている世界で良いといいますが、本心がわからず、不気味で悲しみを感じるキャラクターになっています。 いったい寧々とコウがどうするのか気になるところです。 印象に残っているシーンは、もっけという小さないたずらをするお化けが、新しい噂によって誘拐をするようになったストーリーです。 花子くんからの罰と寧々が、ポジティブな噂に変えて流布したことで、 邪気が消え、 危険のない元のいたずらお化けにもどるところが好きです。 好きな登場人物は、 源コウくんです。 まだまだ陰陽師として未熟で勝手な行動をしがちですが、友達思いの暑い少年で好感が持てて共感しやすいからです。 さらに! 時間をかけてもいいから漫画をたくさん読みたい人には、「」がおすすめ! 無料入会で100ポイント+8,18,28日に各400ポイントずつ=900ポイント 一番多くポイントがもらえる電子書籍サービスなんです。

次の

#6 答え合わせ

地 縛 少年 花子 くん 放課後 ラジオ

故事簡介 [ ] 海鷗學園的奇妙傳言之一。 據說舊校舍三層女的第三間裏的,會實現前來拜訪者的願望,非常喜歡等的少女八尋寧寧為了實現自己的願望,將之託付給了學園怪談。 登場角色 [ ] 主要角色 [ ] 花子君 ( 花子くん(はなこくん),Hanako-Kun,聲: (日本)) 本作男主角 ,為之七:廁所裏的花子君(トイレの花子くん)。 第一人稱為「俺」,有着半透明的身體,身穿、頭戴的,監督學園裏的妖怪們,保持人類和怪異的正確關係是他的義務。 左臉頰上的封條為白底紅字,身旁圍繞着靈魂稱之為白杖代,武器為一把。 喜歡手工製作的。 因寧寧試圖向學長源輝告白失敗,加上獨自使用結緣石受詛咒成為人魚眷屬的緣故,花子君為減輕寧寧的詛咒,服下另一片結緣石和寧寧結緣,以此契機任命寧寧擔任自己的助手;性格略好色,總是喜歡開一些無傷大雅的玩笑或捉弄調戲寧寧,但也時常露出溫柔的一面,隨着劇情發展亦逐漸對寧寧產生特殊情感。 生前本名 「柚木普(ゆぎ あまね,Yugi Amane)」,願望是成為太空人並踏上月球,被昔日班主任土籠形容為「不善言詞,經常被欺負受傷和翹課,朋友很少,相當喜歡太空,若當時未逝世的話,將來會成為理科老師」。 原本被土籠看見成為理科教師的未來,但在人類首次登月後的第二天傍晚,柚木普將自己珍藏多年不起眼的石頭「月之石」交給土籠保管。 在以往的祭典時曾遇過從50多年後穿越過來的八尋寧寧,並用了寧寧給他的許願短冊寫下了「和寧寧姐姐、能夠再一次見面」的願望。 有一個雙胞胎弟弟柚木司,曾透露為自己所殺害,原因未明;據源光所述,源光的祖母曾將"廁所裏的花子同學"給封印過。 八尋寧寧 ( 八尋 寧々(やしろ ねね),Yashiro Nene,聲: (日本)) 本作女主角 ,海鷗學園高中部一年級生,因聽聞校園七大不可思議傳說中的花子可以實現願望,而到廁所尋找花子的少女,之後遇上各種奇妙的事件。 所屬園藝部,特長是耕地,學業方面除了五個主科以外的科目都很擅長。 是個花癡、喜歡帥哥,但卻因為蘿蔔腿的理由而常常失戀。 為花子君的助手,擁有破壞予七大不可思議神之附體(依附物)的特別力量。 起初暗戀學長源輝,但是因為不擅長表白而失敗,無意中服用了結緣石受詛咒影響變成了兼人魚的眷屬,後與花子君結緣,效果減半恢復人類姿態,變得能夠碰觸及花子君的身體,但是身體遇水會出現魚鱗,全身浸水則會變回魚形態。 同時受此影響被強制指名為人魚族的繼任主人。 在十六話時的書庫中看見了花子君的過去而感到迷茫,不知如何面對花子君,在後來與源光的對談中解開心結並和花子君告白(朋友的喜歡)。 現與花子君、源光等人試圖找出改變怪異傳言的真兇。 右耳配戴繡著「交通」字樣的御守,擁有祖先留下的強力驅魔具「雷霆杖」,能看見花子君以及其他怪異;初登場時打算驅除花子君,後被寧寧阻止,偶爾會和他們一起行動。 前期視花子君為眼中釘並稱呼為惡靈,後期則對花子君稍有改觀,對寧寧抱有好感。 擅長家務及料理;其兄長為源輝,底下還有一名妹妹。 一年級時與三葉惣助同班,在三葉死後再度相遇,並成為朋友,是引出三葉真正願望的重要原因。 