アンコウ 鍋 レシピ。 あんこう鍋の人気レシピ13選|だしや具材と作り方や味付けは?

あんこう鍋のレシピ・作り方 [バランス献立レシピ] All About

アンコウ 鍋 レシピ

あんこう鍋の人気レシピ1つ目は、ポン酢で食べるあんこう鍋です。 あんこう鍋は、あん肝入りのたれで食べることも多いですよね。 でも、普段の鍋を食べるポン酢で食べるレシピなのでクセもなく初心者でも食べやすいでしょう。 ポン酢で食べるあんこう鍋の材料• あんこう 好きな量• お好みの野菜(白菜など) 好きな量• 水 1L• いりこ 25g• 昆布 2枚ほど• 酒 30㏄• ポン酢 必要な分• 柚子胡椒 必要な分 ポン酢で食べるあんこう鍋の作り方• 水にいりこと昆布を鍋に入れてだしを取り、食べやすい大きさに切ってから鍋に入れてください。 あんこうの下処理をし、野菜が煮えたらあんこう、塩、酒を加えて煮込み、あんこうが白く煮えれば完成です。 あんこう鍋好きの人からすると肝なしの鍋は勿体ないと思われるかもしれません。 でも、肝を入れないことにより初心者の人でも食べやすいあんこう鍋を作ることができますよ。 肝なし胡麻味噌あんこう鍋の材料• あんこうの切り身 300g• 白菜 300g• ねぎ 80g• 人参 10g• 椎茸 40g• えのき 30g• 木綿豆腐 240g• 5 肝なし胡麻味噌あんこう鍋の作り方• 野菜は一口大に切って、きのこは石づきを取ってから切りましょう。 土鍋に味噌を広げて塗って加熱し、味噌の香りが出てきたら水を加えて溶かしてください。 あんこうの下処理をしましょう。 沸騰した鍋に下処理をしたあんこうを加えると完成です。 あん肝を焼いてから加えるレシピなので鍋にコクや旨味が増しますよ。 お酒にもぴったり合うのでお酒好きの人にも人気があります。 クリーミーなあんこう鍋を作ってみましょう。 焼きあん肝あんこう鍋の材料• あんこう 650g• あん肝 200g• お酒 500cc• ねこぶ出汁(液体) 50cc• 九条ねぎ 1本• 豆腐 1丁• 椎茸 4個 焼きあん肝あんこう鍋の作り方• あんこうの下処理を行ってください。 バットにアラと身に分けたあんこうを入れてお酒をかけてください。 土鍋にあん肝を入れ、分量外のお酒を少々入れ火にかけましょう。 お玉で叩いて崩しながら酒蒸し焼きにし、こんがりしてきたら、さらにお酒を入れ沸騰させてください。 バットに入れたアラの方を加え、再沸騰後にねこぶ出汁と塩を加えてください。 ねぎの根本部分、白菜、椎茸、豆腐を入れてさらに煮込みます。 全体に火が通ったらあんこうの身を入れ、最後にねぎの青い部分を入れて煮込むと完成です。 プロが監修しているレシピなので自宅でも本格的なあんこう鍋を作ることができますよ。 あんこうの切り身の部分のみを使うので初心者でも簡単に作ることができます。 プロのあんこう鍋レシピの材料• あんこうの身 300g• 白菜 100g• 春菊 50g• えのき 40g• ゆず皮 少々• ごま油 少々• 出汁 850cc• 先にあんこうの下処理を行います。 野菜を食べやすい大きさに切ってください。 あんこう、野菜、だしを鍋に入れてください。 ゆず皮とタカの爪を加えて始めは強火で熱します。 沸騰した後は弱火にしてあくを取りながら熱し、だしの色があんこうの身にうつったら完成です。 あんこうの漁獲量が多い茨城県の大洗でよく食べられているだしのレシピになります。 元々は、漁師が船の上で作っていたレシピと言われています。 あんこうの肝などのクセがそのまま残る鍋なので初心者には食べにくいかもしれません。 