おすすめ 食べ放題。 【東京近辺】1000人が選んだ食べ放題店ベスト12【ランキング】

牛角のおすすめメニュー10選!人気食べ放題コースや美味しい食べ方も

おすすめ 食べ放題

牛角は人気の焼き肉チェーンです。 株式会社レインズインターナショナルが運営しており、焼肉屋以外にも焼き鳥店やしゃぶしゃぶの店も経営していて、親会社は外食産業持ち株会社のコロワイドです。 もともとは、1987年に設立の不動産賃貸管理業「国土信販」という会社でした。 1996年に、外食産業に参入することになり、最初に焼肉屋をはじめました。 東京の三軒茶屋に「焼肉市場七輪」という名前で始めたお店は、当初苦戦します。 試行錯誤の上に考えたのが、会計時に店のクレームを伝えてもらうことでした。 条件として300円を割り引いで行い、多くの客の本音を聞くことができました。 そこで改善策を講じることができたことで、繁盛店の道を歩み始め、1997年に店の名前を牛の角をアンテナに見立てて、客のニーズをキャッチするということで「牛角」という名前が誕生します。 牛角には、3種類の食べ放題のコースがあります。 一つめは「お気軽コース」と呼ばれるもので、80種類以上のメニューが食べ放題です。 料金は2980円で、90分間楽しめ、主要な肉もあるため最初はこちらで十分でしょう。 二つめは「牛角コース」と呼ばれるものです。 こちらは、100種類以上の食べ放題で、料金が3480円、メニューに厚切り肉のカルビステーキなどが入っています。 オリジナルな焼肉を食べるときには、こちらが良いでしょう。 最も豪華な三つめは「堪能コース」です。 これは120種類以上のメニューが食べ放題で、料金は4380円と、プレミアム感満載です。 熟成赤身うわみすじ、熟成上ロースステーキと、至高の肉を心置きなく食べるのなら、こちらを選びましょう。 叙々苑には「食べ放題」という文字がありません。 これは、店の方針が「くつろげる雰囲気」「おもてなし」を重視しているために、肉の味を重視しているからです。 食べ放題は「元を取る」という発想になるため、肉をおいしくいただけなくなるという観点から、コースと単品だけを提供しています。 ただし「飲み放題」は用意されているので、ご安心ください。 叙々苑のコースは焼肉会席といった面持ちで、オードブルやキムチ、上質の肉とごはんものと、あたかも日本料理をいただくようにメニューが登場します。 最後にデザートやコーヒーもいただけます。 コースは数種類あり、ひとり1万円クラスの高級店といわれるだけあって、それなりの価格設定になっていますが、その代り十二分に肉のうまさを心置きなく堪能できるでしょう。 叙々苑は、お昼のランチがお得です。 夜のコースは高価になりがちですが、ランチなら比較的手ごろな値段で焼き肉をいただけるでしょう。 ランチは、肉がいろいろ選べ、それにキムチやナムル、サラダに白ごはん、そしてデザートとコーヒーがついています。 肉の中にはステーキ用の分厚い肉のものもあります。 数段階のそれぞれ内容が異なるランチが2000円クラス~とそこそこの料金はしますが、内容の豪華さがそれを上回るでしょう。 ランチタイム以降は通常のメニュー料金になるため注意が必要です。 また叙々苑には、さらにランクの高い「游玄亭」という高級店があります。 特別な日や記念日などで、思いっきり高級な肉を優雅にいただくには叙々苑は最高のお店です。 焼肉きんぐは、愛知県豊橋市に本社を持つ「物語コーポレーション」が運営しているお店です。 焼肉のほか、ラーメンやお好み焼き、和食専門店などを全国展開。 もともとは1949年に「酒房源氏」という、おでん屋からスタートしました。 順調に成長し、1969年に株式会社「げんじ」が設立され、その28年後に現在の「物語コーポレーション」という名前になります。 2008年にジャスダックに上場したのを皮切りに、2010年に東照2部、2011年には東証1部上場を果たしました。 その後、香港、上海に現地法人が設立されました。 焼肉部門は、焼肉きんぐのほかに焼き肉一番カルビというお店や熟成焼肉肉源という店を展開しています。 この中で焼肉きんぐは、テーブルバイキング形式で焼肉を提供しています。 焼肉きんぐの飲み放題は、種類も豊富で、非常にお得なので、ぜひ注文しましょう。 ソフトドリンクのみと、アルコール付のものがあります。 いずれも3杯以上飲むと、単品よりお得になるため、安心して注文できるでしょう。 小学生は半額、未満は無料というのもうれしいところです。 また、焼肉きんぐには、量より質を求める人にはありがたい食べ放題以外の単品メニューもあり、時間を気にする必要がありません。 焼肉きんぐの4大メニューも、国産牛・厚切り牛タンといったプレミアムもメニューにあるため、おいしい肉だけをセレクトすることも可能です。 ちなみに、ランチも食べ放題を行っていて、夜同様100分の制限時間で、1980円でいただけるので、お昼は狙い時といえるでしょう。 安楽亭は、埼玉県さいたま市中央区に本社があります。 創業は1963年で、埼玉県蕨(わらび)市塚越町に一号店を創業したことから始まります。 店は順調に成長していき、1980年にはフランチャイズ事業が始まり、埼玉県内に専用工場が設置されました。 その後、書籍販売や、和食店、イタリアレストランなども開業していき、2000年には、東証2部に上場しました。 安楽亭のほかにも、焼き肉レストラン「七輪房」「からくに屋」「国産牛カルビ本舗」があります。 また焼肉以外にも「飲茶Barロンチャン」「上海菜館」、イタリアレストラン「アグリコ」、和食「春秋亭」、CAFE Bean's と、いろいろな業態のお店がありますが、いずれも1・2店の運営しかなく、事実上安楽亭と七輪房だけがチェーン店として展開しています。 安楽亭の食べ放題は、4段階の価格設定で、それぞれ100分間の利用となります。 最もお得な「お手軽バリューコース」は、2480円。 基本的な焼肉とご飯もの、野菜、デザートも注文できるため、安心して注文してください。 二番目の「大満足安楽亭コース」は、3280円。 品目が格段に増え、焼く品目を選ぶ楽しみも得られるでしょう。 三番目の「スペシャルコース」は、さらに品目も増え、肉の豪華さが加わります。 3980円で良い肉を食べたいときに利用しましょう。 最高級の「ゴージャスコース」になると、全120品目が食べられ、黒毛和牛や上タンも食べ放題です。 5980円でソフトドリンクの飲み放題もつくため、余計なことを気にせずに思う存分食べられるでしょう。 安楽亭は、食べ放題などのお手頃価格だけにこだわっているわけではありません。 肉などの素材にこだわり、人為的に脂肪が入った注入肉などは使いません。 無添加の自然肉を100%使い、肉に使う、たれも無添加の物だけを使用しています。 また野菜やコメについても、産地にこだわっています。 全プロセスを自社が管理しているため、安全で安心な物だけを提供しており、品質管理も専任スタッフがいるので、安心しておいしい肉が食べられるでしょう。 安楽亭は食べ放題のほかにも、単品メニューや定食メニュー、デザートやドリンクのメニューも豊富です。 1000円未満のお得なサービスランチは5品目、ヘルシーランチや特盛ランチ、黒毛和牛ランチなどお昼も十二分に楽しめます。 大阪焼肉ふたごは、焼き肉やホルモンを提供している焼肉店です。 運営会社は株式会社株式会社FTG Companyで、2010年に設立した新しい店ですが、急激に業績を伸ばしていて、業界でも注目を集める存在となりました。 