柚木司 ( 柚木 司(ゆぎ つかさ),Yugi Tsukasa,聲:(日本)) 花子君的雙胞胎弟弟,正式登場於漫畫第十七話,動畫第七話。 哥哥柚木普所殺害之人,稱花子君為阿普。 右臉頰上的封條為黑底紅字,身旁圍繞着靈魂稱之為黑杖代,性格異常扭曲。 助手為七峰櫻,並與櫻及夏彥兩人為改變傳言的真兇;喜歡向七峰櫻撒嬌。 據本人所述,花子君所實現的是還活着的現世之人所許下的願望,自己則是實現已死去,且為陰間之人的願望。 七峰櫻 ( 七峰 桜(ななみね さくら),Nanamine Sakura,聲: (日本)) 海鷗學園高中部三年級生,生死不明者,為了實現自身的願望與柚木司結緣成為其助手,時常對於柚木司的行為感到無奈但又包容著;初登場時被寧寧誤認為是花子君的女朋友,似乎知道些關於七大不可思議的事情,在第十七話末證實為改變傳言的真兇。 視夏彥為空氣一般的存在。 日向夏彥 ( 日向 夏彦(ひゅうが なつひこ),Hyuuga Natsuhiko,聲: (日本)) 海鷗學園高中部二年級生,是七峰櫻的隨從,並對她抱有好感。 興趣是釣魚和唱卡拉OK,有着在可愛女孩的面前便會想表現自己的一面,在本作主要擔綱搞笑的角色。 三葉惣助 ( 三葉 惣助(みつば そうすけ),Mitsuba Sousuke,聲: ( 日語 : )(日本)) 原海鷗學園中學部一年級生,愛好攝影,曾與源光為同班同學,後因事故而死亡。 在中學部入口意外的再次和源光相遇,並在與源光的交談以及相處下,漸漸成為朋友,但由於先前向柚木司許下"想留在大家記憶裏"的願望並不明確,進而使得柚木司改變傳言,而被改造。 後期於七大不可思議之三的鏡之地獄中,被柚木司強迫吞下原境界擁有者的心臟,使得身體產生變異,成為新七大不可思議之三,並遺失某部分被改造前與源光相處的記憶,目前主要與柚木司三人組一起行動。 稱呼寧寧「蘿蔔腿學姐」。 次要角色 [ ] 源輝 ( 源 輝(みなもと てる),Minamoto Teru,聲: (日本)) 海鷗學園高中部二年級生,擔任學生會長一職,源光的兄長。 學業成績優秀,最擅長的科目是英文。 個性和善,在校很受歡迎,屬於男女老少都喜歡的類型,也是天才驅魔師。 前期為寧寧所暗戀之人,很照顧弟弟和妹妹,性格稍顯腹黑,一心想除掉所有怪異們,深信世上沒有好的怪異。 曾一度要消滅花子君,但被其弟弟源光所阻止,進而網開一面放了花子君。 赤根葵 ( 赤根 葵(あかね あおい),Akane Aoi,聲: (日本)) 寧寧的同班同學兼好友並與蒼井茜為青梅竹馬;很常給予寧寧一些建議,擅長手工藝和料理,是很受歡迎的女孩子。 喜歡與寧寧分享學園中的怪異傳聞,由她轉述的傳聞命中率基本上是百分之百,學業方面屬於平常便相當勤勉用功且成績良好的類型。 在岬的事件中,因誤入領域而失蹤,後在花子一行人成功解決事件後,回歸現實。 不答應蒼井的告白原因僅是因為結婚後若冠上夫姓,姓氏與名字的讀音都會相同。 在第六十一話的合宿學習中被死神抓走到其境界,並消除在現世的記憶和人格,被死神稱為「巫女大人」。 似乎有着連花子都不知道的神秘力量。 蒼井茜 ( 蒼井 茜(あおい あかね),Aoi Akane,聲:(日本)) 海鷗學園高中部一年級生,與八尋寧寧、赤根葵以及山吹檸檬為同班同學,在校擔任學生會副會長一職,為人和善、學業頂尖(不擅長科目為國文),與赤根葵為青梅竹馬,病態般的喜歡著葵。 據源光轉述,蒼井對葵告白次數高達3624次,可每次都無疾而終,曾因受到怪異「告白之樹」的影響而與山吹交往。 討厭妖怪。 在第二十四話末揭露了其真實身分為七大不可思議之一,三位時鐘守衛中的第二位,管理「現在」。 因為過去在中學入學式見及葵遭遇意外的危險時刻,強烈心願吸引掌管「未來」的時鐘守衛現身,結定為期六年的契約成為七大不可思議之一的時鐘守衛,獲得能暫停時間五分鐘的特殊懷錶,但一天僅能使用三次且對「未來」的時鐘守衛無效,同時獲得看見怪異的能力。 