でも美味しさがわかればすごく美味しいです。 どぶ汁の材料• あんこう 900g• 白菜 半玉• 生わかめ 100g• 味噌 適量 どぶ汁の作り方• 土鍋に肝を入れて焦げないように熱し、溶けてきたら、味噌と酒を入れてのばしましょう。 先にあんこうの下処理を行っておきます。 あんこうの身、白菜、わかめを土鍋に入れて水を入れずに煮込みましょう。 焦げそうになればだし汁を加え、煮立ってきたら味噌で味を調えると完成です。 あんこう鍋にゆずを加えると香りも良く美味しく食べることができますよ。 漁獲量が多い大洗の飲食店などでも提供されている種類のあんこう鍋になります。 美味しいものには香りも大切ですよね。 ゆずあんこう鍋の材料• 水 800cc• 昆布 1枚• ゆず 1個• 醤油 大さじ1• 塩 小さじ1• 白菜 4枚• えのき 1パック• あんこう 切り身1パック• 豆腐 半丁 ゆずあんこう鍋の作り方• 鍋に昆布を入れて出汁をとりましょう。 ゆずを4枚輪切りにして残りを細かく切り、皮をむいたゆずの果汁を鍋に絞りましょう。 塩と醤油も加えてから食べやすい大きさに切った白菜と豆腐を加えます。 えのきも石付きをとって食べやすい大きさに切ります。 野菜、あんこう、細かく切ったゆずを加えてから輪切りにしたゆずをトッピングすれば完成です。 大根おろしをたっぷりと入れるみぞれ鍋なのであっさりと食べることができますよ。 また、野菜不足であっても大根を大量に食べることができるのでおすすめです。 みぞれあんこう鍋の材料• あんこう切り身 1パック• シャケ白子 1パック• 大根 適量• 人参 適量• 白菜などの好みの野菜 適量• きのこ 好きなだけ• 豆腐 好きなだけ みぞれあんこう鍋の作り方• あんこうと白子の下処理を行っておきましょう。 人参と大根をスライスし、さらに大根は別にすりおろします。 白菜などの好みの野菜を食べやすい大きさに切ってください。 鍋にあんこうと白子を入れ、火が通ってきたら野菜を加えましょう。 最後にポン酢にあんこうの肝を入れて潰し、そのポン酢で食べます。 あんこう鍋と言えば難しいイメージがありますよね。 確かに肝を土鍋で炒ったり面倒な作業が多いレシピが多いです。 でも、今回は面倒な作業が少ない作り方のレシピです。 簡単あんこう鍋の材料• あんこうの切り身 適量• 白菜 3枚位• ねぎ 2本• 豆腐 1丁• 味噌 適量• 昆布だし汁 適量• 味噌 適量• 酒 大さじ1• みりん 大さじ1 簡単あんこう鍋の作り方• あんこうの下処理を行ってください。 あんこう、白菜とネギをだし汁・酒・みりんで煮てください。 あんこうの肝を包丁で良く刻んでから味噌大さじ1を加えてください。 煮込みながら味噌を足して味を好みにし、食べやすい大きさに切った豆腐を加えれば完成です。 味噌をベースにして作ることが多いあんこう鍋ですが、あっさりと食べたいときは醤油ベースをおすすめします。 醤油麹で作るのでいつものあんこう鍋と少し違った味わいになるでしょう。 醤油麹あんこう鍋の材料• あんこう 10匹• だし昆布 4cmを2枚• 塩麴 大さじ2• 酒 大さじ2• 白菜 5〜6枚• 白ねぎ 3本• 糸こんにゃく 2袋• 豆腐 半丁• 水 800ml• 酒 200ml• 白だし 大さじ6• 醤油麹 大さじ2• 砂糖 大さじ2 醤油麹あんこう鍋の作り方• あんこうをキレイに水で洗ってください。 洗った後に出し昆布、塩麹、酒を混ぜて冷蔵庫で半日寝かしましょう。 白ねぎをななめに細く切り、白菜をざく切りにしましょう。 