ありがたい限り 敬語。 手紙の達人コラム お礼のことば

「ありがたい」の意味と敬語、語源、類語「ありがとう」との違いを例文付きで解説

ありがたい限り 敬語

「ありがたい」とは?意味や漢字は? 「ありがたい」とは感謝の気持ちを持っている状態を意味する 「ありがたい」とは感謝の気持ちを持っている状態を意味します。 コミュニケーションにおいて感謝の気持ちを相手に対して表すことは、良好な関係性を築くことに繋がります。 「ありがたい」という言葉を使いこなすことで、様々な人とのコミュニケーションが良い形で取れるようになることでしょう。 人が誰かから感謝されるということは、多くの人が生き甲斐の一つだと言えるかもしれません。 家族が感謝してくれる、恋人が感謝してくれる、友達が感謝してくれる、同僚が感謝してくれるということが生きるモチベーションに繋がっているはずです。 それを形に表すのが「ありがたい」という言葉なのです。 「ありがたい」の漢字は「有難い」 「ありがたい」の漢字は「有難い」と書きます。 これは「想像できない」という意味合いから、受けた行いに対して「想像ができないくらいうれしい」ということを表している表現になっているのです。 だからこそ漢字では「有難い」と書き、それが感謝を表す言葉として使われるようになったのです。 ちなみに現代においても「有難い」という漢字の表現も決して間違いではないのですが、何か漢字で書く特別な意図がない限りは基本的にひらがなで「ありがたい」と表記するのが一般的になっています。 もしもビジネスにおける書類に漢字で記すと修正を受ける可能性が高くなっているので基本的にはひらがなで書きましょう。 この表現については感謝の気持ちが強い時に使われる表現になります。 そのため、あまりに多用すると感謝の気持ちが伝わらなくなってしまうリスクがありますので、ここぞという時だけの使用に留めましょう。 感謝の気持ちの度合いだけで言えば「有難い限りです」という表現は最上級の言葉になります。 そのためここぞという時に「ありがたい限りです」を使うと深い感謝の気持ちが伝わりやすい表現です。 ここから感謝の気持ちを伝える他のワードのパターンも紹介していきますのでそちらも参考にしながら使い分けていってください。 ここまで期待を裏切り続けてきた私に対してこんなにも温かくアドバイスをいただけるなどと思ってもいませんでした。 本当に有難きお言葉です。 今後はご期待に添えますように心を入れ替えて精進して参ります。 この言い回しは先述の2つの比べると非常に使いやすい言い回しです。 ビジネスのシーンにおいては使わない日がないくらいの表現かもしれません。 ビジネスにおいて多用されている非常に重要な表現と言えます。 ビジネスにおいて「ありがたく存じます」という言葉は依頼事項の後に使う表現になります。 似たような表現には「幸いでございます」という表現がありますが、ビジネスメールにおいては依頼をするシーンは非常に多くなっているので使う機会は断然多くなります。 ビジネスに欠かせない表現になるので覚えておきましょう。 明日までにご返信いただけましたらありがたく存じます。 ご多忙のところ恐縮ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。 この言い回しは、いい提案をもらった時の返答として使う言葉になります。 例えばビジネスパーソンとして引き抜きの話を受けて好条件をいただいた時の返答として使うことは十分にあり得る表現です。 この言い回しは前向きなニュアンスを感じさせる表現ではあるものの、はっきりと「YES」を相手に伝えない点で非常に使い勝手のいい言葉になります。 例文のように返事を保留したい時に相手方のメンツを潰さないようにうまく切り抜けるために使うこともできます。 覚えておくといつか役に立つ表現です。 私のようなものをお誘いいただくなんて、本当にありがたいお話です。 今の会社も20年勤めていますので、そちらにも筋を通したいので来週にもう一度お話できたらうれしいです。 この言葉はその場に身を置いている状態で使うのではなく、一旦その場を離れて振り返った時や、第三者的に、客観的な視点で見る時に使う言葉になります。 比較的使用頻度が高い表現であると言えます。 「ありがたいことです」という言い回しも「ありがたい言葉です」という言い回しと同じように、その話に関して完全に肯定している表現ではありません。 しかしながらポジティブなニュアンスをしっかり出しつつも冷静な視点を残している表現になりますので、賢明なビジネスパーソンであれば駆使したい表現になります。 この度はプロジェクトを無事完遂させることができました。 これもひとえに関係者各位の努力の賜物と認識しております。 厚く御礼申し上げます。 この表現は「ありがたく存じます」という表現と同じように使える表現であり、ビジネスのシーンにおいてよく見かける言い回しです。 取引先や目上の方に何かを依頼する際に「お願いいたします」と言い切るよりも「お願いできましたら幸いでございます」とワンクッション置くことで柔らかく感じる言い回しになりますので、相手方も気持ちよく依頼を引き受けることができるでしょう。 お忙しい中恐れ入りますが、本日中に資料のご共有をいただけましたら幸いでございます。 未完成でもかまいませんので一度資料の方を確認いたしたく存じます。 何卒、よろしくお願いいたします。 感謝の気持ちを示す文章を作る際には、微妙な表現の違いを言い換え表現も駆使しながら出すことができます。 「ありがたい」という言葉だけでは表現できないものを相手に伝えることができるようになるのです。 「ありがたい」という言葉を文章の中で繰り返すことで、語彙力の不足が露呈した感謝の気持ちが伝わらない文章だと相手方が感じてしまう可能性があります。 せっかくメッセージを送ってもそうなってしまっては本末転倒です。 「先日の件に関してとてもありがたい気持ちで一杯です。 どんなに素敵な文章で感謝を述べたとしても、気持ちが込められていなければ、その文章で相手方に感謝が伝わることはないでしょう。 感謝を伝えるにはまずは気持ちが一番大切です。 それに類語や言い換え表現も含めた言葉遣いのテクニックが伴えばスマートに気持ちを伝えることができるのです。 下記の関連記事も参考になるかと思いますので、この記事と併せて参考にしてみてください。