為避免日常生活被不必要的怪異干擾,平常配戴源輝加持的抑制靈力的特製眼鏡,但是配戴抑制靈力眼鏡的期間容易陷入妖術,僅有需要處理怪異相關事件時才會取下眼鏡。 由於管理「未來」的時鐘守衛在校園惡作劇,導致校園師生瞬間衰老的緣故,為了恢復校園秩序選擇幫助花子君和寧寧等人,事後被源輝藉着該次騷動過於嚴重為由施加術式懲罰跪地反省。 山吹檸檬 ( 山吹 檸檬(やまぶき れもん),Yamabuki Lemon,聲:(日本)) 海鷗學園高中部一年級生,與八尋寧寧、赤根葵以及蒼井茜為同班同學,曾陪蒼井在告白之樹下練習告白,亦受到影響而與蒼井交往。 學習成績不好,並且有手機依賴症。 佐藤 ( 佐藤(さとう),Satou,聲:(日本)) 海鷗學園中學部三年級生,源光的朋友,喜歡吃甜食。 橫尾 ( 横尾(よこお),Yokoo,聲: ( 日語 : )(日本)) 海鷗學園中學部三年級生,源光的朋友,髮色是接近淡茶色的顏色。 源賴光 ( 源 頼光(みなもと のよりみつ),Minamoto Noyorimitsu) 源家先祖,曾打敗了日本三大妖怪之一的酒吞童子。 岬 ( 岬(みさき),Misaki,聲:(日本)) 彌子所心念之人,能夠看的見怪異、因為階梯的事故摔下而身亡。 怪異們 [ ] ( 人魚,聲:(日本)) 活了千年的人魚妖怪,其血液和鱗片具備特殊作用。 吞下從同一隻人魚身上取得的鱗片的兩人,在受到人魚詛咒的同時會結下非常強力的緣分。 如果未能結緣,吞下鱗片的人會變成魚,形同成為人魚的眷屬;如果成功結緣,兩人的詛咒則減輕(像是半人半魚的存在,但碰到水會變成魚)。 人魚的血液可以覆蓋當事者和其他七大不可思議的緣分,同時解除服用鱗片後遇水變成魚的詛咒。 若是服用人魚之主身上任何部位者,將必須依照規定成為人魚族繼任領導者。 初登場時本欲將寧寧帶回人魚居住的領域,被花子君阻止後,仍持續關切寧寧的動態。 據人魚族表示,人魚雖然外表看起來很不好接近,其實是個相當關懷眷屬的溫柔妖怪。 勿怪 ( もっけ,Mokke,聲:、、(日本)) 很久之前就躲在人的身邊、經常做出盜取或者惡作劇的一種怪異。 即羸弱又膽小,如果要攻擊的話就會聚集在一起,變身成可怕的怪物 ? ;雖然看似可愛,但其實有着成為七大不可思議的野心,喜歡糖果。 在偶遇花子君和寧寧後,請求寧寧為祂們改編傳言,以至於後來許多海鷗學園的學生們都會隨身準備糖果施捨給祂們。 在本作擔任吉祥物的角色,並且有着壓倒性的存在感。 ( 木魅(こだま),Kodama,聲:(日本)) 木之怪異,會對在自己樹下告白的人強行地繁殖戀愛的萌芽之後讓他們成為戀人,因此又被稱為「告白之樹」。 因為強行介入花子君和寧寧之間的告白,被花子君出手擊敗後變成小株的人臉樹,後來被寧寧改編傳言為「有着人臉的樹,發現牠後可獲得幸福」,移植至園藝部的植物園裏。 七大不可思議 [ ] 作為神的代理者,維護著彼岸與此岸的和平,每個七大不可思議掌管的境界,都有管理校園裏各種物件的使命和作為力量來源的依附物。 一旦管理者被撤職或消滅,其掌管的境界也會跟着荒廢,唯有找到繼任者才能恢復境界的樣貌。 七大不可思議之一:三位時鐘守衛(過去、現在 蒼井茜 、未來) 謠傳「在學校某處有着一座很大又古老的時鐘,而時鐘就是學校內所流動的時間本身,如果能轉動那個指針的話,就能自由的操控這個學校的時間;而在時鐘旁則有三位時鐘守衛,第一位的能力是將『時間倒回』、第二位的能力是將『時間停止』、第三位的能力是讓『時間前進』。 」 掌管「時間」的守護者。 掌管「過去」的守衛形象為一名帶着斗篷面具的老者、掌管「未來」的守衛則是名貪吃、喜歡惡作劇、行動敏捷但不甚聰明的小女孩,於入學儀式當天設計引誘了蒼井茜與之結緣,進而成為掌管「現在」的時間守衛、契約時間則為六年。 本作中因為「未來」的守衛在校園大幅惡作劇引發騷動,導致蒼井茜和「過去」的守衛為平息騷動而和花子君及寧寧等人合作制伏「未來」的時間守衛。 七大不可思議之二:岬的階梯 ( ミサキ階段) 彌子 ( ヤコ,Yako,聲:(日本)) 謠傳「黃昏的時候,如果踏上美術教室前樓梯的第四階、就會進入死者的世界,並且身體會撕裂」。 