カヤック 女性。 シーカヤックの服装を季節別に解説!注意点や持ち物もチェック

カヤック一人旅:淀川水系編 その3:琵琶湖縦断

カヤック 女性

バイキングカヤックとは?人気色以外にもある? ファミリーカヤックや、フィッシングカヤックを販売している「ジフィーマリーンジャパン株式会社」は、静岡県にあります。 取り扱っているカヤックは、オーストラリアでデザイン設計されている「バイキングカヤック」というブランドのもので、製造は日本で行われています。 「バイキングカヤック」は、主にオーストラリアやニュージーランドで人気のカヤックブランドです。 「バイキングカヤック」の製品は、オーストラリアでデザインされているということもあり、とてもオシャレな見た目が魅力的です。 そして、日本で販売されているものは、日本製なので安全性が高いと考える人も多く、たくさんの支持を得ています。 販売しているカヤックは、「ニモシリーズ」「ニモ2+1シリーズ」「プロフィッシュ45シリーズ」「オージーシリーズ」「忍シリーズ」の5種類があり、色はカヤック定番の人気色もありますが、自分の好きなカラーにオーダーすることも可能です。 バイキングカヤックの人気色は?忍はどんな色がある? 先ほどは、バイキングカヤックのご紹介をしました。 そこで、色についてお話しをしましたが、さらに詳しく解説していきます。 その他に、これらの色を好みで組み合わせてカスタムすることも出来ます。 追加で料金が掛かることもないので、うれしいですね。 ちなみに、「ニモ」と「オージー」、「オパール」は最大2色、「ニモ2+1」と「プロフィッシュ45」、「忍」は最大3色まで組み合わせることが可能です。 このように、さまざまな色の組み合わせが出来るので、なかなか人と被ることがありません。 あえて、人気色を言うとすれば、自然に合う「グリーン&ホワイト」・「ブルー&ホワイト」あたりでしょう。 しかし、人気色を選んだとしても、色同士の割合なども指定できるので、世界に一つのカヤックになりますよ。 忍以外も注目!バイキングカヤックの古株とは? こちらでは、バイキングカヤックのシリーズをいくつかご紹介します。 全長3.2メートル、20キロとコンパクトなカヤックです。 ワゴンタイプの車であれば、車内に積むことも出来、積み下ろしも簡単でしょう。 コンパクトですが、シート周りにはスペースが確保されており、快適にカヤックを楽しむことが出来ます。 釣りだけでなく、家族でのレジャーにも大活躍です。 ・バイキングニモ フィッシャーマン ニモが釣り仕様になったカヤックです。 熟練のカヤック釣り師の意見を取り入れたものになっています。 小回りの利くニモフィッシャーマンは、バス釣りや、トラウトだけでなく沿岸での釣りにも最適でしょう。 ・バイキングニモ ブラックバス ニモをバラックバス釣り仕様にアレンジしたカヤックです。 ブラックバス釣り仕様ということだけあり、さまざまな工夫がなされています。 もちろん、ニモシリーズも、好みの色をカスタムすることが出来るので、人気色などの偏りがなく、被ることは少ないでしょう。 女性・子供向けカヤック!意外な人気色は? 前項では、バイキングカヤックのシリーズをご紹介しましたが、こちらでは、女性や子供向けのバイキングカヤックのシリーズをご紹介します。 家族でのアクティビティだけでなく、狭い場所での釣りにも大活躍でしょう。 女性や子ども向けということで、イエローやレッドなど、元気なイメージを持つ色が人気色のようです。 しかし、間口が広めの設計になっているので、出入りがしやすくなっているだけでなく、シットイン特有の圧迫感などがありません。 また、バイキングオージーと同じく、比較的小型で軽量なので、女性や子供におすすめです。 そして、小型ですが、170㎝以下の男性であれば難なく使用出来るようです。 パープルやピンクが人気色でしょう。 続いては、現在人気沸騰中の「忍」をご紹介します。 カヤック釣りをしている方々の意見やアイデアを取り入れた、日本の釣りのためのカヤックです。 コンパクトでありながら、大容量のスペースも確保してあります。 また、スピード性に優れていながらも、安定性も抜群で、湖などの波のないところでは立ち上がって漕ぐことはもちろん、横乗りをしてもぐらつかないと評判です。 紫外線に強い特殊ポリエチレン素材を使用しているため、紫外線による劣化もそこまで心配はないでしょう。 そして、カヤック釣りをしている方々の意見を取り入れているだけあり、釣りをするには便利な艤装も魅力です。 実際に購入している方のインプレを見てみると、海釣りやバス釣りなど、さまざまな場面で大活躍しているようです。 カヤック定番の人気色の他、ランダムカラーなど、季節限定で発売することもあります。 季節限定のものは、やはり人気が高い傾向にあるようです。 カヤックを楽しむために注意することは? 前項までに、バイキングカヤックのニモシリーズから忍の製品や人気色について、詳しくご紹介しました。 最後は、それらのカヤックを楽しむ際の注意点についてお話しします。 「自分は水泳が得意だから大丈夫」などと高を括っていてはいけません。 予期せぬ落水などの場合、自分が思っている以上に身体が動かないことが多いです。 安全に楽しむためには、必須のアイテムでしょう。 ・カヤックや自分を目立つようにする 海の上など波がある場合、周りから見えなくなり、事故に巻き込まれてしまうことがあります。 しっかりとフラッグを装備し、目立つ服装を心掛けましょう。 ・違法駐車・迷惑行為をしない 駐車禁止の場所に、車を駐車しないのはもちろん、駐車が可能な場所でのアイドリングや、騒音は控えましょう。 近隣の方に迷惑を掛けてしまいます。 その他にも注意する点はありますが、基本中の基本をご紹介しました。 これらの心掛けや、気遣いを怠ってしまうと、しっかりとマナーを守っているカヤック利用者にも迷惑が掛かってしまいます。 カヤックを購入するならバイキングカヤックを! 今回は、バイキングカヤックについて詳しくお話ししました。 バイキングカヤックは、用途に合わせたカヤックがたくさん取り揃えてあります。 また、色を好みで組み合わせてカスタムできたり、色同士の割合なども指定できるので、世界に一つだけのカヤックを作ってもらえるという点も魅力的ですよね。 カヤックの購入をご検討しているという方は、ぜひバイキングカヤックにしてみてはいかがでしょうか。