鍋に水、白だし、醤油麹、砂糖を入れます。 糸こんにゃくと野菜を入れ、その後にあんこうも全て漬け込んだ麹類と一緒に入れます。 あくを取り除きながら強火で熱し、最後に食べやすい大きさに切った豆腐を加えれば完成です。 いつもと同じあんこう鍋に飽きた人におすすめです。 通常のあんこう鍋よりも辛みが強いあんこう鍋なので刺激的な辛みがあります。 寒い日に食べてみましょう。 韓国風あんこう鍋の材料• あんこう• えりんぎ• 白ねぎ• あんこうは塩を振って網にのせて30分くらい放置します。 その後、あんこうの下処理をしましょう。 鍋に肝を潰しながら炒め、酒を入れて煮立てましょう。 水と昆布を入れ沸騰したら昆布を取り出し、あんこうを加えてください。 あくを取りながら再び沸騰したら野菜などの具材を加え味噌を好みの濃さになるまで溶いてください。 味噌汁ぐらいの味になったら、豆板醤と韓国粉唐辛子を加えると完成です。 寄せ鍋風のだしを使ったあんこう鍋になります。 普段、食べている鍋のだしと同じなので食べやすいでしょう。 また、あんこう鍋が苦手だけれどもあんこうを食べたい人にもおすすめです。 寄せ鍋あんこう鍋の材料• あんこう 500g• 白ねぎ 2本• 春菊 1わ• えのきだけ 1袋• 水 800ml• 寄せ鍋つゆ 1袋 寄せ鍋あんこう鍋の作り方• あんこうの下処理をしてください。 えのきだけ石づきを取り、野菜は食べやすい大きさに切ってください。 鍋によせ鍋つゆと水を入れて煮立ったら、あんこうと野菜を加えて煮込むと完成です。 あんこう鍋の人気レシピ12個目は、あんこうの洋風きのこ鍋です。 あんこう鍋のアレンジレシピになります。 いつもの味噌や醤油ベースのあんこう鍋に飽きたら食べてみましょう。 あんこうは、洋風のだしにも合いますよ。 あんこうの洋風きのこ鍋の材料• あんこう 400g• しめじ 100g• マッシュルーム 100g• エリンギ 2本• ブイヨン 1L• 塩 小さじ1• オリーブ油 大さじ3 あんこうの洋風きのこ鍋の作り方• きのこは石づきを取って食べやすい大きさに切ります。 あんこうは下処理をしておきましょう。 にんにくは芽を取り除き、薄切りにし、長ねぎは斜め1. 5cm幅に切ってください。 鍋ににんにくとオリーブ油を入れて香りが出るまで炒め、香りが出たらねぎを加えて炒めます。 ブイヨン、あんこうのあら、塩を加え、強火にかけて煮立て、煮立ったらあくを取って弱火にします。 鍋にあんこうを加え、火が通ったら完成です。 あん肝は、あんこう鍋をさらに美味しく食べるために必要なものですよね。 あん肝が1番大切であるという人もいるくらいです。 なので、作ってみましょう。 意外と簡単に作ることができますよ。 あん肝の材料• あん肝 300g• 水 150ml• 日本酒 150ml• 塩 少々 あん肝の作り方• あんきもに軽く塩を振って、5〜10分放置してください。 流水で洗い流した後に表面の血管を、毛抜きなどで丁寧に取り除いてください。 調味料にあんきもを漬けて、15分程度寝かせておきます。 キッチンペーパーで水気を拭いてひと口大に切ってください。 ラップに一列に並べていき、直径3〜4センチくらいの太さにしてアルミホイルで巻きます。 蒸気のあがった蒸し器で、20分蒸します。 完全に冷めてから取り出すと完成です。 あんこう鍋の人気レシピについて紹介をしました。 お店で食べる本格的にあんこう鍋についても気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。