名前の由来は創業者が双子の兄弟であることからきています。 焼肉・ホルモンの本場大阪・鶴橋の出身です。 昭和の大阪での焼き肉を、平成の東京で提供することで人気が高まり、海外にも積極的に進出しています。 受賞歴も多く、2014年に肉フェスで、販売数の1位を獲得し、翌2015年には、ロケ弁グランプリで王者になりました。 店は関東が中心ですが、名古屋や福岡にも進出し、その勢いはとどまるところを知りません。 ふたごは、食べ放題ではなく「コース料理」を提供しています。 五反田本店では、2019年3月より歓送迎会用のコースが予約できるようになりました。 満幅コースは3980円で、2時間、17品目が食べられ、飲み放題も付けられるため、大人数の宴会も最適でしょう。 王道コースは4980円で、2時間、17品目ですが、満幅コースと比べて肉の質が異なります。 舌の肥えたメンバーと利用するのに申し分ないでしょう。 贅沢コースは6980円で、2時間19品目で、特上カルビ、厚切りハラミなどさらに豪華になります。 グルメ、食通メンバーの宴会にはまたとないコースでしょう。 また、年に一度のイベントで食べ放題を実施するため、そのときは狙い目です。 ふたごは気になる制度「クラブふたご」があります。 これはお店を利用する毎に、スタンプが集まるものです。 5段階ものランクがあり、クレジットカードのように最高峰は「ブラック」というクラスになっています。 下から2番目の「シルバー」は、ふたご祭り優先予約などが得られ、その上の「ゴールド」は、ネーム入りゴールドトングがもらえるため、ファンにはたまりません。 さらに「プラチナ」レベルになると、オープン前のレセプションに、抽選で招待してもらえる特権が得られます。 最高峰の「ブラック」になると、誕生日月に10000円の食事券が贈呈され、かつ抽選で海外店舗へのペア招待券が贈呈されるため、ついつい利用したくなるお店といえるでしょう。 牛繁は、東京に本社のある焼肉店です。 1987年に府中に現在の前身である、グリーンドアが創業したところから歴史は始まります。 平成時代に入り、フランチャイズの開店が始まり、着実に業績を伸ばしていきました。 一時期、牛丼の吉野家ホールディンクスとの業務提携を行いましたが、現在は解消されています。 2016年にはベトナムに進出し「牛繁サイゴンセンター」がオープンし、2018年には香港にも進出しました。 素材にこだわり、国産牛を中心に提供しています。 焼く際にも備長炭を使うため、遠赤外線効果により肉の内部にまで、火が通るので、肉汁のうまみも閉じ込めます。 さらに、こだわりの「醤油ダレ」「塩ダレ」「味噌ダレ」を用意しているため、うまみがさらに引き出され、お好きな味で存分に肉を味わえます。 牛繁は、食べ放題はありませんが、2名様以上で、お得なコースが用意されています。 4種類のコースがあり、一番リーズナブルなのは、2000円の牛繁コースで、12品目が食べられます。 500円アップすると、牛繁スペシャルコースとなり、15品目に増え、タン塩が上タン塩に、トロゲタカルビなどが追加されてよりお得になるでしょう。 さらに500円アップで、牛繁デラックスコースとして、17品目、国産牛上カルビが追加され、ハラミが上ハラミにレベルアップされます。 また、スペシャルコースと同じ価格の「お肉ガッツリコース」を選択すると、13種類と種類は少ないもの、肉を重視した内容となっており、ライスの大盛りが無料で食べられます。 コースのほかにもお勧めのメニューがめじろ押しで、4・5名用の「ファミリー盛合せBIG620」は、620gもの国産・厳選牛の肉が登場します。 肉のレベルが上がる「豪華盛合せは」3・4名用で、上質の肉ばかり500g思う存分いただけるでしょう。 牛肉以外の肉を食べるときには「カルビ盛合せBIG420」で、2・3名向けの内容は、牛のほかに豚カルビと鶏カルビが含まれています。 また、新鮮なホルモンを盛り合わせた「ホルモン3種盛り合わせ」、ソーセージと厚切り炙りベーコンの盛り合わせも、箸休めやお酒のおつまみに最適です。 焼肉のシメとして利用できるご飯ものも充実しており、ビビンバ、クッパ、ライスはもとより、盛岡冷麺などもありバリエーションが豊富なので、最後まで楽しめるでしょう。 安安は、横浜市神奈川区に本社がある焼肉チェーン店です。 運営会社は株式会社富士達で、どん亭という牛丼チェーン店も運営しています。 創業は1982年、当初は牛丼のどん亭からスタートしました。 しばらくはどん亭だけが増えていきましたが、2000年にどん亭から得た利益を元に三軒茶屋に土地を購入し、そこに「七輪焼肉安安 三軒茶屋店」がオープンしました。 以降は、どん亭より安安の出店が加速し、全国に店舗を展開していきます。 特徴として、地域ごとに少しずつメニューを変えている点で、地域のニーズを重視していることが分かります。 大都市圏を中心に、出店の勢いは全く衰えておらず、ビルオーナーや不動産情報に精通している人に幅広く、新規出店用の物件情報を求めています。 安安の食べ放題は、100分間で3段階のコースがあります。 関東地方のメニューを例にとると、最もリーズナブルなのは満幅コース」で、これは1759円で焼肉が好きなだけ食べられます。 牛はVカルビだけとなりますが、豚、鶏メニューは充実しており、特別価格で追加の牛肉を注文することができるため、量を求める健啖家には特におすすめといえるでしょう。 「安安コース」は、2593円で提供。 こちらは、牛肉のメニューも充実しており、肉メニューだけでなくサイドメニューの数も倍増します。 さらにこのコースには、シューアイスが1個付くため、非常にお得なコースといえるでしょう。 そして最も豪華な「デラックスコース」は、3241円で提供しています。 ほぼすべての肉が注文でき、サイドメニューの品目もさらにパワーアップしているでしょう。 すたみな太郎は、バイキングレストランのチェーン店です。 江戸一が経営しており、焼肉のほかに寿司・デザートなどもあるため、カップルのデートやファミリーで利用しやすいでしょう。 創業は1965年、「大衆酒蔵店」を東京足立区の五反野駅前で創業したことから始まります。 1978年に、すたみな太郎の一号店(環七店)をオープンしたのを皮切りに、出店を加速しました。 ちょうど21世紀を迎える2001年には100店舗を達成し、さらに出店を加速し続けます。 2014年に、投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループに株式がすべて譲渡されましたが、出店の勢いは衰えることなく、2019年の時点で4府県を除いて全国規模で店が展開しています。 食べ放題は、平日ランチ、土日祝ランチ、ディナーの3段階に分かれていて、平日・土日祝ランチは、平日の11:30~16:30までの間で、15時が入店のラストオーダーです。 ディナーは、16:30~23:30までの時間帯での入店が22:00までなので、多少の残業で遅くなっても利用できるでしょう。 90分コースと120分コースが割り当てられており、中学生以上59歳以下が大人という設定です。 3歳以上から料金が発生しますが、60歳以上は少し安いため、高齢者に優しいお店といえるでしょう。 平日と比べて土日祝は料金も高めに設定されていますが、120分大人2040円のため、種類の豊富さを考えれば断然お得です。 ドリンクについては、アルコールはもちろんのこと、ソフトドリンクのドリンクバーも別料金なので注意が必要です。 