エル チキン ライス 正体。 エスニック風サラダチキンのシンガポールライス のレシピ・作り方|ELLE gourmet [エル・グルメ]

松本人志の筋肉美!【エル・チキンライス】の正体は?筋トレ方法は?

エル チキン ライス 正体

芸人は『すべらない話』のMVSトロフィーを家に飾ってる? この日検証されることになった企画は、「『すべらない話』のMVSトロフィー、絶対家に飾ってある説」。 これは、「人志松本のすべらない話」で、MVS(Most Valuable すべらない話)を獲得した芸人の家を訪問して、栄誉であるMVSトロフィーをちゃんと飾っているのか調査する企画。 最初に井下好井・好井まさおさんの自宅を偽の企画で訪問して、MVSトロフィーの行方を探してみると、トロフィーは家に飾ってある様子は全くありません。 さらに調査した結果、子供がケガをすると危ないという理由からトロフィーはクローゼットに収納されていることが判明します。 続いて、アインシュタイン・稲田直樹さんの大阪のお宅を訪問。 ここでも、トロフィーは飾られているどころか、その姿すらも見えません。 そこで、稲田さんに直接話を聞いてみると、「トロフィー系は全部、実家にある」という答えが返ってくることに。 松本人志「ちょっと悲しいですね…」とショックの表情 そして最後に訪れたのは、オードリー・春日俊彰さんが暮らす風呂なし1K、家賃3万9000円のアパート「むつみ荘」。 散らかっている室内を調査してみるもトロフィーはどこにもないので、「過去にお笑いで取った賞は?」と聞いてみると、MVSを獲得したことは覚えていた春日さんですが、「(トロフィーは)事務所だね、家に置いてもしょうがない。 必要ないわな」とコメント。 MVSトロフィーを芸人たちが自宅で飾っていないことを知った松本さんは「ちょっと、悲しいですね…」とショックの表情を浮かべることに。 ちなみに今回の企画とは関係ないですが、春日さんは結婚を機に「むつみ荘」から引越しをすることになったということもあり、番組最後に「むつみ住みます芸人」と題して「むつみ荘」の自分の部屋に住んでみたい芸人を募集していました。 芸人にビンタくらわせる2代目エル・チキンライスの正体は? 水曜日のダウンタウン。 エルチキンライスは私でした。 そして彼ら芸人にビンタをくらわせる人物は、過去の放送で「松本人志 メキシコからきた謎のマスクマンとしてプロレス会場に登場してもバレない説」で松本さんが扮した覆面レスラーのエル・チキンライス。 ただし、今回は忙しい松本さんではなくて、プロレスラーの竹田光珠さんがエル・チキンライスに扮して「カブローン!(バカヤロー!)」と叫び、強烈なビンタを芸人たちにお見舞いすることになります。 2代目エル・チキンライスの正体に「推しがやってて草」の声 2代目エル・チキンライスとして番組に登場した竹田さんについて、ネット上では「水ダウのエルチキンライスがコウジュくんだったことにビックリ。 カブローーン!!」。 「エルチキンライス…光珠だったの!?てゆか観たかったブワッカブローン!!」「推しがエルチキンライスやってて草」などの声が上がりました。 今回の放送では、『すべらない話』のMVSトロフィーを自宅に飾っていた芸人が一人もいないことが明らかになりました。 今回検証した範囲内の結論とはいえ、松本さんでなくとも驚きの結果だったかもしれません。 またエル・チキンライスの久々の登場で興奮した人も多かったようです。 「カブローーン!」と叫んでからのビンタという流れに大盛り上がりの放送回だったようです。 (文:かんだがわのぞみ).

次の

『エルチキンライスは私でした』あの覆面レスラーの2代目の正体に驚きの声 #水ダウ が話題

エル チキン ライス 正体

サラダチキンを作る。 鶏むね肉は、両面数カ所フォークで穴をあけ、塩を両面にすり込む。 密閉袋に鶏むね肉、レモングラス、日本酒を入れ、空気を抜きながら口を閉じる。 厚手鍋に湯を沸かし、1を入れ、少し蓋をずらして少し湯がポコポコするくらいの弱火で7分加熱する。 火を止めて10分後に袋を取り出し、袋のまま粗熱を取る。 シンガポールライスを作る。 米を研ぎ、2の袋の中の汁を入れ、炊飯器の目盛りまで水を加える。 フライパンにごま油を熱し、舞茸を両面さっと焼く。 火を止めてナンプラーを加える。 3の上に4をのせて炊飯器で炊く。 保温になったら、そぎ切りにした鶏むね肉を炊けたごはんの上にのせて5分程度温める。 器に盛り付け、香菜とすだちを添え、アーモンドを散らす。

次の

エスニック風サラダチキンのシンガポールライス のレシピ・作り方|ELLE gourmet [エル・グルメ]