次の

有り難いお言葉の使い方|ありがたいお言葉への御礼の返し方

ありがたい限り 敬語

感謝の気持ち「ありがたい」は丁寧語「です」と組み合わせて「ありがたいです」とすれば敬語として成り立ちます。 「ありがたい」という言葉自体は失礼に当たるような言葉ではありません。 感謝や嬉しい気持ちを示すときのフレーズとしてはGood。 これがビジネスで不適切というのなら「素晴らしい」といった形容詞もNGとなってしまいますね。 とくにビジネス会話ではサラッと使えるフレーズなので重宝します。 ただ、誤用乱用すると相手に不快感をあたえるためご注意を。 この記事の目次• 「ありがたい」「ありがたいです」意味と使い方 言い換え敬語についてみていく前に、 そもそもの「ありがたい」「ありがたいです」の意味と使い方について少し。 意味 「ありがたい(有り難い)」「ありがたいです(有り難いです)」の意味は…• 人の好意などに対してめったにないことと感謝するさま 例文「お気持ち、ありがたく頂戴します」• 都合よく事が進んでうれしく思うさま 例文「ありがたいことに雨がやんだ」 例文「弊社にとってはありがたくない状況だ」• またとないくらい尊い。 もったいない 例文「ありがたいお言葉」 もともとは、 「有り難い=こんなことめったに無い」という意味の言葉だったのですが、現代では感謝の気持ちを表したり、うれしく思う気持ちをあらわすのに使います。 「ありがたい」を丁寧語「です」とくっつけると「ありがたいです」という敬語になりますね。 「ありがたい」は形容詞なので、「です」をくっつけても差し支えありません。 敬語として成り立ちます。 使い方 「ありがたい」「ありがたいです」の使い方は…• 感謝の気持ちをあらわす 例文「ありがたく頂戴します」• 嬉しい気持ちをあらわす 例文「とてもありがたいです」 例文「とてもありがたく存じます」• ありがたい は正しく使えばまったく失礼じゃない ここでひとつ注意点を。 「ありがたい」「ありがたいです」は正しく使えばビジネスシーン(電話・メール・手紙・文書・社内上司・社外取引先・目上・就活・転職)にふさわしい敬語フレーズとなります。 「ありがたい」は目上のヒトに失礼だ!! みたいな勘違いしたウェブサイトがおおいので念のため。 間違っている敬語解説サイトにあえてツッコミを入れるようなことはしませんが、もし「ありがたい」がビジネスシーンにふさわしくないフレーズであるのなら、その根拠を示してほしいのですよね。 根拠も無く「使わないほうがいい!」としている人々ってホント頭悪いなぁって思います。 「ありがたい」がビジネスで不適切というのなら「素晴らしい」といった形容詞もNGとなってしまいますね(笑)。 そういうわたしも言語学者でもなんでもなくって、ただのおっさん営業マンなのですけが…偉そうなコメントすみません… ということなので、失礼に感じられる「ありがたい」の使い方と、そんなときどう言い換えする?を中心に解説していきます。 ビジネスシーンで「~してくれたらありがたいです」のようにお願いするのは上から目線に感じられてしまうため、言い換え敬語を使いましょう。 これが失礼に感じる理由は冒頭でも述べたとおり、もっと丁寧な言い換え敬語があるからです。 それでは言い換えを紹介していきます。 敬語は以下のように成り立ちます。 「いただければ」は「もらう」の謙譲語「いただく」+可能形+仮定の「~れば」• 「幸いです」は「幸い」+丁寧語「です」 使い方はたとえば、 「ご承認いただければ幸いです」とすれば「承認してもらえれば嬉しいなぁ」の意味になりますし、「ご連絡いただければ幸いです」とすれば「連絡してもらえれば嬉しいなぁ」の意味になります。 