掌管「空間」的守護者,可讓通過自己掌管境界的當事者通往校園任何角落。 原為供奉在神社階梯的稻荷像,因思慕著人類教師岬、隨着時間過去有着歪曲的想法 其實是岬意外身亡無法再來看她而導致 ,變成了怪異,外表看是狐狸、名字叫做彌子,可自由轉換成狐狸或人型的模樣,人形化的姿態是穿着和服的美女,與五號-土籠之間關係很惡劣。 在學校失控地將包含葵在內誤踏進領地的學生們變成人偶,導致花子君和寧寧等人為調查實情抵達該處,被寧寧破壞作為依附物的剪刀,被花子君擊敗後恢復正常並回收七大不可思議的職位。 事後因為被寧寧改編傳聞為「適合相愛之人的階梯,兩人牽着手互訴愛意爬完階梯,就有可能永遠在一起,但若是踏上第四階將導致兩人的緣分徹底斷絕」,導致彌子經常被前來約會的情侶干擾而感到不滿。 七大不可思議之三:鏡之地獄 ( カガミジゴク) 三葉 ( ミツバ,Mitsuba,聲: ( 日語 : )(日本)) 謠傳「會將闖入者害怕或不想面對的事反射出來,如果闖入者夠正面、勇敢,就很容易離開」。 原境界擁有者形象為一頭黑色巨鷹(聲:),中途在柚木司的闖入後被其殺死,三葉則被迫吞下原境界者心臟,繼承其力量而成為新七大不可思議之三。 繼承此力量者可干涉校園裏的所有鏡子,自由穿梭於現實和境界之間,也能夠將過去某時刻鏡子映照出來的過去和學校過往所發生的各種事件照映出來。 七大不可思議之四:美術室的四島同學 四島芽衣 謠傳「美術室的四島同學非常擅長繪畫,可是卻因為家人的反對選擇自殺,現在在美術室內還能看見她持續不停繪畫的身影,而她能夠將生者關進她所畫出的虛構世界中」。 現七大不可思議之四為生前四島芽衣所創造出的「自己」,實際上生前的四島並非自殺而是因為生病最後幾乎都在醫院中度過,轉之寄託情感於謎之塔畫作中的「自己」,而後者卻受到傳言的影響誕生。 在虛構的境界中與寧寧相處而被引出了自身的願望,柚木司將其傳送至生前四島芽衣所在的世界,與之解開心結後,為幫助寧寧他們離開境界而一起行動,作為實踐願望的代價,於事後讓出七大不可思議的身份、其能力為可以創造出反映人們希望的畫中世界,另外也對寧寧的蘿蔔腿異常好奇。 七大不可思議之五:16時的書庫 ( 16時の書庫) 土籠 ( 土籠(つちごもり),Tsuchigomori,聲:(日本)) 謠傳「在學校的圖書館內,有個特別的書庫只能在16時的時候才能進去;書庫裏的書都是記載着每個人在校園期間的紀錄,過去以及未來全都寫在裏面,書庫共分有白、黑、紅三種書,白色記載的是還活着的人,黑色則是記載已經死亡的人,只有紅色的書,據說絕對不能看。 」 掌管「記錄」的守護者。 是生前柚木普的老師,依附物「月之石」則是由柚木普交給他保管的;原形為,喜歡抽著,看起來淡漠實則相當關心學生,目前在學校繼續擔任著老師的角色,實則為16時的書庫管理人,雖然可以自由調閱書庫裏的書籍,但若是違反規則竄改當事者書籍記載的未來則會消失,此外書庫裏的書籍若是被提前窺看記載未來的頁面,將會導致頁面變色。 初次會晤寧寧後,請後者破壞自身的依附物「月之石」,同時透露柚木普生前尋短導致未來被改變的事件。 由於依附物被破壞,脫離了七大不可思議兼書庫管理者的身份,無法再踏進16時的書庫,但仍能調閱16時的書庫書籍。 七大不可思議之六:死神大人 謠傳「會現身將睡著者的靈魂帶走」 外型是個頭上有一對角,褐色肌膚的青年,黃泉界的看守者,掌管「生與死」。 對彼岸和此岸的現況感到反感,認為要消除所有境界, 為此,抓了葵回來, 要運用葵的力量去實現這個目標。 據妻子堇所述,是個不老不死且個性害羞的男人。 七大不可思議之七:廁所裏的花子君 ( トイレの花子さん) 花子君 ( 花子くん(はなこくん),Hanako-Kun,聲:(日本)) 謠傳「舊校舍第三層的女廁所,從裏面數來第三間,花子同學就在那裏。 他會實現來訪之人的願望,但是據說會取走重要的東西做為報償」。 真實情況為「實現願望支付的代價,視願望大小程度而定」。 詳見於主要角色:花子君 用語 [ ] 海鷗學園 故事的主要舞台,是間充斥着幽靈妖怪的學校。 