食べ放題のメニューでの主力の焼き肉には、一口カルビステーキ、焼きしゃぶ、濃厚辛みそ誰の壺漬けなど、19品目があります。 牛肉のほかにも豚肉、鶏肉にウィンナー、イカステーキと幅広い品目があります。 あら引きハンバーグや、焼き肉用の野菜も最大8種類あるので、これだけでも十分元が採れるでしょう。 しかし、すたみな太郎は焼肉だけではありません。 寿司が10品目、サラダが12品目、惣菜が8品目、ごはん・スープものが10品目と、いろいろなものが食べられます。 デザートの種類も豊富で、全部で21種類。 デザートは別腹なので、焼肉で満腹になったとしてもしっかりいただきましょう。 また、デザートとは別の10種類のアイスクリームと、別料金ですが、安心のドリンク類も充実しています。 ふうふう亭の食べ放題は、2種類あり、通常の焼肉食べ放題は、2980円。 内容は、名物の大判タンをはじめ、カルビやロースなどの焼肉や、塩ダレ焼き、焼きすき、各種ホルモン、野菜焼など豊富に取りそろえています。 レベルの高い肉が含まれる、上焼肉は3480円ですが、良い良質の肉を食べたいときにはこちらを選びましょう。 メニューは通常の食べ放題に加えて、国産の各種牛肉の部位が選べます。 また、希少部位のザブトンや海鮮の盛り合わせにホタテ、ご飯ものでも鉄焼ビビンバが選べます。 どちらのコースでもサラダや、サンチュ、スープ、ご飯もの、デザートを選べるため、おなかがいくつあっても足りません。 制限時間が120分以内と、ほかのチェーン店の食べ放題と比べて長めなのがありがたいです。 食道園は、大阪市中央区に本社のある老舗の焼肉チェーン店です。 1946年に「林光植(江崎光雄)」氏が、難波千日前で創業しました。 終戦直後の、牛肉の入手が難しかった時代だったため、当初は鶏肉を出していました。 焼いた直後の肉を食べやすくするために冷ます目的で、醤油だれをつけるというスタイルを初めて考案します。 1970年の大阪万博に焼肉定食を出店したことにより、それまでマイナーだった「焼肉」の知名度が一気に一般に広まりました。 以降は主に関西一園に、出店を続けていき、2013年には本社ビルが大阪市の「生きた建築ミュージアム」に指定されます。 かつては、力道山や美空ひばりといった昭和のスターも常連だったお店は、平成そして次の時代に向けて、元気に営業を続けています。 食道園には、食べ放題ではなくコースメニューがあります。 3段階のコースが設定されており、最もリーズナブルなのは「趣(おもむき)」の5000円。 「粋(すい)」のコースは、7000円で、上の肉が増え内容が少し豪華になっているため、リッチな気分になれるでしょう。 最も高価なコース「玄(げん)」は、10000円で、焼肉会席料理という高級感が漂います。 焼肉のほか、鍋メニューもあります。 しゃぶしゃぶは、特選和牛コースと和牛コースから選べ、すき焼きコースも同様に2種類から選べれるため、予算に応じて選んでください。 コースのほかにも単品も充実しています。 特に注文に迷ったときには、盛り合わせもあるので、最初に注文したのちに、単品を注文するとスムーズでしょう。 食道園は、ランチメニューも充実しています。 ランチにはこの店が考案した、焼肉定食と焼肉会席から選べます。 焼肉定食はハラミ定食となっており、その上に焼肉会席と食彩上会席があるため、お好みで選びましょう。 定食と会席は、1500円以上する物ばかりですが、よりリーズナブルなランチメニューとして、あらかじめ焼いた肉が提供される焼肉弁当、カルビチーム弁当が1000円以内で食べられます。 そのほかにもチゲうどん定食、韓定食などもあり、ランチタイムに行くのも良いでしょう。 単品メニューでは、骨付きカルビを網のようにカットした「華網カット」をはじめとする牛焼肉メニュー、各種ホルモン、薩摩豚、阿波地鶏、海老塩焼き、磯焼きなどいいろいろな部位が焼けます。 キムチやナムルなどの一品やサラダ、テールスープなどのご飯もの、自家製冷麺、そしてオリジナルデザートと、メニューの種類は豊富でかつ本格的なものがそろっています。

次の

ドカメン(南風原/登川)食べ放題も有!中華をメインとした色々なお料理が揃うデカ盛り食堂!

おすすめ 食べ放題

大阪でカフェ・レストランでパン食べ放題を楽しめるお店 10選 1. COLORS 「COLORS」はおしゃれでインスタ映えする店内が魅力。 女子会やお誕生日などでもよく利用されています。 少人数から大人数まで貸し切り対応できるので、結婚式の2次会などでも素敵です。 ランチにはパン食べ放題があり、これもまた人気です。 COLORSではクッキーやドーナツなどのテイクアウトもできるので、ランチでパン食べ放題を楽しみ、お土産にクッキーやドーナツ、スコーンなど買っていく方も多いです。 パンはどれも本格的でお料理によく合います。 お料理も盛り付けがきれいなので写真を撮る人にも人気です。 名称 COLORS おすすめのポイント インスタ映えする店内が特徴。 ランチのパン食べ放題が人気。 平均予算 1,000円~ アクセス 大阪駅東口より徒歩10分 住所 大阪府大阪市北区中崎西2-4-20 チェルシーマーケット 営業時間 11:00~23:00 (フードL. 22:00 ドリンクL. 22:30) サイト 【関連記事はこちら】 2. 神戸屋シルフィー ルクア大阪店 「神戸屋シルフィールクア大阪店」はレンガのアーチが印象的なお店。 エントランスが美しいのでこちらで写真を撮る人も多数います。 店内も白い壁と青いタイルでとても雰囲気のいいレストランで、カップルにも、女子会にもおすすめです。 神戸屋シルフィールクア大阪店では焼きたてパンと洋食メニューをいただくことができます。 ランチではパン食べ放題があるので、これを目当てに訪れるお客さんも多いです。 お肉料理やパスタなど開放感たっぷりの店内で味わうことができます。 名称 神戸屋シルフィー ルクア大阪店 おすすめのポイント 美しいエントランスが特徴。 お肉やパスタと一緒にパンが味わえる。 平均予算 1,000円~ アクセス 大阪駅より徒歩すぐ 住所 大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア 10F 営業時間 11:00~23:00(L. 22:00) サイト 【関連記事はこちら】 3. 葡萄の丘 「葡萄の丘」は熱々の焼きたてパン、自家製ケーキなどをリーズナブルに食べられるお店。 店内は落ち着いた雰囲気でのんびりと食事やスイーツを楽しむことができます。 「葡萄の丘」のジェラードも人気。 モーニング、ランチ、ディナーと1日楽しめるお店です。 葡萄の丘のランチでは常に6種類の焼きたてパンを食べられます。 焼きたてパンは香ばしくどれもおいしいと評判。 菓子パンやサンドウィッチも用意されているので、どれを食べようか、迷ってしまいます。 お財布にやさしい本物というコンセプトを持っているお店なのでリーズナブルに楽しむことがポイント。 名称 葡萄の丘 おすすめのポイント 6種類の焼き立てパンやスイーツなど、リーズナブルな価格で味わえる。 平均予算 1,000円~ アクセス 滝谷駅より車で10分 住所 大阪府大阪狭山市大野台4-2-2 営業時間 月~金 9:00~20:00 カフェは18:00まで 土・祝 9:00~19:00 カフェは18:00まで 定休日 日曜・祝日の月曜 サイト 【関連記事はこちら】 4. ザ シティ ベーカリー ブラッスリー ルービン 「ザ シティ ベーカリー ブラッスリー ルービン」はTHE CITY BAKERYのパンを店内で食べることができるレストラン。 