エル チキン ライス 正体

【エル・チキンライス】レスラーの正体は松本人志? 4月15日(水)に放送されるスペシャル番組で、松本人志が行ったロケが 放送されます。 そのロケの内容は、松本人志が考えている「説」を身をもって証明する というものです。 今回は、「松本人志が、メキシコから来た謎の覆面レスラーとして、 プロレスのリングに登場しても観客にバレない説」を自分で実践します。 ということで、謎のレスラーは松本人志なのです。 その名も「エル・チキンライス」で、「チキンライス」は松本自身が作詞を 担当し、作曲は槇原敬之をした2004年に発売されて、相方の浜田雅功が 歌っていた曲からとったものだと考えられます。 「エル」はスペイン語で英語の「the」を意味していると思いますが、 その場合エルに続くのは男性名詞でないといけないので、 きっとマッチョなレスラーを表現したかったのでしょう。 しかし、実際に松本人志は知る人ぞ知る、筋肉ムキムキのマッチョ だったのです。 あの細く筋肉とは無縁に思えた松本人志が、どのようにあのような 立派な体を手に入れたのでしょうか? Sponsored Link 【エル・チキンライス】レスラーの正体は松本人志?筋トレ方法は? 松本人志は、ジムに通って筋力トレーニングを行っています。 松本が、ジムに行く理由は自宅などで自分一人でトレーニングを行うと、 いつでも、その日のトレーニングをやめることができるけれど、一度ジムに行って トレーニングを始めてしまうと、周りの目も気になってなかなか中途半端には やめることができないからだそうです。 もともとは股関節の手術のあとのリハビリでトレーニングを始めたのがきっかけの ようですが、現在のようになるまで筋肉をつけるにはかなり過酷なトレーニングを 行ってきて、現在も継続していると思われます。 現在の松本人志はベンチプレスで100㎏位の重量が上がるようになっているそうですが、 ここまでになると怪我の心配もあるので、ジムのトレーナーから何らかの指導、補助 などを受けていたこともあると思います。 本人は自分で勝手に行っていると話しているそうなので、基本的には自分でトレーニング 方法を決めているのかもしれません。 ちなみに現在の松本人志ほどの筋肉をつけるには、食事なども大切な要因にはなりますが、 少なくとも週に3~4回は、行いたいところです(忙しい松本が出来るのかは疑問ですが)。 それも、その日によって鍛える部位を少なくとも数時間ずつ行うことが必要だと思います。 今回、放送される番組では松本人志のマッチョな体が披露される予定になっています。 あっぱれ松ちゃんですね。 4月15日追記 今夜、松本人志がプロレスの行われた会場に現れました。 さすがに松本がリングに上がって プロレスをすることはなかったのですが、試合中は本物のレスラーの補佐役として試合を盛り上げ ました。 途中、相手選手の胸元にチョップをおみまいするなどのパフォーマンスをする場面もありました。 試合の後、松本が予期しないことが起こりました。 それは、本物の新人2人とともにリングに上がり 紹介されるというものでした。 最初に本物の新人が紹介されると、プロレスっぽいパフォーマンスで観客を盛り上げました。 しかし、松本の筋肉ムキムキ「エル・チキンライス」がコールされると、松本は何をしたらいいのか 分からず、中腰になって手を前に出したり引っ込めたりして、意味の分からないパフォーマンスを 行いました。 さてここで、周りの観客は「エル・チキンライス」が松本人志なのか分かっていたのでしょうか? 番組では熱狂的なプロレスファンの方々に、松本人志の名前は出さずに探ってみました。 するとどうでしょう?誰もあのメキシコからきたと紹介された「エル・チキンライス」を松本だと 気づいていませんでした。 しかも、何人かのプロレスファンは松本の肉体美を見て「これから、エル・チキンライスが最も 活躍するだろうと」期待する声もありました。 松本人志、本人はコメントに困っていました。 けれど、面白いと思いませんか?もし、松っちゃんが リングでプロレスをしたら? 7月20日追記 最近の情報では、松本人志はベンチプレスで120~130kgの ウェイトで行っているそうです。 かなり頑張っていますね。 こちらもどうぞ• アーカイブ• 10 登山や自然、筋トレなど楽しいと思うことをつづっていきます。 サイトに掲載されている動画、画像、引用文の著作権は、各権利所有者様に帰属しております。 当サイトは著作権の侵害を目的としたサイトではありませんので、 画像等の掲載について問題がある場合は、各権利所有者ご本人様が、[お問い合わせ]のメールフォームよりご連絡下さい。 確認後、早急に対応させていただきます。 当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。 当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害につきまして当サイトは一切の責任と義務を負いません。 記事中は、基本、敬称略となっております。 記事は、調べて書いておりますが、間違った部分もあるかもしれません。 気づかれたら、教えていただけますと、助かります。

次の