在校考試成績不及格的學生,將會依照科目數增加課後補習時數。 學校每年固定於特定時期舉辦招集學生們在夜晚編織竹編藝品、直至天明的「每月集會」,後來則演變成讓高一學生在教學樓裏住宿一夜,體驗傳統竹編藝品製作的慣例合宿學習活動。 校園七大不可思議 流傳於海鷗學園的傳說;所謂的七大不可思議就是指在自己支配的區域裏是最強的怪異。 只有靈力強大的對象、妖怪、將死之人才能看見七大不可思議的存在。 傳言(噂) 由人類口述的奇異傳聞,演變成妖怪的行動規則。 大部份的妖怪都無法違逆傳言,不按照傳言行動的妖怪,會慢慢的從此岸消失不見。 但是人類可透過自身行動改變傳言,進而改變妖怪的命運和行為。 惡靈 生與死之間有着一段很大的間隔,能夠跨越的只有抱負着強烈怨念的惡靈,所以惡靈能觸碰到人類。 據說拿着兇器的幽靈就是在生前曾用那兇器,把誰的生命給奪走過。 神之附體/依附物 能夠給予七大不可思議的特別力量,多半是七大不可思議寄附情感的珍視物件,特徵是物件上方貼著特殊的符咒。 每一位七大不可思議都有屬於自己的神之附體(依附物),一旦破壞掉七大不可思議就會大幅度弱化。 出版書籍 [ ] 地縛少年花子君 卷數 發售日期 發售日期 0 2019年12月27日 1 2015年5月22日 2019年11月11日 2 2015年11月21日 2019年12月6日 3 2016年5月27日 2020年1月10日 4 2016年9月27日 2020年2月20日 5 2017年2月27日 2020年3月13日 6 2017年7月27日 2020年4月13日 7 2017年12月27日 2020年5月11日 8 2018年5月26日 9 2018年10月26日 10 2019年3月27日 11 2019年8月27日 12 2019年12月27日 放課後少年 花子君 卷數 發售日期 1 2019年8月27日 電視動畫 [ ] 動畫於2020年1月至3月間播出。 製作人員 [ ]• 原作: あいだいろ• 監督:安藤正臣• 助監督:仁昌寺義人• 系列構成、劇本: ( 日語 : )• 人物設定、總作畫監督:伊藤麻由加• 美術監督:栗林大貴• 色彩設計:多田早希• 攝影監督:酒井淳子• 音響監督: ( 日語 : )• 音響製作: ( 日語 : )• 音樂: ( 日語 : )• 音樂製作:• 動畫製作人:比嘉勇二• 動畫製作:• 製作:「地縛少年花子君」製作委員會 主題曲 [ ] 片頭曲「No. 而部分時間會使用,實際播放時間可能為翌日清晨,請注意換算。 ナターシャ. 2019-11-09 [ 2019-11-09]. エキサイトニュース. [ 2020-02-27]. 漫畫第37話、第38話• ナターシャ. 2020-01-02 [ 2020-01-02]. ナターシャ. 2019-12-09 [ 2019-12-09]. スクウェア・エニックス. [ 2018-09-24]. スクウェア・エニックス. [ 2018-09-24]. スクウェア・エニックス. [ 2018-09-24]. スクウェア・エニックス. [ 2018-09-24]. スクウェア・エニックス. [ 2018-09-24]. スクウェア・エニックス. [ 2018-09-24]. スクウェア・エニックス. [ 2018-09-24]. スクウェア・エニックス. [ 2018-09-24]. スクウェア・エニックス. [ 2018-10-26]. スクウェア・エニックス. [ 2019-03-26]. 附小冊子特裝版• 附原創遊戲牌特裝版• スクウェア・エニックス. [ 2019-09-01]. ナターシャ. 2019-07-13 [ 2019-07-13]. TVアニメ「地縛少年花子くん」公式ホームページ. [ 2019-12-09]. TVアニメ「地縛少年花子くん」公式ホームページ. [ 2019-07-13]. TVアニメ「地縛少年花子くん」公式ホームページ. [ 2020-02-28]. 外部連結 [ ]• (日文).