グランフロント大阪の南館7階にあります。 大阪でランチに行くならこのお店も外せません。 焼き立てのおいしいパンを思う存分に食べることが出来るので満足。 ザ シティ ベーカリー ブラッスリー ルービンではカツレツやステーキなどメニューも豊富。 パンによく合うメニューが用意されています。 夜は雰囲気のいいビストロに早変わり。 昼も夜もそれぞれに楽しい時間をくれるお店で、本場のパンの味は定評があります。 名称 ザ シティ ベーカリー ブラッスリー ルービン おすすめのポイント カツレツやステーキなど、パンと相性抜群のメニューが豊富。 平均予算 1,000円~ アクセス 大阪駅より徒歩1分 住所 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館 7F 営業時間 ランチ 11:00~16:30 サイト 【関連記事はこちら】 5. PePe 「PePe」は大阪、岸和田にあるパン食べ放題のお店。 スーパーと一緒の敷地内にあるので、お買い物ついでに来るお客様もいます。 非常に人気のあるお店なので11時開店にはすぐに満席。 早めに到着するほうが安心です。 かなりリーズナブルに楽しめるお店なので開店と同時に込み合います。 PePeのパン食べ放題はおかず以外にパスタがメインのメニューもあります。 パスタもパン食べ放題も楽しみたいという人には最高のお店。 お値段もかなりお安いので、女子会やママたちのランチ会などにもよく利用されています。 名称 PePe おすすめのポイント リーズナブルな価格でパスタやパンが味わえる、女子会やママ友とのランチにぴったりのお店。 平均予算 1,000円~ アクセス 下松駅より徒歩13分 住所 大阪府岸和田市西之内町740-1 営業時間 ランチ 11:00~14:30 サイト 【関連記事はこちら】 6. プランタン 「プランタン」は焼き立てパンを食べ放題で提供してくれるお店。 パン食べ放題のお店の中には、冷凍パンを利用しているお店もあるようですが、こちらはしっかり作りたてを出してくれるので、最高の味を楽しむことができます。 しかも安いです。 大阪はうまくて安いが当たり前、とはいえ、クオリティも非常に高いのでかなりお得。 プランタンのランチは1,000円以下で楽しめます。 食べ放題のパンは20種類以上用意されています。 これは創作工房プランタンで作っている自家製パン。 コーヒーや紅茶などドリンク類も、なんとお替り自由。 日替わりプレートが付いてくるので、非常に満足度の高いお店です。 名称 プランタン おすすめのポイント 20種類以上のパンを1,000円で味わえる。 平均予算 ~999円 アクセス 花田口駅より徒歩すぐ 住所 大阪府堺市堺区車之町東1-2-30 営業時間 月~土 8:00~20:00 日祝 9:00~18:00 定休日 火曜 サイト 【関連記事はこちら】 7. エンカッピオ 「エンカッピオ」はイタリアンを楽しめるカフェですが、ランチにパン食べ放題を行っています。 近くに駐車場があるので車で来店しても安心。 ランチメニューは豊富で、ステーキとパン食べ放題、エンカッピオプレートとパン食べ放題など組み合わせて楽しむことができます。 エンカッピオのランチではまず、人気の食パンをランチプレートと一緒に持ってきてくれます。 食べ放題のパンはだいたい7種類。 それをいくらでも食べ放題できるのですから、ランチ時間に込み合うのは必須。 早めの時間帯に行く方が安心です。 名称 エンカッピオ おすすめのポイント ランチタイムには人気の食パンのほか、約7種類のパンと一緒にイタリアンが味わえる。 平均予算 1,000円~ アクセス 岸部駅より徒歩15分 住所 大阪府吹田市原町4-23-9 B1F 営業時間 ランチ 11:00~15:00(L. 14:00) 定休日 水曜 第二火曜 サイト 【関連記事はこちら】 8. 神戸屋ブレッドラブ 豊中店 「神戸屋ブレッドラブ 豊中店」は阪急宝塚線三国駅から12分くらい歩いた所にあります。 フランスパンなども人気ですが、このお店のシュークリームは購入時にクリームを入れてくれるのでサクサクシュー皮を楽しめるのがポイント。 ランチの時間帯はパン食べ放題が人気でかなり込み合います。 神戸屋ブレッドラブ 豊中店はランチでパンが食べ放題です。 パン専門店が作るパンなのでどのパンも人気があります。 モーニングもやっていて、休日など多くの人で賑わっています。 単品で購入するとお高いのですが、パン食べ放題ならリーズナブルですね。 神戸屋ブレッドラブ 豊中店 名称 神戸屋ブレッドラブ 豊中店 おすすめのポイント パン食べ放題は単品で買うよりもリーズナブルな価格で、専門店の本格的な味が楽しめる。 平均予算 1,000円~ アクセス 三国駅より徒歩12分 住所 大阪府豊中市神州町1-50 営業時間 8:00~21:00 サイト 【関連記事はこちら】 9. ブーランジェリー ツール・ド・フランス 「ブーランジェリー ツール・ド・フランス」は野田阪神と玉川の商店街の中にある、街の人たちに愛されているお店。 入口がわかりにくいのですが、それでも人に聞きながらお客さんが大勢やってくるのですから、やはり人気店とわかります。 たくさんのパンがありますが、どれも美味。 一度食べておきたい味。 ブーランジェリー ツール・ド・フランはパンの種類が多く、ランチになるとかなり多くのお客さんがパンを食べにやってきます。 総菜系のパンからスイーツ系のパン、また定番のパンなどとにかく数が多い。 食べ放題なので好きなパンを好きなだけ食べましょう。 名称 ブーランジェリー ツール・ド・フランス おすすめのポイント 総菜系からスイーツ系まで、パン種類が豊富。 平均予算 ~999円 アクセス 玉川駅より徒歩3分 住所 大阪府大阪市福島区吉野2-3-14 営業時間 ランチ 11:00~14:30 カフェ 14:30~18:30 サイト 【関連記事はこちら】 10. 夢厨房 堺タカシマヤ店 「夢厨房 堺タカシマヤ店」の店内に入ると、昔懐かしい感じがします。 喫茶店というイメージのこのお店に入ると落ち着いた雰囲気で利用する皆さんリラックス。 堺東駅の隣、堺タカシマヤの地下にあります。 夢厨房 堺タカシマヤ店はパン以外にも喫茶店メニューのパスタなどもありこれもまた懐かしい感じが魅力的。 ランチの時にはパン食べ放題を楽しめるのでかなり込み合います。 しかもこのお店のカプチーノアートがかわいいことでも評判。 かわいい動物の絵を描いてくれるのでお子様たちにも人気のお店。 休日のランチなど、ゆっくりすごせるときに利用したいお店です。 名称 夢厨房 堺タカシマヤ店 おすすめのポイント パン食べ放題のほか、かわいらしいカプチーノアートが人気。 平均予算 1,000円~ アクセス 堺東駅より徒歩すぐ 住所 大阪府堺市堺区三国ケ丘御幸通59 堺タカシマヤ B1F 営業時間 11:00~22:00(L. 21:30) サイト 【関連記事はこちら】 大阪のイタリアン・パン食べ放題のお店5選 1. チェリージャム 「チェリージャム」は北新地駅から歩いて5分、立地条件がいいイタリアンレストラン。 本格的なイタリアンから気軽に食べられるピザまで、幅広いメニューが人気。 ディナーなど本格的なイタリアンを楽しむのも素敵ですが、ランチなら食べ放題などカジュアルに楽しめるプランも多数あります。 