お願いに使うフレーズとしてはもっとも丁寧な敬語です。 「ありがたい気持ち」もちゃんと「幸いです」と言い換えることによって再現していますね。 他にもビジネスシーンで使える例文は以下のとおり。 — 使い方・例文 —• 何かを頼むときのビジネスメール結び 例文『ご連絡いただければ幸いです』 例文『ご確認いただければ幸いです』 例文『ご教示いただければ幸いです』 例文『ご意見いただければ幸いです』 例文『ご指示いただければ幸いです』 例文『お力添えいただければ幸いです』• 「いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語となりますが、上司に使うにはちょっと大げさな表現かもしれません。 いずれにせよ、何を使っても丁寧な敬語です。 その他の言い換え敬語3つ お願い・依頼「~してくれたらありがたいです」の代わりにビジネスシーン(電話・メール・手紙・文書・社内上司・社外取引先・目上・就活・転職)で使える敬語フレーズ。 あとは、以下のような言い換えがあります。 ただしホントは尊敬語「くださいますよう」が正しい使い方。 他にもビジネスシーンで使える例文は以下のとおり。 — 使い方・例文 —• 何かを頼むときのビジネスメール結び ・例文『ご連絡(を)いただければと存じます』 ・例文『ご確認(を)いただきたく存じます』 ・例文『ご教示(を)いただきますようお願い申し上げます』 ・例文『ご意見(を)くださいますようお願い申し上げます』 ・例文『ご指示(を)いただければと存じます』 ・例文『お力添え頂ければと存じます』• でもビジネス敬語としては「ご連絡いただく」という使い方をするのが一般的です。 以降はすべて省略します。 ビジネス電話で「~してくれたら ありがたいです」と言いたい時に使える敬語フレーズ ここまではビジネスメール・文書でよく使う依頼の敬語フレーズを紹介してきました。 ただ、これをそのまま会話や電話で使うと堅苦しい敬語となってしまいます。 そこで、社内外のビジネス会話や電話で「~してくれたらありがたいです」とお願いするときのフレーズもまとめておきます。 ~していただけますか?~していただきますでしょうか? ビジネス会話や電話で何かを「~してくれたらありがたいです」とするときの敬語。 言い換え例文「~していただけますか?」• 言い換え例文「~していただけますでしょうか?」 意味は「~してもらえますか?」。 「もらう」の謙譲語「いただく」を使って敬語にしています。 使い方はたとえば、上司に何かをしてもらいたいとき。 「顧客Aにご同行いただけますか?」とすれば「顧客Aの訪問に同行してほしい」という意味の丁寧な敬語となります。 ほかにもたとえば、以下のような使い方をします。 — 使い方・例文 —• 例文「身に余るお言葉をいただき至極光栄に存じます・でございます」• 例文「このたびはノーベル賞をいただき至極光栄に存じます・でございます」• あとはフツーにお礼するときに使う敬語フレーズもありますね。 以下をご参照ください。 言い換え例文「ありがとうございます」• 言い換え例文「深謝いたします」• 言い換え例文「厚くお礼申し上げます」• 言い換え例文「感謝申し上げます」 こんなときどうする?最適な敬語フレーズをシーンごとに いろいろと情報が散らかってきたのでここで中間まとめ。 ビジネスシーンごとにどの敬語フレーズを使うべきか、という点につき整理しておきます。 電話や会話であれば… 「恐れ入りますが、~していただけますか?」 「よろしければ~していただけますでしょうか?」 「大変申し訳ないのですが~していただけますでしょうか?」•