次の

地縛少年 花子くん(11) (Gファンタジーコミックス)

地 縛 少年 花子 くん 放課後 ラジオ

重い重い体。 意識はあるのに体が起きることを拒むように瞳さえ開くことができない。 今までこんなに起きるの辛かったっけ・・?そのゆういつの疑問に動かされるようにまぶたを ゆっくりあげると 「っ、あれ?」 視野いっぱいに入ったのは久しぶりにみる光に溢れる天上だった。 その眩しさに思わずまた目を閉じそうになる。 「ここ・・見覚えある。 」 精一杯の力で体を起こせば目の前には見慣れた、でもすごく久しぶりに感じる学校の保健室が広がっていた。 ちょっと香る消毒液の匂いさえ懐かしさを思わせる。 此岸の光景のなかに自分がいるってことは・・ 「私帰ってきたのかな?」 「そうだよ」 安心する 心地よい声に反応すれば入口にいつの間にか花子くんがたっていた。 「ようやくお目覚めだねヤシロ。 体は大丈夫そう?」 「うん。 でもこれって無事に戻れてるのかな?」 自分の手のひらを見つめながら また透けてしまう瞬間がありそうで少し怖かった。 確認するように手を握ったり 開いたりしているとその手は花子くんに連れ去られ静かに彼の頬におかれた。 「花子くん!?」 「ヤシロ、俺の体温わかる?」 体温って 幽霊の彼に温かさがあるわけもなく、今日もいつもと変わらない冷たさが伝わるだけで・・。 あっ! 「私花子くんの体温がわかる。 」 私も生身の体じゃなかったら花子くんの体温が冷たいなんて分からないはず。 でも今私は はっきりと花子くんの体温の冷たさを感じられた。 「うん、ちゃんと体に戻れたみたいだね」 よかった。 そう呟く花子くんに胸が熱くなってきて滝のように涙が溢れてきてしまう。 「花子くん、助けてくれてありがとう。 ほっ本当に不安で、でもまた美味しいお茶ごちそうして貰って、そこは学習しなくてごめんなさい!あとあと…」 「ヤシロ、ちょっと泣きすぎだよ。 あとまた食べ物につられたの?」 しょーがないなぁ。 ため息混じりに苦笑い、でもすぐ手で私の頬をつたる涙をぬぐってくれた。 その手が冷たいはずなのにこんなにも熱く感じるのは私がおかしくなったからなのかな? 「でも花子くんが来てくれるって信じてたからつかさくんとの賭けにも勝てたよ。 」 あぁ、やっぱり花子くんは安心できる。 つかさくんでは感じられなかった優しい空間が花子くんでは 「ヤシロそのことなんだけど、つかさが何か貰ったって言ってたけど なーにあげたの?」 あるん・・あれ?さっきまでホワホワしていた平和な空気から一変、なんだか緊迫した空気に姿を変えていた。 花子くんはニッコリと笑ってるけど、笑ってるけどなんか怒ってる! オーラに押されてか体は少しずつベットの端に移動し逃げられる位置を確保する。 「いや、それはあげたくてあげたわけじゃないって。 それに完全に不可抗力というか…」 どんどん声のボリュームが下がり最後のほうは聞き取れるか微妙なくらいまで小さくなる。 こんなの完全に後ろめたい内容だと わざわざ言っているようなものだ。 花子くんもそれと同じ考えをしたのか距離をとりつつある私の腕を掴むと私の体の後ろで腕を拘束した。 「もう一度聞くよ。 何をあげたの?」 もう笑顔はない。 今まで見たことないすごい真剣な表情だ。 腕は花子くんの片方の手だけでの拘束なのに ふりほどけない。 これはもう答える他ない・・のかな。 「その、つかさくんにキス…されました」 少女漫画とか読んでる時なら「キスとかいいなぁー」なんて たくさん言ってたのに今出したキスの二文字は声が震えて上手く言えなかった。 きっとそれは花子くんの前だから… 「・・・」 ・・あれ?白状したのに何故か花子くんからは何の反応も帰ってこない。 ビックリされるなり、あきれられると思っていたが。 「あの花こく…「そっか、そっかキスされたんだ。 それで?ヤシロは嬉しかった?」 どうなの?