ランチコースでも食べ放題を楽しめるので、女子会やお誕生日などにも利用する方が多数。 ランチコースとはいえかなりのボリューム、でもお値段は良心的なので安心。 パン食べ放題で食べられるパンも非常においしいと評判のお店です。 名称 チェリージャム おすすめのポイント リーズナブルでボリューム満点なランチコースは女子会やお祝いに人気。 平均予算 ~999円 アクセス 梅田駅より徒歩8分 住所 大阪府大阪市北区堂島1-5-8 堂島グランドビル南方 B1F 営業時間 ランチ 11:30~14:30(L. 14:00) 定休日 日曜 サイト 【関連記事はこちら】 2. ナポリの食堂 アルバータ アルバータ 大阪マルビル店 — 2018年 8月月12日午前1時38分PDT 「ナポリの食堂 アルバータ アルバータ 大阪マルビル店」は西梅田駅から3分で到着。 ランチにもディナーにも気軽に利用できるお店。 ディナーならワインとおいしい「バル」メニューを楽しめます。 ランチは焼き立てパンの食べ放題が大人気。 ナポリの食堂 アルバータ アルバータ 大阪マルビル店のランチは焼き立てパンが食べ放題。 しかもお値段が安いので多くの方が訪れます。 焼き立てパンの種類はなんと40種類。 どれも自慢のパン。 どのパンを食べてもおいしくて次々に手が出てしまいます。 名称 ナポリの食堂 アルバータ アルバータ 大阪マルビル店 おすすめのポイント 自慢の焼き立てパン約40種類が味わえる、ランチタイムの食べ放題が人気。 平均予算 1,000円~ アクセス 大阪駅より徒歩5分 住所 大阪府大阪市北区梅田1-9-20 大阪マルビル B2F 営業時間 ランチ 11:30~17:00(L. 16:00) カフェ 15:00~17:00 サイト 【関連記事はこちら】 3. ケラケラ クランツ 「ケラケラ クランツは落ち着いた雰囲気のお店で、ゆっくり食事を楽しめます。 おしゃれに盛り付けられた料理はインスタ映えすると評判ですし、店内もおしゃれなので女子会にも大人気。 依頼すればアニバーサリーケーキなども用意してくれるのでお誕生日にもおすすめ。 ケラケラ クランツのランチはパン食べ放題。 ハンバーグなどのランチの中でパンをいくら食べてもいいので、パン好きな人にとって最高でしょう。 小さめのパンで種類が豊富。 ランチ時間はパン好きな人が大勢集まるので、到着時間は早めの方がいいと思います。 名称 ケラケラ クランツ おすすめのポイント 小さめのパンが種類豊富。 女子会にも人気なおしゃれな店内や盛り付けがポイント。 平均予算 ~999円 アクセス 梅田駅より徒歩3分 住所 大阪府大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル B2F 営業時間 11:00~23:00(L. 22:30) サイト 【関連記事はこちら】 4. サントル・ドゥ・ヴィラージュ 「サントル・ドゥ・ヴィージュ」は太子町でおいしいピザのお店はここ!といわれるくらい、ピザの名店として知られています。 ピザ以外、スイーツなども人気ですし、モーニングもやっているので朝からお客さんの絶えないお店。 お店もおしゃれなので女子会にも人気。 サントル・ドゥ・ヴィラージュのランチコースは焼き立てパンの食べ放題が付いてくるのでお得。 前菜にスープ、サラダに焼き立てパン、ピザとデザートとコーヒー。 でもお値段はリーズナブル。 大阪で安くておいしいランチ、プラスパン食べ放題をしたいならこのお店は必見です。 名称 サントル・ドゥ・ヴィラージュ おすすめのポイント のびのびと食事が楽しめる。 駐車場が広いので車での来店にもぴったり。 平均予算 1,000円~ アクセス 少路駅より車で7分 住所 大阪府南河内郡太子町太子307 営業時間 月~金 9:00~17:00 土日祝 8:30~19:00 定休日 水曜 サイト 【関連記事はこちら】 5. コシニール 枚方東香里店 「コシニール 枚方東香里店」ではおいしいイタリアンを楽しむことができます。 パスタに肉料理、チーズの料理など多彩なメニューが人気。 店内も外観もとてもおしゃれなつくり。 女性のお客様が多いのも納得。 お料理はどれもおいしく、こちらでは体にやさしい自家製酵母パンを食べられます。 コシニール 枚方東香里店はランチでパンの食べ放題を楽しめます。 モーニングの時間帯も人気。 パンの種類も非常に多く、様々なパンがあるので食べ過ぎ注意。 またこのお店、飲み物にもこだわりがあり、紅茶だけでも10種類あり、様々な香り、味を楽しめます。 名称 コシニール 枚方東香里店 おすすめのポイント 焼き立てパンのほか、ピザやスイーツも人気の太子町の有名店。 平均予算 1,000円~ アクセス 喜志駅より車で8分 住所 大阪府枚方市東香里3-3-15 営業時間 8:00~19:00 サイト 【関連記事はこちら】 ビスロト・ダイニングバーの大阪パン食べ放題ランチ5選 1. ファクトリーカフェ 梅田・茶屋町 「ファクトリーカフェ 梅田・茶屋町」は外観も素敵ですが、店内がとてもいい雰囲気。 何時間でもここで過ごせそうと感じる人も多いでしょう。 梅田駅から直結しているダイニングという事もあり、非常に人気の高いお店。 肉グリルの盛り合わせとパン食べ放題など、リーズナブルにおいしい料理と焼き立てパンを楽しめます。 パン食べ放題ランチコースはなんとドリンク飲み放題。 ファクトリーカフェ 梅田・茶屋町は特にランチ時間に込み合います。 パンは食パンなどの定番パンから総菜パン、スイーツ系のパンなど、様々な種類があります。 安くておいしく、しかもおしゃれなので、女性のお客さんが多いのが特徴です。 名称 ファクトリーカフェ 梅田・茶屋町 おすすめのポイント 定番から総菜・スイーツ系のパンなど種類豊富。 おしゃれなお店で女性に人気。 平均予算 1,000円~ アクセス 梅田駅より徒歩3分 住所 大阪府大阪市北区芝田1-7-2 阪急かっぱ横丁 営業時間 月~金 11:00~14:30 土・日 11:00~14:30 サイト 【関連記事はこちら】 2. フェスティバール&ビアホール 「フェスティバール&ビアホール」は様々な季節限定プランなど楽しいプランを提供してくれるお店。 こちらのお店には夜景を臨むミーティングスペースなどもあり、様々な用途に利用できます。 肥後橋駅から歩いて1分と好立地という事もあり、昼も夜も人が集まっている状態です。 フェスティバール&ビアホールはランチ時間にパン食べ放題があります。 パン食べ放題の中でもこのお店の一番人気はバケットのフレンチトースト。 中がふわふわ、外はしっかり焼かれたフレンチトーストを食べ放題で食べらえるというのは非常に珍しいです。 ランチのメインはパスタ、グラタン、カレー、ハンバーグなどがありこちらもメニューが豊富です。 フェスティバール&ビアホール 名称 フェスティバール&ビアホール おすすめのポイント パン食べ放題の中でも、ふわふわのバケットのフレンチトーストがおすすめ。 平均予算 1,000円~ アクセス 肥後橋駅より徒歩1分 住所 大阪府大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー プラザ 2F 営業時間 月~金 11:00~22:00(L. 21:00 ドリンク21:30) 土・日・祝 11:00~21:00(L. 20:00 ドリンク20:30) サイト 【関連記事はこちら】 3. ラコルタ 「ラコルタ」はおしゃれで広く、のびのびと食事を楽しめるお店。 