次の

カヤック一人旅:淀川水系編 その3:琵琶湖縦断

カヤック 女性

カヤックをする時の服装で気をつけておくこと カヤックをする時の服装で気をつけておくことを以下の4点で説明します。 地域や季節ごとによって、服装は異なる!• 水を含みやすい綿やデニムはNG• 濡れてもしばらく耐えられる服装にする• 肌の露出は季節を問わず極力控える 地域や季節ごとによって、服装は異なる! まず、カヤックをするにあたっての服装の注意点ですが、地域や季節によって適切な服装は変わってきます。 寒い季節は防寒対策を行う必要があり、暖かい季節には紫外線対策や熱中症対策が必要になってきます。 また、地域によっては蚊などの虫が多いところや木々が生い茂った場所をカヤックで進むこともあるため、怪我をしないための対策も必要になってきます。 それぞれしっかりと想定して準備し、快適にカヤックを楽しみましょう。 水を含みやすい綿やデニムはNG カヤックの構造上、どうしてもカヤック内に水が入ってきてしまいます。 そのためジーンズ生地や綿生地でできたズボンやスカート、トレーナーなどの服は水を吸ってしまうため、カヤックを行う際の服装としては向いておらず、ポリエステルやポリウレタンなどの化学繊維でできた乾きやすい素材でできた服装が適しています。 水を吸ったままの服は着心地が悪く、自然を楽しみながらカヤックを漕ぐことに集中できなくなってしまうため、カヤックを行う際はあまり水を吸わない生地でできた服装を選びましょう。 熱い夏の季節は水着を活用するのも一つの手です。 濡れてしまった時の想定をして、カヤック後の着替えも持っているとより快適過ごせるでしょう。 濡れてもしばらく耐えられる服装にする カヤックを行うにあたって服装選びで気を付けたい点二つ目は濡れてもしばらく耐えられる服装にすることです。 カヤックは横からの浸水のみならず、 漕いでるうちにバランスを崩して横転する可能性もあります。 そのようなことが起こった場合、全身がずぶ濡れになってしまいます。 夏の暑い季節なら多少我慢すれば問題ないですが、冬の寒い季節や夏でも気温の低い日はずぶ濡れになってしまうと体温の低下で低体温症などのリスクが高まります。 カヤックで海や川に出たら着替えられる場所に行くまでに時間がかかるため、濡れても体温が下がりにくいようなしばらく耐えられる服装を選ぶことが大切です。 肌の露出は季節を問わず極力控える 春夏秋冬季節を問わず肌の露出は極力控えましょう。 カヤックは海や川などの自然の中で行います。 周りにどのような生き物が生息しているかわからず、虫に噛まれることもあります。 また、マングローブの森の中や木々が生い茂った林の中を漕ぎ進むこともあり、枝などで怪我する恐れがあるため、肌の露出は極力避けた服装が好ましいです。 夏の暑い時期は水着とラッシュガードを上手く組み合わせて活用するのがおすすめです。 おすすめ素材や必需品 速乾性と保温性 カヤックは横から水が入りやすい構造のため、どうしても濡れやすいです。 濡れることを想定して服装を選ぶ必要があり、服装選びで肝心になってくるのが速乾性と保温性になってきます。 特に冬は寒いため、体温が低下しやすく、 ひどい場合は低体温症などに陥る危険性も想定できます。 低体温症などの症状に陥らないために速乾性と保温性の高さは肝心になってきます。 カヤック用靴(シューズ) 靴もまた、横転をしたときなどのことなどを考えてかかとのある濡れてもいい靴にしましょう。 サンダルなどのかかとのない靴を履いて 横転した場合、水中で靴が脱げてしまう場合があるのでかかとのない靴は避けるようにします。 また、横転した場合に水から上がり再びカヤックに乗るときもかかとのない靴を履いていると乗りにくいため、かかとのない靴はおすすめできません。 カヤックを漕いで自然のなかを探索するのは非常に楽しいです。 しかし、カヤックを行うのに適していない服装で行うと命の危険も少なからずあります。 カヤックを安心して安全に楽しむためには速乾性と保温性に優れ、動きやすい服装で行うことが大切です。 しっかりと濡れても大丈夫なカヤックに適した服装でカヤックを使って自然の中の探索を楽しみましょう。