そう笑顔の瞳で訴えられるが花子くんのオーラからは確実に怒りしか見えない。 むしろさっきより機嫌悪くなってるようなぁ。 あまりの迫力に思わず彼を見上げるだけになってしまう。 そもそも花子くんは何で怒って・・・ 「何あまね嫉妬ー?」 頭の中までも空気を読まないのかこの状況でつかさくんの発言が頭をよぎってしまった。 まさか本当に嫉妬?でもそれなら花子くんは私のことを・・。 いやいや、変に期待して相手が自分を好きなのだと勘違いしてしまうのは自分の悪い癖だ。 もう充分わかってる。 分かってるはずなのに鼓動はうるさいくらい早くなり、頬というか体全体が熱くなっていく。 完全に思考の海にハマってしまった私は花子くんの問に答えるタイミングを失い二人の間に沈黙が広がる。 でもその沈黙をやぶったのは 「・・やっぱり嬉しかったんだね」 先程とは打って変わった花子くんの切なそうな声だった。 その怒りと悲しみが混ざった表情に即座に否定をしようとしたが、一足遅く 明るく振る舞いだした彼の声に発言のチャンスはかき消されてしまった。 「そうだよね。 つかさちょっぴり怖いけど強いし。 でもヤシロが子供っぽいほうが好みだったのは知らなかったなぁー。 先輩好きだったし年上なのかと。 」 「あの、花子くん」 「あっそれならヤシロ、つかさと両想いじゃない?あのつかさが毎日通うなんて珍しいし絶対脈あると思うよ」 「ねぇ、花子くん!」 「ならこんなことしちゃダメだね」 ごめん。 そう小さく私に告げると彼は私を拘束していた手をあっさりと外した。 「じゃあ俺戻るね。 また掃除の時はよろしく。 それじゃ「待って!!」 ベットから離れてしまうギリギリの所で彼の制服の裾を掴む。 これを離したら誤解が解けない気がして無意識に掴む力が強くなっていく。 「ねえ花子くん。 私まだ嬉しいとも何とも言ってないよ?」 「だってヤシロ顔赤くなってたよ。 それは何よりの証拠じゃない?」 思っていたよりも冷たい返しに暖かかった心は冷め、違う何かがこみ上げてくる。 確かに赤くなった。 でもそれは! 「うわぁ!」 制服の裾だけ掴んでいた手は今度は確実に花子くんの腕を掴み思いっきりベットのほうに倒す。 花子くんも想定外のことだったのか座る感じではなく体完全がベットの上に倒れた。 「いったぁー。 何?どうしたのさ」 「確かに赤くなったよ。 でもそれは私の悪い癖で期待しちゃってたからなの!花子くんが怒ってるのは嫉妬してるから?とか、もしそうならつかさくんに嫉妬してるのって私を好きだから?とか…。 本当はキスなんて嬉しくもなんともなかった。 私は花子くんじゃなきゃ…「ヤシロ、ストップ」 意味ない。 という大事なワード寸前で花子くんの手が私の口をふさぎ言葉を止めてしまった。 何するのさ、とでも言ってやろうと下げていた目線をあげれば 「花子くん顔真っ赤だよ?」 今まで彼の表情レパートリーでは存在しなかった赤面が私の目を前にあったのだ。 「うるさい。 ヤシロが急に可愛いこと言い出すから。 何俺じゃなきゃって、止めてなかったら危なかった」 「・・じゃあやっぱり花子くんにはこんなの迷惑ってこと?」 「そうとはいってない。 ヤシロとりあえず」 今自分がいる位置確認しようか。 急に真面目な表情になった花子くんの視線につられ、え?とあらためて自分の座ってる場所を確認すればそこは保健室のベット上。 「ベットの上だけど、それが?」 「・・・あのねヤシロ。 男がベットの上で、しかも相手に可愛いことされたら」 その瞬間 一瞬で視界はまた保健室の天上に変わり 「こういうこと、我慢するの大変なの」 その視界の中には意地悪に笑う花子くんの姿がうつった。 これって、もしかしなくても。 3秒の遅れの後 私はようやくこの状況を理解し一瞬で体の熱が戻った。 「はっはは花子くん。 何して」 「まぁまぁ、俺は無防備なヤシロのために男は狼ってことを教えてあげてるだけだよー。 