駐車場が10台分あるので車で訪れる人にも人気。 こちらのお店はランチでパン食べ放題があるので込み合います。 予約もできるので確実にランチを食べたいという場合は予約をしておく方がいいかもしれません。 ドリンクバー、サラダ付きのランチでパン食べ放題。 色々なパンを食べることができるため、かなり早い時間から込み合います。 ドリンクにはデトックスジュースなどもありお店のこだわりが満載。 メインの料理ももちろんおいしいと評判です。 ラコルタ 名称 ラコルタ おすすめのポイント のびのびと食事が楽しめる。 駐車場が広いので車での来店にもぴったり。 平均予算 1,000円~ アクセス 少路駅より車で7分 住所 大阪府豊中市西緑丘3-26-23 営業時間 ランチ 11:00~15:00(L. イタリアンでもカジュアルに楽しめるメニューが多く、ランチ時はパン食べ放題があり、これも人気の理由です。 ランチの時間に一番人気なのが「マーブルランチ」。 このほかにステーキランチなどもあるようです。 これらのランチではパンが食べ放題なので、これをお目当てにやってくるお客様も多い。 おなかがいっぱいなのに、パンがおいしくてついつい食べ過ぎてしまう、そんなお店です。 名称 ビストロ マブール おすすめのポイント 穴場の名店。 ランチではマーブルランチがおすすめ。 平均予算 1,000円~ アクセス 高槻駅より徒歩すぐ 住所 大阪府高槻市紺屋町3-1-B101 グリーンプラザ3号館地下飲食街 B1F 営業時間 11:30~14:30(L. 14:00) 定休日 第3水曜 日・祝のランチタイム サイト 【関連記事はこちら】 5. 夢厨房 アリオ八尾店 「夢厨房 アリオハ八尾店」はアリオ八尾のレストラン街、3階にあります。 この辺りでは非常に有名なお店で、ランチになると行列ができるほど。 できれば開店と同時に店内には入れるくらいで行く方が安心でしょう。 料理も大変おいしいと評判の高いお店です。 夢厨房 アリオ八尾店のランチはメインを選べます。 ハンバーグランチなどのメニューを選択し、飲み物もプラス30円で追加可能。 飲み物はコーヒーなどのほかにバナナたっぷりスムージーなどもあります。 焼き立てパンはスタッフの方が直接席に持って回ってきてくれるのが特徴。 本当に焼き立てのホカホカなので、いくらでも入ってしまいます。 名称 夢厨房 アリオ八尾店 おすすめのポイント 焼き立てパンのほか、ハンバーグなどのメインも美味しいと評判。 平均予算 1,000円~ アクセス 近鉄八尾駅より徒歩8分 住所 大阪府八尾市光町2-3 アリオ八尾 3F 営業時間 11:00~23:00 サイト 【関連記事はこちら】 大阪のパン好きさんならパン食べ放題がお得 大阪は大型商業施設も多く関西の大都会です。 おしゃれなお店も多く、インスタ映えするカフェなどもあるので、大阪に行く機会があればいろいろなお店にチャレンジしてほしいです。 おしゃれなお店でもパン食べ放題やフリードリンク付きだったりとサービス豊富なお店も多いです。 大阪でパン好きさんがランチするなら、お得なパン食べ放題がおすすめ。 レストランもカフェも、ダイニングバーも、いろいろなお店でパン食べ放題があるので楽しんでほしいです。 【大阪周辺のホテルはこちら】 【大阪周辺の観光スポットはこちら】 【大阪周辺のグルメはこちら】.

次の

カニ食べ放題おすすめ8店!リーズナブルに美味しいカニをお腹いっぱい堪能|じゃらんニュース

おすすめ 食べ放題

牛角は人気の焼き肉チェーンです。 株式会社レインズインターナショナルが運営しており、焼肉屋以外にも焼き鳥店やしゃぶしゃぶの店も経営していて、親会社は外食産業持ち株会社のコロワイドです。 もともとは、1987年に設立の不動産賃貸管理業「国土信販」という会社でした。 1996年に、外食産業に参入することになり、最初に焼肉屋をはじめました。 東京の三軒茶屋に「焼肉市場七輪」という名前で始めたお店は、当初苦戦します。 試行錯誤の上に考えたのが、会計時に店のクレームを伝えてもらうことでした。 条件として300円を割り引いで行い、多くの客の本音を聞くことができました。 そこで改善策を講じることができたことで、繁盛店の道を歩み始め、1997年に店の名前を牛の角をアンテナに見立てて、客のニーズをキャッチするということで「牛角」という名前が誕生します。 牛角には、3種類の食べ放題のコースがあります。 一つめは「お気軽コース」と呼ばれるもので、80種類以上のメニューが食べ放題です。 料金は2980円で、90分間楽しめ、主要な肉もあるため最初はこちらで十分でしょう。 二つめは「牛角コース」と呼ばれるものです。 こちらは、100種類以上の食べ放題で、料金が3480円、メニューに厚切り肉のカルビステーキなどが入っています。 オリジナルな焼肉を食べるときには、こちらが良いでしょう。 最も豪華な三つめは「堪能コース」です。 これは120種類以上のメニューが食べ放題で、料金は4380円と、プレミアム感満載です。 熟成赤身うわみすじ、熟成上ロースステーキと、至高の肉を心置きなく食べるのなら、こちらを選びましょう。 叙々苑には「食べ放題」という文字がありません。 これは、店の方針が「くつろげる雰囲気」「おもてなし」を重視しているために、肉の味を重視しているからです。 食べ放題は「元を取る」という発想になるため、肉をおいしくいただけなくなるという観点から、コースと単品だけを提供しています。 ただし「飲み放題」は用意されているので、ご安心ください。 叙々苑のコースは焼肉会席といった面持ちで、オードブルやキムチ、上質の肉とごはんものと、あたかも日本料理をいただくようにメニューが登場します。 最後にデザートやコーヒーもいただけます。 コースは数種類あり、ひとり1万円クラスの高級店といわれるだけあって、それなりの価格設定になっていますが、その代り十二分に肉のうまさを心置きなく堪能できるでしょう。 叙々苑は、お昼のランチがお得です。 夜のコースは高価になりがちですが、ランチなら比較的手ごろな値段で焼き肉をいただけるでしょう。 ランチは、肉がいろいろ選べ、それにキムチやナムル、サラダに白ごはん、そしてデザートとコーヒーがついています。 肉の中にはステーキ用の分厚い肉のものもあります。 数段階のそれぞれ内容が異なるランチが2000円クラス~とそこそこの料金はしますが、内容の豪華さがそれを上回るでしょう。 ランチタイム以降は通常のメニュー料金になるため注意が必要です。 また叙々苑には、さらにランクの高い「游玄亭」という高級店があります。 特別な日や記念日などで、思いっきり高級な肉を優雅にいただくには叙々苑は最高のお店です。 焼肉きんぐは、愛知県豊橋市に本社を持つ「物語コーポレーション」が運営しているお店です。 焼肉のほか、ラーメンやお好み焼き、和食専門店などを全国展開。 もともとは1949年に「酒房源氏」という、おでん屋からスタートしました。 順調に成長し、1969年に株式会社「げんじ」が設立され、その28年後に現在の「物語コーポレーション」という名前になります。 2008年にジャスダックに上場したのを皮切りに、2010年に東照2部、2011年には東証1部上場を果たしました。 その後、香港、上海に現地法人が設立されました。 焼肉部門は、焼肉きんぐのほかに焼き肉一番カルビというお店や熟成焼肉肉源という店を展開しています。 