次の

あんこう鍋のレシピ 人気は味噌や醤油,ポン酢など プロの味を簡単に!

アンコウ 鍋 レシピ

あんこう鍋の人気レシピ1つ目は、ポン酢で食べるあんこう鍋です。 あんこう鍋は、あん肝入りのたれで食べることも多いですよね。 でも、普段の鍋を食べるポン酢で食べるレシピなのでクセもなく初心者でも食べやすいでしょう。 ポン酢で食べるあんこう鍋の材料• あんこう 好きな量• お好みの野菜(白菜など) 好きな量• 水 1L• いりこ 25g• 昆布 2枚ほど• 酒 30㏄• ポン酢 必要な分• 柚子胡椒 必要な分 ポン酢で食べるあんこう鍋の作り方• 水にいりこと昆布を鍋に入れてだしを取り、食べやすい大きさに切ってから鍋に入れてください。 あんこうの下処理をし、野菜が煮えたらあんこう、塩、酒を加えて煮込み、あんこうが白く煮えれば完成です。 あんこう鍋好きの人からすると肝なしの鍋は勿体ないと思われるかもしれません。 でも、肝を入れないことにより初心者の人でも食べやすいあんこう鍋を作ることができますよ。 肝なし胡麻味噌あんこう鍋の材料• あんこうの切り身 300g• 白菜 300g• ねぎ 80g• 人参 10g• 椎茸 40g• えのき 30g• 木綿豆腐 240g• 5 肝なし胡麻味噌あんこう鍋の作り方• 野菜は一口大に切って、きのこは石づきを取ってから切りましょう。 土鍋に味噌を広げて塗って加熱し、味噌の香りが出てきたら水を加えて溶かしてください。 あんこうの下処理をしましょう。 沸騰した鍋に下処理をしたあんこうを加えると完成です。 あん肝を焼いてから加えるレシピなので鍋にコクや旨味が増しますよ。 お酒にもぴったり合うのでお酒好きの人にも人気があります。 クリーミーなあんこう鍋を作ってみましょう。 焼きあん肝あんこう鍋の材料• あんこう 650g• あん肝 200g• お酒 500cc• ねこぶ出汁(液体) 50cc• 九条ねぎ 1本• 豆腐 1丁• 椎茸 4個 焼きあん肝あんこう鍋の作り方• あんこうの下処理を行ってください。 バットにアラと身に分けたあんこうを入れてお酒をかけてください。 土鍋にあん肝を入れ、分量外のお酒を少々入れ火にかけましょう。 お玉で叩いて崩しながら酒蒸し焼きにし、こんがりしてきたら、さらにお酒を入れ沸騰させてください。 バットに入れたアラの方を加え、再沸騰後にねこぶ出汁と塩を加えてください。 ねぎの根本部分、白菜、椎茸、豆腐を入れてさらに煮込みます。 全体に火が通ったらあんこうの身を入れ、最後にねぎの青い部分を入れて煮込むと完成です。 プロが監修しているレシピなので自宅でも本格的なあんこう鍋を作ることができますよ。 あんこうの切り身の部分のみを使うので初心者でも簡単に作ることができます。 プロのあんこう鍋レシピの材料• あんこうの身 300g• 白菜 100g• 春菊 50g• えのき 40g• ゆず皮 少々• ごま油 少々• 出汁 850cc• 先にあんこうの下処理を行います。 野菜を食べやすい大きさに切ってください。 あんこう、野菜、だしを鍋に入れてください。 ゆず皮とタカの爪を加えて始めは強火で熱します。 沸騰した後は弱火にしてあくを取りながら熱し、だしの色があんこうの身にうつったら完成です。 あんこうの漁獲量が多い茨城県の大洗でよく食べられているだしのレシピになります。 元々は、漁師が船の上で作っていたレシピと言われています。 あんこうの肝などのクセがそのまま残る鍋なので初心者には食べにくいかもしれません。 でも美味しさがわかればすごく美味しいです。 どぶ汁の材料• あんこう 900g• 白菜 半玉• 生わかめ 100g• 味噌 適量 どぶ汁の作り方• 土鍋に肝を入れて焦げないように熱し、溶けてきたら、味噌と酒を入れてのばしましょう。 先にあんこうの下処理を行っておきます。 あんこうの身、白菜、わかめを土鍋に入れて水を入れずに煮込みましょう。 