ヤシロみたいな女の子なんて簡単に」 押し倒すことできるんだからね?耳元でささやかれた声はいつも聞いてる花子くんの声とは違いすごく甘くゾクッとした感覚が体をながれた。 それにベットの上で私の手を抑える彼の手が少し動くだけで変なドキドキが体をかけめぐって心臓がずっとなり続ける。 このままじゃ恥ずかしくてどうかなっちゃうよ。 さっきまで見れた花子くんの顔も羞恥心からか思いっきり目をそらしてしまう。 「ヤシロ前見て」 「無理」 「はぁ、しょうがないなぁ」 ため息混じり出されたその言葉とともに顔は無理矢理正面に戻され私の上にいる花子くんと視線が完全に絡まってしまった。 「ヤシロ…」 じっとしてて。 まるで魔法の言葉のようにその発言だけで体は固まって動かくなる。 視界の上にいる花子くんとの距離がだんだん近づき、そして柔らかくてちょっぴりヒンヤリしたキスが落とされた。 思わず体が小さくビクッと震えたが彼は方向を変えながら優しくキスを落とし続ける。 しばらくして名残惜しそうに花子くんの唇は静かにはなれていった。 だけど離れてすぐ花子くんはフッと笑顔をこぼし 「顔真っ赤だよ?」 「しょうがないじゃん。 はずかしんだもん…」 「ヤシロ…」 「・・なに?」 「好きだよ」 いきなりの事に思わず「え?」と疑問形を返しそうなるが、その表情はいつものからかいの雰囲気は全くなく本当に心から言ってるのがすぐにわかった。 「私も!」 花子くんが好き。 気がついた時には彼の首に抱きつき二人してベットに転がっていた。 花子くんは倒された驚きなのか目を丸くして私を見つめていた。 「本当に?ヤシロも俺を好きなの」 「もちろん!」 そう答えれば彼は幸せに満ち溢れた笑顔で笑いながら「そっか」と小さく呟いた。 「ありがとうヤシロ。 じゃあさ」 もっともっとキスしていい? ん? 「はっ花子くん?」 「ヤシロが嫌がると思って抑えてたけど本当はつかさとキスしたのめちゃくちゃムカついてたんだよね。 」 そういう花子くんのバックは確かに怒りと不のオーラが倍増していた! でも私は花子くんとキスしたり、両想いになったりでもう心に余裕が残ってない!! 「花子くん、とりあえず今日はもうこのへんに…」 「だーめ」 抵抗虚しく口は再び花子くんによってふさがれてしまい、先ほどと同じように静かにキスは落とされたが ん、さっきよりも長い 確実にさっきよりもキスする時間が延長されており私はすぐに酸素不足におちりはじめる。 空気を求めるように口を少し開ければ空気の変わりに彼の舌が侵入してきた。 ニュルっとした感覚に体は思った以上に反応してしまう。 「んっあ…」 自分じゃ知らない声がもれて恥ずかしさがいっきに頂点に到達した。 最後の抵抗に花子くんを離そうと押すがビクともしない。 思考はどんどん痺れ使い物にならなくなり、体はまるでお風呂に入ってるかのように熱くなっていく。 まずい…ぼやけて ギリギリ意識が薄れる手前花子くんはスッと離れていった。 「すっごい美味しいね、ヤシロのキス」 悪戯の笑みとともに向けられたその言葉に私の頭と心は今度こそ限界をこえた! 「もう無理!これ以上は恥ずかしくて死んじゃう」 逃げるようにベットから起き上がり逃げようとするが素早く花子くんに腕を握られ完全に逃げ出せない。 「ヤシロ帰っちゃうのー?もうちょっとゆっくりしよ?」 「帰る!」 「えーどーしても?」 「どーしても帰りたいの!」 その後ベットの上で言い争っている男女を怪異教師の土籠が発見し無事に少女は家に帰れたそうだ。 [newpage] 「はぁー、いーとこだったのに邪魔されちゃったなぁ」 「俺がこなかったら あいつがやばかっただろ。 まったく、自分の立場がわかった上でやってるのか?」 「わかってるよ。 それを考えてもヤシロが好きなんだ」 「そうか…」 「てことで土籠。 …束縛もほどほどにな」 互いの気持ちが通じ合い両想いになったことで新たな事件が起きたのはまた別のお話。

次の