この中で焼肉きんぐは、テーブルバイキング形式で焼肉を提供しています。 焼肉きんぐの飲み放題は、種類も豊富で、非常にお得なので、ぜひ注文しましょう。 ソフトドリンクのみと、アルコール付のものがあります。 いずれも3杯以上飲むと、単品よりお得になるため、安心して注文できるでしょう。 小学生は半額、未満は無料というのもうれしいところです。 また、焼肉きんぐには、量より質を求める人にはありがたい食べ放題以外の単品メニューもあり、時間を気にする必要がありません。 焼肉きんぐの4大メニューも、国産牛・厚切り牛タンといったプレミアムもメニューにあるため、おいしい肉だけをセレクトすることも可能です。 ちなみに、ランチも食べ放題を行っていて、夜同様100分の制限時間で、1980円でいただけるので、お昼は狙い時といえるでしょう。 安楽亭は、埼玉県さいたま市中央区に本社があります。 創業は1963年で、埼玉県蕨(わらび)市塚越町に一号店を創業したことから始まります。 店は順調に成長していき、1980年にはフランチャイズ事業が始まり、埼玉県内に専用工場が設置されました。 その後、書籍販売や、和食店、イタリアレストランなども開業していき、2000年には、東証2部に上場しました。 安楽亭のほかにも、焼き肉レストラン「七輪房」「からくに屋」「国産牛カルビ本舗」があります。 また焼肉以外にも「飲茶Barロンチャン」「上海菜館」、イタリアレストラン「アグリコ」、和食「春秋亭」、CAFE Bean's と、いろいろな業態のお店がありますが、いずれも1・2店の運営しかなく、事実上安楽亭と七輪房だけがチェーン店として展開しています。 安楽亭の食べ放題は、4段階の価格設定で、それぞれ100分間の利用となります。 最もお得な「お手軽バリューコース」は、2480円。 基本的な焼肉とご飯もの、野菜、デザートも注文できるため、安心して注文してください。 二番目の「大満足安楽亭コース」は、3280円。 品目が格段に増え、焼く品目を選ぶ楽しみも得られるでしょう。 三番目の「スペシャルコース」は、さらに品目も増え、肉の豪華さが加わります。 3980円で良い肉を食べたいときに利用しましょう。 最高級の「ゴージャスコース」になると、全120品目が食べられ、黒毛和牛や上タンも食べ放題です。 5980円でソフトドリンクの飲み放題もつくため、余計なことを気にせずに思う存分食べられるでしょう。 安楽亭は、食べ放題などのお手頃価格だけにこだわっているわけではありません。 肉などの素材にこだわり、人為的に脂肪が入った注入肉などは使いません。 無添加の自然肉を100%使い、肉に使う、たれも無添加の物だけを使用しています。 また野菜やコメについても、産地にこだわっています。 全プロセスを自社が管理しているため、安全で安心な物だけを提供しており、品質管理も専任スタッフがいるので、安心しておいしい肉が食べられるでしょう。 安楽亭は食べ放題のほかにも、単品メニューや定食メニュー、デザートやドリンクのメニューも豊富です。 1000円未満のお得なサービスランチは5品目、ヘルシーランチや特盛ランチ、黒毛和牛ランチなどお昼も十二分に楽しめます。 大阪焼肉ふたごは、焼き肉やホルモンを提供している焼肉店です。 運営会社は株式会社株式会社FTG Companyで、2010年に設立した新しい店ですが、急激に業績を伸ばしていて、業界でも注目を集める存在となりました。 名前の由来は創業者が双子の兄弟であることからきています。 焼肉・ホルモンの本場大阪・鶴橋の出身です。 昭和の大阪での焼き肉を、平成の東京で提供することで人気が高まり、海外にも積極的に進出しています。 受賞歴も多く、2014年に肉フェスで、販売数の1位を獲得し、翌2015年には、ロケ弁グランプリで王者になりました。 店は関東が中心ですが、名古屋や福岡にも進出し、その勢いはとどまるところを知りません。 ふたごは、食べ放題ではなく「コース料理」を提供しています。 五反田本店では、2019年3月より歓送迎会用のコースが予約できるようになりました。 満幅コースは3980円で、2時間、17品目が食べられ、飲み放題も付けられるため、大人数の宴会も最適でしょう。 王道コースは4980円で、2時間、17品目ですが、満幅コースと比べて肉の質が異なります。 舌の肥えたメンバーと利用するのに申し分ないでしょう。 贅沢コースは6980円で、2時間19品目で、特上カルビ、厚切りハラミなどさらに豪華になります。 グルメ、食通メンバーの宴会にはまたとないコースでしょう。 また、年に一度のイベントで食べ放題を実施するため、そのときは狙い目です。 ふたごは気になる制度「クラブふたご」があります。 これはお店を利用する毎に、スタンプが集まるものです。 5段階ものランクがあり、クレジットカードのように最高峰は「ブラック」というクラスになっています。 下から2番目の「シルバー」は、ふたご祭り優先予約などが得られ、その上の「ゴールド」は、ネーム入りゴールドトングがもらえるため、ファンにはたまりません。 さらに「プラチナ」レベルになると、オープン前のレセプションに、抽選で招待してもらえる特権が得られます。 最高峰の「ブラック」になると、誕生日月に10000円の食事券が贈呈され、かつ抽選で海外店舗へのペア招待券が贈呈されるため、ついつい利用したくなるお店といえるでしょう。 牛繁は、東京に本社のある焼肉店です。 1987年に府中に現在の前身である、グリーンドアが創業したところから歴史は始まります。 平成時代に入り、フランチャイズの開店が始まり、着実に業績を伸ばしていきました。 一時期、牛丼の吉野家ホールディンクスとの業務提携を行いましたが、現在は解消されています。 2016年にはベトナムに進出し「牛繁サイゴンセンター」がオープンし、2018年には香港にも進出しました。 素材にこだわり、国産牛を中心に提供しています。 焼く際にも備長炭を使うため、遠赤外線効果により肉の内部にまで、火が通るので、肉汁のうまみも閉じ込めます。 さらに、こだわりの「醤油ダレ」「塩ダレ」「味噌ダレ」を用意しているため、うまみがさらに引き出され、お好きな味で存分に肉を味わえます。 牛繁は、食べ放題はありませんが、2名様以上で、お得なコースが用意されています。 4種類のコースがあり、一番リーズナブルなのは、2000円の牛繁コースで、12品目が食べられます。 500円アップすると、牛繁スペシャルコースとなり、15品目に増え、タン塩が上タン塩に、トロゲタカルビなどが追加されてよりお得になるでしょう。 さらに500円アップで、牛繁デラックスコースとして、17品目、国産牛上カルビが追加され、ハラミが上ハラミにレベルアップされます。 また、スペシャルコースと同じ価格の「お肉ガッツリコース」を選択すると、13種類と種類は少ないもの、肉を重視した内容となっており、ライスの大盛りが無料で食べられます。 コースのほかにもお勧めのメニューがめじろ押しで、4・5名用の「ファミリー盛合せBIG620」は、620gもの国産・厳選牛の肉が登場します。 肉のレベルが上がる「豪華盛合せは」3・4名用で、上質の肉ばかり500g思う存分いただけるでしょう。 牛肉以外の肉を食べるときには「カルビ盛合せBIG420」で、2・3名向けの内容は、牛のほかに豚カルビと鶏カルビが含まれています。 また、新鮮なホルモンを盛り合わせた「ホルモン3種盛り合わせ」、ソーセージと厚切り炙りベーコンの盛り合わせも、箸休めやお酒のおつまみに最適です。 