焦げそうになればだし汁を加え、煮立ってきたら味噌で味を調えると完成です。 あんこう鍋にゆずを加えると香りも良く美味しく食べることができますよ。 漁獲量が多い大洗の飲食店などでも提供されている種類のあんこう鍋になります。 美味しいものには香りも大切ですよね。 ゆずあんこう鍋の材料• 水 800cc• 昆布 1枚• ゆず 1個• 醤油 大さじ1• 塩 小さじ1• 白菜 4枚• えのき 1パック• あんこう 切り身1パック• 豆腐 半丁 ゆずあんこう鍋の作り方• 鍋に昆布を入れて出汁をとりましょう。 ゆずを4枚輪切りにして残りを細かく切り、皮をむいたゆずの果汁を鍋に絞りましょう。 塩と醤油も加えてから食べやすい大きさに切った白菜と豆腐を加えます。 えのきも石付きをとって食べやすい大きさに切ります。 野菜、あんこう、細かく切ったゆずを加えてから輪切りにしたゆずをトッピングすれば完成です。 大根おろしをたっぷりと入れるみぞれ鍋なのであっさりと食べることができますよ。 また、野菜不足であっても大根を大量に食べることができるのでおすすめです。 みぞれあんこう鍋の材料• あんこう切り身 1パック• シャケ白子 1パック• 大根 適量• 人参 適量• 白菜などの好みの野菜 適量• きのこ 好きなだけ• 豆腐 好きなだけ みぞれあんこう鍋の作り方• あんこうと白子の下処理を行っておきましょう。 人参と大根をスライスし、さらに大根は別にすりおろします。 白菜などの好みの野菜を食べやすい大きさに切ってください。 鍋にあんこうと白子を入れ、火が通ってきたら野菜を加えましょう。 最後にポン酢にあんこうの肝を入れて潰し、そのポン酢で食べます。 あんこう鍋と言えば難しいイメージがありますよね。 確かに肝を土鍋で炒ったり面倒な作業が多いレシピが多いです。 でも、今回は面倒な作業が少ない作り方のレシピです。 簡単あんこう鍋の材料• あんこうの切り身 適量• 白菜 3枚位• ねぎ 2本• 豆腐 1丁• 味噌 適量• 昆布だし汁 適量• 味噌 適量• 酒 大さじ1• みりん 大さじ1 簡単あんこう鍋の作り方• あんこうの下処理を行ってください。 あんこう、白菜とネギをだし汁・酒・みりんで煮てください。 あんこうの肝を包丁で良く刻んでから味噌大さじ1を加えてください。 煮込みながら味噌を足して味を好みにし、食べやすい大きさに切った豆腐を加えれば完成です。 味噌をベースにして作ることが多いあんこう鍋ですが、あっさりと食べたいときは醤油ベースをおすすめします。 醤油麹で作るのでいつものあんこう鍋と少し違った味わいになるでしょう。 醤油麹あんこう鍋の材料• あんこう 10匹• だし昆布 4cmを2枚• 塩麴 大さじ2• 酒 大さじ2• 白菜 5〜6枚• 白ねぎ 3本• 糸こんにゃく 2袋• 豆腐 半丁• 水 800ml• 酒 200ml• 白だし 大さじ6• 醤油麹 大さじ2• 砂糖 大さじ2 醤油麹あんこう鍋の作り方• あんこうをキレイに水で洗ってください。 洗った後に出し昆布、塩麹、酒を混ぜて冷蔵庫で半日寝かしましょう。 白ねぎをななめに細く切り、白菜をざく切りにしましょう。 鍋に水、白だし、醤油麹、砂糖を入れます。 糸こんにゃくと野菜を入れ、その後にあんこうも全て漬け込んだ麹類と一緒に入れます。 あくを取り除きながら強火で熱し、最後に食べやすい大きさに切った豆腐を加えれば完成です。 いつもと同じあんこう鍋に飽きた人におすすめです。 通常のあんこう鍋よりも辛みが強いあんこう鍋なので刺激的な辛みがあります。 寒い日に食べてみましょう。 韓国風あんこう鍋の材料• あんこう• えりんぎ• 白ねぎ• あんこうは塩を振って網にのせて30分くらい放置します。 その後、あんこうの下処理をしましょう。 鍋に肝を潰しながら炒め、酒を入れて煮立てましょう。 水と昆布を入れ沸騰したら昆布を取り出し、あんこうを加えてください。 