次の

有り難いお言葉の使い方|ありがたいお言葉への御礼の返し方

ありがたい限り 敬語

「ありがたい」の意味とは? 「ありがたい」の意味は「滅多にない・感謝」 「ありがたい」の語源は「有り難し(ありがたし)」で、「有る(あること)」と「難い(むずかしい)」の2語からできています。 思いもしない幸運に恵まれたり、期待していなかったような助けが得られたりすると、私たちは「ありがたい」ことが起きたと感じます。 現在では「ありがとうございます」というあいさつ言葉になっていますが、古くは「有り難ふ御座りまする」といいました。 「ありがたい」の表記は「ひらがな」が基本 ネットで変換すると「有難う御座います」の候補もありますが、「ありがたい」も「ありがとうございます」も、表記する場合はひらがなにするのが一般的です。 あいさつ言葉には「今日は(こんにちは)」「今晩は(こんわんは)」「御免なさい(ごめんなさい)」など由来となる言葉が存在しますが、いずれも基本的には「ひらがな」で書くことになっています。 「ありがたい」の使い方と注意点 「ありがたい」はお断りのクッション言葉 「ありがたい」は謝意を伝えるときだけでなく、ビジネスマナーとして欠かすことのできない「クッション言葉」としてもたいへん重要です。 クッション言葉とは、用件を丁寧にお断りしたいときや異論を唱える場面で結論の前にひとこと添えるクッションのような役割をする言葉のことで、「せっかくのありがたいお誘いですが~」「たいへんありがたいお話ではありますが~」のように使います。 「ありがたいです」の乱用は避けよう 「ありがとうございます」の代わりに「ありがたいです」と言うことも可能ですが、「形容詞+です」は短絡的で稚拙な印象になりやすいため、そういった用法が習慣になっていないか見直してみましょう。 しかも、「ありがたい」の丁寧語表現としては「ございます」の方がより丁寧であるため、あいさつ言葉として定着している「ありがとうございます」をわざわざ「ありがたいです」と言い換えると他意を疑われることにもなりかねません。 「感謝の言葉」と「嬉しい」の表現は分けよう あまり一般的でない表現を乱用することのデメリットは、「クセの強い人」と言う印象を相手に与えてしまうことです。 授業中に先生の口ぐせを数えてしまったという経験はないでしょうか。 もうすこし神経質な人ならストレスを感じて授業に集中できなくなってしまったかもしれません。 たしかに、紋切型のあいさつよりも率直な気持ちを口にしたほうが伝わりやすい場合もありますが、「ありがたいです」は自分の気持ちを表現する言葉として、一般的な慣用句である「ありがとうございます」とは使いわけることをおすすめします。 ビジネスでは避けたい「~たいです」 「ありがたいです」の乱用を避けるべきもうひとつの理由に、近年増えつつある「~たいです」という表現に対する評価が分かれていることもあげられます。 「~してください」と依頼するのではなく、「~して頂けるとありがたいです」「~していただきたいです」のような言い回しは自分の希望をやんわりと伝えているだけなので、コミュニケーションとして不完全な印象です。 「して頂きたいならちゃんと依頼しろ」と相手に思わせてしまうリスクがあります。 「ありがたい」の類語と言い換え 類語は「幸いです」「幸甚です」 「幸い(さいわい)」「幸甚(こうじん)」は、かつてはそれほど頻繁に目にすることはありませんでしたが、近年とくに「~してくだされば幸いです」「いただけますと幸いです」という表現は、メールの締めには欠かせない決まり文句となっています。 本来の意味は「~してもらえるとうれしい」という希望の謙遜表現で、「幸甚」は「はなはだ(非常に)うれしい」という意味です。 いずれも書き言葉であり、話し言葉に使われることはありません。 それほど強い意志をあらわす言葉ではないため、近年では「~してください」という依頼の婉曲表現として用いられる傾向がありますが、もともと「~してもらえたら私が幸せです」という表現なので、同じ文面の中で乱発してしまうと「自分の幸いばかり」と違和感を覚える人もいるようです。 また、判で押したような「マニュアル敬語」になってしまうリスクもあるため、適宜「お願いいたします」「助かります」などのふさわしい言葉に置き換えたいところです。 「ありがたい限りです」で喜びをあらわす 「ありがたい」は形容詞なので、ほかの言葉と組み合わせることで生き生きとしたオリジナリティを出すことができます。 「とてもありがたく心に沁みます」など、感謝をあらわすほかの表現と抱き合わせて気持ちを伝えましょう。 「ありがたい限り」とは、「願ってもない」「最高にありがたい」「感謝の気持ちで心がいっぱい」という意味で、丁寧なお断りでも「ご厚意はありがたい限りなのですが、いまは十分間に合っています」のように使います。 「過分なるお言葉」「おかげさま」で言い換える 「過分(かぶん)」とは「身に余るほどの」という意味で、「過分なるご厚情」「過分なるお心遣い」のように「ありがたい」の内容とセットで言い表します。 「おかげさま(御蔭様)」は江戸時代から使われている古い言い回しで、見えない力が働いて実力以上の幸運に恵まれたという謙遜表現です。 感謝をあらわす言い回しに謙譲表現が多いのは、多くの人が感謝するとき自然に謙遜な気持ちになるためではないでしょうか。 まとめ クッション言葉やあいさつ言葉としおなじみの「ありがたい」は、形容詞としてあらゆるシーンや立場で使えるポピュラーな言葉なので、それだけに使い方には注意したいものです。 敬意の足りないビジネス用語はそれだけで問題ですが、あまり大げさな表現になってしまうのもスマートなビジネスパーソンはいえません。 敬語としては間違っていないのに、何となく浮いてしまう「コピペ敬語」「マニュアル敬語」にならないためにも、過不足のない言葉選びを心がけましょう。

次の