焼肉のシメとして利用できるご飯ものも充実しており、ビビンバ、クッパ、ライスはもとより、盛岡冷麺などもありバリエーションが豊富なので、最後まで楽しめるでしょう。 安安は、横浜市神奈川区に本社がある焼肉チェーン店です。 運営会社は株式会社富士達で、どん亭という牛丼チェーン店も運営しています。 創業は1982年、当初は牛丼のどん亭からスタートしました。 しばらくはどん亭だけが増えていきましたが、2000年にどん亭から得た利益を元に三軒茶屋に土地を購入し、そこに「七輪焼肉安安 三軒茶屋店」がオープンしました。 以降は、どん亭より安安の出店が加速し、全国に店舗を展開していきます。 特徴として、地域ごとに少しずつメニューを変えている点で、地域のニーズを重視していることが分かります。 大都市圏を中心に、出店の勢いは全く衰えておらず、ビルオーナーや不動産情報に精通している人に幅広く、新規出店用の物件情報を求めています。 安安の食べ放題は、100分間で3段階のコースがあります。 関東地方のメニューを例にとると、最もリーズナブルなのは満幅コース」で、これは1759円で焼肉が好きなだけ食べられます。 牛はVカルビだけとなりますが、豚、鶏メニューは充実しており、特別価格で追加の牛肉を注文することができるため、量を求める健啖家には特におすすめといえるでしょう。 「安安コース」は、2593円で提供。 こちらは、牛肉のメニューも充実しており、肉メニューだけでなくサイドメニューの数も倍増します。 さらにこのコースには、シューアイスが1個付くため、非常にお得なコースといえるでしょう。 そして最も豪華な「デラックスコース」は、3241円で提供しています。 ほぼすべての肉が注文でき、サイドメニューの品目もさらにパワーアップしているでしょう。 すたみな太郎は、バイキングレストランのチェーン店です。 江戸一が経営しており、焼肉のほかに寿司・デザートなどもあるため、カップルのデートやファミリーで利用しやすいでしょう。 創業は1965年、「大衆酒蔵店」を東京足立区の五反野駅前で創業したことから始まります。 1978年に、すたみな太郎の一号店(環七店)をオープンしたのを皮切りに、出店を加速しました。 ちょうど21世紀を迎える2001年には100店舗を達成し、さらに出店を加速し続けます。 2014年に、投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループに株式がすべて譲渡されましたが、出店の勢いは衰えることなく、2019年の時点で4府県を除いて全国規模で店が展開しています。 食べ放題は、平日ランチ、土日祝ランチ、ディナーの3段階に分かれていて、平日・土日祝ランチは、平日の11:30~16:30までの間で、15時が入店のラストオーダーです。 ディナーは、16:30~23:30までの時間帯での入店が22:00までなので、多少の残業で遅くなっても利用できるでしょう。 90分コースと120分コースが割り当てられており、中学生以上59歳以下が大人という設定です。 3歳以上から料金が発生しますが、60歳以上は少し安いため、高齢者に優しいお店といえるでしょう。 平日と比べて土日祝は料金も高めに設定されていますが、120分大人2040円のため、種類の豊富さを考えれば断然お得です。 ドリンクについては、アルコールはもちろんのこと、ソフトドリンクのドリンクバーも別料金なので注意が必要です。 食べ放題のメニューでの主力の焼き肉には、一口カルビステーキ、焼きしゃぶ、濃厚辛みそ誰の壺漬けなど、19品目があります。 牛肉のほかにも豚肉、鶏肉にウィンナー、イカステーキと幅広い品目があります。 あら引きハンバーグや、焼き肉用の野菜も最大8種類あるので、これだけでも十分元が採れるでしょう。 しかし、すたみな太郎は焼肉だけではありません。 寿司が10品目、サラダが12品目、惣菜が8品目、ごはん・スープものが10品目と、いろいろなものが食べられます。 デザートの種類も豊富で、全部で21種類。 デザートは別腹なので、焼肉で満腹になったとしてもしっかりいただきましょう。 また、デザートとは別の10種類のアイスクリームと、別料金ですが、安心のドリンク類も充実しています。 ふうふう亭の食べ放題は、2種類あり、通常の焼肉食べ放題は、2980円。 内容は、名物の大判タンをはじめ、カルビやロースなどの焼肉や、塩ダレ焼き、焼きすき、各種ホルモン、野菜焼など豊富に取りそろえています。 レベルの高い肉が含まれる、上焼肉は3480円ですが、良い良質の肉を食べたいときにはこちらを選びましょう。 メニューは通常の食べ放題に加えて、国産の各種牛肉の部位が選べます。 また、希少部位のザブトンや海鮮の盛り合わせにホタテ、ご飯ものでも鉄焼ビビンバが選べます。 どちらのコースでもサラダや、サンチュ、スープ、ご飯もの、デザートを選べるため、おなかがいくつあっても足りません。 制限時間が120分以内と、ほかのチェーン店の食べ放題と比べて長めなのがありがたいです。 食道園は、大阪市中央区に本社のある老舗の焼肉チェーン店です。 1946年に「林光植(江崎光雄)」氏が、難波千日前で創業しました。 終戦直後の、牛肉の入手が難しかった時代だったため、当初は鶏肉を出していました。 焼いた直後の肉を食べやすくするために冷ます目的で、醤油だれをつけるというスタイルを初めて考案します。 1970年の大阪万博に焼肉定食を出店したことにより、それまでマイナーだった「焼肉」の知名度が一気に一般に広まりました。 以降は主に関西一園に、出店を続けていき、2013年には本社ビルが大阪市の「生きた建築ミュージアム」に指定されます。 かつては、力道山や美空ひばりといった昭和のスターも常連だったお店は、平成そして次の時代に向けて、元気に営業を続けています。 食道園には、食べ放題ではなくコースメニューがあります。 3段階のコースが設定されており、最もリーズナブルなのは「趣(おもむき)」の5000円。 「粋(すい)」のコースは、7000円で、上の肉が増え内容が少し豪華になっているため、リッチな気分になれるでしょう。 最も高価なコース「玄(げん)」は、10000円で、焼肉会席料理という高級感が漂います。 焼肉のほか、鍋メニューもあります。 しゃぶしゃぶは、特選和牛コースと和牛コースから選べ、すき焼きコースも同様に2種類から選べれるため、予算に応じて選んでください。 コースのほかにも単品も充実しています。 特に注文に迷ったときには、盛り合わせもあるので、最初に注文したのちに、単品を注文するとスムーズでしょう。 食道園は、ランチメニューも充実しています。 ランチにはこの店が考案した、焼肉定食と焼肉会席から選べます。 焼肉定食はハラミ定食となっており、その上に焼肉会席と食彩上会席があるため、お好みで選びましょう。 定食と会席は、1500円以上する物ばかりですが、よりリーズナブルなランチメニューとして、あらかじめ焼いた肉が提供される焼肉弁当、カルビチーム弁当が1000円以内で食べられます。 そのほかにもチゲうどん定食、韓定食などもあり、ランチタイムに行くのも良いでしょう。 単品メニューでは、骨付きカルビを網のようにカットした「華網カット」をはじめとする牛焼肉メニュー、各種ホルモン、薩摩豚、阿波地鶏、海老塩焼き、磯焼きなどいいろいろな部位が焼けます。 キムチやナムルなどの一品やサラダ、テールスープなどのご飯もの、自家製冷麺、そしてオリジナルデザートと、メニューの種類は豊富でかつ本格的なものがそろっています。

次の