あくを取りながら再び沸騰したら野菜などの具材を加え味噌を好みの濃さになるまで溶いてください。 味噌汁ぐらいの味になったら、豆板醤と韓国粉唐辛子を加えると完成です。 寄せ鍋風のだしを使ったあんこう鍋になります。 普段、食べている鍋のだしと同じなので食べやすいでしょう。 また、あんこう鍋が苦手だけれどもあんこうを食べたい人にもおすすめです。 寄せ鍋あんこう鍋の材料• あんこう 500g• 白ねぎ 2本• 春菊 1わ• えのきだけ 1袋• 水 800ml• 寄せ鍋つゆ 1袋 寄せ鍋あんこう鍋の作り方• あんこうの下処理をしてください。 えのきだけ石づきを取り、野菜は食べやすい大きさに切ってください。 鍋によせ鍋つゆと水を入れて煮立ったら、あんこうと野菜を加えて煮込むと完成です。 あんこう鍋の人気レシピ12個目は、あんこうの洋風きのこ鍋です。 あんこう鍋のアレンジレシピになります。 いつもの味噌や醤油ベースのあんこう鍋に飽きたら食べてみましょう。 あんこうは、洋風のだしにも合いますよ。 あんこうの洋風きのこ鍋の材料• あんこう 400g• しめじ 100g• マッシュルーム 100g• エリンギ 2本• ブイヨン 1L• 塩 小さじ1• オリーブ油 大さじ3 あんこうの洋風きのこ鍋の作り方• きのこは石づきを取って食べやすい大きさに切ります。 あんこうは下処理をしておきましょう。 にんにくは芽を取り除き、薄切りにし、長ねぎは斜め1. 5cm幅に切ってください。 鍋ににんにくとオリーブ油を入れて香りが出るまで炒め、香りが出たらねぎを加えて炒めます。 ブイヨン、あんこうのあら、塩を加え、強火にかけて煮立て、煮立ったらあくを取って弱火にします。 鍋にあんこうを加え、火が通ったら完成です。 あん肝は、あんこう鍋をさらに美味しく食べるために必要なものですよね。 あん肝が1番大切であるという人もいるくらいです。 なので、作ってみましょう。 意外と簡単に作ることができますよ。 あん肝の材料• あん肝 300g• 水 150ml• 日本酒 150ml• 塩 少々 あん肝の作り方• あんきもに軽く塩を振って、5〜10分放置してください。 流水で洗い流した後に表面の血管を、毛抜きなどで丁寧に取り除いてください。 調味料にあんきもを漬けて、15分程度寝かせておきます。 キッチンペーパーで水気を拭いてひと口大に切ってください。 ラップに一列に並べていき、直径3〜4センチくらいの太さにしてアルミホイルで巻きます。 蒸気のあがった蒸し器で、20分蒸します。 完全に冷めてから取り出すと完成です。 あんこう鍋の人気レシピについて紹介をしました。 お店で食べる本格的にあんこう鍋についても気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。

次の

あんこう鍋の人気レシピ13選|だしや具材と作り方や味付けは?

アンコウ 鍋 レシピ

材料 アンコウ 730g アンコウの肝 190g 白菜 5枚 豆腐 半丁 ネギ 1本 椎茸 3個 人参 3枚 醤油 大さじ2 みりん 大さじ2 ダシの素 5g 水 600cc 【関連リンク】 ・ ・ ・ ・ あんこう鍋の作り方 切られてあるアンコウを使いました。 アンコウを水で軽く洗います。 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したら水洗いしたアンコウを入れ、表面が白っぽくなったら、冷水に入れます。 あん肝です。 多く入ってたので、半分は一口大に切って鍋の具材にしました。 鍋を火にかけを肝を入れて土鍋で空いりします。 肝が小さくなってきたら水を加え、使い終わった肝は取り出します。 肝を取り出したら、調味料を加え少し濃い目に味を調えます。 味付けが終わったら、刻んだ野菜を入れ火が通ったらOKです。 完成 あんこう鍋の完成です。

次の