次の

「シーカヤック」パドルのおすすめや長さの選び方!

カヤック 女性

カヤックをする時の服装で気をつけておくこと カヤックをする時の服装で気をつけておくことを以下の4点で説明します。 地域や季節ごとによって、服装は異なる!• 水を含みやすい綿やデニムはNG• 濡れてもしばらく耐えられる服装にする• 肌の露出は季節を問わず極力控える 地域や季節ごとによって、服装は異なる! まず、カヤックをするにあたっての服装の注意点ですが、地域や季節によって適切な服装は変わってきます。 寒い季節は防寒対策を行う必要があり、暖かい季節には紫外線対策や熱中症対策が必要になってきます。 また、地域によっては蚊などの虫が多いところや木々が生い茂った場所をカヤックで進むこともあるため、怪我をしないための対策も必要になってきます。 それぞれしっかりと想定して準備し、快適にカヤックを楽しみましょう。 水を含みやすい綿やデニムはNG カヤックの構造上、どうしてもカヤック内に水が入ってきてしまいます。 そのためジーンズ生地や綿生地でできたズボンやスカート、トレーナーなどの服は水を吸ってしまうため、カヤックを行う際の服装としては向いておらず、ポリエステルやポリウレタンなどの化学繊維でできた乾きやすい素材でできた服装が適しています。 水を吸ったままの服は着心地が悪く、自然を楽しみながらカヤックを漕ぐことに集中できなくなってしまうため、カヤックを行う際はあまり水を吸わない生地でできた服装を選びましょう。 熱い夏の季節は水着を活用するのも一つの手です。 濡れてしまった時の想定をして、カヤック後の着替えも持っているとより快適過ごせるでしょう。 濡れてもしばらく耐えられる服装にする カヤックを行うにあたって服装選びで気を付けたい点二つ目は濡れてもしばらく耐えられる服装にすることです。 カヤックは横からの浸水のみならず、 漕いでるうちにバランスを崩して横転する可能性もあります。 そのようなことが起こった場合、全身がずぶ濡れになってしまいます。 夏の暑い季節なら多少我慢すれば問題ないですが、冬の寒い季節や夏でも気温の低い日はずぶ濡れになってしまうと体温の低下で低体温症などのリスクが高まります。 カヤックで海や川に出たら着替えられる場所に行くまでに時間がかかるため、濡れても体温が下がりにくいようなしばらく耐えられる服装を選ぶことが大切です。 肌の露出は季節を問わず極力控える 春夏秋冬季節を問わず肌の露出は極力控えましょう。 カヤックは海や川などの自然の中で行います。 周りにどのような生き物が生息しているかわからず、虫に噛まれることもあります。 また、マングローブの森の中や木々が生い茂った林の中を漕ぎ進むこともあり、枝などで怪我する恐れがあるため、肌の露出は極力避けた服装が好ましいです。 夏の暑い時期は水着とラッシュガードを上手く組み合わせて活用するのがおすすめです。 おすすめ素材や必需品 速乾性と保温性 カヤックは横から水が入りやすい構造のため、どうしても濡れやすいです。 濡れることを想定して服装を選ぶ必要があり、服装選びで肝心になってくるのが速乾性と保温性になってきます。 特に冬は寒いため、体温が低下しやすく、 ひどい場合は低体温症などに陥る危険性も想定できます。 低体温症などの症状に陥らないために速乾性と保温性の高さは肝心になってきます。 カヤック用靴(シューズ) 靴もまた、横転をしたときなどのことなどを考えてかかとのある濡れてもいい靴にしましょう。 サンダルなどのかかとのない靴を履いて 横転した場合、水中で靴が脱げてしまう場合があるのでかかとのない靴は避けるようにします。 また、横転した場合に水から上がり再びカヤックに乗るときもかかとのない靴を履いていると乗りにくいため、かかとのない靴はおすすめできません。 カヤックを漕いで自然のなかを探索するのは非常に楽しいです。 しかし、カヤックを行うのに適していない服装で行うと命の危険も少なからずあります。 カヤックを安心して安全に楽しむためには速乾性と保温性に優れ、動きやすい服装で行うことが大切です。 しっかりと濡れても大丈夫なカヤックに適した服装でカヤックを使って自然の中の探索を楽しみましょう。

次の